探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

保育園の運動会、楽しめて盛り上がる保護者競技!

2018.7.9

保育園の運動会の保護者競技は何にするか、毎年悩むところだと思います。

子供も親も楽しめて盛り上がる競技、そんな競技がいいですよね。

保育園でおすすめの親子競技や保護者競技をご紹介します。

歩くのがあまり得意ではない、小さなお子様向けの競技もありますよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

実力テスト(中3)の勉強法とは?定期テストを見直そう!

中3の実力テストはどのように勉強をしたらいいのでしょうか?中1や中2のときとは勉強法を変えていかなけ...

学校生活は疲れる?帰宅後に短時間仮眠をとって寝るのは効果的!

学校から返ってきたら疲れている様子の子供、毎日帰宅後に寝るという子もいますよね。最近の子供は学校生活...

黒板アートを文化祭で簡単に上手に描くコツと工夫

黒板アートは黒板とチョークを使って気軽にできるアートとして人気がありますよね。 華やかな黒板ア...

いじめが辛くて高校を退学したい!いじめからは逃げてもいいよ

高校で周りの友達からいじめを受けている、いじめが原因で高校に行くのが辛い・行きたくないというとき、高...

生徒会選挙に勝つためには演説でインパクトを残すことが重要!

生徒会選挙に立候補したら、敵が3人もいた…。そんなケースもありますよね。 では他の候補者よりも...

小学校の役員を引き受けた時の挨拶の内容や文例について

小学校でPTAの役員を引き受ける時に、挨拶をしなければならないことがあるのですが、どんな内容を話せば...

学校でプール授業を行う場合は気温も関係するのか

屋内プールなら気温に左右されることなく授業を行えますが、屋外プールの場合はその日の気温や水温が気にな...

小学校の担任の先生がひどいと感じた時の対応の仕方

小学校の先生にとてもひどい所があると感じたことはありませんか?親なら先生の事を疑ってしまうこともあり...

中学で部活に入らない道を選ぶのもアリ?メリットを教えます!

高校受験には中学の内申点が影響しますが、部活に入らないと内申点はどうなるのでしょうか? 確かに...

子供が高校受験に落ちたら、親がかけるべき言葉とは!

子供が高校受験を!もし落ちた時には親はどう対処したらよいのでしょうか?また子供にかけるべき言葉とは?...

幼稚園の個人面談でされる質問内容は?事前準備が大切!

幼稚園や保育園などで個人面談が実施される場合がありますが、何を質問されるのかと緊張してしまいますよね...

大学ではゼミを楽しもう!友達を作るチャンスです!

大学生には高校生時代のような「クラス」はなく、「ゼミ」に入ります。 ゼミの仲間は同じテーマを学...

合宿の持ち物!バスケの場合はこんな準備をしていこう!

バスケの合宿!何を持って行こう?持ち物は何が必要? 合宿だからシューズや練習着の他に着換えなど...

大学って、何がそんなに忙しいの?彼氏が忙しい理由とは

大学やサークル、アルバイトが忙しいという彼氏。 それって本当の理由!? 二股掛けられてたり、...

高校時代の思い出がないのは自分だけじゃない!

あなたの高校生生活はどうでしたか? 楽しい思い出や思いだしたくない過去・・・。色んな思い出があ...

スポンサーリンク

保育園の運動会、保護者競技におすすめな種目は?

運動会には、昔から保護者も参加する競技はありましたよね。

運動会によくある保護者競技

  • 綱引き
  • 玉入れ
  • 借り物競走
  • リレー
  • 大玉転がし
  • 二人三脚

などが多いですが、この競技を組み合わせることによって、さらにパワーアップした楽しい種目にすることができます。

【綱引き×綱引き】

通常1本で行う綱引きを2本で行います。
綱2本をクロスさせて十字にして、4チームで引き合います。
1本の綱で行う場合と違って、左右からも力が入るので、よりチームワークが必要になります。

【二人三脚×大玉転がし】

二人三脚で足が繋がれた状態で大玉を転がします。
二人三脚よりも、ふたりの息を合わせることが必要です。
特にターンやカーブは難しいでしょう。

保育園の運動会、保護者競技は子供も盛り上がれるものを

【空飛ぶカーペット】
横3~5名くらいの保護者の列を作ります。
頭の上にボールの乗ったビニールシートを乗せます。
それを落とさないようにゴールまで運びます。
ボールはあまり小さいと応援する子供も見えにくいので、重すぎない程度の少し大き目なボールが良いでしょう。

〇×クイズ】
〇と×のエリアを作り、クイズの答えだと思う方に移動してもらいます。
よくテレビ番組などでも行われているので、小さなお子様にもルールが理解しやすいでしょう。
自分の親が参加していると、遠くからでも声援に力が入ると思います。
最後まで残った人が優勝です。
これは、保護者の方が体力を使わないという点でもおすすめです。

保育園の運動会の保護者競技、まだまだあります

保護者競技は1歳児でもできるものもあります。

1歳になると歩き始める子や、まだ歩けない子もいます。
ママが抱っこをして競技をすることも多いと思いますが、歩ける子と歩けない子を分けて競技を行うというのも良いでしょう。

【親子借り物競走】
ご存知借り物競走を親子で行ってもらいます。
最初に子供がスタートして、数枚の紙から1枚を選び親の所へ行きます。親は子供と一緒に、紙に書いてあるものを借りて親子でゴールします。

果物レース】
果物を入れるカゴをもって親子でスタートします。途中で用意されている果物を子供がカゴに入れます。
そのカゴを親子一緒にゴールまで運びましょう。

【デカパン競走】
二人三脚は足を紐で結びますが、親子二人で一つの大きなパンツに腰から下を入れます。それでゴールまで走ります。
リレー形式にしても盛り上がる種目です。

【親子でボールキャッチ】
用意するものは、シーソーのようなものとボールを準備します。親子で一緒にシーソーのようなものまで走ります。
そして、シーソーの片方に、ボールを乗せ、子供が反対側を足で踏み、ボールをポーンっと浮かせます。
親はそのボールを見事キャッチできれば成功です。これは子供にも、ボールを浮かせるために少し力が必要なので、年長くらいの年頃の親子競技に良いでしょう。

親子で息を合わせないと成功しませんよ。

保育園の運動会は親も子も一緒に楽しめる種目を

【赤ちゃんの徒競走】
ハイハイ・よちよちの時期なら、おもちゃやお菓子があるところまで競走する赤ちゃんの徒競走もかわいいものです。
親は、自分の子供が好きなおもちゃなどを使い、赤ちゃんを誘導しましょう。

【お買い物レース】
徒競走に少しアレンジを加えたレースです。子供が途中に用意してある野菜や果物を拾ってゴールへと向かいます。
保護者は子供が間違えないように手助けする程度で参加しましょう。

【親子借り物競走】
子供が借り物が書いてある紙を拾い、まず親のところへ持っていきます。親は子供をおんぶか抱っこして借りるものを探します。
そして、親子一緒にゴールします。子供は紙を拾い、親のところへ持っていくまでの動作なので、歩き始めのお子様にも良いでしょう。

保育園の運動会、事前のお手紙を必ずチェック

運動会の持ち物や、子供が着る服装など、保育園側から手紙やしおり、プログラム等で連絡が来ますよね。
クラスで統一の体操着やTシャツなどがある場合もありますし、ない場合にも動きやすい服装で行くことが必要です。

せっかくの行事なので、かわいい服を着せたいという親心もわかりますが、着慣れない服を着て、ケガをするという可能性もあるので、着慣れた半袖・半ズボンなど伸縮性があって、動きを妨げない服を着て行きましょう。

また、0~2歳の年少児未満のお子様の場合、早めに競技を終えて、後半は保護者と一緒に観覧するというパターンも多いですよね。
その場合も、そのお子様用に飲み物やちょっとしたおやつなどを持っていくと良いですね。
また、運動会の定番おやつの一つ、一口ゼリーがあります。
凍らせた一口ゼリーは、食べることにはちょうど良く冷えたゼリーになり、お子様も大喜びです。
見ているだけどうしても飽きてしまうので、飽きないようにしたいものですね。

また、紫外線対策や熱中症予防にも気を付けることが必要です。

 - サークル/部活/学校