探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

エジソンの電球実験を再現してみよう。自由研究にうってつけ!

2018.7.12

子供の自由研究のテーマに頭を悩ませる季節。エジソンが実験していた当時の電球を再現してみる実験はどうでしょうか。

ほとんどは家庭にある材料でも可能な実験です。安全のために大人も一緒に行ってください。

電球の仕組みを理解するのに役立つ、簡単でためになる実験です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

病院での支払い時にお金が足りない場合には、こんな対処法がある!

病院や歯医者などで支払いをしようとした時に、お金が足りないかも!と焦ったことはありませんか? ...

身長の低い女子の苦悩とは?低身長の【あるある】をご紹介!

身長の低い女子には悩みだって尽きないんです。 身長が低いことで嫌な思いをしたり、時にはラッキー...

ネットカフェでシャワー利用も可能!その使い方について

ネットカフェの充実ぶりは最近目を見張るものがあります。座席がゆったりとすわり心地が良かったり、飲み物...

ブリとカンパチは出世魚!見た目の違いや食感・生息地について

ブリとカンパチってなんだかよく似ていると思いませんか?「似ているから見分けがつかない!」という人もい...

高校生のバイト。親が反対している時の説得方法とは

高校生のアルバイト。 学業が本業だ!と言って、親に反対されると、働けませんよね? 未成年を雇...

長女や長男、次男…産まれてきた順番は性格に関係するのか調査

長女や次女、長男や次男など、兄弟の形はその家庭によって異なりますよね。 しかし、周りを観察して...

雨が好きな人の心理とは…雨の楽しみ方を教えます

雨と言うと、ちょっと気分がのらなかったり、いまいちパッとしないという方が多いのではないでしょうか。 ...

【手紙や年賀状の宛名】複数の先生の場合は先生方を使おう!

お世話になった幼稚園や保育園、塾などの先生へ手紙や年賀状を出す場合、一人の先生ではなく複数の先生宛に...

鶏肉を解凍する時は常温放置でもOK?解凍方法を紹介します!

今日のおかずは鶏肉を使って何か作ろう! そう思って冷凍保存していた鶏肉を解凍するのに、常温放置して...

ブロッコリーはお弁当の必需品だけど、夏の時期は要注意!

彩りを良くしてくれるブロッコリーはお弁当でも大活躍ですよね。 しかし、夏の時期のお弁当に使う場...

裏起毛のパーカー!毛が他のものに付くのを防ぐ洗濯方法

裏起毛のパーカーは暖かくてフワフワとした肌触りも気持ちがいいですよね。でも洗濯をする時には毛が抜けて...

ホットケーキを冷凍保存するコツを知れば固くなることはない!

ホットケーキが余った時やおやつとして保存したい場合、冷凍保存することがあります。ただ冷凍保存した場合...

電話が苦手な方必見!友達と楽しく会話を楽しむ方法

電話が苦手という方…。実は意外に多いようです。 最近はメールやラインでのやり取りがメインになり...

人生のどん底から這い上がるためのエピソードや教訓とは

人生のどん底を経験してきたという人もたくさんいるでしょう。 しかし、それらのどん底エピソードを...

嫉妬と妬みの心理とは?されたときは?コントロールは大事!

嫉妬と妬みという言葉は、どちらも同じような感情の意味に思いますが、これらはどのような心理によって起こ...

スポンサーリンク

エジソンの発明で有名な電球を自由研究のテーマにしよう

エジソンが成功した電球では、竹でフィラメントを作っていました。

竹の代わりにシャープの芯を利用した、電球の自由研究キットが販売されています。

シャープの芯は多くの炭素を含んでいます。

この芯に電流を流すと、芯の電気抵抗で芯が発熱し、発光し始めます。

さらにすると白い煙が出て、芯がオレンジ色に光るのが見られるはずです。

どうして光る?

電気の抵抗が大きいと熱が発生、さらに高温になると発光を始めるのです。

金属と比べシャープペンシルの芯は電気が流れにくい「抵抗が大きい物質」。

これに電流を通すと熱が生まれ、さらに高温になると光を発します。

一般的に使われている電球も同じ仕組みで、抵抗の大きいフィラメントを使うことで熱を発生させ、発光するのです。

電球の中は、フィラメントが燃え尽きてしまわないように窒素やアルゴンガスが充填されているため、エジソンが発明した当時の電球より、ずっと長時間光り続けることができます。

エジソンの電球を再現?簡単に手に入る道具で自由研究

【準備するもの】

  • ガラスのコップ
  • 乾電池(単1×6個)
  • 使い古しの乾電池(単1、もしくは単2)
  • ゼムクリップ×2個
  • ビニールコード 50センチ程度×2本
  • ビニールテープ
  • シャープペンシルの芯(2B)

その他…新聞紙、はさみ

【手順】

  1. ゼムクリップの針金が一重の部分に導線をつけねじる(二つとも)
  2. 使い古しの乾電池の「+極」にビニールテープを巻く
  3. +極の両脇に頭がはみ出るようにゼムクリップを止めて、乾電池を立てて置く
  4. シャープペンシルの芯をゼムクリップの導線をつけた反対に挟み込むように固定する
  5. 芯を折らないように注意して、ガラスコップで覆う
  6. 単1電池6個を直列に繋ぎ、新聞紙で撒いて一本にまとめる

これで完成です。

電流を流すとシャープペンシルの芯が少しずつ赤くなり、やがてオレンジ色の光を放って光り始め、芯が焼き切れる瞬間に強い光を放ち終了します。

自由研究でエジソン電球の実験をするときの注意点

上記のエジソンの電球の実験をする場合は、次の点に充分注意して行ってください。

  • 接触する部分が非常に高温になるため、充分注意しましょう
  • 6本の乾電池は、新しい物とと古い物を混ぜず、同じ時期に製造・購入されたものを使用してください

エジソンは理想の素材を見つけるために、数百種類以上のものを使って実験を繰り返したと言われています。

エジソンの苦労を想像しながら実験を体験してみてください。

シャープペンシルの芯には、炭素が多く含まれ、電気抵抗によって炭が燃えるようにじわじわと発光し始めます。

炭素を含むものなら発熱・発行する可能性が高いので、安全を確認しつつ実験を繰り返して見てもいいでしょう。

ちなみにエジソンが多くの材料で試した結果、当時は日本産の竹によって実験を成功させました。

エジソンは自分が発明した電球を全米に広める計画を立てた

エジソンは、発明した白熱電球を「全米の家庭に普及させる」という壮大な計画を実行に移します。

全米のあちこちに発電所や送電所を作り、家々を電線で結ぼうと言うのです。

そのための送電にかかわる技術を60件以上特許申請しました。1880年のことです。

エジソンより前に、何人もの人が発電機を実用化させていましたが、それらは「電圧」を一定に保つ「定電圧発電機」。

電球が登場する前のアークに使われていました。

しかし、エジソンが考案したのは「定電流発電機」。電球を長持ちさせるためには、こちらのほうが向いていたのです。

エジソンの開発したこの発電機は「直流式」。他の発電機は「交流式」でした。

エジソンは、直流式にこだわっていたといいます。

しかし、直流式は、発電所から遠いと電気が損失して電力が弱まるという欠点もありました。

エジソンは電球を「発明していない」?本当の発明者は誰?

ここまで「電球はエジソンが発明した」と話を進めてきましたが、実は電球を発明して特許を取得したのは、エジソンではなく、イギリス人のジョセフ・スワンでした。

エジソンは、それをより改良し実用化していった功労者というわけです。

そして、じつは普及させたのもエジソンではなく、その弟子のニコラ・テスラ。

電流には、乾電池のようにプラスとマイナスの極が固定された「直流」と、周期的に交互に入れ替わる「交流」があります。

今、家庭で使われるコンセントは後者の「交流」。

実は、これだけ電気が使いやすくなったのはニコラ・テスラの発明だったのです。

直流は、送電中に電気が失われる送電ロスが大きく、街のあちらこちらに発電所が必要になってしまいます。

交流では、この送電ロスがすくなく、電圧を変更しやすいという利点もあります。

しかし、当時のエジソンは直流にこだわって交流を推すテスラを否定しました。

すでに開発された機械と相いれないという事情もありましたが、実のところ意見されることが気に入らなかったということもあったようです。

 - 雑学