探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

迷惑?発達障害を持つ子供が学校で過ごすためには

2017.11.16

発達障害を持つ親は、学校で周囲に迷惑をかけていないだろうかと心配してしまうものです。

迷惑をかけてしまう?発達障害で学校で浮いてしまう前にできることとは?発達障害で学校に迷惑をかけるなら支援学級を選ぶべき?

発達障害への理解は、先生によっても違いますし地域によっても差があることがわかりました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供のストレスは幼稚園が原因!?親ができる対処法

小さい子供でも日常生活においてストレスを感じることがあるようです。 それは、幼稚園や保育園など...

子供が言葉を話すには練習よりも経験や感じることが必要です

子供が周りの子と比べて、言葉を発するのが遅いと感じると、心配になってしまいますよね? 言葉の練...

発達障害のある幼児にオススメな習い事はコレ!

発達障害のある幼児、またはその疑いのある幼児の親御さんは、何とかその子の得意なことを見つけてあげたい...

運動の苦手を克服!お子様への親のサポート方法

お子様が運動が苦手で、克服させたいと思っているママは多いでしょう。運動が苦手なのは遺伝なの? ...

子供を保育園に通わせるのが不安・・・こんな方法で解消しよう!

今の時代、共働き夫婦が当たり前になってきました。 しかし、保育園へ行くのを泣かれたら嫌がったり...

赤ちゃんの育児にイライラ・・・育児に思い詰めているママへ

赤ちゃんを育てていると、育児のストレスが溜まってイライラしてしまうこともあるでしょう。 言葉を...

赤ちゃんのお世話を旦那に!お風呂担当はパパのお役目

赤ちゃんのお世話を旦那に任せるなら、やっぱりお風呂をお願いしたいというお母さんは多いのではないでしょ...

中学生の勉強にやる気を出させるためには?親としてできること

中学生になると授業の内容も専門的になり、家庭学習が必要となる頃ですが、勉強にやる気が出ない子供も多い...

切迫早産で入院したら太る?太らないために体重コントロールを!

切迫早産で入院することになってしまったら太るのではないかと心配になりますよね。 病院に入院して...

子供が学校でトラブルを起こしてしまったら?対処方法について

学校に通うようになると子供がトラブルを起こしてしまったり、巻き込まれたりした経験はありませんか? ...

親の離婚が子供に与える影響は?子供に悲しい思いをさせないで!

両親が離婚をするとき、悲しい思いや辛い思いをするのは大切な子供です。 ですが、離婚しないという...

アトピーの赤ちゃんに使う洗濯洗剤、選ぶポイントをご紹介

アトピーの赤ちゃんには、一般的な洗濯洗剤はあまりおすすめしません。 お肌に優しい、刺激の少ない...

中学生に勉強を教えるときのポイントとは?勉強の教え方

中学生になったら親が勉強を教えるのは難しい? 勉強の教え方はどのようにしたらいいのでしょうか?...

子供の昼寝の時間が長い!昼寝の時間を調整して規則正しい生活を

規則正しい生活を送るためには、子供のお昼寝の時間はとても大切になります。 お昼寝が長いと感じて...

双子の赤ちゃんのお風呂、コツさえつかめば一人だって大丈夫!

双子の赤ちゃんは可愛さも二倍だけどお世話も二倍!とくにお風呂は大変ですよね~。 手伝ってくれる...

スポンサーリンク

迷惑をかけてしまう?発達障害で学校で浮いてしまう前にできること

子育ての悩みはいつになっても尽きないものです。
子供の性格や気質は、生まれる順番や生まれ育った環境によって左右されますし、一人子でも兄弟がいるいないに関わらず、育てやすい子もいれば子育てしにくい子も当然います。

特に小学校へ上がっても落ち着きがない子供は「困った子」とレッテルを貼られ、先生や保護者を困らせて浮いた存在になりがちです。
保護者は「育て方を間違った・・・」と悩んでしまいますが、本当にそうでしょうか。発達の偏りは、しつけや親の育て方の問題では決してありません。

周りから浮いてしまうような子に対して、親はどうしてそんなことをするの?悩ませるためにわざとしているの?と感じてしまいますが、決して困らせようとしている訳でもないですし、怠けているわけでもありません。頑張ろうとしても「できない」のです。そのことに気付いてあげることが大切ですし、困った部分を療育次第で治すこともできるのです。

発達障害で学校に迷惑をかけるなら支援学級を選ぶべき?

特別支援学級の先生と聞くと特別な何か資格を持っているイメージを持ちますが、特別支援学級を受け持つ際に資格は必要ありません。一般の先生が配属されるのがほとんどです。資格がなくても、中には発達障害について熱心に勉強し、子供の困難に応じて対応を頑張る先生もたくさんいます。

特別支援学級は少人数なので、普通学級の運営に挫折した先生や技術的に問題を抱えた先生が配属させるケースも多く、結果的に無理解な先生が担任に就いてしまうこともあるのです。配属されただけで、特に指導方法も考えずに子供に向き合うがあるのが現状です。
発達障害で気を付けたいのが「二次障害」です。
本人が出来ないことも「努力不足」だと指摘されることにより、不登校やうつ病になって苦しんでしまうのです。障害による特性も、学校側の対応の仕方によって苦しむ子供もいるのです。
学校や地域全体の特別支援学級に対する理解が乏しいため、子供が困難を抱えてしまうケースは後を絶たないのです。

支援学級を選ぶかどうかは、学校をよく相談してから決め、子供に合った支援をしていくべきなのです。

周囲に迷惑をかけてしまいがちな発達障害児、学校でのサポート体制は?

発達障害といっても子供によって個性があるため、どの対応が正しいとは一概には言えません。
他の子供たちにきちんと話をしたとしても、友達同士でトラブルになってしまうことは多々あります。

迷惑をかけてしまった場合、親としてはまずすぐに迷惑をかけた子供へ謝罪する必要があります。
これができるかどうかがポイントなり、相手の子とどんな関係に発展するのかが決まります。何かトラブルがあった時にすぐに対応できるよう、連絡を貰える手段を予め決めておくことも大切です。

子供が小学校で何をしているのか、小さな変化を見逃さないためにも、出来る限り何かあった時は連絡してもらえるよう、周囲に話しておくと良いでしょう。

教師と保護者が個人的にLINEやメールなどでやり取りをする方法については、賛否両論があります。
ただ、電話するほどの問題ではなく一応知らせておいた方が良いといった内容も実際ありますので、そんな時は学校や保護者の理解を得て情報交換する手段にしてもいいのではないでしょうか。

学校の先生みんなが発達障害について理解しているとは限らない!?

発達障害の理解は年々深まっており、多くの学校では教員のための講習を行ったり、スクールカウンセラーを配置するなどの措置を行っています。

全ての先生が発達障害の正しい知識を持っているのが理想ですが、残念ながらそうとは限らないのが現状です。

地域によって理解に差はありますし、特に先生の経験が浅い若い先生や、子供がいない先生、子供がいても発達障害をもたない先生などは、発達障害の実情まで深く理解することができないのが本音です。
学校の先生だけでなく、小児科医も同様で、正しい発達障害の知識を持っている方は少ないのです。

発達障害をよく理解していない先生が担任になってしまうと、ヒステリックに大声で怒鳴ることも考えられます。親を放課後に呼び出し、親の前で子供に説教をしてしまう先生も出てくるのです。
発達障害についてはまだまだ課題が多いのが教育現場の現状です。発達障害を持つ子供がのびのびと教育を受けられるよう、もっと多くの先生が理解を深めることが必要なのかもしれません。

発達障害かも?グレーゾーンの子供の学校選びについて

発達障害とはっきり診断されていれば、どこの学校を選ぶべきかの判断もしやすいものですが、親が一番頭を悩ませるのが「グレーゾーンの子供」です。
限りなくグレーに近いけど、知的遅れがない場合、どの小学校へ行けばいいのか、支援学級がいいいのか迷います。
発達障害児だけを集めたクラスはないので、通級を利用するのが一般的です。
通級に通う=障害をカミングアウトすることに繋がりますので、学校側にも障害があることを伝える必要がありますし、普通級のクラスでも個別に配慮してくれるよう伝える必要もあります。
幼稚園や保育園で申し送りをしてもらって、子供が適切な支援や配慮をしてもらうようにお願いしましょう。

障害を隠したいといった保護者もたくさんいますが、隠してしまうことで子供自身が辛い学校生活を送る羽目になります。集中力がないと叱られ、学習障害で勉強ができないことを努力が足りないからだと叱責されるのです。二次障害を引き起こしてしまう危険性があります。

本人に告知した上で、クラスメイトにもカミングする必要があります。保護者にも保護者会などを通して子供の特性を話すことも大切です。

 - ベビー/子育て