探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

adhdの子供に対して保育園はどう指導すべきなのか

2017.11.17

adhdの子供は困難なことが沢山あるため、保育園側はdhdの子供の特徴をよく理解した上で適切な指導を行う必要があります。

adhdの子供を保育園でどう指導すべき?adhdの子供の集中力をアップさせるために保育園でもできることは?

adhdの子供の苦手な面をよく理解することが大切です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供のための貯金ができないなら〇〇だけは貯めておこう

子供のための貯金は子どもが大きくなればなるほどできないってホント? 一番いいのは、生まれたとき...

子供が高熱でピクピクする!痙攣を起こしたときについて

子供が熱を出したら心配で仕方がないですよね。 熱が高くなってくるとピクピクしたり幻覚が見えてい...

離乳食やお茶はいつからOK?タイミングやあげ方について

赤ちゃんにお茶をあげてもいいのはいつから?生後何か月からあげてもいいのでしょうか? そもそも、...

子供を保育園に通わせるのが不安・・・こんな方法で解消しよう!

今の時代、共働き夫婦が当たり前になってきました。 しかし、保育園へ行くのを泣かれたら嫌がったり...

庭は子供の遊び場!子供が喜ぶ庭造りや遊びについて

庭付きの家に住み、庭で子供が遊びまわる光景…理想的ですよね。 庭で子供を遊ばせるならどんな遊び...

体育が苦手な人必見!簡単にできる克服法を教えます!

「体育だけは好き」という人もいれば、「体育は苦手」という人もいますよね。 子供の頃から苦手な人...

運動の苦手を克服!お子様への親のサポート方法

お子様が運動が苦手で、克服させたいと思っているママは多いでしょう。運動が苦手なのは遺伝なの? ...

お通夜に子供が参列する場合の服装は?服装選びのポイント

お通夜に参列する際、大人はブラックフォーマルを着用しますが、困るのが子供の服装ですよね。 子供...

双子の赤ちゃんのお風呂、コツさえつかめば一人だって大丈夫!

双子の赤ちゃんは可愛さも二倍だけどお世話も二倍!とくにお風呂は大変ですよね~。 手伝ってくれる...

発達障害のある幼児にオススメな習い事はコレ!

発達障害のある幼児、またはその疑いのある幼児の親御さんは、何とかその子の得意なことを見つけてあげたい...

子供が言葉を話すには練習よりも経験や感じることが必要です

子供が周りの子と比べて、言葉を発するのが遅いと感じると、心配になってしまいますよね? 言葉の練...

犬と赤ちゃんが仲良しになるには出会う時期としつけが大切

犬と赤ちゃんが一緒に寝たり遊んだり仲良くしている動画はネットやテレビでも人気が高いですよね。 ...

赤ちゃんのお世話を旦那に!お風呂担当はパパのお役目

赤ちゃんのお世話を旦那に任せるなら、やっぱりお風呂をお願いしたいというお母さんは多いのではないでしょ...

妊娠初期の出血は大丈夫?8週目で出血した時に考えられる原因

妊娠初期の頃に出血してしまうと、何か良くないことが起きているのではないかと心配になってしまいますよね...

子供の寝る時間遅い?お母さんの寝る時間が影響しているかも!

子供が夜遅くまで起きていて寝る時間が遅い!寝かしつけている親は辛い! 1日の過ごし方に見直す点...

スポンサーリンク

adhdの子供を保育園でどう指導すべき?

adhdのような発達障害を持つ子供が困難なことの1つに「切り替え」があります。他の子供は「これから○○しますよ」と指示された言葉だけで、すぐに切り替えることができますが、adhdの子供はその切り替えがすぐにできないため、パニックを起こしてしまうことがあります。
特に、クラスのルールなどの理解が浅い新年度のはじめは注意が必要です。

その場合は、一日の流れを見せることが大切なのですが、耳からの情報よりも、目からの情報が入りやすいという特徴を持っています。絵や写真を用いて説明をするなど、視覚から情報を与えるようにします。
そうすることで、子供なりに心の準備もできますので、何かを伝える際は試してみてください。

では、切り替えが出来ず、部屋から出ようとする場合はどんな対策を行うといいのでしょうか。

「今みんなは何をしているかな」といった言葉をかけて、周りのお友達を見るように伝えます。目で見て一緒に活動するといった決まり事をきちんと説明してあげるのです。
理解するよう促した上で、「これができたら○○してもいいよ」といった形で、約束と見通しをたててあげるといいでしょう。

adhdの子供の集中力をアップさせるために保育園でもできることは?

adhdの特徴の1つに「不注意」があります。
忘れっぽくすぐ周りが気になってしまうため、集中力が長続きしないのです。

では、集中力をアップさせるためには、どんな環境作りや工夫が必要なのでしょうか。

テレビやおもちゃなど気が散りそうな物は、カーテンやパーテーションをなどを利用して見えなくくする工夫をしましょう。なるべく外部刺激を少ない空間を作ることが大切です。

また、集中時間に合わせてリセットを行うこともポイント。
10分しか集中力が続かない子が40分かかる作業を行う場合は、10分おきに声をかけたり他の取組を挟むなど、その子の集中力が続く時間帯に合わせて注意のリセットを行うのです。

静かに待たないといけない場面もありますが、adhdの子供はじっとしていることが苦手です。そのような時は、その子が興味を持って集中できるような単純な物など「やること」を用意してあげるのも効果的です。小さな課題を与えることで、静かに待つこともできるようになります。

adhdの子供が保育園で問題行動を起こしたときの対処法は?

adhdの子供が保育園でトラブルを起こしてしまうことはあります。トラブルのきっかけの一つに「ちょっかい行動」があります。

子供は仲良くなりたい相手に「ちょっかい行動」を行ってしまうのですが、これは仲を縮めて親近感を持たせる行為なのです。そこから一緒に遊ぶきっかけにもなります。

しかしadhdの子供は、その「ちょっかい行動」の後に遊びの提案がないことが多いため、それがトラブルの原因に発展してしまうこともあるのです。

こういった行動は、通常2~4歳くらいで現れるものですが、adhdの子供はそれよりもずっと後に遅れて出てきます。
そのため、周りとのギャップも大きくなりトラブルも生じやすくなるのです。

欲求を発散させてやることも大切なので、ちょっかい行動が出始める年齢の子供たちを遊ばせることも効果的です。

adhdかもしれない子供を保育園に入れる際に気を付けたいこととは?

発達障害の問題を取りあげた番組も増えたため、adhdも昔より広く知られるようになりました。そういった番組やネットの情報を見て、「もしかしてうちの子供もadhdでは・・・」と疑って不安になることもあるでしょう。

adhdではないかと疑われる場合は、早めに専門医の診断を受けましょう。adhdかどうかを明らかにすることはとても大切なことですし、もしadhdだと診断されたのなら、保育園などに入園する際はadhdに理解がある園を選ぶ必要があるからです。
前もって知っておくことで、トラブルを未然に防ぐことができますし、対策を練ることもできます。

adhdの程度によっては養護学校に入る可能性も出てきますが、両親の考えや子供の症状は全員同じとは限りません。それぞれの考えや症状に応じて個別に検討することも必要です。

adhdかどうかの診断は、小児科や児童精神科などの専門の診療科で行えます。adhdと診断されれば、適切な治療を受けることや必要な療育を相談することもできます。
近くに専門医が見つからなければ、地域の保健センターや児童相談所、発達障害者視線センターなどの窓口に相談すれば、専門の医療機関を紹介してくれます。

adhdの子供を持つ保護者の声に耳を傾けるのも大切!

多動や不注意、衝動的な行動が見られるadhdの子供。
特に幼児期に多く見られ、言葉のちょっとした遅れや兄弟げんかが要因となって、問題行動を大きくしている場合もあります。もともとの素因にプラスαが重なることでトラブルも生じやすくなります。
adhdの子供を持つ保護者は、子育てに迷い苦しんでいることが多いため、保育園は子育ての負担感や困りごとを少しでも軽くしてあげるよう努めることも大切です。

兄弟げんかでは喧嘩の始まりの段階で加入し、子供たちを別々の場所に分けて落ち着かせることが大切など、保育園から保護者の方へ「けんかの収め方」をアドバイスすることも大切です。因果関係のある言葉を用いながら言葉の指導を行うことも効果的なので、絵本の読み聞かせを使って理解力を育てることも大切です。

保育園では、adhdの子供のケガや事故には十分注意しなければなりません。興奮している時に言葉をかけても理解できないので、必ず落ち着くのを待ってから指導することも必要です。近づいて静かに、そして穏やかに話しかけましょう。
長々説明するのではなく、短くわかりやすい言葉で話す事も心掛けてください。

 - ベビー/子育て