探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

親の離婚が子供に与える影響は?子供に悲しい思いをさせないで!

2018.6.26

両親が離婚をするとき、悲しい思いや辛い思いをするのは大切な子供です。

ですが、離婚しないという選択肢が必ずしも正しいとは言えず、離婚をしたことで良い結果になったという場合もたくさんあります。

親が離婚をするとき、子供にしてはいけないことや子供に与える影響についてまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

人見知りの子供に習い事のオススメや克服するためにできること

人見知りの子供には小さいうちから習い事をさせた方が克服することができるのでしょうか? では、人...

新生児の沐浴は毎日入れないとダメではない!ママの体力が最優先

新生児は汗をかきやすいため、出来れば毎日沐浴をしてあげたいものです。 毎日入れないとダメとはわかっ...

双子の赤ちゃんのお風呂、コツさえつかめば一人だって大丈夫!

双子の赤ちゃんは可愛さも二倍だけどお世話も二倍!とくにお風呂は大変ですよね~。 手伝ってくれる...

完母だと哺乳瓶で飲むのは難しい?飲まないときの対処法

完母であっても、お母さんが風邪を引いてしまったりどうしても母乳をあげることができないときもありますよ...

赤ちゃんがいる家におすすめの掃除方法や掃除アイテム

赤ちゃんは色々な所を触った手や物を口に入れたりするので、家はいつも清潔に掃除しておきたいと思うお母さ...

子供が学校でトラブルを起こしてしまったら?対処方法について

学校に通うようになると子供がトラブルを起こしてしまったり、巻き込まれたりした経験はありませんか? ...

保育所か幼稚園かどっちか悩んだらママの仕事の時間がポイント

子供がいても仕事がしたい! 働くママが子供を預けるのは、保育所がいいのか幼稚園がいいのかどっちにし...

アトピーの赤ちゃんに使う洗濯洗剤、選ぶポイントをご紹介

アトピーの赤ちゃんには、一般的な洗濯洗剤はあまりおすすめしません。 お肌に優しい、刺激の少ない...

いろいろと気を使う?小学校高学年の所見はこうやって書こう!

小学校の教師の皆さんは、所見を書くことで頭が痛いこともあるでしょう。とくに高学年にもなると、いろいろ...

子育ては疲れる!3歳の子供の成長と子育ての辛さを乗り切る方法

子育て真っ最中のパパやママの中には、3歳のお子さんの子育てに疲れを感じている人もいますよね。3歳の頃...

子供のための貯金ができないなら〇〇だけは貯めておこう

子供のための貯金は子どもが大きくなればなるほどできないってホント? 一番いいのは、生まれたとき...

子供を昼寝で寝かしつける時のポイントとコツをご紹介

小さな子供がいる家庭では、ちょっとの時間子供がお昼寝をしてくれるとママ自身も体を休めることができます...

赤ちゃんのベッドの位置、最適な場所とは!

赤ちゃんがいよいよ我が家にやってくる。そんな頃が近づくとベッドの位置をどこにしようか迷ってしまいます...

子供の友達が遊びに来る時や友達の家に遊びに行く時について

子供がある程度大きくなってくると、友達が家に遊びにきたり、友達の家に遊びに行ったりするようになります...

8ヶ月の子供を保育園に預ける場合の服装に注意しよう

子供を保育園に預けることになると、保育園に置いておく服が必要になります。8ヶ月の子供の場合保育園では...

スポンサーリンク

親の離婚で子供は不安に

親が離婚をする場合、子供にはあまり相談をしない・親だけで離婚を決めてしまったということも少なくありません。

ですが、何も相談をされないまま親が離婚をしてしまうことで、子供は不安を抱えてしまいます。

年齢が低くても、子供は親に話をしてもらいたいと感じていることがあります。

親が離婚をした場合、子供は以下のように感じていることがある

  • 家族だからわかってね!と思わないで欲しい
  • 自分の気持ちも聞いて欲しい
  • 子供の生活に影響が出ない時期にしてほしい
  • 離婚する理由をきちんと話して欲しい
  • 今後の生活がどんなふうになるか話をしてほしい

「気が付いたら親が離婚していた」というような状況に子供は不安を感じます。

離婚をすることを考えているのなら、子供にもそのことをきちんと伝え、今後の生活がどのようになるのかも話してあげましょう。

不安を与えてしまうのは可哀想です。

親の離婚で子供の苗字はどうなる?

夫婦が離婚をした場合、妻の苗字は結婚以前の「旧姓」に戻ります。ですが、離婚をしてから3ヶ月以内に役所に届け出をすることで、婚姻中の苗字をそのまま使うことも出来ます。

婚姻中の苗字をそのまま使いたいというのであれば、元夫に相談をしてこの方法を取ると良いでしょう。

離婚して元夫の籍から抜けた場合は、元の戸籍に戻ることのほかに「自分で戸籍を作る」という方法もあります。

戸籍には親と子供二代までしか記載できないという決まりがありますので、子供を自分の戸籍に入れたいというのであれば、新たに自分の戸籍を作るのが良いでしょう。

離婚して親権者が母親になっても、子供の戸籍は父親のところに残って、親権者が記載されるようになります。

母親は旧姓に戻り、子供は父親の苗字を名乗るということになってしまいますので、母親の戸籍に入れたい場合は家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」を行い役所に届け出をすることが必要になります。

親の離婚を子供に説明した人の割合は?

親が離婚をする場合、子供に説明した人はどのくらいいるのでしょうか?

離婚する時に子供に説明をしなかった理由

子供が小さいと離婚についての話をしないという人が多いです。話をしても良くわからない、理解できるようになってから説明をすると答えた人がたくさんいました。
子供の年齢が高いのに離婚の話をしなかった人は、親権を争っていたから言わなくてもわかっていた、離婚理由が難しくて説明できなかったというものがありました。

離婚する時に子供に説明をした理由

子供が小学校に上がるくらいの年齢になっている場合は、子供に説明をした親が多いです。
6歳~10歳では約80%が、11歳~15歳では約86%が離婚の話をされていました。

引っ越しや転校が伴うことが多く、そのような事情からも離婚の説明をしていたようですね。

子供に説明をする場合は、「子供が変な勘繰りをして不安にならないようにする」「子供を巻き込むのではなく、聞く権利を大切にしてあげる」「事実に基づいた説明をしてあげる」といったことが大切になります。

親は子供に精神的な負担を与えないように対処することが大切になります。

親の離婚が子供に与えるメリット

子供が置かれた環境によっては、離婚することが子供にメリットとなることがあるようです。

  • 両親の喧嘩を見なくて済むようになった

毎日怒鳴りあい、ののしりあう両親の姿を見ているときよりも、離婚をしてからの方が楽に生活できると感じる子供もいるようです。

  • 両親からお小遣いをもらえる

今までは両親からしかお小遣いがもらえなかったが、離婚をしたらそれぞれの親からもらえるようになったという子供もいます。

  • 精神的な自立が早い

自分で考えて行動するようになるため、普通の子供よりも精神的な自立が早くなります。離婚で心にダメージは受けますが、困難を乗り越える力も身に付きます。

  • 自分で自分の進みたい道を決めることが出来る

進学や就職に対して両親があまり口出ししてこなくなるため、自分の進みたい道を自分で決められるようになります。親に決められた進路を進む人よりは自分で将来のことを決める選択肢が増えます。

親の離婚を子供に伝える時の注意点

子供に親の離婚を伝える時は、気を付けなければならないこともあります。

  1. 嘘を伝えてはいけない
    離婚をするときは、子供に嘘を伝えてはいけません。「お父さんはこの世にいない」など嘘をついてしまうと、子供が親を信用しなくなります。
    その結果、自分に自信が持てない子供に育つこともあります。
  2. 悪口を言ってはいけない
    夫婦は離婚をすれば他人に戻りますが、子供にとってはどちらも大切な「親」です。血のつながりがあるかけがえのない親の悪口を言ってはいけません。子供の持つ印象も悪くなってしまいます。
  3. 子供のせいにしない
    親が離婚をするとき、子供は少なからずとも「自分に何か原因があるのではないか」と考えるようになります。
    離婚の原因は子供たちではないということをしっかりと伝え、離婚後も両親である事に変わりがないということを伝えてあげましょう。

 - ベビー/子育て