探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

adhdの子供の育て方について、気を付けたいこと

2017.11.17

adhd(注意欠如多動性障害)とは、発達障害のひとつであり、これには、様々な特徴があります。

そんなadhdの子供の育て方に悩むお母さんは多くいることでしょう。

そこで、adhdの子供の育て方について、気を付けたいことなどご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供のストレスは幼稚園が原因!?親ができる対処法

小さい子供でも日常生活においてストレスを感じることがあるようです。 それは、幼稚園や保育園など...

離乳食の開始は遅めの方がいい?それにはこんなワケがあった!

赤ちゃんが生後5か月を過ぎたころから離乳食を開始するママも多いですよね! でも、離乳食を始める...

運動の苦手を克服!お子様への親のサポート方法

お子様が運動が苦手で、克服させたいと思っているママは多いでしょう。運動が苦手なのは遺伝なの? ...

中学生に勉強を教えるときのポイントとは?勉強の教え方

中学生になったら親が勉強を教えるのは難しい? 勉強の教え方はどのようにしたらいいのでしょうか?...

子供の寝る時間遅い?お母さんの寝る時間が影響しているかも!

子供が夜遅くまで起きていて寝る時間が遅い!寝かしつけている親は辛い! 1日の過ごし方に見直す点...

庭は子供の遊び場!子供が喜ぶ庭造りや遊びについて

庭付きの家に住み、庭で子供が遊びまわる光景…理想的ですよね。 庭で子供を遊ばせるならどんな遊び...

1歳児の夏のお出かけの過ごし方とおすすめスポット

子供が1歳になるとある程度言葉の意味がわかり、お出かけするのも少し楽になりますよね。 しかし暑...

赤ちゃんの心拍は弱くても復活することがある!心配しすぎないで

妊娠できた喜びも束の間、赤ちゃんの心拍が弱いと言われて心配になっているママもいるかもしれません。 ...

保育園でママ友に無視される…?それは勘違いかもしれません!

保育園で会うママは基本仕事している人たち。 毎日を忙しく過ごしているママたちがわざわざ無視をす...

保育園や家での昼寝はいつまで寝かせてもいいのか検証

昔から「寝る子は育つ」とよく言いますね。 ですが子どもが夜なかなか寝てくれない・・・など昼寝...

赤ちゃんのベッドの位置、最適な場所とは!

赤ちゃんがいよいよ我が家にやってくる。そんな頃が近づくとベッドの位置をどこにしようか迷ってしまいます...

子供の友達が遊びに来る時や友達の家に遊びに行く時について

子供がある程度大きくなってくると、友達が家に遊びにきたり、友達の家に遊びに行ったりするようになります...

切迫早産で入院したら太る?太らないために体重コントロールを!

切迫早産で入院することになってしまったら太るのではないかと心配になりますよね。 病院に入院して...

希望する保育園へ入園させるコツ!「保活」は早くに始めよう

働くママが復帰する前に悩むことと言えば、保育園ですよね。 特に都市部では待機児童も多く、職場復...

入学式で友達ができないかも・・・友達作りの㊙アドバイス!

入学式で不安に思う事といえば、友達ができるかどうかですよね。友達ができない不安や声を掛けるタイミング...

スポンサーリンク

adhd(注意欠如多動性障害)の子供の育て方、特徴とは?

adhdとは、注意欠如多動性障害のことであり、最近ではよく耳にする発達障害のひとつです。

adhdの特徴には、多動性や衝動性、注意力の障害などがあります。

この障害の原因は、先天性の脳機能障害によるものと言われています。

ですから、親からの遺伝や育て方が原因ではないのです。

よく周りをちょろちょろとするような多動性があり、注意力のない落ち着きのない子供をみると、親のしつけが悪いと思われることもあるでしょう。

しかし、adhdの場合、それが原因ではないのです。

そして、adhdは記憶や注意力、感情の抑制などをつかさどる脳の前頭前野の部分の機能障害を起こしていると考えられています。

ただ、子育ての仕方によっては、それが悪化してしまう可能性もあるので、気を付けなくてはいけません。

できるだけ子供が小さいうちから、療育をする方が改善が望めますよ。

adhdの子供は親の育て方やしつけが悪いと思われること

我が子が問題行動を起こすことで、親は悩みますよね。

周囲の人は、そのことによって、「親の育て方が悪い」や「しつけが悪い」といった反応を示すかもしれません。

しかし、この問題行動はそれらが原因ではないのです。

子供の発達の偏りは、しつけが失敗したわけではないのです。

周りから浮いてしまう子は、わざと先生やお母さんを困らせようとして「しない」のではありません。

「できない」のです。

ですから、この「できない」部分について、理解をしてあげましょう。

そして、早期療育をすることにより、この苦手を克服し、そしてその子の光る部分を伸ばすようにしてあげることが大切です。

お母さんは自分を責める必要はありません。

少しずつ、その子なりのペースで成長はします。

ゆっくりと焦らず、その子の成長を見守ってあげましょう。

adhdの子供の育て方で気を付けたいこととは

adhdの特徴のひとつに、注意力の障害というものがあります。

これは、周囲に気を取られやすく、また物事を忘れやすかったり、何かをするときの集中力が長続きしないというものです。

しかし、これは、環境の工夫をしてあげるだけで、随分と変わってくるのです。

例えば、テレビをいつでもつけっぱなしにしたりしていると、子供は気が散ってしまいますよね。

ですから、余計な刺激を与えないように環境づくりに注意しなければなりません。

おもちゃの棚にはカーテンを付けたり、パーティションを使って外部の刺激の少ない解りやすい環境づくりを心がけましょう。

それから、集中力が続かない子供には、何かをする時間を10分くらいの短い時間で区切ってあげたり、スケジュールを組んであげると良いでしょう。

待つことが苦手な子供には、そのような待つ場面では、短時間で終わるような課題やその子の集中しやすい好きなことをさせてあげるのもよいでしょう。

adhdの子供に考える将来の進路とは

adhdのような発達障害の子供は、その障害によっても将来の進路の選択肢は変わっていきます。

まず、一般的に発達障害ではない子供たちと一緒に同じ高校に受験する子もいるでしょう。

これは、普通の学校と同じなので、特にその障害に対しての対応はあまり期待できません。

また、特別支援学校という専門的な学校。

これは、障害に対して専門的な知識を持った指導者がいるので、その子に適した学びをすることができるでしょう。

それから、就職になりますが、最近では障害を持った人でも積極的に受け入れてくれる企業が増えてきました。

それらの子供たちが行くことができる職業訓練学校もあります。

将来に向けて就職をするために、このような職業訓練校へ進むのも大切なことです。

発達障害を持つ子供が仕事で受けやすいのか注意とは

adhdのような発達障害を持つと思われる人は、仕事でもミスが目立ち、注意されることがあります。

例えば、同じミスを何度もしたり、メモを取ろうとしても聞くことを忘れたり、プレッシャーやストレスを受けやすく、それにより臨機応変な対応ができなくなったりするのです。

ミスをしないように気を付けていると、違うところでミスをしてしまうなんてこともあります。

最近では、大人になってから自分がadhdのような発達障害だと診断される人も増えています。

このような人たちは、注意力や集中力が欠けているため、正確な作業や間違いが許されない作業などは難しいかもしれません。

そして、そのような自分の障害を理解してくれる企業へ就職をした方が良いでしょう。

子供のうちから、療育や訓練が必要なのは、将来に向けて大切だからです。

このような障害を抱えていると、生きにくさを感じることが多々あるでしょう。

ですから、少しでも自分ができることをやっていけるようになって欲しいものですね。

 - ベビー/子育て