探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

赤ちゃんがいる家におすすめの掃除方法や掃除アイテム

2018.5.6

赤ちゃんは色々な所を触った手や物を口に入れたりするので、家はいつも清潔に掃除しておきたいと思うお母さんは多いでしょう。

思っていても赤ちゃんがいると家事をするのも大変で思うようにいかないこともありますよね。

そこで、赤ちゃんのいる家庭にお勧めの掃除方法や掃除アイテムについてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供が言葉を話すには練習よりも経験や感じることが必要です

子供が周りの子と比べて、言葉を発するのが遅いと感じると、心配になってしまいますよね? 言葉の練...

幼稚園の友達に意地悪された時の、子供同士のトラブルの対処法

幼稚園に入園すると初めての集団生活が始まり友達もたくさんできるか、ワクワクしますよね。 しかし...

人見知りの赤ちゃんを預けるコツと覚悟につてい

人見知り。それは赤ちゃんにとって成長の証。 赤ちゃんを誰かに預ける時、ママと引き離される不安を...

赤ちゃんのお世話を旦那に!お風呂担当はパパのお役目

赤ちゃんのお世話を旦那に任せるなら、やっぱりお風呂をお願いしたいというお母さんは多いのではないでしょ...

保育園や家での昼寝はいつまで寝かせてもいいのか検証

昔から「寝る子は育つ」とよく言いますね。 ですが子どもが夜なかなか寝てくれない・・・など昼寝する...

お通夜に子供が参列する場合の服装は?服装選びのポイント

お通夜に参列する際、大人はブラックフォーマルを着用しますが、困るのが子供の服装ですよね。 子供...

離乳食の開始は遅めの方がいい?それにはこんなワケがあった!

赤ちゃんが生後5か月を過ぎたころから離乳食を開始するママも多いですよね! でも、離乳食を始める...

妊婦の運転する時間は1時間はOK?気をつけたい注意すべき点!

妊婦さんが運転するのはお腹の赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか?1時間なら運転してもいい? そ...

学校の先生が好きな親ってこんな親!先生に好かれる親の特徴

子供が小学校に通い始めるとお世話になるのが学校の先生です。先生は分け隔てなく子供や保護者に接してくれ...

子供が高熱でピクピクする!痙攣を起こしたときについて

子供が熱を出したら心配で仕方がないですよね。 熱が高くなってくるとピクピクしたり幻覚が見えてい...

新生児の沐浴は毎日入れないとダメではない!ママの体力が最優先

新生児は汗をかきやすいため、出来れば毎日沐浴をしてあげたいものです。 毎日入れないとダメとはわかっ...

育休期間3年を取得するメリットとデメリット!

育休期間3年と延長となり、ママがもし育休を3年取得した場合は、子供がある程度大きくなるまで子育てに専...

幼稚園で怪我をさせてしまった時のお詫びは早めに対応!

子供が幼稚園に通っていると、転んだりぶつかったりと怪我をすることはよくあります。 ですがお友達と遊...

小4男子に似合う髪型とは?子供だっておしゃれしよう!

小4男子といえば元気いっぱい。まだまだ外で遊ぶことが楽しい時なのではないでしょうか? そんな小...

赤ちゃんのベッドの位置、最適な場所とは!

赤ちゃんがいよいよ我が家にやってくる。そんな頃が近づくとベッドの位置をどこにしようか迷ってしまいます...

スポンサーリンク

赤ちゃんがいる家の掃除に最適な頻度とは?

赤ちゃんがいると、何かと忙しく時間がないでしょう。しかし、赤ちゃんがいるからこそ部屋はいつも清潔にしておきたいものです。

赤ちゃんがいる家庭では、掃除したくても出来ないと悩んでいるママや汚れや菌に神経質になっているママも多いと思います。

色々な所を触った手を口に入れたりするのをみて、徹底的に清潔に保ちたいと思うママも多いと思いますが、最近は清潔すぎると、子供の抵抗力が弱くなってしまうという説もあります。

明らかに汚い状態や散らかってて子供が誤飲してしまう状況では困りますが、神経質になってしまうくらいなら気持ちを切り替えてみてはいかがすか?

掃除するのは、赤ちゃんが寝ている時や余裕のある時にしましょう。寝ている時に掃除機をつかうと起きてしまう可能性もあるので、モップなどを使ってササッと掃除しましょう。気になる場所の拭き掃除も気になった時にササッとします。

汚れに対して過敏になり過ぎると、ストレスが溜まるでしょう。綺麗な部屋でもママが汚れに過敏で神経をとがらせているのは、赤ちゃんにとってあまり良い事ではないと思いませんか?

少し余裕をもって、ゆったりと子育てした方が良いと思います。ですから、これくらいの頻度が正解ということはなく、赤ちゃんやママ自身のペースで掃除したらよいと思います。

家の掃除をするときは赤ちゃん目線で考えてみよう

可愛い子供のために、部屋はなるべく綺麗に保ちたいですよね。特に赤ちゃんがハイハイしだすと、大人が思いもよらないところに行ったり、予想外物を手にしたりします。

だからこそ、きれいに掃除したいと思うお母さんは多いと思いますが、実際毎日綺麗に掃除するのは大変です。

一般的に、埃が溜まりやすいのは、棚の上・照明のカサ・家具の裏側など目につかない場所です。しかし、埃は常に引力で下へ落ちて行きます。

目に見えなくても床には埃が溜まっていて、人が移動することで埃も動いて部屋の隅の方や空気の動きの少ない場所にたまっていきがちです。

普段、掃除する時は掃除機やモップなど立ってしていると思います。便利なお掃除グッズが沢山あるので、低い姿勢で床を雑巾がけする機会はあまりないでしょう。

しかし、大掃除の時などに毎日掃除してるのにどうしてこんなところにこんなに埃が!?と思ったことはありませんか?立って掃除していると気付かない場所に埃や汚れが蓄積されていくのです。

この「立って掃除していると気付かない場所」は赤ちゃんの目線とほぼ同じです。ですから、たまには姿勢を低くしてチェックしてみましょう。

家に赤ちゃんがいるから頑張ってるけど掃除が嫌い!どうしたらいい?

子供が小学校に入る前は部屋もスッキリしていて掃除も毎日出来ていました。ガス台も窓もピカピカにしていました。子供が幼稚園に入っても、幼稚園に行く前の時間に掃除を済ませられるくらいでした。無駄な荷物を置かないようにしていたので、掃除が楽でした。

しかし、子供が大きくなるにつれ荷物が増えて行き、掃除の前に片付けをしなければならなくなって、だんだん部屋が片付かなくなっていきました。

物が多いとどうしても掃除の前に片付けという工程増えるので余計面倒になるのではないでしょうか?なるべく物を減らしたら、掃除も楽になるので少しは掃除きらいが軽減されるかもしれません。

我が家も今は無駄なものが増えて、それもストレスになっていますので、大掃除の時に一気に整理しようと計画中です。たとえば、料理する時は片付けも同時進行でする習慣をつけるなども良いと思います。1つずつやると手間がかかってめんどくさくなってしまいますから。

赤ちゃんのいる家は特に覚えておきたい衛生商品の違い

赤ちゃんがいると、家中清潔にしたいと、消毒をしたり除菌シートなどを使って掃除する人も多いでしょう。生後半年くらいまでは母親から貰った免疫力が赤ちゃんを守ってくれますが、その後は徐々に免疫力がない状態になります。そのため、病院に行くことが増えると思います。

赤ちゃんは、菌やウイルスに感染する事で少しずつ免疫力がつくものですが、菌やウイルスから赤ちゃんを守ることも大切でしょう。そのためには、除菌シートなどの衛星商品について正しく知ることも重要です。除菌・消毒・殺菌の違いを正しく理解していますか?

・除菌
石鹸などで洗い流して、物理的に微生物を除去することです。

・殺菌
微生物を死滅させることです。

・消毒
有害な微生物のみ殺菌させることです。

なお、薬事法では殺菌・消毒という言葉を使っていいのは医薬品と医薬部外品に限られます。そのため、本当は殺菌消毒の効果があっても除菌と表示されている場合や、その逆もあります。

赤ちゃんの免疫力を高めるためにも、衛生商品は正しい知識で正しく使いましょう。

赤ちゃんのいる家庭の掃除は安心安全なアイテムを使おう

赤ちゃんのいる家庭では、万が一口に入っても安全な自然素材物で掃除をするのがおすすめです。毎日の掃除に使える自然素材をご紹介します。

・重曹
掃除に使えるお掃除グッズとしても有名な重曹です。重曹はアルカリ性洗剤の代わりとして使用できます。消臭や除湿などの作用もあり、様々な掃除に使用できるだけでなく、赤ちゃんの服の洗濯や哺乳瓶の消毒などにも使えます。

・クエン酸
酸性洗剤の代わりと使用できます。細菌の増殖を抑制したり、消臭などの効果もあります。フローリングや畳の床掃除、クッションなどの布掃除、トイレの便器などの掃除に使えます。

・炭酸水
炭酸水に含まれる二酸化炭素が汚れを落とし殺菌効果もあります。スプレーボトルに入れて吹きかけ、布で拭くだけなので様々な場所で使えます。なんといっても水なので、赤ちゃんがいる家庭では安心して使えます。

・酢
浸透・剥離・溶解・抗菌・消臭効果があり、鏡や窓などのお掃除に利用出来ます。ただ、ある程度時間が経てば臭いは消えますが、酢特有の臭いが気になる可能性も。

 - ベビー/子育て