探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

発達障害のある幼児にオススメな習い事はコレ!

2017.11.14

発達障害のある幼児、またはその疑いのある幼児の親御さんは、何とかその子の得意なことを見つけてあげたいと考えますよね。

では、発達障害のある幼児にオススメな習い事とはどんなことでしょうか?

そこで、発達障害のある幼児にオススメな習い事についてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

犬と赤ちゃんが仲良しになるには出会う時期としつけが大切

犬と赤ちゃんが一緒に寝たり遊んだり仲良くしている動画はネットやテレビでも人気が高いですよね。 ...

赤ちゃんのベッドの位置、最適な場所とは!

赤ちゃんがいよいよ我が家にやってくる。そんな頃が近づくとベッドの位置をどこにしようか迷ってしまいます...

共働きで子供が愛情不足にならない為の、注意点とポイント!

最近は共働き夫婦が増えている傾向にありますが、うちの子は愛情不足にならないか心配・・・と悩むお母さん...

子供のストレスは幼稚園が原因!?親ができる対処法

小さい子供でも日常生活においてストレスを感じることがあるようです。 それは、幼稚園や保育園など...

子供を叱る時、その年齢は何歳から?子供を叱る時の注意点

みんな子供を叱る時どうしてる?特に小さな赤ちゃんや言葉が理解できない子供ににはどう理解させるべき? ...

子供が言葉を話すには練習よりも経験や感じることが必要です

子供が周りの子と比べて、言葉を発するのが遅いと感じると、心配になってしまいますよね? 言葉の練...

離乳食に人気のバナナは炭水化物や栄養がとっても豊富!

赤ちゃんの離乳食やおやつに欠かせないバナナは、炭水化物が豊富で他にもたくさんの栄養素が詰まっています...

迷惑?発達障害を持つ子供が学校で過ごすためには

発達障害を持つ親は、学校で周囲に迷惑をかけていないだろうかと心配してしまうものです。 迷惑をか...

双子の赤ちゃんのお風呂、コツさえつかめば一人だって大丈夫!

双子の赤ちゃんは可愛さも二倍だけどお世話も二倍!とくにお風呂は大変ですよね~。 手伝ってくれる...

子供がストレスを感じて体調不良に!それは助けてのサインです!

子供がストレスを感じると体調不良になってしまうこともあります。 ストレスが原因で体に表れる症状...

中学生に勉強を教えるときのポイントとは?勉強の教え方

中学生になったら親が勉強を教えるのは難しい? 勉強の教え方はどのようにしたらいいのでしょうか?...

離乳食やお茶はいつからOK?タイミングやあげ方について

赤ちゃんにお茶をあげてもいいのはいつから?生後何か月からあげてもいいのでしょうか? そもそも、...

妊婦の運転する時間は1時間はOK?気をつけたい注意すべき点!

妊婦さんが運転するのはお腹の赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか?1時間なら運転してもいい? そ...

父親の自覚が足りない男性に子供がかわいいと思わせる方法

父親が自分の子供がかわいいと思う瞬間とはどんな時なのでしょうか? 子煩悩な父親がいる一方、いつ...

希望する保育園へ入園させるコツ!「保活」は早くに始めよう

働くママが復帰する前に悩むことと言えば、保育園ですよね。 特に都市部では待機児童も多く、職場復...

スポンサーリンク

発達障害のある幼児に習い事をさせて良いのか?

まずは、そのお子さんが興味を持っているようなことややってみたいということをやらせてあげてみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、習ってみると思っているよりも難しくて、途中で辞めてしまったり、本人が傷つくのが心配になったりするかもしれません。

ですから、すぐに申し込むのではなく、まずは見学に行ってみたり、体験に参加してみたり、また、その発達障害について担当の講師に相談しながら進めていくのはどうでしょうか?

学校もそうですが、習い事も発達障害があると任せっぱなしにはできません。

その都度、そのお子さんを中心にして関わる大人たちがしっかりとコミュニケーションをとっていくことが重要になります。

それにやってみて、結局辞めることになったとしても、本人にとっていろんな経験をすることも成長の過程で大切なのです。

いろんな経験の積み重ねが、子供の成長を支えているのです。

発達障害の幼児の習い事に水泳はオススメ!

水泳という習い事は、発達障害のある子供にとってオススメな習い事です。

どこかでそのような情報を聞いたことがあるという方もいるかもしれませんね。

例えば、多くの発達障害児にとって、物事の見通しが立たないことに不安を抱きます。

特に、自閉傾向の強い子供は、理解しやすい見通しやスケジュールというのは重要になるのです。

水泳教室の場合、学年や泳力によってプール内はコースロープで区切られたりするため、目から入る刺激により状況を理解しやすい発達障害児にはとてもわかりやすいのです。

また、水泳は体の機能の発達にもとても良いのです。

健康的な体作りは、発達障害に関わらず子供にとって大切ですよね。

それから、近年は災害や水害による事故がとても多く、自分の気持ちをうまく伝えたり、自分で逃げ出すことがうまくできない発達障害児にとって、もしも水害に合ったときにも、水を怖がることなく泳ぐことができたら安心ですよね。

ですから、幼稚園などで水遊びが好きなんて話を聞いたときには、ぜひ水泳を習わせてあげてみてはいかがでしょうか。

発達障害をもつ幼児にピアノの習い事の効果とは

発達障害とは、人間性知能を高めることで改善されます。

ですから、ピアノを習わせるのは効果的と言われています。

発達障害をもつ幼児を受け入れてくれる個人レッスンのピアノ教室を探すと良いでしょう。

最初は1本指で弾くだけでも問題ありません。

レッスンは、1日10分でもかまいません。

その代わり、2日に1回か3日に1回くらいレッスンを受けた方が効果はあるでしょう。

当然ながら時間はかかりますし個人差もありますが、焦る必要はありません。

お母さんが不安になってしまうと、お子さんにもそれは伝わってしまいます。

不安を抱くことは、脳にとって最もよくないことなのです。

最終的にはきちんと両手で弾くことができて、楽譜を見ることできるようになったらいいですよね。

発達障害をもつ幼児に習い事を選ぶときには

子供の得意なことを伸ばしてあげたい、将来に役立って欲しい、そんな風に親は誰でも考えますよね。

どうせなら得意なことや好きなことを活かせる習い事をさせたいと思うはずです。

しかし、親としては幼稚園で描いている絵がとても上手だから、絵を習わせたいと思うかもしれませんが、子供としては絵よりもダンスが好きかもしれません。

そんな時は、まずは子供の気持ちを優先してダンスを習わせてあげてみてはいかがでしょうか。

これにより、子供にとっての自己肯定につながるのです。

また、習い事が上達するスピードというのは人それそれです。

親が焦ってそのスピードを求めすぎないように気を付けなくてはなりません。

それから、習い事をはじめて見ると、本人が壁にぶつかることもあるでしょう。

この時、無理強いしてやらせるのは良くありません。

本人の気持ちを確かめて、少し休ませたりすることも考えましょう。

児童デイサービスは障害児専門の療育機関

お子さんの発達障害について気になるのであれば、市が補助する児童デイサービスを利用してみましょう。

ここでは、療育的な視点から、そして本人に無理のないように、専門の職員が計画を組んでくれるため、こちらの希望もできる限り取り入れてくれます。

発達障害とは、その子の個性のようなものです。

それは、ただ普通と言われる成長曲線に達していないだけなのです。

発達障害をもつ子供は、デイサービスとしっかり連携をとって、専門的にお世話になるのをオススメします。

親ではわからない専門的な視点で、その子のためには何をするべきか、どのような療育が必要なのかを一緒に考えてくれるのです。

自分で調べて悩む前に、市が補助する児童デイサービスを利用してみましょう!

 - ベビー/子育て