探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

赤ちゃんの育児にイライラ、育児に思い詰めているママへ

2018.8.17

赤ちゃんを育てていると、育児のストレスが溜まってイライラしてしまうこともあるでしょう。

言葉を話すことが出来ない赤ちゃんは、泣くことで自分の欲求を伝えることがよくあります。

赤ちゃんの育児にイライラしても自分を責めないで!思い詰めずに子育てしていきましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供が言葉を話すには練習よりも経験や感じることが必要です

子供が周りの子と比べて、言葉を発するのが遅いと感じると、心配になってしまいますよね? 言葉の練...

幼稚園行事の時下の子は連れて行く?下の子の幼稚園行事事情!

幼稚園の行事って思っているよりたくさんあるなぁ~と思うことはありませんか? そんな時に下の子が...

親の離婚が子供に与える影響は?子供に悲しい思いをさせないで!

両親が離婚をするとき、悲しい思いや辛い思いをするのは大切な子供です。 ですが、離婚しないという...

育休期間3年を取得するメリットとデメリット!

育休期間3年と延長となり、ママがもし育休を3年取得した場合は、子供がある程度大きくなるまで子育てに専...

中学生に勉強を教えるときのポイントとは?勉強の教え方

中学生になったら親が勉強を教えるのは難しい? 勉強の教え方はどのようにしたらいいのでしょうか?...

1歳児の夏のお出かけの過ごし方とおすすめスポット

子供が1歳になると、ある程度言葉の意味がわかり、お出かけするのも少し楽になりますよね。 しかし...

外出先であげる離乳食、6ヶ月の赤ちゃんならこれがおすすめ!

離乳食が始まった赤ちゃんとのお出掛けで、一番悩むことと言えば離乳食ですよね。 今まではミルクの...

人見知りの子供に習い事のオススメや克服するためにできること

人見知りの子供には小さいうちから習い事をさせた方が克服することができるのでしょうか? では、人...

幼稚園年少の友達関係はトラブルから成長も!親ができること

幼稚園の年少と言えば、まだ幼稚園に入園したばかりで集団生活にも慣れていないかもしれませんね。 ...

中学校の運動会にも保護者は必要?小学校との違いを調査!

子供が小学校の時には運動会を見に行くのが当たり前でした。 中学校の運動会も同じように保護者が見...

学校の先生が好きな親ってこんな親!先生に好かれる親の特徴

子供が小学校に通い始めるとお世話になるのが学校の先生です。先生は分け隔てなく子供や保護者に接してくれ...

子供を保育園に通わせるのが不安・・・こんな方法で解消しよう!

今の時代、共働き夫婦が当たり前になってきました。 しかし、保育園へ行くのを泣かれたら嫌がったり...

朝ごはんを子供が食べない!超ストレス!なんとか食べさせたい!

朝ごはん、子供が食べないのって、超ストレスじゃありませんか? ウチの娘も、ヤクルト半分で学校に...

子供を叱る時には感情的に怒鳴るはNG!叱るときの注意点

子供を叱るときに頭ではわかっていても、感情的に怒鳴ることはありませんか? 実はこの叱り方は子供...

保育園の登園時間は何分前までに到着すべき?逆算して余裕を!

保育園に預けるときいつも登園時間ギリギリになってしまうという方も多いのではないでしょうか。 そ...

スポンサーリンク

赤ちゃんの育児、眠くてイライラ!

赤ちゃんを出産してすぐは病院にいるために不安なことがあっても、誰かに相談することが出来ます。

そういったことからも、心は少し安定するものです。

でも、その期間も1週間程度。

赤ちゃんと一緒に家に帰ってきたら、ママがお世話をするようになります。

まだ赤ちゃんが小さい頃は授乳の間隔が短く、2時間から3時間おきに授乳の時間があり、なかなか寝ることも出来ず、それをストレスに感じるママもいます。

そんな時は、赤ちゃんの生活リズムに合わせて生活すると良いです。

赤ちゃんが寝ている時にママも寝るようにすると、一日10時間近い睡眠を取ることが出来ます。

赤ちゃんの授乳感覚が短いのは最初の頃だけですので、赤ちゃんリズムに合わせてママも生活し、睡眠不足からくるストレスを乗り越えるようにしましょう!

パパに協力してもらうのも良いですね!
時々は赤ちゃんをパパに預けて、ママもリフレッシュしてみましょう!

赤ちゃんやママは悪くない!育児にイライラしても大丈夫!

最近ではママに対して求められることが多くなってきています。

不景気のため、出産をしてからも子育てに専念することが出来ず、家計の為にパートに出ている人もたくさんいます。

そうすると、育児、家事、仕事といったことを一人でこなさなくてはならなくなり、自分の時間も持てなくてストレスがたまることになります。

色々なことを一人で頑張っているママを取り上げた雑誌の特集もありますが、そこまでして頑張らなければダメなのでしょうか?

「育児も家事も仕事も頑張らなきゃ!」と思って生活している人もたくさんいますが、ママはスーパーマンではないのです。たまにはしっかり休まなくては!

また、子育てをしていると、周りからも声をかけられやすいです。

暖かい声ならいいのですが、時には子育てを批判されたり、「昔はこうだった…。」などといった育児方法を押し付けられることもあります。

周りに左右されな苦ても大丈夫ですから、自分の子育てをしっかりとして、愛情を持って赤ちゃんを育ててあげましょう。

赤ちゃんが元気に育っているということは、あなたは立派な「お母さん」なのですから!

赤ちゃんが泣いてイライラ、育児ストレス対処法!

育児ストレスが溜まってイライラしてしまった時に出来る対処法をご紹介します。

  • イライラが溜まりすぎて赤ちゃんに笑顔を見せることが出来ないと感じ、声を出して怒鳴ってしまいそうなときは、赤ちゃんの安全を確保したうえで、赤ちゃん別の部屋に寝かせて一人になる時間を作りましょう。
    少しの間なら赤ちゃんが泣いていても大丈夫!赤ちゃんと離れて過ごすだけで、少し心が落ち着くことがあります。
    ママの不機嫌を察知して余計に赤ちゃんが泣いてしまうこともありますので、まずはイライラを落ち着けましょう。
  • 赤ちゃんが眠ってるときはママも仮眠を取りましょう。
    「寝ている間に!」と思って家事を頑張ろうとするママもいますが、ママの体を休めることも大切です!
  • ママが一人でリラックスできる時間を作ることも大切です。パパがお休みの日に赤ちゃんのお世話を頼んで買い物に出かけてみたり、おじいちゃん・おばあちゃんにお願いして体を休めるのも良いでしょう。一人の時間を作って、リラックスしましょう。

育児にイライラした時は赤ちゃんと一緒にリフレッシュ!

赤ちゃんと一緒の時間を過ごしていてイライラした場合、いつもと違ったことをしてみるのも良いです。

お散歩に行くとき、いつもと違う道を通ってみるのもおすすめ!

新しい何かを発見して、心がリフレッシュすることもあります。

これは、赤ちゃんにとっても良いことで、赤ちゃんが一生懸命に目を動かすことで視覚や聴覚、皮膚の感覚を使って刺激を受け、色々な事を感じることが出来たり、体力を使ってぐっすり寝てくれることにもなります。

お日様の光を浴びることで、赤ちゃんの皮膚や粘膜も丈夫になり、抵抗力も高まります。
家の中に閉じこもっていると、気持ちもスッキリせずにイライラしてしまうことになりますから、お天気がいい日は赤ちゃんと一緒にお散歩に出かけ、ママも赤ちゃんも上手にリフレッシュしてみましょう!

赤ちゃんが泣く理由が分からなくてイライラ【先輩ママの体験談】

子育てを経験しているママたちは赤ちゃんが寝いている理由が分からずに、困り果てた経験があると思います。

そんな時、先輩ママが言われて救われたという言葉があるようです。

「娘が生後6ヶ月を過ぎたころから良く泣くようになりました。どうして泣いているのかが分からず『どこか体調が悪いのかな?』と心配することもありました。

泣いている原因がわからないためどうすることも出来ずに、『近所からうるさいと言われるかもしれない』『虐待してると思われたら…。』と、悩む日々が続きました。

あるとき、娘と一緒に外出している時娘が泣き止まなくなりました。そこへ近所おじいさんが来て『大人になったらこんなに泣くことはできないんだから、今のうちにたくさん泣いておくんだぞー』と、娘に声をかけてくれました。

その言葉を聞いてから私の心も楽になり、『上手く伝えられないと辛いねー』というように、大きな心で受け止めることが出来るようになりました。」

赤ちゃんが泣いている時は、ママの心に余裕がなくなってしまうこともあります。
思い詰めずに子育てできると良いですね!

 - ベビー/子育て