探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

子供にイライラして怒鳴る。怒鳴る前に出来る事

2018.4.20

子育てしていると、どうしてもイライラして大声で怒鳴ることありませんか?

子供が寝ている姿を見ると自己嫌悪になり後悔してしまう人も多いはずです。

ママがイライラしている時の対処方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供の散髪にバリカンを使ってみよう!そのコツを教えます!

子供の散髪を自分でしようと思っても失敗しそうだし、だからと言って美容室へ行くと高いし…。と悩んでしま...

一歳児のお風呂の入れ方~ママと一緒に入るスムーズな入浴手順

小さなお子様と一緒にお風呂に入るのはママという家庭が多いと思います。 一歳くらいのお子様はまだまだ...

出産後の手続きは入院中に旦那にやってもらおう!

出産後の入院中に旦那さんはどのように過ごしていますか?出産で入院すると旦那さんの食事も気になりますよ...

赤ちゃんの育児にイライラ、育児に思い詰めているママへ

赤ちゃんを育てていると、育児のストレスが溜まってイライラしてしまうこともあるでしょう。 言葉を...

幼稚園年少の友達関係はトラブルから成長も!親ができること

幼稚園の年少と言えば、まだ幼稚園に入園したばかりで集団生活にも慣れていないかもしれませんね。 ...

幼稚園の親子遠足に父親が参加してもOK?メリット・デメリット

幼稚園の行事に親子遠足がありますよね!幼稚園の行事には母親が参加することが多いですが、父親が参加する...

子供を保育園に通わせるのが不安・・・こんな方法で解消しよう!

今の時代、共働き夫婦が当たり前になってきました。 しかし、保育園へ行くのを泣かれたら嫌がったり...

離乳食の開始は遅めの方がいい?それにはこんなワケがあった!

赤ちゃんが生後5か月を過ぎたころから離乳食を開始するママも多いですよね! でも、離乳食を始める...

妊娠初期の出血は大丈夫?8週目で出血した時に考えられる原因

妊娠初期の頃に出血してしまうと、何か良くないことが起きているのではないかと心配になってしまいますよね...

大学生になっても息子は息子。彼女に対して思う母心とは

幼児だろうと大学生だろうと、息子に対する母の愛は大きいもの。 そんな愛する息子に彼女ができたと...

育児休暇の期間は3年?それとも1年?育児休暇について考える

育児休暇は最大で3年間取得できる企業も増えてきているようですが、実際には3年取得している人はまだ少な...

保育園や家での昼寝はいつまで寝かせてもいいのか検証

昔から「寝る子は育つ」とよく言いますね。 ですが子どもが夜なかなか寝てくれない・・・など昼寝する...

中学校の運動会にも保護者は必要?小学校との違いを調査!

子供が小学校の時には運動会を見に行くのが当たり前でした。 中学校の運動会も同じように保護者が見...

希望する保育園へ入園させるコツ!「保活」は早くに始めよう

働くママが復帰する前に悩むことと言えば、保育園ですよね。 特に都市部では待機児童も多く、職場復...

お通夜に子供が参列する場合の服装は?服装選びのポイント

お通夜に参列する際、大人はブラックフォーマルを着用しますが、困るのが子供の服装ですよね。 子供...

スポンサーリンク

子供にイライラして怒鳴るのは子供を支配したい?

子供の事をよく怒っているお母さんは、自分の子供の事を何でもしてしまうという傾向があるようです。このようなお母さんの場合、本当は子供の事を大事にしたいと思っているので、その気持ちが強くなってしまうので手を出してしまったり、干渉も強くなるようです。

お母さんが子供を怒ってしまうということは、それはお母さんが「子供の生活をコントロールしたい」「影響を与えたい」「子供を支配したい」などの思いが起きるからではないでしょうか。

愛情表現のはずが本当は子供を支配していることも
子供を支配したいを思ってしまう、なので日常的に怒ってしまう頻度が増えてしまいます。このような状態のお母さんは自分でそのことに気づきにくいのです。お母さんにとって干渉や支配することは愛情表現だからです。何でもやってあげたり、口出しすることが子供を大切にしていることだと思っているのです。

例を上げると、子供のために教育していく上で良いと思うものはどんどん取り入れたいと思います。習い事を何個もさせたり、服装もオシャレにしてみたり。このような行動は子供が可愛くて仕方がないを言う気持ちから起こります。可愛くて仕方がないので、母親が思っている事を全部してあげたいのです。

子供にイライラして怒鳴ることは絶対にダメ!

・怒鳴っても自分が疲れる

怒鳴るとその時はいいかもしれません。でもその後に必ずやって来る自己嫌悪を考えると、すっと続いていく子供との付き合い方にはいい選び方ではありません。毎日毎日神経をすり減らしながら生活するのは嫌ですよね。

・短い期間しか結果が出ないという事実を知る

怒鳴るをいうことは冷静になってみると短期的で表面的な結果しか出ません。子供にすごくよく育ってもらうために、あまり必死になるのではなく、長い期間子供の成長を考えて目の前の行為について考えることが大事だと思います。

・自分がどうして怒鳴っているのかを客観的に考える

気持ちが落ち着いている時は怒鳴っていないことに気が付きます。冷静に考えるとほとんどが何か別に事が上手くいってなくてイライラしていたということが私は多くありました。頭ではちゃんとした方がいいと思っていても実際は出来ていない、自分の子供が出来ていないと嫌になることにも気が付きました。人は「自分みたいな人間」が嫌いみたいです。とりあえず自分を見つめ直すことは大切なことです。子育てで自分を知って成長していけると思います。

子供にイライラして怒鳴るママはその後の○○も大事!

・不安を取り除く

怒鳴られると子供は「自分は嫌われてしまった」と不安に思います。大好きなママに嫌われるということは子供にはとても辛い事です。なのでいち早くこの不安を解消してあげましょう。「ママはあなたが大好き」と言うことを一番最初に言ってあげましょう。このことを言うだけで子供はママの話を安心して聞いてくれます。

・怒鳴ったことを謝りましょう

感情をぶつけたり、怒鳴る事はどんな理由があってもいい方法ではありません。「感情をぶつけてしまってごめんね」とちゃんと謝りましょう。そしてお母さん自身が別の方法で伝えられるようにしていくことを話しましょう。

・怒鳴ってい待った理由は最後に一言で話す

「お母さんは○○だった」「お母さんはあなたのためにやったのにわかってもらえなくて悲しかった」「すごく疲れていたの」怒鳴ってしまった理由はお母さんにもあるはずです。一番伝えたいことをわかりやすく一言で子供に話しましょう。

子供の行動にイライラする。怒鳴る前にやれること

・その場所からいったん離れる

家の中にいる時に子供に腹が立っている場合は、子供の対応を夫に交代しましょう。自分は少しの間部屋の外に出ましょう。これでは夫に責任を押し付けてしまうことになります。ほとんどの場合、揉め事が起きた時にその場に居なかったお父さんは子供を怒鳴りつけたりしないで、お母さんよりも上手に対処できるはずです。その間にお母さんは頭を冷やすことが出来ます。もちろん立場が逆になる時もあります。夫が冷静じゃない時は私が部屋に入り役目を交代して夫が部屋から出られるようにしています。娘にとって親が入れ替わることによって目の前の様子が少し変わるだも効果があるみたいです。

・物事を広い視野で考える

広い視野で物事をとらえることによって、イライラした気持ちを発散できることもあります。朝の時間がない時に、娘が着替えもしないで遊んでいるのを見て、イライラした時は自分の子供だった頃を思い出しましょう。自分も遊んでしまったのではないでしょうか?子供はみんな同じで遊びが中心なんです。深呼吸をして行動してくれるように別の方法を考えましょう。

子供にイライラして怒鳴り続けてしまうとこのような影響が!

子供の暴力をふるってはいけないのは誰でもわかっている事ですよね。怒鳴ることも同じで暴力を振るうのと同じくらい子供を精神的に傷つけています。体が大きい親から、大声で怒鳴られる。子供にとってはいつも一緒にいる親に、事あるごとに怒鳴られる。このようなことが続けば子供の心は怖くて怖くて元気がなくなってしまうのは当たり前ですよね。

いつも怒られるのを怖がり、何でも遠ざけて行動するようになって、自分から積極的に行動しなくなります。

人の顔色を見て行動するようになって、誰にも本心は言わなくなります。

他の人と接するのが精神的に嫌になり、最後は引きこもりや病気になってしまう可能性もあります。

子供も大人になった時に、自分よりも弱い人に合うと、怒鳴る、暴力を振るうなどの行動をして自分の思い通りにしようとする傾向もあります。

 - ベビー/子育て