探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

小学校一年生は勉強する習慣を身に着けることが大事です

2018.4.20

小学校一年生の勉強はひらがなや数字など基本的なことを学習することが中心ですよね。大人の私たちからすると簡単でわかりきっていることばかりですが、子供にとってはそうではありません。

小学校一年生のうちは家で勉強するというよりも、家で勉強する「習慣」を身に着けさせることに重点を置いて考えてみましょう。

自分から進んで机に向かう子はまれです。勉強よりも遊ぶことを優先させるのが子供ですから。勉強の内容よりも勉強をしたことをたくさんほめてあげてくださいね。

そうすると子供は短い時間でも自分から机に向かって勉強し始めます。小学校一年生のうちは親も一緒に子供と勉強しましょう。学校で頑張ってきた子供はお母さんに甘えたいはず。

一緒に勉強することによってお母さんに甘えたい欲求が満たされれば勉強を嫌いになったりしませんからね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供の寝る時間遅い?お母さんの寝る時間が影響しているかも!

子供が夜遅くまで起きていて寝る時間が遅い!寝かしつけている親は辛い! 1日の過ごし方に見直す点...

育児休暇の期間は3年?それとも1年?育児休暇について考える

育児休暇は最大で3年間取得できる企業も増えてきているようですが、実際には3年取得している人はまだ少な...

子供のための貯金ができないなら〇〇だけは貯めておこう

子供のための貯金は子どもが大きくなればなるほどできないってホント? 一番いいのは、生まれたとき...

子育ては疲れる!3歳の子供の成長と子育ての辛さを乗り切る方法

子育て真っ最中のパパやママの中には、3歳のお子さんの子育てに疲れを感じている人もいますよね。3歳の頃...

妊婦の運転する時間は1時間はOK?気をつけたい注意すべき点!

妊婦さんが運転するのはお腹の赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか?1時間なら運転してもいい? そ...

過保護・過干渉。そんな親に育てられた子どもの行く道とは…

過保護や過干渉と言う子育て。 最近、よく目にしたり耳にしたりしますが、具体的にはどのようなこと...

2歳児が保育園に入園する時に必要なものはコレ!

保育園になかなか入れないという待機児童問題は、働く親にとっては深刻な問題ですね。 2歳児の場合は、...

幼稚園の親子遠足に父親が参加してもOK?メリット・デメリット

幼稚園の行事に親子遠足がありますよね!幼稚園の行事には母親が参加することが多いですが、父親が参加する...

育休期間3年を取得するメリットとデメリット!

育休期間3年と延長となり、ママがもし育休を3年取得した場合は、子供がある程度大きくなるまで子育てに専...

10週目頃から赤ちゃんは動く?気になる胎動について

赤ちゃんが動くのは妊娠してからどのくらい?早い人は10週目頃から赤ちゃんが動いているのを感じる人もい...

父親の自覚が足りない男性に子供がかわいいと思わせる方法

父親が自分の子供がかわいいと思う瞬間とはどんな時なのでしょうか? 子煩悩な父親がいる一方、いつ...

旦那の仕事が激務で育児は不参加!辛いけど乗り切るしかない

せっかく子供が生まれたのに旦那は仕事が激務で、育児どころか子供の顔をのんびり眺めている暇もないほど。...

箸の使い方を子供に教える時に気をつけることとポイント!

日本はお箸を使って食事をするのが主流ですね。正しい箸使いはできていますか? また小さい子供に、...

新生児から混合育児!ミルクを足す量や注意点について

新生児のうちは母乳が足りているのか?心配になるものですよね。足りていない時にはミルクと混合にする事も...

共働きで子供が愛情不足にならない為の、注意点とポイント!

最近は共働き夫婦が増えている傾向にありますが、うちの子は愛情不足にならないか心配・・・と悩むお母さん...

スポンサーリンク

小学校一年生で自分から勉強するということは無理なことです

小学校一年生だと毎日45分×5コマで勉強をしますよね?

もちろん体育や音楽などの勉強時間もありますから一日中机に向かっているわけではありません。でもでも!45分間集中して先生の話を聞きながら色々なことを覚えたり考えたりすることって結構大変だと思いませんか?

小学校一年生だとまだ体力がついていないので学校へ登校するだけでも疲れてしまう子供もいるでしょうし、大人が思うよりも集団生活とは大変なものだと思います。5時間の授業を終えてやっと勉強から解放され帰宅したとたんお母さんから「宿題は?」と聞かれてしまっては子供もやる気はすぐに起きないでしょう。

学校であった話を聞いてあげながらどんな子供の様子を見てあげることも大切です。忙しい毎日ですからついつい「もう小学生なんだから勉強ぐらい自分でして!」と思ってしまいますよね?でも小学校一年生では自分で進んで勉強をするということは難しいですし、勉強方法自体わからない段階にいます。

家庭学習の目安時間は学年+10分と言われていますので小学校一年生だと20分家庭学習することが望ましいとされています。頑張って時間を作って20分お子さんと一緒に勉強してみませんか?

小学校一年生の国語。勉強というよりエンピツを上手に使えるようになって

◎国 語◎

一学期のうちは主に「ひらがな」の勉強をしますよね?ひらがなは覚えることも大事ですが、ノートのマス目にはみ出さないようにバランスよく書くことが大切になってきます。まだエンピツを握る指先の力がうまく使えない小学校一年生にとってはこの勉強は大人が思うよりも大変なんですよ。

上手に書けなかったりバランスが悪くても注意したり書き直しさせないようにしましょう。始めのうちは「家で机に向かう」習慣をつけることに重点を置くことが大事です。

私は娘にひらがなではなく星やハートのマークを書かせてエンピツを上手に使える練習を主に行いました。ひらがなは学校でしっかりと教えてくれますからね。机に向かう習慣とエンピツを上手に持って操ることに重点を置きました。

小学校一年生 算数の勉強は少しづづを積み重ねて

◎算数◎

一学期の始めは10までの数と数字を学習しますね。生活習慣として数を数えたり数字を読むことはできますがその成り立ちや仕組みを勉強として取り組むと一気に難しさを覚えるようです。また、一の位の足し算や引き算・繰り上がりや繰り下がりの計算と進んでいきます。この一の位でしっかりと計算を理解できないと桁数が増えていったり掛け算や割り算の学習に大きな影響が出てしまいます。

私はA4サイズのコピー用紙を4等分した紙に3問だけ計算式を書いた紙をたくさん作りました。その3問計算の紙が10枚たまるとYouTubeやDVDを15分見てもよいと言う交換条件を出しました。

本当はご褒美を出す勉強法はよくないと言われていますが何か楽しみがないとやる気が出ないかな?と思い娘と二人で決めました。一枚の紙で30問出すよりも3問を10枚する方が「いや」になりにくいようです。

算数はとにかくひたすら問題を解く「反復学習」がカギを握るようですから工夫しながら問題数をしっかりとこなしていきたいですね。

宿題や家庭学習は親と一緒に取組むことで意欲がわいてくる

◎宿題◎

学校によって違うようですが宿題が出ない学校はほとんどないと思います。小学校一年生のうちは「自分で勉強する」と言うことがどういうことなのか理解していないことがほとんど。

担任の先生もプリントなどを用いて宿題を出し家庭学習させるようにすることでしょう。宿題の他に家庭学習を提出することもありますし、出された宿題をするだけでも良い場合もあると思います。どちらにしても小学校一年生の子供が学校から帰ってきて自主的に宿題や家庭学習に取り組むことはまずないと思いましょう。

低学年のうちは親が一緒に勉強することが大前提です。一緒に一緒に勉強すると子供が何を理解していて何を理解していないのかがわかります。小学校一年生の勉強は大人にとっては「こんなの勉強なのか?」と思う内容のものですが子供にとっては難しい事なのです。子供の目線まで下りて一緒に勉強してみましょう。

家で机に向かう習慣が付けば自分で勉強するようになります

小学校一年生のうち、特に一学期は「家で机に向かう」習慣をつけるための期間だと考えましょう。どんなにめちゃくちゃなひらがなを書いても「ほめて」あげてくださいね。子供はお母さんに褒めてもらいたいのです。

私も気を付けないと指摘ばかりしてしまいます。「こんなこと勉強じゃない」と心の中で思っても「よく考えたね!」と声を掛けるようにしています。

成果が出ているのかどうかはわかりませんが小学校3年生になった現在では「宿題やったから丸付けして!」とえらそうにプリントを持ってくるようになりました。間違えだらけですけどね。言われなくても学校から帰ってきたら机に向かう習慣はついたのかな?と思います。

 - ベビー/子育て