探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

雨が好きな人の心理とは…雨の楽しみ方を教えます

2018.4.21

雨と言うと、ちょっと気分がのらなかったり、いまいちパッとしないという方が多いのではないでしょうか。

でも、「雨が好きっ!」という方もいます。

雨のどんなところが好きなのか…。雨が好きな人の心理を探ります。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゼラニウムの育て方!冬越しさせるコツについて

真夏と真冬以外は花を咲かせて楽しませてくれるゼラニウム。 育て方も簡単なため初心者向きの植物だとい...

あなたは大丈夫?同性の友達に依存しすぎてない?危険度チェック!

ついつい仲良くなりすぎて、同性の友達に依存してしまうことありませんか? 自分では気づかないうち...

アパートの壁紙にヤニをつけると退去費用がかかる!掃除のやり方

タバコを吸っていると、どうしてもアパートの壁紙にヤニがついてしまいますよね。 このヤニ汚れはアパー...

色鉛筆の塗り方のコツは?はじめてでもできる!基本や効果

色鉛筆はちょっと塗り方に工夫をしたり、コツを掴めば、上手に塗ることができます。 では、色鉛筆の...

友達が可愛いから嫉妬してしまう・・・醜い嫉妬が起きるワケ!

可愛い友達に嫉妬してしまう・・・そんなの醜い感情だってわかっていても、どうしても沸き起こる嫉妬心・・...

余興で結婚式を盛り上げよう!ムービーなら?オススメアイデア

結婚式で余興を頼まれたら、どんなことをしようか悩みますよね。 最近では、結婚式の余興にはメッセ...

声が大きい女の人の性格は?大きな声で話してしまう心理とは

人の話声の大きさは様々です。声の大きな女の人もいれば、よく聞き取れないような小さな声で話す女の人もい...

人生のどん底から這い上がるためのエピソードや教訓とは

人生のどん底を経験してきたという人もたくさんいるでしょう。 しかし、それらのどん底エピソードを...

バレエの先生にお礼は絶対必要?品物の選び方と相場について

子供の習い事にはお金がかかりますが、特にバレエに関してはかなりの出費になると言われています。 ...

鼻の穴が大きい男性はどんな性格?鼻からみる性格診断

鼻の穴が大きい男性は結婚に向いている?向いていない?女性が男性を見るときには身長でも髪型でもなく「鼻...

身長の低い女子の苦悩とは?低身長の【あるある】をご紹介!

身長の低い女子には悩みだって尽きないんです。 身長が低いことで嫌な思いをしたり、時にはラッキー...

ホットケーキを冷凍保存するコツを知れば固くなることはない!

ホットケーキが余った時やおやつとして保存したい場合、冷凍保存することがあります。ただ冷凍保存した場合...

食洗機は掃除が必要です!油汚れの落とし方と日頃の手入れ

食洗機があると毎日の家事が便利になることでしょう。 食洗機なので、掃除は必要ない?という感じも...

中国人女性は浮気を許さないってホント?付き合い方に注意!

日本人男性が中国人女性と付き合うということも珍しいことではなくなってきました。 しかし、中国人...

クワガタの幼虫をペットボトルで飼育する方法!

クワガタの幼虫を飼育してみたい!そんな事を突然お子さんに言われてどうしようか困っているお母さん! ...

スポンサーリンク

雨が好きな人の心理を知りたい!

雨が好きな人の心理は…。雨が好きな方々の意見をご紹介します。

雨が好きな理由は、雨が空から降ってくるパラパラという音や、雨の日特有のちょっと薄暗い雰囲気が、時間が止まっているようにも感じて安心するのです。

室内にいても、外の雨音が少し聞こえてくるぐらいの雨が好きです。なんだか、雨の音を聞くとさみしさがまぎれます。きっと寂しがり屋だからだと思います。

雨といっても、田舎の雨と都会の雨と、少し違う感じがします。都会の雨はパラパラという感じで、外出も億劫に感じます。
田舎の雨は、スコールのようにザーッと降る雨の後には、太陽がぎらぎらと輝きだし、山々をバックに美しい虹がかかることもあります。
考えて見ると、雨は自然の恵みでもあり、雨が一切降らない世界というのは、植物も育ちません。そう考えると、雨にも感謝の気持ちが生まれます。

インドアの趣味があると、雨の日でも退屈しません。部屋の中で、雨の音を聞きながら趣味の時間を持つことも、また楽しいものです。

京都の竜安寺は、晴れてる時の観光も良いですが、雨の日の見学は石庭の美しさが際立ちます。

雨が好きな人の心理に、趣味に時間を掛けられるという意見

雨が好きな人の中には、読書が趣味という方もいるでしょう。そのような方は、雨の日は『絶好の読書日和!』と感じ、わくわくするとも言います。

晴れている日だと、家族から「こんなに天気の良い日に家にいるなんて勿体ない。どっかに出掛けておいで。」と言われるそうです。
雨の日は、周りからそのようなことを言われずに、朝から晩まで本を読んでいられるのが、のんびりとして良い時間なのだそうです。

出不精の方の中には、出掛けても人混みが嫌いだとか、人が多い中にいると頭が痛くなるだとか、不調を感じる方もいるようです。
なので、当然外出は減り、自宅にいることが多くなる…。

でも、自分自身でももう少し外に出掛けた方がいいのかなという思いもあるようです。
雨の日だと、「少しは外に出なくては…」、という無理をするストレスもなく、家の中で過ごすのが当然という感じがします。
雨というのは外に出なくていい一番の理由です。そう思えるのが、雨の日にテンションが上がる理由なのだそうです。

雨を好きになれないという心理にはどのような理由があるのか

雨を好きになれないという方には、どのような理由があるのでしょうか。

・暗い
雨の日というは、朝からどんよりと暗い空で家の中も薄暗くなりますよね。時間の感覚もわからなくなり、一日が早く終わってしまう気がするのです。

・無気力になる
雨のせいなのか、とにかくやる気が起きない。動くのも億劫に感じます。実はこのような気持ちを感じる方は結構多く、梅雨時期の無気力さを「梅雨だる」とも言うそうです。

・憂鬱になる
薄暗さもあってか、なんとなく憂鬱さを感じます。通勤、通学なども雨に濡れることを考えたり、傘などの荷物も増え、荷物がかさばります。

・外出する気がおきない
通勤、通学などは出掛けなくてはいけませんが、それ以外だと、まったく出掛ける気になれない。

・洗濯物が乾かない
これは、本当に困ります。部屋中が洗濯物だらけになり、室内もずっとジメジメしたままです。ただでさえ高い湿度が、さらに高くなりますよね。

雨が降ると気分が落ち込むのは人間の本能だった

雨が降ると、気分が乗らなかったり、憂鬱に感じるというのには、実は人間の本能によるものだと言います。

話は狩猟時代までさかのぼります。
昔々の人たちは、狩りをして獲物を獲り生きながらえてきました。雨が降ると、獲物を捕えるために槍を投げても、なかなか仕留められず、弓矢なども真っ直ぐ飛びません。
ですので、雨の日は雨を凌ぎながら、じっとしているしかなかったのです。
数千年から数万年もの間、このような生活を送ってきた人間は、本能にもこのことが刷り込まれ、現代までもその本能が残り、雨の日は気分が落ち込むと言います。

すごいことですが、理由を聞くと納得してしまいますよね。昔は獲物が取れないと、命にもかかわってきます。
雨が続く日には、きっと大変な思いをしてたんでしょうね。その危機感が強かったからこそ、今の時代までも影響しているのでしょうか。

雨の日の楽しみ方を考えてみよう!

もう、こうなれば、どうすれば雨の日を楽しく快適に過ごせるか考えてみましょう!

・昼間は寝て過ごす
薄暗い雨の日はお昼寝に最適です。夜になれば、雨の日でも晴れの日でも一緒です。

・昼間からお酒を飲む
休日ならば昼間からお酒を飲むというのも可能です。憂鬱な気分もアルコールが入ることによって楽しく気分になります。
雨の日に、スッキリとしたビールはまた良いものです。飲み過ぎない程度に、適度に陽気になりましょう。

・読書
雨の日は周囲の騒音も少なく、かすかな雨音を聞きながらの読書も良いものです。じっくりと集中して読めそうですよね。

・DVD鑑賞
録画したテレビ番組など、気付くと見るものが溜まっているという方も多いですよね。
いつかは見よう見ようと思いつつ、なかなかゆっくりと見る時間が取れません。雨の日こそ、溜まってたDVDを見るチャンスです。

・自分磨きの時間
女性なら、ゆっくりとお風呂につかったり、少し凝ったネイルに時間を掛けたり、自分のために時間を使うのはいかがですか?
気分転換にもなるし、キレイにもなれるし、一石二鳥です。

 - 雑学