探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

中学で部活に入らない道を選ぶのもアリ?メリットを教えます!

2018.4.22

高校受験には中学の内申点が影響しますが、部活に入らないと内申点はどうなるのでしょうか?

確かに部活に入ると仲間も増え、先輩とも仲良くなれるけど、勉強する時間がないのでは?

部活に入らない道を選ぶことによるメリット・デメリットについて考えてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供が高校受験に落ちたら、親がかけるべき言葉とは!

子供が高校受験を!もし落ちた時には親はどう対処したらよいのでしょうか?また子供にかけるべき言葉とは?...

学校生活は疲れる?帰宅後に短時間仮眠をとって寝るのは効果的!

学校から返ってきたら疲れている様子の子供、毎日帰宅後に寝るという子もいますよね。最近の子供は学校生活...

大学の友達関係が面倒になる原因や対処法を考えてみた!

大学の友達関係が最近面倒・・・そんなため息をついていませんか? 高校までは友達と仲良く過ごせて...

小学校の担任の先生がひどいと感じた時の対応の仕方

小学校の先生にとてもひどい所があると感じたことはありませんか?親なら先生の事を疑ってしまうこともあり...

大学に行きたくない。涙があふれる。行きたくない一番の理由とは

大学に行きたくない。 大学のことを考えると、涙が溢れてくる。 大学に行きたくないなんて、甘え...

幼稚園の個人面談で聞きたいことがあるときの準備について

幼稚園の個人面談では、子供の様子を先生から教えてもらえるいい機会です。 聞きたいことがあるのな...

学校へ行きたくないというのは甘えにになるのか検証

子供が突然「学校に行きたくない」と言い出したら親としては心配だし、戸惑ってしまいますよね。 「...

大学の新入生ガイダンスは行かないよりも絶対行くべき!

大学で行われる新入生ガイダンスは、これから大学生活を行う上での注意事項や履修登録、年間スケジュールな...

フリースクール高校の寮生活では学ぶことがたくさんある!

様々な理由から、学校に行くことができなし、不登校になってしまったという生徒が多く通うフリースクール。...

卒業式に親に感謝を伝える。こんな言葉を贈ったら感動します

卒業式を機会に親へ感謝の言葉を贈ってみませんか? 親はきっと、あなたのどんな言葉にも感動する...

悩んでしまう中学校の同窓会の服装選び、選ぶポイント解説!

中学校の同窓会の案内状。出席はしたいけど着ていく服装がない!ってことよくありますよね。 もしか...

勉強のやる気をアップさせて、高校1年の壁を乗り越えよう!

中学校とは違い高校に入学すると勉強の内容も一気に難しくなって、まだ高校1年なのに壁にぶつかってしまっ...

高校時代の思い出がないのは自分だけじゃない!

あなたの高校生生活はどうでしたか? 楽しい思い出や思いだしたくない過去・・・。色んな思い出があ...

黒板アートを文化祭で簡単に上手に描くコツと工夫

黒板アートは黒板とチョークを使って気軽にできるアートとして人気がありますよね。 華やかな黒板ア...

高校時代の友達と疎遠になることは当たり前、仲良しでいるコツ

高校時代の友達とだんだん疎遠になってしまったことで悩んでいたりしませんか? でも、それは社会人...

スポンサーリンク

中学で部活に入らない道を選んでも、内申書には影響ありません!

高校受験の時に重要となる内申点。地域によっても違いますが、1~5までの5段階評価又は1~10までの10段階評価の「評定」と、観点別学習状況を点数化したものです。

評定は絶対評価となっていて、クラス全員の生徒が5段階評価の5になる可能性もあります。

観点別学習状況は、自由につけられるものになっています。先生に好かれている生徒は評価が良いと思われがちですが、細かく基準が決まっているので、そういうことはありません。宿題をきちんと提出し、授業中もまじめでノートもきちんと書いている・・など総合的に見て判断されているのです。

部活動に入っていないと内申点に響く、と気にする学生や親がいると言いますが、実際には点数には含まれません。参考として内申書に記載されるくらいで、高校の合否には影響はないのです。だから、授業中にあまり発言しなくても、部活動に入っていなくても、内申書には関係ありません。

あくまでの客観的に判断されるもの。無理に部活に入ることもないのです。

中学で部活に入らない場合、こんなメリットがあります!

中学で部活に入らない道を選んだ場合、どんなメリットがあるのでしょうか?

まず、自由な時間がたっぷりあること。部活に入っていると、土日も試合があったりしますが、帰宅部の場合は自分の好きなことができます。

勉強するのが一番なのでしょうが、実際はそんな生徒は少ないでしょう。

でも、パソコンに興味がある場合は家でゆっくりパソコンを使用することができます。サッカーや野球が好きなら、試合を見に行くこともできるでしょう。

かえって自由な時間があることで、本当に興味があることを探すことができるかもしれません。

さらに部活動がないことで、規則正しい生活を送ることができます。部活動に入っていると、帰宅時間が遅くなります。その分食事の時間も遅くなり、宿題をしてお風呂を入るのが精一杯。それ以外のことができないでしょう。

成長期には早く寝ることも大切。その意味では、部活に入らない道を選ぶのもアリです。

中学で部活に入らないと、友達が増えないかも?

反対に、中学で部活に入らないと、こんなデメリットを感じることもあります。

部活動をしていると、自然と仲間が増え、先輩と仲良くなれることもあります。でも、それがありません。同じクラス内の友達としか基本的に仲良くなれないのです。これはちょっと寂しく感じるかもしれません。

友達と遊びたいと思ってもみんな部活動で忙しく、なんだか楽しくない・・・そんなふうに感じてしまうこともあると言います。

でも、勉強する時間はたっぷりあるから、テストの点数は良いのでは?と思われがちですが、実際には時間がありすぎて勉強しなくなる人もいるとか。部活動をしている方が、時間がない分勉強に集中できるようです。

家で過ごす時間が長いので、お菓子をいっぱい食べてしまって太るという悩みもあるといいます。

部活に入るよりも時間はあるので、有効に活用できるようになりたいですね。

生まれ変わったら、私は中学で部活に入らない!

中学である部活に入っていた人は、人生やり直せるなら部活には入らないと言います。その人にとっては、部活動は時間と労力をムダに使っているように感じていたそうです。

例えば、サッカーが大好きだからサッカー部で活躍したい、というふうに明確な目標がある場合は良いでしょう。でも中途半端な気持ちで部活に入っても、楽しくないといいます。

それよりは、将来どんな仕事をしたいのか、そのためにはどんな勉強をすればよいのかと考える時間に使いたかった、と考えたそうです。

AIに仕事を奪われる時代が来るとも言われています。そのためには、どんな仕事を選べばよいのか・・・まだ中学生には早いような気はしますが、真剣に将来を考えるというのは大切なこと。

興味もないような部活に入るくらいなら、帰宅部を選んで将来に向けて勉強する…自分で納得しているなら、そんな道を選ぶのも良いでしょう。

部活に入ると、勉強する時間が確保できない可能性も

部活によっては、指導者に恵まれない場合もあります。

実際に、中学の部活ではきちんと指導できる先生は少ないと言われています。野球部の顧問なのに野球経験がない、なんて場合もあるとか。

そうなると、友達同士で遊び感覚で部活をしているようになります。だったら、部活じゃなくても良くなってしまう・・・そんなデメリットも出てきます。

反対に、きちんと指導してくれる顧問の先生がいる部活に入ると、本来の部活らしくなり、本格的な練習もできるでしょう。

しかしその分練習時間も長くなり、1日のほとんどを部活動で費やすことになります。家に帰っても疲れ果てて、勉強する気持ちになんてなれません。宿題をするのが精一杯でしょう。他の友達は塾に通っていても、そんな時間も気力もありません。

勉強する時間があれば、テストで良い点数をとれたかもしれないのに、部活によって進学が不利になってしまう、そんな事態に陥ってしまうこともあります。

 - サークル/部活/学校