探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

実録!夫や妻の愛情を感じないと思う瞬間と改善策

2018.4.23

夫や妻の愛情を感じないと悩む人って、表立っては言わないまでも実は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、夫や妻の愛情を感じないと思う瞬間や改善策についてまとめてみました。

愛情を感じないのは、ただ愛情の与え方や受け取り方の違いにあるかもしれませんよ?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

彼女は仕事が続かない!そんな人に共通する特徴とは!

仕事が長く続かない彼女・・・こんな彼女を、彼氏だったらどう思うのでしょうか? 嫌いになりますか...

新婚で夫婦2人の生活で食費の平均は?1ヶ月に必要な食費の割合

新婚で夫婦2人の生活が始まり、1ヶ月の食費がどれくらい掛かっているかきちんと把握していますか? ...

彼氏がブサイク・・・でも顔じゃない!好きなのはやっぱり内面

私はブサイクな彼氏がいたことがあります。 初めて会った時には、ブサイクな見た目であまり眼中には...

小学校の同級生と運命の再会!?恋愛に発展する可能性は

小さな頃から知っている同級生と、恋人同士になるなんてドラマの中だけの話、と思っていませんか? ...

プライドが高い夫。原因はこれ!こう対処しましょう。

あなたの周りにもプライドの高い男性はいませんか?夫がそうだったら? プライドが高い夫とケンカに...

夫婦の子作りに対する温度差問題について。妊活のススメ!

夫婦で子作り!どちらかだけが一人で頑張っても、しないんですよね妊娠。 妊活のど真ん中にいると、...

彼女が部屋に入れてくれないのは?本当の真実はコレだ!

彼女が部屋に入れてくれない…という可哀そうな男性達必見です! どうして彼女が部屋に入れてくれな...

疲れたと彼氏が言うの…。私ってそんなにウザい!?

疲れたと彼氏が言うのです。 これは、仕事じゃなくて『私』にです。 私は、彼のことが大好きで、...

クリスマスと誕生日が近い!恋人へのプレゼント問題の解決策

クリスマスと誕生日が近い、もしくは同じ場合、相手に渡すプレゼントのことで悩む人もいますよね。クリスマ...

メールや電話をしない理由は?彼氏の気持ちを知って不安を解消

彼氏がメールや電話をしてくれないと不満に感じたり、自分の事を本当に好きなのか分からなくなって不安にな...

彼氏からくる電話…正直「めんどくさい」と感じた時の対処法は

彼氏から頻繁にかかってくる電話。付き合い始めた頃は嬉しかったのですが、最近は正直「めんどくさい…」と...

指輪を落としたことの意味!指輪を無くしたスピリチュアルな意味

大切にしていた指輪を落としたり無くしてしまうと、とてもショックを受けますよね。 大事なものだったの...

男性の未練や後悔はDNAに関係している!?未練を残す心理とは

終わった恋愛に未練を残したり、後悔したり…。そんなことをするのは決まって男性です。 彼女は、も...

先生に告白するタイミングはいつがベスト?想いを伝える方法

先生のことを好きになってしまったという生徒は多いものです。先生は周りの同級生よりも大人で、自分の知ら...

彼氏に振られたら泣くよね。印象に残る別れ方はこれ!

彼氏に別れを言われたら泣く?泣かない?やっぱり悲しくて泣いてしまいますよね。 大好きな彼と別れ...

スポンサーリンク

夫が妻の愛情を感じないと感じてしまう瞬間とは?

30代~40代の既婚男性に「妻の愛情を疑う瞬間」のアンケートを取ったところ、多くの方が少なからず感じたことがあると答えました。

ではどんな時に愛情を疑ってしまうのでしょうか?

  • 夫婦生活をしなくなった、または断られた時
  • 妻から言葉や行動で愛情表現されていないと感じた時
  • 病気をしたときに放っておかれた時
  • 一緒にいても話が盛り上がらない
  • ご飯を作ってくれない
  • 仕事の悩みや相談を聞いてもらえなくなったとき
  • 家事全般をしなくなってきた
  • 名前でよばれなくなったとき

などの声がありました。

女性は子供ができるとどうしても子供中心になってしまいます。
中には完全に夫への愛情がないという奥様もいるかもしれませんが、多くの場合、夫まで構ってられないというのが本音ではないでしょうか。

しかし男性はスキンシップを望んでいます。女性側もそれに少しは答えてあげるのが、夫婦円満のコツとも言えるのです。

夫・妻の愛情を感じないのは与え方と受け取り方の違いにある!?

愛情表現は人それぞれ。
与え方と受け取り方によっては、感じ方も違ってくるものです。

愛情をどう表現するか、何を愛情として与えるのか、これは男女間、夫婦間でも違うことがあるということを知っておく必要があります。

それを理解しないことで、すれ違いが生まれるのです。

妻は「愛してるという言葉が欲しい」「家の事も少しは手伝って欲しい」「休日くらい子供相手をして欲しい」と具体的に求めます。

一方夫は「言葉もそうだけど夫婦生活も大事」「男は一生懸命、外で仕事をすることが妻への愛情だ」と思っているのです。

夫をあまり干渉しないことを愛情だと思っている妻とは反対に、いつまでも恋人のようにいたい夫・・・

いかがですか?これだけ見ても愛情表現にかなりのずれがありますよね。

お互い本当は愛情をもって自分なりの表現をしているのに、それが相手に伝わらずすれ違ってしまうのです。
夫が示してくる愛情表現が、必ずしも妻の求める物とは違うことを覚えておきましょう。

産後に妻が夫への愛情を感じないのはどうして?

女性は妊娠することでホルモンバランスが大きく変化します。子宮内で胎児を育てるために、ホルモンの分泌量が増えるためです。
また、ホルモンバランスの変化は出産後も続き、今度は元に戻そうと、妊娠中に急増したホルモンが一気に減少します。

このように、産前産後は女性のホルモンバラスが急激に変化する期間なのです。

急激にホルモンバランスが変化することで自律神経も乱れ、涙もろくなったりイライラしたりなど、精神的に不安定になりやすくなります。

これは脳内物質の「セロトニン」が関係しているためであり、理性でコントロールできるものではありません。たとえ夫が家事や育児に協力的であっても、産後クライシスに陥ってしまうのです。

赤ちゃんが生まれる前は、全ての時間を自分のために使うことができますが、赤ちゃんが生まれると当然のことながら自由は奪われます。全てが赤ちゃん中心で回るといっても過言ではありません。

ただでさえ赤ちゃんのお世話で振り回されているのに、それに加えて夫の世話や家事などをする時間が重くのしかかります。
最初は子供や家族のために頑張ろうとしますが、どんどんストレスが溜まってしまうのです。自分の為の時間も取れず、ストレスが溜まりに溜まって、産後クライシスを引き起こしてしまうのです。

夫や妻の愛情を取り戻すには?

夫や妻の愛情を取り戻す方法。
これ、実はとても簡単なことです。

元々お互いに不満に思ってしまうのは、常日頃から相手に対して「不公平」に感じているから。

自分だけこんなに大変なのに、自分だけが辛い思いをしているのに、自分だけ、自分だけ・・・と、自分だけ「損をしている」と感じることで不満が湧き出てくるのです。

人は相手に労力を使った場合、何かしらの見返りを求めてしまうものです。それなのに、何かをした後相手から無関心で流されてしまうとどうでしょうか。ただ損をした気持ちになって不満だけが残るだけです。

でもここはちょっと考え方を変えてみませんか?

もし夫が仕事をしていなかったら?
もし妻や家事や家計をしっかりやってくれなかったら?

当たり前のことですが、これらがなくなったら今の生活は成り立ちませんよね?当たり前の日常こそが、実はとても幸せなことなのです。

マザーテレサの言葉にでもある「愛情の反対語は無関心」
これは子育てに言えることですが、夫婦間でも言えることではないでしょうか。無関心が相手にとって一番辛いのだということを知っておきましょう。

夫の愛情を感じないと不満ばかり募らせるのは危険!?

愛情が薄れたように感じてしまうのはとても寂しいですよね。

でも本当に愛情がなくなったのでしょうか?愛情の「質」がただ変化しただけかもしれません。

男性は結婚をすると大きな責任を背負う事になります。一家の大黒柱として家族を養っていく覚悟が必要になるのです。

2人で婚姻届けにサインをするときは、家族を幸せにする覚悟を持ってサインをするものです。
このときの男性の覚悟は、しっかりと仕事をし、食うに困らない生活を送ること。その責任と使命感が愛情の本質なのです。

日本人の男性は、愛情表現が不器用です。
覚悟と愛情を持っているにもかかわらず、表面的な態度だけで「愛されていない」と思い込んでしまうのはやめましょう。
思い込んでしまうと、無意識に「愛されていない証拠」ばかりを集めてしまいかねません。

前はこんなことしてくれたのに、今はしてくれないと不満に思っていませんか?
夫の本質を理解しないと、ますます悪いことしか目に入らなくなってしまいますよ。

 - 恋愛/結婚