探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

目が色を認識できるのは何色くらい?動物と人間の視界の違い

2018.4.23

「目で見て色を認識する」当たり前のことですが、そのメカニズムを考えたことはありますか?

もしかすると、あなたが見ている世界と他の誰かが見る世界は、全く違う色かもしれません。

目が色を認識する仕組みと、実在する不思議な知覚能力の話など「見える」とはどういうことか改めて考えてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

雨が好きな人の心理とは?実はこんな理由だったんです・・・!

雨が降るとお出かけが出来ないし、傘も持たなきゃいけないし・・・一般的に、雨は嫌いという人が多いもので...

水槽を立ち上げたら気になる苔!苔問題について考えよう

水槽を立ち上げたら、苔が発生!?そのコケ水槽の水質を見るために役立つかも。 苔と言っても沢山の...

冷蔵庫や野菜室の中身が凍るはコレだった!対処法を紹介

冷蔵庫や野菜室に入れたはずなのに、野菜や卵や色んなものが凍っているという経験はありませんか? ...

日本人は見た目が若い!?考えられる理由は色々あります

見た目が若いと言われる日本人。日本に住んでいるとなかなか気づきにくいですが、世界的に見ても日本人をは...

男性の笑顔がかわいいは好印象、男性の笑顔で女性はキュンとする

女性の皆さん、笑顔のかわいい男性は魅力的だと思いませんか?男性は「かわいい」と言われると嫌かもしれま...

エジソンの電球実験を再現してみよう。自由研究にうってつけ!

子供の自由研究のテーマに頭を悩ませる季節。エジソンが実験していた当時の電球を再現してみる実験はどうで...

カラオケが苦手なのを克服したい!対処方法をご紹介

カラオケはどうも苦手・・・。けれど、どうにか克服したい。 こんなときにはどんな練習をしたらいい...

高校生のバイト。親が反対している時の説得方法とは

高校生のアルバイト。 学業が本業だ!と言って、親に反対されると、働けませんよね? 未成年を雇...

あなたは大丈夫?同性の友達に依存しすぎてない?危険度チェック!

ついつい仲良くなりすぎて、同性の友達に依存してしまうことありませんか? 自分では気づかないうち...

ガソリンの臭いを取るのにオススメなもの!意外な物まで

ガソリンや灯油の臭いって、なかなか取れませんね。 気をつけて扱っていたつもりでも、手にニオイが...

バレエの先生にお礼は絶対必要?品物の選び方と相場について

子供の習い事にはお金がかかりますが、特にバレエに関してはかなりの出費になると言われています。 ...

ゼラニウムの育て方!冬越しさせるコツについて

真夏と真冬以外は花を咲かせて楽しませてくれるゼラニウム。 育て方も簡単なため初心者向きの植物だとい...

電線にとまっている鳥はどんな種類が多い?電線を好む理由

電線にずらりと鳥がとまっている姿を見たことありますよね?いったいどれほどの種類の鳥が電線を利用してい...

病院での支払い時にお金が足りない場合には、こんな対処法がある!

病院や歯医者などで支払いをしようとした時に、お金が足りないかも!と焦ったことはありませんか? ...

女友達の嫉妬はどう防ぐ?女同士の嫉妬から逃げる方法

女友達の嫉妬ほど、面倒なものはありませんよね。しかし、女同士にはこのようなパターンがあることが多いよ...

スポンサーリンク

目が色を認識するメカニズム。視覚と視細胞とは

光は赤、緑、青の「光の三原色」に分解することができます。色を感じる視細胞は、それぞれの色に敏感なタイプに分かれています。

この視細胞のいずれかに問題が生じると色覚に異常が生じることになります。

色覚異常の一例
◆2色覚(色盲)
3つの色覚細胞のどれか一つが欠けている場合を「2色覚」と呼びます。
【1型2色覚】…赤を感じ取る視細胞がない
【2型2色覚】…緑を感じ取る視細胞がない
【3型2色覚】…青を感じ取る視細胞がない

◆異常3色覚(色弱)
視細胞は3種類あるものの、そのうちのどれかの働きが低下しているケースは「異常3色覚」と定義されます。

これ以外にも、1種類の視細胞しかない1色覚は「全色盲」と呼ばれます。これは、視覚異常のなかでも非常にまれなものです。

鳥やカエルの目は人間より多く色を認識している

人間の目が光を赤・青・緑の三原色で感知するのは、網膜にあり、センサーの働きをする「錐体」が3種類あるためです。

鳥の場合は、この錐体が4種類あるため人間よりも多くの色を識別できます。鳥の色覚は、人間の物よりも優れているということになります。

実は、カエルやトカゲも4種類の錐体を持っています。最近の研究で明らかになってきたところでは、脊椎動物は本来4原色を知覚しているようなのです。

人間をはじめとする哺乳類は、進化する中で色覚を2原色まで後退させました。夜行性の活動では、色を知ることよりも獲物の動きを知ることが必要です。

色覚はさほど重要ではなく、優れた動体視力を得るに至ります。その後、霊長類が進化すると再び3原色を感知するまでになり、現在の人間にまで至るのです。

もしかすると人間も、いつか4原色を感知するのが当たり前に進化していくことがあるかもしれませんね。

猫の目は色よりも動きの認識を重要視する

人間は3種類の錐体で色を感知しますが、猫の錐体は2種類で青と緑を感知することができます。

錐体が少ないからといって、見えていないわけではありません。「色」としての認識は違っても、それ自体は見えています。

猫は夜行性だと思われがちですが、実は薄明薄暮性といって完全な闇の中よりも、薄明るい・薄暗い中での行動が基本です。

弱い光の中で獲物を判別して捕らえるために、色を見分ける能力よりも動き回る物を追ったり、見分けたりする「動体視力」が発達しました。

実は、動物が色を見分けるには、目の構造だけでなく目から入った情報を脳がどのように処理するかが大きいのです。目から入った情報の中から、より重要度の高い部分を抜き出して処理することで、素早く次の行動を起こす命令を発することができます。

猫が獲物の動きに反応して狩りを行うには、不要な色の情報を捨てて動きに転ずるための脳の働きも重要だったのです。

目が色を認識する錐体の数で世界は違って見える?

3つの錐体によって色を感じ取る人間が、通常見分けることができる色の数は約100万色だと言われています。

一つの錐体が識別できるのは100色ほどで、3つの錐体が組み合わさって働くことで100万色ほどを識別できるのです。

しかし、ごくまれに4つの錐体を持つ人間も存在します。この場合、近くできる色の数は1億色にのぼり「スーパービジョン」と言われます。潜在的に女性の12%ほどが、このスーパービジョンを持つ考えられていますが、本人に自覚が無いケースも多いと思われます。

人間以外の多くの哺乳動物は、2色覚で1万色ほどを知覚します。逆に、鳥や昆虫の一部は4色覚で、人間が見ることのできない紫外線を知覚することができます。

4色覚で見える世界では、3色覚では区別のつかない似通った色を見分けたり、3色覚では近くすることができない色も識別することができるのです。

同じ世界を見ていても、2色覚・3色覚・4色覚で見る場合に、それぞれ違った世界が見えているようです。

目で見た物に「味」? 色に「匂い」?共感覚の不思議

文字や数字を見ると、それぞれに「色」が見える。音を聴くと、「色」や「形」が見える。「色」や「形」だけでなく「味」や「匂い」として感じる。

そんな不思議な感覚を持つ人がいます。一般的には理解しがたいことですが、これらは「共感覚」と呼ばれます

芸術家の中には、この感覚を持つ人が多いと言われています。また、赤ちゃんのうちは大半が共感覚を持っていると言われているのです。

生まれたばかりの赤ちゃんの脳は、未発達な状態で視覚・聴覚・嗅覚…などの情報をきちんと処理しきれないことがあります。それぞれの神経に分かれきっていないため、それぞれの刺激に神経を共有するのです。

通常は、成長にともなって神経の分化も進み、共感覚は薄らいでいき、いずれなくなってしまいます。

しかし、成長後にもこの能力が残った場合に、普通は感じることのない場面で、色や形を感じたり、味や匂いを感じるという感覚を残す場合は「共感覚」を持つ人となるのです。

 - 雑学