探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

庭は子供の遊び場!子供が喜ぶ庭造りや遊びについて

2018.5.6

庭付きの家に住み、庭で子供が遊びまわる光景…理想的ですよね。

庭で子供を遊ばせるならどんな遊びをしたり、どんなことに気を付けてば良いのでしょうか?

子供が喜ぶ庭造りや遊び、注意点などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供のための貯金ができないなら〇〇だけは貯めておこう

子供のための貯金は子どもが大きくなればなるほどできないってホント? 一番いいのは、生まれたとき...

妊娠初期の出血は大丈夫?8週目で出血した時に考えられる原因

妊娠初期の頃に出血してしまうと、何か良くないことが起きているのではないかと心配になってしまいますよね...

赤ちゃんの前髪の切り方にはコツがある?ポイントを教えます!

赤ちゃんの前髪が伸びてくると、ママとしては切ってあげたくなりますよね。 でも、切っている間もじ...

父親の自覚が足りない男性に子供がかわいいと思わせる方法

父親が自分の子供がかわいいと思う瞬間とはどんな時なのでしょうか? 子煩悩な父親がいる一方、いつ...

幼稚園年少の友達関係はトラブルから成長も!親ができること

幼稚園の年少と言えば、まだ幼稚園に入園したばかりで集団生活にも慣れていないかもしれませんね。 ...

子供が熱で入院するのはどんな時?子供の熱について!

子供が熱を出したらとても心配になりますよね。 熱がなかなか下がらない時や高熱になると入院しない...

幼稚園の親子遠足に父親が参加してもOK?メリット・デメリット

幼稚園の行事に親子遠足がありますよね!幼稚園の行事には母親が参加することが多いですが、父親が参加する...

2歳児が保育園に入園する時に必要なものはコレ!

保育園になかなか入れないという待機児童問題は、働く親にとっては深刻な問題ですね。 2歳児の場合は、...

祝日が仕事でも保育園は休園!どうしたらいいのかを調査!

様々な理由で子供を保育園にあずけているママやパパはたくさんいます。 職種によっては、祝日でも仕...

10週目頃から赤ちゃんは動く?気になる胎動について

赤ちゃんが動くのは妊娠してからどのくらい?早い人は10週目頃から赤ちゃんが動いているのを感じる人もい...

子供の昼寝の時間が長い!昼寝の時間を調整して規則正しい生活を

規則正しい生活を送るためには、子供のお昼寝の時間はとても大切になります。 お昼寝が長いと感じて...

子供を叱る時、その年齢は何歳から?子供を叱る時の注意点

みんな子供を叱る時どうしてる?特に小さな赤ちゃんや言葉が理解できない子供ににはどう理解させるべき? ...

子供いらないと断言する嫁。ナゼ、妊娠・出産・子育てを拒否する

子供をいらないと断言する嫁。 普通は、結婚して子供を産み育てるのが女の幸せじゃないのか? そ...

人見知りの子供に習い事のオススメや克服するためにできること

人見知りの子供には小さいうちから習い事をさせた方が克服することができるのでしょうか? では、人...

幼稚園の友達に意地悪された時の、子供同士のトラブルの対処法

幼稚園に入園すると初めての集団生活が始まり友達もたくさんできるか、ワクワクしますよね。 しかし...

スポンサーリンク

子供が安全に遊びも出来て手入れも楽な庭にするには

子供を自由に安全に遊ばせたかったら、やっぱり芝生があると良いですよね。天然の芝なら柔らかいので多少転んでも安心だし、何より裸足で天然芝の上で遊ぶなんて気持ちが良いものです。子供と愛犬が戯れて一緒に遊んでいるなんて、理想的で癒されそうです。

しかし、天然の芝は手入れが大変です。放っておいても緑豊かに生えるわけでなく、正しい知識を持ってまめに手入れをしなければ意外とあっという間にダメになってしまう可能性もあります。

でも、子供のいる家庭は庭には芝生の緑が欲しいですよね。そこで、おすすめなのが人工芝です。

人工芝というと、昔はチクチクゴワゴワしていていかにも人工的な情緒もないものでした。しかし、技術が進み、手触りの良い人工芝も販売されています。

また、小さな子供が庭で遊ぶことを想定するなら、庭に柵や塀などを設置することも検討しましょう。敷地外や駐車スペースに出ていけないよう工夫すると安心して遊ばせられるでしょう。柵や塀があれば外からの侵入防止にもなるはずです。

さらに、庭でガーデニングや家庭菜園をする場合、子供が触ると危ない道具も沢山あります。子供が簡単に触れないような場所に保管するか、鍵付きの物置を設置すると良いでしょう。

子供が庭で遊びたくなるように庭を公園化しよう

子供は公園が大好きですよね。庭を公園化出来たら子供は思う存分遊べて大喜び間違いなしです。

砂遊びが好きな子供が多いですが、家の庭にも砂場を作る事は大きなメリットがあります。砂遊びで道具を使うことや創意工夫することを覚えたり、子供の情緒の安定や不安定な足場でもしっかり歩けるようになる事が期待できます。

また、不特定多数が利用する公園では衛生面が気になる場合もあります。しかし、自宅の庭なら管理も自分次第なので安心です。動物が侵入してきて砂場で糞尿をすることが気になるときは、砂場にふたをしておきましょう。

ブランコや滑り台など、家庭用に販売されている遊具もあるので、それらを設置出来ればかなり庭を公園化することが出来ます。子供の成長に合わせて、置く遊具を変えても良いでしょう。

遊具ではありませんが、ハンモックもおすすめです。ハンモックといえば横になるタイプをイメージしますが、腰かけるタイプのハンモックもあります。腰かけるタイプのハンモックなら室内にも設置しやすく、天気のいい日に庭に出して子供と一緒にゆっくりしたり昼寝するのにも良いでしょう。

暑い日は庭で子供にプール遊びをさせよう

暑い日に庭にビニールプールを出して子供を遊ばせましょう。お風呂で遊ぶのが好きな子供もいるように、水遊びは子供にとって楽しい遊びです。しかし、遊ばせる時間は30~1時間以内にしましょう。

大人にとってはビニールプールは水深が浅いですが、水の中にいると体力を消耗します。涼しげで楽しそうだからと子供が飽きるまで遊ばせていると体調を崩す原因になりかねません。

3歳くらいまでは30分以内、6歳未満は長くても1時間以内と、時間をきっちり決めるようにしてください。なお、水温にも注意しましょう。暑いから冷たい水が良い訳でもなく、かといって温かい水が良い訳でもありません。

ベビースイミングの教室では水温が30~32度設定されていて、幼稚園や保育園でプール遊びをするときも水温は25度以上と決められています。ですから家庭でも25~32度の水で遊ばせるようにしましょう。

最初から適温の水を入れなくても、天気のいい日の午前中にビニールプールに水を入ておけば自然と水温が上がって来ます。大人がぬるいと感じる程度まで水温を上げましょう。

子供が遊び始める前はもちろん、遊んでいる間も水温が一定の温度を保つように水やお湯を入れて調整してください。

庭でも子供に砂遊びを推奨する理由

砂遊びには免疫力を高める効果が期待できます。

免疫とは、体内に侵入してきた菌やウイルスを、良いか悪いかを判断して、悪い敵だけを攻撃する機能の事です。世の中には目に見えない菌やウイルスが沢山います。

子供の頃から新しい菌やウイルスに出会っては体内で戦い、勝つことを繰り返す事で免疫力がついて、同じ菌やウイルスではやられなくなるのです。

最近は昔に比べて清潔に敏感で免疫力の弱い子が増えていると言われています。これは、幼いころに菌やウイルスに触れた数が少なかった結果だと思われます。

幼いころに沢山の菌やウイルスに触れ、戦って勝つことを繰り返すことで、免疫力が強くなるのです。つまり、砂遊びで泥んこになって遊ぶことは、子供の免疫力を高めることに一躍かうことになると思っています。

子供を庭で遊ばせるときは近所への配慮も必要!?

庭付きの家なら子供を庭で遊ばせてあげたいと思うでしょう。庭で子供たちが遊ぶなんてとても幸せそうな家庭像です。

しかし、子供の声というのは意外と響くので、隣や近所で子供が遊んでいるとうるさく感じてしまう人もいるのが事実です。庭で子供を遊ばせるとき、近所に迷惑が掛からないか心配になることもありますよね。

そこで、近所の人が庭で遊んでて迷惑と感じた事があるかアンケートを取ってみました。100人以上にアンケートを取った結果、あると答えた人は約15%で、思ったよりも少ないなと感じました。

迷惑に感じた事の無いようについてもアンケートしたところ、花火・ボール遊び・プール・バーベキューの順に迷惑だと思った経験があるそうです。

花火は夜にやるのもなので、時間帯によっては周囲が迷惑に感じるのかもしれません。ボール遊びは、ボールが敷地から出て車に当たったりなにかしらの被害にあった人もいました。プールやバーベキューもテンションが上がって声が大きくなってしまうことやニオイなどで周囲の人が迷惑だと感じるようです。

 - ベビー/子育て