探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

離乳食に人気のバナナは炭水化物や栄養がとっても豊富!

2018.5.6

赤ちゃんの離乳食やおやつに欠かせないバナナは、炭水化物が豊富で他にもたくさんの栄養素が詰まっています!

バナナは美味しくて赤ちゃんも大好き!赤ちゃんにバナナをあげるときに注意することとは?

離乳食で食べさせてあげたい簡単時短のレシピも紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

幼稚園で怪我をさせてしまった時のお詫びは早めに対応!

子供が幼稚園に通っていると、転んだりぶつかったりと怪我をすることはよくあります。 ですがお友達と遊...

幼稚園行事の時下の子は連れて行く?下の子の幼稚園行事事情!

幼稚園の行事って思っているよりたくさんあるなぁ~と思うことはありませんか? そんな時に下の子が...

一歳児のお風呂の入れ方~ママと一緒に入るスムーズな入浴手順

小さなお子様と一緒にお風呂に入るのはママという家庭が多いと思います。 一歳くらいのお子様はまだまだ...

赤ちゃんのベッドの位置、最適な場所とは!

赤ちゃんがいよいよ我が家にやってくる。そんな頃が近づくとベッドの位置をどこにしようか迷ってしまいます...

夫に育児を協力してもらうには?1から10まで指示が必要

夫に育児を協力してもらいたい!どんな手でも借りたいママは、自分がアレコレ忙しく動き回っているのにゆっ...

10週目頃から赤ちゃんは動く?気になる胎動について

赤ちゃんが動くのは妊娠してからどのくらい?早い人は10週目頃から赤ちゃんが動いているのを感じる人もい...

保育園や家での昼寝はいつまで寝かせてもいいのか検証

昔から「寝る子は育つ」とよく言いますね。 ですが子どもが夜なかなか寝てくれない・・・など昼寝する...

幼稚園年少の友達関係はトラブルから成長も!親ができること

幼稚園の年少と言えば、まだ幼稚園に入園したばかりで集団生活にも慣れていないかもしれませんね。 ...

子供がストレスを感じて体調不良に!それは助けてのサインです!

子供がストレスを感じると体調不良になってしまうこともあります。 ストレスが原因で体に表れる症状...

子供の病気にイライラしてしまうママへ。看病疲れの対処法

子供が病気なるとイライラしてしまう・・・。子供の看病をストレスに感じてしまう!というママもいますよね...

保育所か幼稚園かどっちか悩んだらママの仕事の時間がポイント

子供がいても仕事がしたい! 働くママが子供を預けるのは、保育所がいいのか幼稚園がいいのかどっちにし...

習い事を辞めるか続けるか迷っている理由について

子供が習い事をしているならできれば続けてほしいと思いますよね。 しかし子供が嫌がったりしている...

子供が学校でトラブルを起こしてしまったら?対処方法について

学校に通うようになると子供がトラブルを起こしてしまったり、巻き込まれたりした経験はありませんか? ...

小学校一年生は勉強する習慣を身に着けることが大事です

小学校一年生の勉強はひらがなや数字など基本的なことを学習することが中心ですよね。大人の私たちからする...

アトピーの赤ちゃんに使う洗濯洗剤、選ぶポイントをご紹介

アトピーの赤ちゃんには、一般的な洗濯洗剤はあまりおすすめしません。 お肌に優しい、刺激の少ない...

スポンサーリンク

炭水化物が豊富なバナナは離乳食にオススメ!

赤ちゃんの離乳食が始まると毎日のメニューや、何を食べさせたらいいのかダメなのか・・・悩みは多いですよね。そこで、離乳食にオススメなのがバナナです。

赤ちゃんの離乳食で色んな栄養を摂ってほしいと頑張るママさんに、たくさんの栄養素が詰まったバナナは本当に心強い味方なのです。バナナにはどんな栄養素が含まれているのか、詳しくみてみましょう。

・ビタミンB2
ビタミンB2は、髪や肌を作るために欠かせない栄養素の一つです。これからどんどんと成長していく赤ちゃんに、たっぷりと食べさせてあげたいものです。

・食物繊維
バナナは食物繊維が豊富に含まれています。離乳食を始またばかりの赤ちゃんは、便秘になることもしばしば。お腹の調子も整えてくれます。

・炭水化物
炭水化物は大事なエネルギーの源で、バナナに含まれている糖質には果物の果糖やショ糖などもあります。腹持ちもいいので離乳食のほか、おやつにもオススメです。

バナナは炭水化物が豊富で離乳食全般期で食べられます

離乳食には、初期・中期・後期と分けられますが、どの時期から食べていいのでしょう?正解は、初期から食べ始めても大丈夫です!

バナナが離乳食にオススメな理由があります。

  • 炭水化物などの栄養価が高い。
  • 味が甘くて食べやすい。
  • 価格がお手頃。
  • 主食になる。
  • 柔らかいので調理しやすい。

まさにいいことだらけですね!

・離乳食の進め方は・・・
初期の頃は、スプーンやフォークで潰して食べやすい状態にしてあげましょう。なれてきた頃には、他の葉物野菜と混ぜ合わせてあげると良いでしょう。

後期になると、手でつかんで食べさせてあげることもできます。程よい固さなので、カミカミの練習にもオススメですよ。バナナは離乳食全般期で使えます。

炭水化物が豊富なバナナは離乳食で食べ過ぎちゃうと満腹に!

離乳食やおやつににオススメなバナナですが、赤ちゃんにバナナをあげる時の注意点があります。

・バナナの食べすぎ注意!
甘くて満腹感があるため、食べすぎには注意しましょう。バナナでお腹が一杯になってしまうと、他の離乳食を食べることが出来なくなってしまいます。

また食物繊維が多く含まれているため、食べ過ぎるとお腹をこわしてしまうこともあります。

・アレルギーに注意!
全ての食材に言えることですが、赤ちゃんが初めて食べる物にアレルギーがあるか注意しましょう。

アレルゲンは加熱することで減少することが多いですが、バナナのアレルゲンは比較的熱に強いので様子を見ながら少しずつあげてください。

・黒くなったバナナをあげても大丈夫?
日にちが経つとバナナは黒くなりますが、黒い斑点がでるのは熟されてバナナが甘くなったサインです。柔らかく免疫効果も高いので、赤ちゃんの離乳食に最適です。

バナナは冷凍保存が出来ます!

バナナが余ってしまったり安かったので多めに買ったという時は、冷凍保存をオススメします。

■バナナの冷凍保存の仕方を紹介します。
冷凍する際は潰したりせず、皮をむいたそのままの状態でラップに包んで冷凍庫に入れます。

赤ちゃんの月齢に合わせて一回分の分量を包んで冷凍すると使いやすいです。使う時には自然解凍し、最初の頃はレンジで温めてから使うと安心です。

■バナナの下ごしらえの仕方
バナナは赤ちゃんに、そのまま使ってもOKな食べ物ですが最初のうちはレンジで加熱すると安心ですし、温めると柔らかくなるので潰すのが簡単になります。
やり方はとても簡単です。

最初にバナナをキレイに洗い上の部分を1センチほど切り落とし、皮をむいてください。次に輪切りにしていきます。フォークやスプーンで潰しますが、離乳食の時期にあわせて細かく刻んでもいいですよ。

離乳食中期にオススメなバナナのパンがゆの簡単レシピ

離乳食中期に食べさてあげよう!とっても簡単!「バナナのパンがゆ」の作り方を教えちゃいます。

■栄養満点のバナナと食パンで作るパンがゆの作り方。
一人分に必要な材料はこちらです。

  • バナナ一本
  • 食パン出来れば8枚切り 一枚(ミミは赤ちゃんいは固いので切り落としてください
  1. バナナをスプーンやフォークで完全に潰します
  2. 食パンのミミを切り落とし、白い部分だけを小さくちぎります
  3. 1と2をしっかりと混ぜ合わせて完成です!

☆ここがポイント!
食べやすいように食パンはなるべく小さく細かくちぎって、バナナとなじむようにしっかりと混ぜ合わせてください。

まな板や包丁を使ったり、火を使わないで出来る離乳食はないかと考えたバナナのパンがゆです。家にあるものですぐに出来て、とっても簡単であっと言う間に完成です。忙し時や時間のない時にはオススメで、赤ちゃんも喜んで食べています。大人が食べても美味しんですよ!

 - ベビー/子育て