探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

クワガタの幼虫をペットボトルで飼育する方法!

2018.4.24

クワガタの幼虫を飼育してみたい!そんな事を突然お子さんに言われてどうしようか困っているお母さん!

クワガタの幼虫はペットボトルで飼育できますよ!

ペットボトルで飼育する手順や容器の作り方など調べてみました!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

バレエの先生にお礼は絶対必要?品物の選び方と相場について

子供の習い事にはお金がかかりますが、特にバレエに関してはかなりの出費になると言われています。 ...

食洗機は掃除が必要です!油汚れの落とし方と日頃の手入れ

食洗機があると毎日の家事が便利になることでしょう。 食洗機なので、掃除は必要ない?という感じも...

子供や動物に好かれる!?そんな人の共通点や特徴について

何故か何もしていないのに、子供や動物に好かれる人っていますよね。 そういう人には、もしかしたら...

目が色を認識できるのは何色くらい?動物と人間の視界の違い

「目で見て色を認識する」当たり前のことですが、そのメカニズムを考えたことはありますか? もしか...

カラオケが苦手なのを克服したい!対処方法をご紹介

カラオケはどうも苦手・・・。けれど、どうにか克服したい。 こんなときにはどんな練習をしたらいい...

室内で帽子を被るのは失礼なこと?その結論

室内で帽子を被るのは失礼なことだから脱ぐべき! いやいや、今時帽子だってファッションの一部だから、...

夏の終わりはみんな寂しい!理由についてをご紹介!

暑い夏が来ると早く涼しくなってほしいと思いますが、本当に夏が終わってしまうと寂しく感じませんか? ...

ホテルのシャンプーは持ち帰りしてはダメ?OKなものNGなもの

ホテルの可愛いアメニティは持ち帰りしてもいいものなのでしょうか?シャンプーなどでもお持ち帰りしてもい...

給食に毎日牛乳が出るのはなぜ?その理由と歴史についてご紹介

昔から給食に牛乳は毎日出ていますよね。 私も子供のころ、メニューがうどんや煮物などの和食で牛乳...

室内の温度を下げる方法!簡単で今すぐ試せる方法もご紹介

仕事から帰ってきたら、部屋がむあっと暑くて疲れが倍増・・・なんてことありますよね。 しかし、室...

身長の低い女子の苦悩とは?低身長の【あるある】をご紹介!

身長の低い女子には悩みだって尽きないんです。 身長が低いことで嫌な思いをしたり、時にはラッキー...

友達が可愛いから嫉妬してしまう・・・醜い嫉妬が起きるワケ!

可愛い友達に嫉妬してしまう・・・そんなの醜い感情だってわかっていても、どうしても沸き起こる嫉妬心・・...

お通夜の香典にピン札はOK?香典のマナーや礼儀について

お通夜に持参する香典に、ピン札は大丈夫なのもの? 初めて行くお通夜の香典袋はどんなものを選べば...

ベランダで野菜を栽培!そんな時に気になる害虫対策について

ベランダ栽培やってみたいけど、害虫がつくんじゃ・・・。という方少なくないですよね。 虫嫌いな方...

鶏肉を解凍する時は常温放置でもOK?解凍方法を紹介します!

今日のおかずは鶏肉を使って何か作ろう! そう思って冷凍保存していた鶏肉を解凍するのに、常温放置して...

スポンサーリンク

クワガタの幼虫をペットボトルで飼育してみました!

実際にペットボトルでクワガタの幼虫飼育してみました。
クワガタの幼虫はかたい物をかじる習性があり脱走してしまうこともあるので、ガラスや硬いプラスチックの容器で飼育する事がおすすめですが・・・。経費を減らすために、家にたくさんあったペットボトルを利用しようと思ったのです。

クワガタの幼虫は凶暴です。ペットボトルに幼虫を入れたら「ガリガリッ」と聞こえてキズがついていました。そして数ミリの穴が!この穴以上に大きくならないと思い、そのままペットボトルで飼育してみましたよ。

今回の飼育でわかった事は、容器は幼虫の大きさと成長に合わせて大きさを変えたほうが良いという事です。理由は、クワガタの幼虫はたんぱく質を作る共生菌が幼虫の周辺や腸の中に繁殖する事が成長のために欠かせない事なのです。そしてエサがたくさんある事も大事です。ですが、幼虫が動ける範囲が広すぎると、共生菌がいない場所に動いていって成長ができなくなります。

実際、ギラファノコギリの2齢幼虫を大・小のペットボトルで飼育して(実験のつもりはなくてその容器しかなかったので)1ヶ月半後に見てみると、小さいペットボトルの容器に入っていたほうの幼虫が大きくなっていましたよ!

クワガタの幼虫をペットボトルで飼育する手順を教えて!

まず、ペットボトルの容器の3分の1ぐらいのマットを入れましょう。押し固めていくように、容器をまわしながら指でぎゅ!っと押して固めます。そしてその上からまたマットを入れます。また同じく押し固め、容器がいっぱいになるまでこの作業を繰り返します。強く押してOKです!この作業が大変なら、マットを押し固める道具が販売されているので利用してみてはいかがですか?

容器いっぱいにマットを詰めたら、マットを交換する幼虫を取り出しましょう。幼虫のストレスになるので、先に容器にマット詰める作業が終わってから幼虫を取り出しましょうね。
幼虫を投入するときは、マットに穴を開けて、スプーンなどで直接幼虫をさわらないようにして投入します。食べかすや糞は、先に穴の中に入れると幼虫が暴れる確率が減少します。また、幼虫がもぐってから上に乗せるのもいいですよ。

生まれてすぐの幼虫は、小さいプリンのカップのような容器に入れましょう。大きな容器にいれてもOKですが、側面から見えなくて成長の様子を確認する事が難しくなります。幼虫の大きさによって容器の大きさも変えましょう。

幼虫が蛹になる時には、蛹室(体調の1.5倍ぐらいの部屋)を作りましょう。容器が小さすぎて必要になる大きさの部屋がないと、上手く羽化できなくなる事も!気をつけてください。

クワガタやカブトムシの幼虫はペットボトルでまとめ飼いできる?

まず、クワガタの幼虫はケンカしやすいんです!なので、まとめて飼うと数が減ってしまいますよ!
ケンカの強い幼虫は、体が大きい・小さいは関係ないようです。まとめて飼っていたらいつのまにか大きい幼虫がいない!なんて事があります。このような事にならないように、クワガタの幼虫はできるだけまとめて飼うよりも個別に飼ったほうが良いでしょう。

次はカブトムシです。幼虫をまとめ飼いする時は、大きい飼育ケースか衣装ケースを利用してたくさんのエサとマットを入れて飼育します。13.6リットルのケースで5~6匹、2リットルで1匹が目安です。個別に飼育するときは2リットルのペットボトルを利用しましょう!幼虫が成長する様子を見れて楽しいですよ!そして運がよければ羽化するところを見れるかもしれません!

クワガタ飼育に!ペットボトルで容器を作ってみよう!

ペットボトルでクワガタの成虫も幼虫も飼育できますよ!では、作り方を紹介します!

準備するものは、はさみとカッター、輪ゴムと2リットルのペットボトルです。ペットボトルは同じ形にの物を用意します。3つのペットボトルで2つの容器が作れますよ。

まず、「ふた」になる部分を作ります。ペットボトルの2つある角の、ペンで印をつけている方を切ります。次は本体のカットです。一回り小さくカットしてください。そしてこれを重ねて完成です!輪ゴムでふたを固定したら外れませんよ。ふたを作る時に使ったペットボトルは、まだ裏側でふたを作れるので捨てないで下さい。

ヒラタなどは凶暴で穴を開けて脱走するかもしれませんが、ギラファは脱走したことはありません。この容器を近所の子どもにクワガタをあげる時に利用してもいいですね!
皆さんも機会があったら作ってみてはいかがですか?

ノコギリクワガタの幼虫をペットボトルで飼育できる?

 - 雑学