探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

必見!就職を地元でしたいときの志望理由をご紹介

2018.4.25

就職先を地元で探す学生が年々増えています。

就職先は地元がいい理由は?就職を地元でしたいときに面接官から理由を聞かれたら?地元に就職して貢献したいという理由だけじゃ面接官に響かない!?

ただ地元に戻りたいだけでは通用しませんよ!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

少人数の職場は大変!?良い人間関係を築くためには

少人数の職場だと人間関係が良くないと、何かと大変なところがありますよね。 少人数の職場で輪を乱...

クリーニング店の受付のバイトは暇だというのは○○だった!

クリーニング店に行くといつも暇そうに見える・・・「パートやバイトしたら楽かな」と思ったことはありませ...

上司からの食事の誘いを断るときに使える理由や上手な断り方

社会人なら一度は通る道であろう、上司からの食事や飲みの誘い。正直行きたくないから嘘ついちゃおうと思う...

職場の異動で馴染めないと悩んでいるあなたへアドバイス

職場の異動先がどうしても馴染めないと悩んでいる人いませんか?辞めた方がいいのか、続けるべきなのか悩む...

退職の時期を会社に延ばされる!辞めることができない時には

退職希望を出しているのに会社になかなか受理してもらえない。 退職届を提出しているのに、会社都合...

仕事の効率をアップさせるには?音楽の選び方が大切!

仕事の効率をアップさせるために、音楽を聴きながら仕事をすると良いそうです。 では、仕事の効率を...

仕事の電話が多い!?無駄なく仕事の効率を上げる方法

仕事中に電話が多いことで、なんだか仕事の効率が悪いとお悩みの方はいませんか? 電話が多いと仕事...

就活にはどっちがいいの?スカートとズボンの印象の違い

就活にはスカートがいいのか、ズボンのパンツスーツがいいのか悩んだことはありませんか? では、ス...

派遣社員の仕事を辞めたい。派遣先に行きたくない時はまず相談を

派遣社員の仕事を辞めたい。派遣先へ行きたくない。そう思うことも、中にはありますよね。 その時は...

退職するのに引き継ぎする人がいない!?後任者不在の引き継ぎ

退職が決まったら自分の仕事を後任者に引き継ぎするのが一般的ですが、退職日を迎えるまで引き継ぎする人が...

面接などで緊張すると吐き気と戦っている人必見!吐き気の対処法!

面接って緊張しますよね!中には吐き気を起こしてしまう人もいるんです。 面接前に緊張で吐き気がし...

会社でのコーヒーの正しい出し方や、マナーを紹介します。

会社にきた来客へのコーヒーの出し方の正しいマナーを知っていますか? 出し方一つで会社の印象が変...

保育園は決まったのに仕事が見つからないときの対処法について

子供を保育園に預けているのに、なかなか仕事が見つからないときはいったいどうしたらいいのでしょうか? ...

【女性の働く意味】女性が働くことの意味や理由について

女性が外に出て働くことには、それぞれに事情や理由があるのではないでしょうか。 生活のために働い...

プライドが高い部下のトリセツとは?面倒だけど、使い方次第!

プライドが高い部下への取り扱いに困っている方は多いと思います。仕事はできるけどプライドが高い?仕事も...

スポンサーリンク

就職先は地元がいい理由とは?

地元で就職を探す学生が増えています。
やりがいのある仕事に就きたいのはもちろんですが、

  • 地元に愛着がある
  • 家族と一緒にいたい
  • 地元に帰って貢献したいから

などの理由でUターン就職を希望するようです。

それに加えて最近増えているのが、「地元の方が生活環境が良いと思えるから」という声です。
昔は仕事に魅力を感じて企業を選ぶ学生がほとんどでしたが、今は仕事のやりがいというよりは、「社風」といった就業環境を重点に選らんでいるようです。

確かに住み慣れた土地で、自分の実力を発揮できるならそれに越したことはありません。住む土地と働く会社を決めることは、この先の人生を左右する大きな決断でもあります。地元への就職を希望する学生が増えたのも、働く環境を重視した結果ともいえます。

就職を地元でしたいときに面接官から理由を聞かれたら?

面接時に、地元でなぜ就職したいのか質問された場合、どう答えるといいのでしょうか。

回答例をご紹介します。

■地元好きをアピール
「私が地元で働きたい一番の理由は、地元が好きだからです。自然豊かな地元は住みやすいですし、友達も多いからです。もし地元で就職することができたら、この先私がイメージする幸せな生活を実現できると思っています。」

どうして地元で働きたいのかを聞かれた時に一番理解しやすいのが、この地元がとにかく好き!という理由です。
上記の回答例のように、将来の自分をイメージした結果が地元で働くのがベストだったということを伝えると、より説得力も増します。

■地元に貢献したい
「私には地元に貢献したいという思いがあるため、地元で就職したいと願っています。小さな頃から地元の方たちにお世話になってきました。地元の様々な場所にも愛着があります。恩返しという意味合いも込めて、本気で地元のために頑張りたいと強く思っています。」

「地元に貢献したい」という思いは、面接官にも響くでしょう。

ただ、なぜ地元に貢献したいのかという面をしっかり伝えないと、ただ適当に言っただけという印象も与えてしまいます。貢献したい具体的な理由も付け加えるようにしましょう。

地元に就職して貢献したいという理由だけじゃ面接官に響かない!?

ただ単に「地元で働きたい」という理由だけでは面接時に不利です。

「転職したいのは、地元に戻って働きたいから」というのが志望動機の一番の理由かもしれませんが、その理由だけで面接に臨むのは大変危険です。地元で働きたい気持ちを伝えることは何も問題ありません。しかし、それはあくまでも志望動機の一部として捉えておきましょう。

「地元で働きたいから面接にきました」は、輝かしい経歴を持った、よっぽど優秀な人でしか通用しません。「地元だったらうちじゃなくてもよかったのでは?どこの会社、どんな仕事でもいいのであれば、うちで採用する必要もないな」と面接官は感じるものです。

長く働いてくれて、会社に貢献してくれる人材を採用側は求めています。単に地元で働く人を求めているわけじゃないということを忘れないでください。

志望動機は地元で働きたい、地元に貢献したいというだけではなく、なぜこの会社を選び、入社後は何をしてどう貢献したいのかを具体的に伝えるといいでしょう。

地元から離れたくないという理由だけで就職を希望するのはダメ?

地元にこだわって就職活動する人にとって一番問題なのが、「転勤」ですよね。転勤があるのかないのか、転勤はしたくないと伝えると面接時に不利になってしまいます。

それを避けるためには、転勤のリスクが少ない企業を選ぶしかありません。そうはいっても、完全に転勤のリスクがない企業を選ぶことは難しいものです。

もし面接時に「転勤があった場合は応じることができますか?」と聞かれた場合、「応じられます」と「応じられません」ではその時点で応じられない人の方が断然不利になります。
転勤をしたくない気持ちはわかりますが、応じられないのなら不利になるということをある程度覚悟しておく必要があります。

ではどう答えるといいのでしょうか?

嘘のない範囲内で事情を織り交ぜて話すといいでしょう。
例えば「長男なのでいずれは親の面倒見なければなりません。なるべく地元から離れない場所で勤務したいです」など、家庭の事情を織り交ぜるなど、できるだけ工夫して話す必要があります。単に「地元から離れたくない」という印象を抑えることができますよ。

地元へUターン就職した場合の志望理由とは?

それではここで、地元へUターン就職したい場合の志望理由の例をご紹介します。

■スキルアップを目指して
「北海道出身である私は、いつか地元に戻りたいという気持ちを持ちながら働いてきました。今回貴社の募集を目にし、これまで私が経験したことを活かすことができるのと、さらに違う業種に幅を広げることから自分のスキルアップにもつながると思い志望しました。」

■地元に戻るタイミングだから
「私は約4年間、京都の人材紹介会社でアシスタント業務をメインにキャリアを積んでまいりました。これから転職アドバイザーとして成長していきたいと考えていた矢先、会社の業績不振により解雇されてしまいました。そんな中貴社の求人情報を拝見し、長年生まれ育った地元での就職も考えていたこともあって、今回応募させていただきました。」

■愛着のある地元で長期的に働きたい
「今まで複数の企業に勤務し、自分自身のスキルアップと経験を積んでまいりました。今回の転職を最後として考えたところ、やはり愛着のある地元で業務に専念したいと望み応募しました。これからも人との繋がりを大切にし、地元へも仕事を通して貢献できるよう頑張りたいです。」

 - ビジネス/就職/転職