探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

体育が苦手な人必見!簡単にできる克服法を教えます!

2018.4.26

「体育だけは好き」という人もいれば、「体育は苦手」という人もいますよね。

子供の頃から苦手な人はどうやって克服すればよいのでしょうか?体育が苦手な子供にならないために親ができることは?

体育が苦手な人必見!克服する簡単な方法を教えます!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

箸の使い方を子供に教える時に気をつけることとポイント!

日本はお箸を使って食事をするのが主流ですね。正しい箸使いはできていますか? また小さい子供に、...

外出先であげる離乳食、6ヶ月の赤ちゃんならこれがおすすめ!

離乳食が始まった赤ちゃんとのお出掛けで、一番悩むことと言えば離乳食ですよね。 今まではミルクの...

幼稚園のプールはどんなタオルがいいの?男女別に紹介!

幼稚園でプールの授業があるけど、タオルってどんな物を用意したらいいの? とお困りのお母さん! ...

中学生に勉強を教えるときのポイントとは?勉強の教え方

中学生になったら親が勉強を教えるのは難しい? 勉強の教え方はどのようにしたらいいのでしょうか?...

人見知りの赤ちゃんを預けるコツと覚悟につてい

人見知り。それは赤ちゃんにとって成長の証。 赤ちゃんを誰かに預ける時、ママと引き離される不安を...

祝日が仕事でも保育園は休園!どうしたらいいのかを調査!

様々な理由で子供を保育園にあずけているママやパパはたくさんいます。 職種によっては、祝日でも仕...

赤ちゃんはお腹の中でどんな体勢でいるのか調べてみよう

妊娠中のママさんは、お腹の中にいる赤ちゃんが何をしているのか、声は聞こえているのかと色々想像してしま...

新生児から混合育児!ミルクを足す量や注意点について

新生児のうちは母乳が足りているのか?心配になるものですよね。足りていない時にはミルクと混合にする事も...

貧乏な家で育つ子供はかわいそうなの?みんなの意見とは

貧乏な家で育つ子供はかわいそう…。確かに選択しは狭まるし、我慢をすることも多いでしょう。 貧乏...

赤ちゃんの前髪を切るのを失敗してしまう!失敗しない切り方

赤ちゃんの前髪を切って失敗してしまったことがあるお母さんは多いのではないでしょうか? 前髪だけ...

過保護・過干渉。そんな親に育てられた子どもの行く道とは…

過保護や過干渉と言う子育て。 最近、よく目にしたり耳にしたりしますが、具体的にはどのようなこと...

寝かしつけの抱っこを卒業出来る!親も寝たフリやトントン作戦

なかなか寝ない赤ちゃんの寝かしつけに困っているママやパパもいますね。 家の子は抱っこじゃないと...

幼稚園の延長保育を利用し仕事をする時に知っておきたい事

近年では共働きをしている家庭も多く、幼稚園の園長保育を使って仕事をしている家庭も多いと思います。 ...

1歳半の男の子の言葉トレーニングのコツやポイント

1歳半の男の子でまだ言葉がでてこないときには、どんなことが考えられるのでしょうか? 女の子のほ...

育児休暇の期間は3年?それとも1年?育児休暇について考える

育児休暇は最大で3年間取得できる企業も増えてきているようですが、実際には3年取得している人はまだ少な...

スポンサーリンク

体育が苦手でも克服する方法はあります!

学校の授業の中で「体育が苦手」だと言う人も多いのではないでしょうか?

でも、スポーツにはコツがあるといいます。そのコツをつかめば、体育の苦手意識は克服できるのではないでしょうか?

まずは、運動神経が良くて、スポーツが得意な人のマネをしてみましょう。その友達が話しかけやすいタイプの人だったら、思い切ってコツを聞いてみても良いでしょう。

プロの選手のプレーを見ることでも参考になります。とにかく、上手な人のマネをしてみるのです。

直接先生にコツを聞いてみるのも良いでしょう。今まで何もせず体育が苦手だと感じていたあなたが、このようなことをしてみると、一気に上達します。

運動自体が苦手だという人は、その運動種目の基本すら知りません。例えばサッカーが苦手だと思っている人は、テレビでプロの選手のプレーなども見ていないのではないでしょうか?

自分で見ること、そして人からコツを聞くこと、そうすれば運動能力も上がっていきます。

体を動かすことが苦手な子供…体育が苦手にならないように克服しよう!

遊ぶのが大好きな子供の中にも、体を動かすのは苦手という子もいます。そんな子供は体育も苦手になってしまうでしょう。

そんなことにならないために、日常生活で体を動かすことの楽しさを教えてあげましょう。

たとえば、新聞紙など丸めた紙をゴミ箱に向かって投げる、お父さんの体をよじ登らせる など子供が楽しみながら体を動かせる機会を作ってあげるのです。

昭和の時代に流行った「新聞紙でチャンバラ」や「うまとび」「ケンケンパ」などでも良いのです。できれば友達と一緒に遊ばせましょう。その方が上手な子の影響を受けて「自分もうまくなりたい。」という向上心も生まれるでしょう。

たとえうまくできなくても、怒ったりしないようにしましょう。せっかく出てきた子供のやる気が失われてしまいます。

最初のうちはできなくても、続けていればできるようになっていきます。少しでもできるようになったら、褒めてあげましょう。親に褒められると、子供は嬉しくなってもっと頑張るようになります。

体育が苦手な子供が克服するためには、親の力が必要!

小学校に入学して体育が苦手だと感じる子供は、運動が嫌いになっていると言われています。

それは、過去に運動していてイヤな思いをしたことが原因になっているようです。例えば「友達の方が上手でイヤになった。」「無理やり運動するように言われた」などといったことがあります。

反対に、楽しみながら運動した子供は、運動が好きになります。そのためにも親が無理やり運動させるのではなく、子供が自分から楽しみながら運動するようになることが大切です。

そして、楽しみながら運動するようになると、子供はどんどん上手になっていきます。

ただ、他の子よりも上達する子供には特徴があるようです。それは「もっと上手になりたいと思っていること」です。そういう子供は、できるようになるまで決してあきらめません。

そのためにも、親が関心を持って、できたら褒めてあげることが重要なのです。

体育が苦手なのは「運動神経」のせい?

運動神経が良い人は、生まれつきなんだ・・・そう決めつけていませんか?

「運動神経」とは、一般的には運動能力のことだと言えるでしょう。では、運動能力とは具体的に何を指すのでしょうか?

運動する能力は「素早く動く能力」「体の柔軟性」「バランス感覚の良さ」、大きく分けるとこの3つの能力になります。この能力は、鍛えることが可能です。トレーニング次第では、大人になってからでも伸ばすことができるのです。

では、この3つの能力はどんな場合に必要になるのでしょうか?

「素早く動く能力」は、どんなスポーツにも必要になります。早く走る、早くよける、ボールを追いかける・・・いろいろな場面でスピードは大切です。この動きには、筋肉のパワーが必要になります。体重が重い人は、その分よりパワーを身に付けなくてはいけないのです。

「体の柔軟性」もスポーツする上で大切になります。運動する時には、いろいろな姿勢になります。柔軟性があれば、いろいろな動きができ、怪我もしにくくなります。

「バランス感覚」は一定のスポーツにしか必要ないと感じる人もいるかもしれませんが、そうとは言えません。スポーツをしていると、相手とぶつかって倒れることもあるでしょう。でもバランス感覚が良い人は倒れることなく、すぐに体勢を整えることができるのです。

この3つを鍛えることが、「運動神経が良い」と言われるようになるかもしれませんよ。

運動が苦手な大人のための克服法!

体を鍛えたいとは思っていても、運動が苦手という大人の人もいるでしょう。

ジムに通うことは難しくても、自宅で気軽に運動することから始めませんか?

例えば腹筋運動やスクワット。これはテレビを見ながらでもできることです。好きな番組を見ながらこれらの運動をすれば、楽しみながらできるのではないでしょうか?

少しずつ慣れてきたら、ダンベルを購入して負荷をかけていきましょう。自宅でだって運動することはできるのです。

運動に対する意識を変えることも大切です。「運動しなくてはいけない」と決めつけていませんか?強制されているように感じてしまうと、やりたくなくなってしまいます。

「よし、今日も楽しく運動しよう」という意識に変えましょう。ストレスに感じるような運動は楽しくもないし、効果も感じられません。長続きさせるためにも、楽しく運動するようにしましょう。

 - ベビー/子育て