探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

『夜納豆』のススメ!太る原因の悪玉菌を減らして腸美人

2018.4.27

納豆やキムチなどの発酵食品は、腸内フローラのバランスを整えてくれます。

でも、その納豆を食べるタイミング、考えたことはありますか?

実はおススメは夜なのです!

太る原因の悪玉菌を減らして、健康的な腸美人を目指しましょう♪

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

祖母の容態悪化で喪中になるかも。結婚式はどうするべきか

祖母が亡くなった場合、四十九日の期間はお祝い事を避けるべきだと言われています。 人はいつ亡くな...

眼鏡の度数は弱めがいいってホント?度数の決め方を教えます!

眼鏡の度数を決めるのって難しいですよね。 弱めの方がいいという意見があったり、遠くが見えた方が...

夏に頭痛と目の痛みが!原因や考えられる病気について!

暑い夏に頭痛や目の痛みが・・・なんて経験はありませんか? 原因がどんな事なの?目がチカチカする...

風邪をひいてるのにマスクをしない?マスクの効果を調査!

風邪をひいているのに、マスクも着用せず咳をしている・・・これってマナー違反ですよね。 でも、マ...

ポジティブとネガティブの中間、ニュートラルがあります

出来ればポジティブ思考でいたい、そう思います。しかしネガティブな自分がムクムクと顔を出す事も・・・。...

卵巣に痛みが!ズキズキ痛い時に考えられる原因とは

卵巣がズキズキと痛む症状に悩まされている人はいませんか?その痛みの原因は一体何なのでしょうか? ...

学校生活は疲れる?帰宅後に短時間仮眠をとって寝るのは効果的!

学校から返ってきたら疲れている様子の子供、毎日帰宅後に寝るという子もいますよね。最近の子供は学校生活...

お菓子をやめた結果、アレコレ。効果と実感を発表します!

ダイエットを目的での『お菓子をやめた』など健康のために砂糖の摂取を控える目的の人や、お菓子を買わない...

太ももの外側をストレッチして張りを解消!その方法を教えます!

太ももの外側ってよく張ったりしませんか?実はそれが脚を太く見せる原因かもしれません。 その張り...

体が弱い女性必見!不調の原因や対処方法をご紹介

体が弱い女性、女性から見ても守ってあげたくなっちゃいます。 なぜ体が弱いとモテるの?体弱いアピ...

排卵日は体温が高い?基礎体温を測って排卵日をチェックしよう!

毎朝基礎体温を測っていると、一定のグラフが出来ます。基礎体温は排卵を境にして高い状態へと変化します。...

男性の気になる身長。伸び方について調べてみました!

男性は女性よりも身長の高さが気になりますよね。 身長がどうやって伸びていくのかご存知ですか? ...

つわりで嘔吐したら茶色の嘔吐物が・・・その症状、気を付けて!

お腹の中に赤ちゃんを身ごもると女性の体には「つわり」という変化が現れます。 つわりで嘔吐してし...

子育てでイライラしてしまう・・・病気が隠れている可能性も!

子育てをしていると上手くいかずにイライラしてしまうママもいることだと思います。 時間がたつとイ...

手首の血管に出来たこぶは?隠されている病気の正体!

気付けば手首にこぶが出来ている…そんな経験はありませんか? その原因って何なのか、気になります...

スポンサーリンク

夜の納豆で腸内環境を改善!太る原因の悪玉菌を減らす

ここ数年ですっかり定着した言葉の『腸内フローラ』

私たちの腸の中には、100兆個もの細菌が住んでいて、人によりその細菌は違います。腸内の細菌は、健康に大きく影響していて、肌の調子や病気、アレルギーなどにも関係しています。

実は肥満とも深い関係があります。ある研究の結果で、感染症の治療のために糞便を移植する治療が行われました。
その時に、肥満の人から移植を受けると、それまでは痩せていた人が肥満傾向になったというのです。他にも、肥満の人からの腸内細菌を移植した人が、急に太り出した、という事例が幾つも報告されました。

これまで、肥満体質は遺伝と考えられていたものが、遺伝ではなく「腸内フローラ」によるものと認識されてきました。ダイエットを頑張っても、なかなか結果が出ないという方は、腸内フローラの影響があるのかもしれません。

腸内環境を見直し、善玉菌を増やす生活を心掛けましょう。

太る原因の便秘も「夜納豆」でスッキリ!

腸のゴールデンタイムは午前0時から始まると言います。ですので、その時間に合わせ、夜に納豆を食べるのが効果的です。納豆の発酵パワーを最大限に引き出せます。そうすると、朝もすっきりと出やすいのです。

夜に納豆を食べる『夜納豆』ダイエット。実践した方は、1㎏から3㎏ぐらい落ちたという声を聞きます。納豆はさまざまな種類が販売されていますので、飽きずに続けられそうですよね。定番の小粒納豆に、たまには気分を変えて、ひきわり納豆にするのも良いでしょう。

○○だけダイエットや、置き換えダイエットではなく、食事に納豆をプラスして食べると言う方法なので、空腹に耐える必要もありません。

ダイエットとは言え、もうすでに日常から、納豆は1日に1パックくらい食べているよ、という方もいるでしょう。夜納豆ダイエットとは、それくらい気軽に始められるダイエット法なのです。

ただし、やはり食べ過ぎは禁物です。納豆のカロリーは、40グラムのカップで80キロカロリー、50グラム入りだど100キロカロリーになってしまうので、一日に何パックも食べるというのはおすすめできません。

太ることを気にせずに!夜納豆の効果

納豆は朝食に食べるという方が多いと思いますが、納豆の効果を十分に発揮させるためには、夕食に納豆を食べるのが一番効果的です。

納豆のねばねば成分である「ナットウキナーゼ」は血液サラサラ効果があります。このナットウキナーゼは食後の4~8時間の間に活発に働きます。

血栓が起こりやすと言われるのは、血液の流れが穏やかになる就寝中です。ですので、この寝ている時間にナットウキナーゼが働くようにするには、夕食がベストです。

納豆には「カルシウム」も多く含まれています。カルシウムにはリラックス効果があり、夜に摂取することで良い睡眠につながります。カルシウムが必要な骨や歯も寝ている間に作られますので、夜に摂取するのが理想的です。

納豆はサラサラ血液の強い味方

納豆には整腸効果もあり、便秘の解消に効果の高い食品です。脂質も少ないので、夜に食べても胃に負担がかかりません。そして、納豆には成長ホルモンの分泌を活発にするアルギニンが含まれています。

ナットウキナーゼには、血栓を溶かし、血液をさらさらにしてくれます。ドロドロ血は動脈硬化の原因にもなります。

納豆の効果的な食べ方をご紹介します。
納豆は常温で置いておくと発酵が進みます。できれば食べる20分くらい前に冷蔵庫から出しておくのがおすすめです。生卵を入れて納豆を食べる方も多いと思いますが、ダイエットという観点から見るとカロリーが高くなってしまいます。薬味になるネギやシソ、オクラなどは少々入れても味のバリエーションも変わり、カロリーはほとんど変わらいないので良いでしょう。

ちなみにナットウキナーゼは過熱に弱い成分です。ナットウキナーゼが減ってしまう温度は70℃以上なので、オムレツなどの加熱調理には注意が必要です。

納豆ダイエットは太りにくい体を作る

納豆ダイエットを始めた方の声を紹介します。

納豆ダイエットを初めて、まず気付いたことは「納豆は実は腹持ちがいい食材だった」ということです。
その秘密は食物繊維にあります。納豆の原料である大豆は食物繊維が豊富です。納豆1パックあたり、約3.5グラムの食物繊維が含まれます。

食物繊維は腸の中で水分を吸収して膨らみます。この刺激は、お通じにも良い効果をもたらします。

大豆に含まれる「大豆たんぱく」は、「アディネポネクチン」という物質を増やし、これは脂肪の燃焼効果を上げてくれます。ですので、大豆は太りにく体を作る食品だったのです。

実際に、ダイエットで毎日摂取している人は、以前よりも手足の冷たさを感じないと言う人がいます。また、運動した際も以前よりも汗をかきやすくなったという声も聞かれます。

納豆はダイエットにも健康にもおすすめの食品です。

 - 健康