探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

風邪をひいてるのにマスクをしない?マスクの効果を調査!

2018.5.8

風邪をひいているのに、マスクも着用せず咳をしている・・・これってマナー違反ですよね。

でも、マスクをしても100%予防はできないとも言われています。

風邪をひいてもマスクをしない人の心理とマスクの効果について調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

とても辛い生理痛・・・腰痛に効果がある湿布はコレ!

生理痛で腰の痛みが出た場合、湿布を張っても大丈夫?貼るとしたら、温湿布?冷湿布? 生理痛で腰痛...

ジムでトレーニングする時の食事は前?後?効果的な方法と食材

健康やダイエットのためにジムに通っている人は多いでしょう。 食事はジムでトレーニングする前に食...

『夜納豆』のススメ!太る原因の悪玉菌を減らして腸美人

納豆やキムチなどの発酵食品は、腸内フローラのバランスを整えてくれます。 でも、その納豆を食べる...

つわり中の旦那へのイライラはどうして?原因を徹底追及!

つわりの時期に旦那へのイライラが止まらない! そんなストレスを感じてるママ意外に多いのではない...

腰のマッサージやストレッチを手軽に行うコツをご紹介!

腰痛に悩まされているという人はとても多いですが、忙しくてマッサージに行く時間もない! そんな方...

ダンスを始めたいけれど20代からでは遅い?ダンスの始め方

ダンスを始めたいと思うのは10代?それとも20代?ダンスを始めるのに年齢は関係ないようです。 ...

子育てでイライラしてしまう・・・病気が隠れている可能性も!

子育てをしていると上手くいかずにイライラしてしまうママもいることだと思います。 時間がたつとイ...

朝起きると目が一重に!まぶたのむくみの解消方法はコレ

朝、目を覚ますと何だか違和感が…。目が一重になってる!そんな経験ありませんか? そんな目の腫れ...

体調不良でドタキャンした!しかも当日にという人は3割も

ドタキャンとは、約束していたのに当日になって土壇場でキャンセルすることを略してそう言います。 ...

肩こり・頭痛・手足のしびれは【3つの分類】から原因を追究!

肩こりがひどいと日常生活にも影響が出てきてしまいます。 重度の肩こりがある人は頭痛や手足のしび...

夏に頭痛と目の痛みが!原因や考えられる病気について!

暑い夏に頭痛や目の痛みが・・・なんて経験はありませんか? 原因がどんな事なの?目がチカチカする...

つわりで嘔吐したら茶色の嘔吐物が・・・その症状、気を付けて!

お腹の中に赤ちゃんを身ごもると女性の体には「つわり」という変化が現れます。 つわりで嘔吐してし...

夢のせいで眠っても毎日の疲れが取れないと感じる理由

毎日きちんと眠っているけど夢で疲れてしまう感じがする。体の疲れが取れない。そう感じることがあります。...

食中毒は加熱で予防できる?電子レンジを上手く使おう

食中毒は、じめじめした時期だけに起きるものではありません。家庭の食事でも気をつけなければいけない食中...

乾燥肌の改善にお風呂での毎日の習慣を見直してみよう

乾燥肌に悩む女性は多いですよね。 特に乾燥する季節は辛く、痒みが出ることもしばしば…。 ...

スポンサーリンク

風邪をひいてもマスクはしない?予防のためにはつけるべきです

風邪予防のためにはマスクをつけた方が良いと言われていますが、その理由は2つあります。

まず1つ目は、飛沫感染を減らすためです。ウイルスはマスクをくぐりぬけてしまうから意味はないという意見もあるようですが、風邪やインフルエンザなどの菌は飛沫感染によって広がります。そのため、マスクをつけることによって口や鼻から菌が直接入ってこないように予防することができます。

100%予防することはできませんが、東京のような人が多いところではマスクをつけた方が良いでしょう。もしかしたら自分が菌を持っているかもしれません。そのためにもマスクは必要です。

そして2つ目は、保温保湿効果でウイルスを活性化させないためです。

マスクをしている人の中には、息苦しいからという理由で鼻を出している人もいますが、風邪予防のためには口も鼻もマスクで覆う方が効果があります。

ウイルスを侵入させないためには、口と鼻両方を覆うことが重要です。さらに、息が通る道をマスクで覆うことで、保温や保湿につながるのです。

風邪をひいているのにマスクもしない・・・社会人として失格です!

風邪をひいているのに、マスクもしない、咳をする時に手で押さえない・・・考えられないかもしれませんが、こんな人もいるようです。

マスクは風邪を予防するためのものですが、風邪をひいた時に自分の菌を周囲にばらまなかいようにする、という効果もあります。100%はムリだとしても、少しでも周りの人にうつさないように心がけるべきでしょう。

仕事が忙しい人なら、風邪をひいても休めない場合もあります。同じ会社で働く人に風邪をうつさないように配慮することは大切なことです。

実際に、風邪をひいてるのにマスクをしない人に風邪をうつされてしまい、会社を休む羽目になったという人もいます。うつされた人は年休も使うことになるし、迷惑以外の何物でもありません。

風邪をひいた時にはマスクをする、これは社会人として最低限のマナーです。会社内に風邪をひいているのにマスクをしない人がいるのであれば、上司に注意してもらいましょう。

風邪予防にマスクをしないのは損です!

風邪予防にマスクをしても隙間からウイルスが入るからしない・・・そんな人もいるでしょうが、隙間があったとしてもマスクをつけることでいろいろな効果があります。

人間ののどや鼻の粘膜には「線毛」があり、その働きによって異物を外に出す力を持っています。しかし、冬になると空気が乾燥します。そのため、線毛の働きが弱ってしまい、異物を外に出すことができず抵抗力が落ちるとも言われているのです。

しかし、マスクをつけることによって保温・保湿することができるので、線毛の働きを助けることができます。そのため、冬でも抵抗力を維持することができるのです。

さらに。マスクをつけることによって接触感染の予防になります。

風邪などの感染ルートは、手についてしまったウイルスが口や鼻などを通って体内に入る「接触感染」が多いのです。そのため、マスクをすることによって、自分の手が鼻や口に触れるのを防ぐことができます。

風邪予防のためには、うがい・手洗いを徹底しようと言われていますが、マスク着用することで効果が増します。自分の体は自分で守りましょう。

風邪が治って熱が下がっても、マスクは必要?

風邪をひいたけど熱も下がったし、あとは咳がおさまれば・・・そんな状態でも他の人に風邪がうつる可能性があります。

風邪の原因となる菌やウイルスには、潜伏期間があると言われています。のどや鼻などの粘膜から感染が始まり、実際に風邪の症状が出るまでには約3~7日かかることが多いのです。

もし潜伏期間の終わる頃(熱が出る直前)にウイルスをもらっていたとしたら、最初に発熱した人は治りかけですが、直前にウイルスをもらっていればこれから発熱する可能性があります。

熱が下がったとしても、咳が原因で風邪がうつってしまうということはありえるのです。もしかするとウイルスが残っているかもしれないのです。そして飛沫感染、空気感染によって周りの人に風邪がうつってしまうこともあります。

そうならないためにも、風邪をひいた時にはマスクを着用するようにしましょう。特に風邪で仕事を休んだ場合、熱が下がっても2~3日はマスクをしていた方が良いでしょう。

風邪予防のためのマスクの選び方!

マスクというと白いガーゼのものが主流でしたが、今では素材もデザインも豊富で選ぶのも楽しくなってきましたよね。

マスクを選ぶ時には、どういう目的で使うのかを考えましょう。ドラッグストアなどに行くと、風邪などのウイルス予防のものから花粉症予防のもの、女性用の美容マスクなどいろいろなものが並んでいます。

風邪やインフルエンザなどのウイルス対策のマスクで予防できるのは、空気感染と飛沫感染です。

しかし、インフルエンザのウイルスは非常に小さいため、残念ながら市販されているマスクでは通り抜けてしまうと言われています。

インフルエンザのウイルスは空気感染する可能性は低いので、飛沫感染を少しでも防ぐためのマスクということになります。マスクを購入する時には「ウイルス対策」などといった言葉が入っているものを選びましょう。

 - 健康