探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

子供の記憶は何歳から鮮明に残るのか。記憶力の不思議

2018.4.29

子供は何歳くらいから物事を記憶することができるのでしょうか。

中には、お母さんのお腹の中の記憶や、さらにそれ以前の記憶を語る子供までいると言います。

何歳くらいになると経験を記憶できるのか。また、昼寝の重要性など子供の記憶に関してのお話です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゼラニウムの育て方!冬越しさせるコツについて

真夏と真冬以外は花を咲かせて楽しませてくれるゼラニウム。 育て方も簡単なため初心者向きの植物だとい...

雨が好きな人の心理とは?実はこんな理由だったんです・・・!

雨が降るとお出かけが出来ないし、傘も持たなきゃいけないし・・・一般的に、雨は嫌いという人が多いもので...

給食に毎日牛乳が出るのはなぜ?その理由と歴史についてご紹介

昔から給食に牛乳は毎日出ていますよね。 私も子供のころ、メニューがうどんや煮物などの和食で牛乳...

味の好みで性格がわかるって本当?味覚でわかる性格は〇〇!

どんな味の食べ物が好きかはその人によって違いますよね!甘いものが好きな人もいれば、辛いものが好きな人...

嫉妬と妬みの心理とは?されたときは?コントロールは大事!

嫉妬と妬みという言葉は、どちらも同じような感情の意味に思いますが、これらはどのような心理によって起こ...

【皿洗いのコツ】お皿を早く洗うコツとポイントをご紹介!

食事を済ませたあとに待っている家事が「皿洗い」です。家事の中でもお皿や食器を洗うことが好きではない・...

絵の描き方がわからない人必見!デッサン力を上げるコツ

絵が下手で描き方すらわからない、そんな方はまずデッサン力をつけましょう。 デッサンは、そのデッ...

牛革財布を長持ちさせるお手入れ方法を解説!

牛革財布は、使い続けるほど味のある風合いが出るのが魅力の一つです。 ずっと使い続けたい牛革財布...

鼻の穴が大きい男性はどんな性格?鼻からみる性格診断

鼻の穴が大きい男性は結婚に向いている?向いていない?女性が男性を見るときには身長でも髪型でもなく「鼻...

裏起毛のパーカー!毛が他のものに付くのを防ぐ洗濯方法

裏起毛のパーカーは暖かくてフワフワとした肌触りも気持ちがいいですよね。でも洗濯をする時には毛が抜けて...

水槽を立ち上げたら気になる苔!苔問題について考えよう

水槽を立ち上げたら、苔が発生!?そのコケ水槽の水質を見るために役立つかも。 苔と言っても沢山の...

友達付き合いをやめたい!その時はこの方法で対策しよう!

友達付き合いに悩んでいる方、悩んだ経験がある方はたくさんいると思います。 何だか気が合わなくて...

ブロッコリーはお弁当の必需品だけど、夏の時期は要注意!

彩りを良くしてくれるブロッコリーはお弁当でも大活躍ですよね。 しかし、夏の時期のお弁当に使う場...

お通夜の香典にピン札はOK?香典のマナーや礼儀について

お通夜に持参する香典に、ピン札は大丈夫なのもの? 初めて行くお通夜の香典袋はどんなものを選べば...

高校生のバイト。親が反対している時の説得方法とは

高校生のアルバイト。 学業が本業だ!と言って、親に反対されると、働けませんよね? 未成年を雇...

スポンサーリンク

子供の頃の記憶は何歳になっても残っている?

自分の中の一番古い記憶、幼い子供の頃の記憶にはどんなものがありますか?子供の記憶について、研究からいくつか解っていることをお話しましょう。

ある心理学者は、幼い子供の記憶力についての研究を行いました。子供の記憶力には個人差があるものの、ある出来事について思い出せるようになるのは早くて生後1歳半頃。平均的に3~4歳の頃には、記憶したことを引き出せるようになるといいます。

怖い犬に吠えられた恐怖感。走り回った草原の草のにおい。お母さんの手作りケーキ。そんな小さな出来事の記憶は、時に一生残ります。脳は「におい」「香り」を長期記憶として留め、忘れにくい記憶として残すのです。

成長するに従い、日々経験する出来事や学ぶことが増え、短い時間に覚えたことをすぐに忘れるようになってしまいます。これは、全てを記憶に残すと脳の負担が大きくなるため、不要な記憶は消されていくためです。

これらの研究の中で、子供の頃の記憶に関して、アジアの子供よりもヨーロッパの子供の方が多くの出来事を記憶しているという結果が出ています。おそらく、西欧の文化はアジアに比べ個人を尊重する傾向があり、自分自身の話をする機会が多いからではないかと考えられています。

子供は何歳になるときちんと記憶できるようになるの?

3歳から4歳頃までの記憶があまり残っていないのは「幼児性権謀」と呼ばれます。しかし、記憶する力は未熟でも全く覚えていることができないのではありません。生後3ヵ月では1週間程度、4ヵ月なら2週間程度の記憶は残ることはわかっています。

ではなぜ多くの人が乳幼児の頃の記憶を思い出すことができないのでしょうか。比較認知科学の研究者によれば、これには二つの可能性が考えられるとのこと。

1.【記名の失敗】
乳児期~幼少期では、学習能力が未発達のために記憶したことを定着することができないというもの。

2.【検索の失敗】
一度、記憶の神経ネットワークに貯蔵されたものの、その後どんどん発達するネットワークに飲み込まれてしまう。これにより、幼少時の記憶を引き出すことができなくなる。

今のところ、どちらにも可能性がありますが有力なのは2の【検索の失敗】説ではないかと言われています。ということは、今は忘れていても、ある瞬間に幼い日の記憶がよみがえってくることもあるかもしれませんね。

ママの胎内を記憶している子供たち。何歳くらいまで覚えている?

赤ちゃんがお母さんのお腹にいた時の記憶を「胎内記憶」と言います。

胎児は早い段階から聞く力が発達すると言われており、お腹の中や外から聞こえるさまざまな音を聴いていたという話をする子供もいるのです。

そんな子供の中には言葉を覚えると、お母さんのお腹にいた時の記憶や、誕生の瞬間のことを話し始める子もいます。不思議なことに「お母さんのお腹に来る前」について話す子もいるというのです。

ただ、胎内記憶は3歳を過ぎた頃から徐々に薄れてしまい、複雑な会話ができるようになる5歳くらいまでには忘れてしまうことがほとんどです。

もちろん個人差もあるので、もう少し成長しても覚えている子供もいます。「ママのお腹にいた時にこんなことがあったよ」という話を突然初めてビックリしたというお母さんもいるようです。

あなたの子供にも、胎内記憶を覚えていないかどうか尋ねてみてはいかがですか?

子供の記憶に密接な関係にある睡眠の役割

大人は1日平均6時間から8時間の睡眠が必要だと言われています。子供は日々の生活からも学ぶことが多くあり、脳も疲労してしまいます。もちろん、成長中で筋力も弱く、エネルギー量が少ないので体も同様です。

これら、脳と身体の疲れを癒し、休息するために必要になるのが昼寝です。

睡眠は脳が記憶したこと、経験した情報を整理する時間でもあるのです。アメリカの大学が研究した結果、昼寝を習慣にしている子供は、昼寝をしない子供よりも記憶力が高いことがわかりました。

睡眠は短期記憶、長期記憶のどちらにも良い影響を与えているのです。

昼寝をする子供は、していない子供に比べて好奇心があり精神的に安定しており、問題に直面しても対処する能力に優れているのです。

子供の昼寝は、心身の成長に大切な役割を果たしているということが科学的にも判明しているのです。

子供の頃の記憶は、その後の成長にも大きく影響している

アメリカの心理学専門誌で発表されたところによると、コミュニケーション能力が高く、精神的な落ち着きがある人たちは、子供の頃の記憶がはっきりと残っているという調査結果が出ました。

子供の頃に経験した辛い記憶と、それを乗り越えた体験を覚えていることが自身の成長を客観的に捉え、アイデンティディーの確率につながるのではないかと考えられます。

また、自分の家系や家族のルーツ・祖父母や両親の出身地などを聞いていた子供には、次のような共通点が見られるといいます。

  • ストレスに負けない
  • 熱意を持って物事に取り組み、対処することができる
  • 落ち込んでもすぐに立ち直れる
  • 自分に自信が持てる

これは「自分は一人ではなく、家族というコミュニティの一員である」という安心感から情緒的な安定につながるのではないかと見られています。子供頃に経験した記憶や見聞きした記憶は、人格形成にも大きな影響を与えるのです。

 - 雑学