探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

就活で親の職業を聞く理由と答えたくない時の言い方について

2018.5.22

就活で面接官に親の職業を質問されたことはありませんか?

初めて親の職業を質問された時は「何の意図があるの?」と違和感を感じると思いますが、よく聞かれる質問なので就活を続けていくと普通の質問のようになってくるでしょう。

親の職業を聞く理由や言いたくない時の答え方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

会社の昼休みに寝るのは非常識なこと?その現状とは!

会社の休憩中は、たくさんの同僚とお昼を過ごしますか?それとも少人数でしょうか? あなたの働く会...

就活にはどっちがいいの?スカートとズボンの印象の違い

就活にはスカートがいいのか、ズボンのパンツスーツがいいのか悩んだことはありませんか? では、ス...

飲食店のアルバイトでピアスを上手に隠す方法

ファーストピアスを開けてから、飲食店でのバイトが決まり、バイト先ではピアスがNGな場所多いですよね。...

仕事の初日に適した服装とは?転職初日の服装を考える

仕事の初日はどんな服装で行こうか悩んでいませんか? 転職先への入社初日は緊張するもの。好印象を...

仕事で先輩にムカつくと感じたら、こんな対処方法を試してみて

仕事で先輩にムカつくと感じた経験、皆さん一度はあるのではないでしょうか。 そんな時はどんな風に...

パート契約を更新しないで退職する方法や期間途中の退職方法

パート従業員が仕事を辞めたいと思ったらいつでも辞められるのか、退職するのにも決まりがあるのか、知って...

面接では緊張して笑顔で話ができない!?笑顔のコツを教えます!

面接では緊張して笑顔で話をすることができない?笑顔で話せなくて悩んでいる人って結構いるのではないでし...

少人数の職場は大変!?良い人間関係を築くためには

少人数の職場だと人間関係が良くないと、何かと大変なところがありますよね。 少人数の職場で輪を乱...

女性の仕事で一生続けていける職業を紹介します!

女性が一生続けられる仕事には、どんな職業があると思いますか? 医療、介護、保育、事務・・・色々...

後輩がタメ口を言ってくる心理とは?大人な対応をしよう

後輩なのに、タメ口・・・。なんで敬語で話さないのでしょうか?後輩がタメ口を使う心理にはどのようなもの...

職場でプライベートを話したくないのに聞かれた時の答え方

職場でプライベートなことを根掘り葉掘り聞いてくる人っていますよね? 詮索好き?デリカシーがない...

東京へ上京するなら、年齢が若いうちに行って刺激を受けよう!

地方から東京へ上京したい…。そう考える人も多くいるでしょう。 しかしその時に心配になるのが年齢...

パートの仕事を辞めたい!事務職を辞めたい理由と解決策

せっかく採用になったパートの事務職の仕事だけど、なんだか人間関係がよくない職場のよう・・・ そ...

仕事の効率をアップさせるには?音楽の選び方が大切!

仕事の効率をアップさせるために、音楽を聴きながら仕事をすると良いそうです。 では、仕事の効率を...

就職に失敗して辞めちゃった。再就職に向けて考えるべきこと

希望した職場に就職したのに、想像と違った。もともと希望した会社じゃなく就職に失敗して、結局すぐに辞め...

スポンサーリンク

就活の面接で親の職業を聞く理由とは

面接官が親の職業や家族構成を聞くことは珍しい事ではありません。何の意味があるのか?と感じるでしょうが、その裏にはしっかりと意図があって質問している場合もあります。面接官が親の職業や家族構成を聞く理由は主に3つ考えられます。

コミュニケーションを取るための話題の1つ

1つ目の場合は、実は深い意味がないことがほとんどです。一定以上の年齢の人が良くする質問でコミュニケーションとして聞いていることもあります。家族構成や兄弟構成でその人の気質や性格の特徴がどうこうという話をしたりするでしょう。

親の職業や家族構成で判断するというより。ただの話のネタです。場合によっては、親の介護などで休みが多くなる可能性はないかなどを気にして聞いている場合もあります。

危険な人物かどうか判断するため

2つ目の場合は、例えば家族に犯罪者や反社会的立場の人がいないかなどを判断するためだと思います。入社後に問題を起こすリスクの高い人かどうかを親の職業や家庭環境で推測している場合があります。

ビジネスのため

3つ目の場合は、自分の会社のライバル会社ではないか?会社の利益になるか?などを確認しています。

例えば、履歴書の自宅住所が高級住宅街で出身校もお金持ちの子が通うので有名な学校だったら親は社会的地位が高い可能性があることは容易に想像できます。

ライバル会社で自社の情報が洩れる事を恐れる場合もありますし、保険など業種によっては家族や友人を利用し出来るかどうか考えられている場合もあります。

就活の面接で親の職業を聞かれるのはよくある事?

自分の就職活動を思い返してみると、親の職業はよく聞かれる質問の1つでした。最初は、「え?なんでそんなこと聞くの?聞いていい質問なの?」と違和感を感じました。

社員やバイトを雇用する時にも「○○を理由に落としてはいけない」という決まりがあるし、聞いていい質問と聞いてはいけない質問等があることは学生でも知っている人は多いでしょう。

「親の職業は?」と聞かれた時、その質問が聞いたらダメな質問かどうかまで判断出来ませんでしたが、聞いてはいけない質問寄りの質問なのでは?と感じました。しかし、沢山の会社の面接で当たり前のように聞かれるので、そういうものなのかと疑問に感じなくなっていきました。

初めて親の職業を聞かれた後、質問の意図を考えました。親の職業は家庭環境を推測しているのだと思いました。考えたくはありませんが、親が有名な大企業に勤めていたりすると、それだけで信頼に値すると有利に働くとか・・・。

そんなことはないと思いたいですが、家庭環境を推測しているのはアタリだと思います。家庭というのは、その人の一番身近なコミュニティです。家庭という最小単位のコミュニティの中でコミュニケーションが取れているかどうかでその人の人間性などを判断している可能性があります。

親の職業を知らないということは、他人にも興味関心を抱かない人だと思われても仕方ないでしょう。もしも、あなたが面接官だったら採用したいと思いますか?

就活で親の職業や家族構成を聞かれたくない時は?

親が離婚していたり、母子家庭ということにコンプレックスを持っている場合は聞かれたくない質問でしょう。

親の離婚や母子家庭で育ったという事実が、企業にとってマイナスになるかどうかという点において、ないとは言い切れません。今の時代珍しい事ではないので、それで不利になる会社は少ないと思います。しかし、判断をするのは企業なので、どんなことが不利になるかどうかは判断できません。

受かりたいなら質問の回答を拒否する方がリスクがあると思います。もちろん、嘘を付くのもリスクが高いです。後で調べればわかる事なので、正直に答えた方が良いでしょう。

家庭環境もそうですが、親の職業についても正直に答えて問題ない事の方が多いと思います。ただし、親の勤めている会社がライバル会社の場合は不利になる可能性は高いです。

なお、法律上は親の職業や家族構成について質問するのは禁止されています。サービス残業もダメな事ですが、している会社も多いですよね?親の職業や家族構成の質問のサービス残業と同じように他の会社もしていることだから・・・と思っている会社が多いようです。

場合によっては違法となるのに、当たり前のように質問されるのは、それだけ企業にとって重要な質問なのだろうという事です。ですから、嘘を付かず答えて、会社に不利と判断されないことを祈るしかないでしょう。

就活で親の職業を聞かれて言いたくない時は?

親の職業や家族構成は個人的な事なので、何か理由があるわけじゃなくても、質問の意図が分からずなんとなく答えたくないという人もいるでしょう。答えるかどうかの判断はあなた次第で、答えたくない場合は答えなくていいと思います。

「個人的な事なのでお答えしにくいです。」と答えれば、それ以上突っ込まれることはないと思います。

しかし、答えたくない理由を勝手に推測されて不利になる可能性があります。そのため、出来れば言える範囲で答えた方が良いでしょう。

頑なに答えない姿勢を取ると、コミュニケーションに支障をきたします。答えたくない質問でも、寛大な気持ちで受け止めるようにしましょう。

「○○会社で○○をしている」と詳細に答えるのが嫌な場合は、言い方を変えればいいだけです。業種は「○○関係」と答えれば良いと思います。例えば、「IT関係の中小企業で働いています。」などで良いと思います。

同業種のライバル関係が疑われない限り、突っ込まれないと思いますし、曖昧な言い方にして聞かれたくない雰囲気が伝われば、それ以上聞かれないでしょう。

就活では友達よりも親に協力してもらったほうがいい!?

就活では自己分析や他己分析をする人が多いでしょう。他己分析とは友達同士でお互いの強みや弱みを言い合って分析する方法です。自分では気づいていない強みや弱みに気付くことができます。

しかし、就活はライバルとの戦いに勝たなければいけません。本当に深い絆で結ばれている友情や本当に相手のために動ける人以外を相手に行っても、あまり意味がないと思います。実際は、けん制し合ったり気を使ってしまって分析が不十分だからです。

自分の事を本当に理解してくれている友達はあまりいないと思います。そこで他己分析の相手におすすめなのが、自分の親です。

親は生まれた時から今まで近くで見てきて、子供の事を観察しています。バレていないと思うこともバレていたりします。実際、誰にも言えないと隠していた自分の欠点を親に何気なく指摘されて驚いた経験があります。

親子関係によっては難しいかもしれませんが、親に自分はどういう人間か聞いてみてはいかがでしょうか?自分でも気づかない意外な一面がみられて、就活で使えるかもしれません。

 - ビジネス/就職/転職