探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

幼稚園行事の時下の子は連れて行く?下の子の幼稚園行事事情!

2018.5.9

幼稚園の行事って思っているよりたくさんあるなぁ~と思うことはありませんか?

そんな時に下の子が小さいと幼稚園行事に行っても、落ち着かないですよね。

今回は幼稚園行事に下の子を連れて行く時の注意点や、近くに預ける人がいない場合の方法を調べまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

新生児から混合育児!ミルクを足す量や注意点について

新生児のうちは母乳が足りているのか?心配になるものですよね。足りていない時にはミルクと混合にする事も...

赤ちゃんの前髪の切り方にはコツがある?ポイントを教えます!

赤ちゃんの前髪が伸びてくると、ママとしては切ってあげたくなりますよね。 でも、切っている間もじ...

人見知りの子供に習い事のオススメや克服するためにできること

人見知りの子供には小さいうちから習い事をさせた方が克服することができるのでしょうか? では、人...

祝日が仕事でも保育園は休園!どうしたらいいのかを調査!

様々な理由で子供を保育園にあずけているママやパパはたくさんいます。 職種によっては、祝日でも仕...

過保護・過干渉。そんな親に育てられた子どもの行く道とは…

過保護や過干渉と言う子育て。 最近、よく目にしたり耳にしたりしますが、具体的にはどのようなこと...

子供のストレスは幼稚園が原因!?親ができる対処法

小さい子供でも日常生活においてストレスを感じることがあるようです。 それは、幼稚園や保育園など...

幼稚園の友達に意地悪された時の、子供同士のトラブルの対処法

幼稚園に入園すると初めての集団生活が始まり友達もたくさんできるか、ワクワクしますよね。 しかし...

保育所か幼稚園かどっちか悩んだらママの仕事の時間がポイント

子供がいても仕事がしたい! 働くママが子供を預けるのは、保育所がいいのか幼稚園がいいのかどっちにし...

お通夜に子供が参列する場合の服装は?服装選びのポイント

お通夜に参列する際、大人はブラックフォーマルを着用しますが、困るのが子供の服装ですよね。 子供...

小学校一年生は勉強する習慣を身に着けることが大事です

小学校一年生の勉強はひらがなや数字など基本的なことを学習することが中心ですよね。大人の私たちからする...

運動の苦手を克服!お子様への親のサポート方法

お子様が運動が苦手で、克服させたいと思っているママは多いでしょう。運動が苦手なのは遺伝なの? ...

外出先であげる離乳食、6ヶ月の赤ちゃんならこれがおすすめ!

離乳食が始まった赤ちゃんとのお出掛けで、一番悩むことと言えば離乳食ですよね。 今まではミルクの...

バスに乗る方法!ベビーカーでバスに乗る時の乗せ方とマナー

ベビーカーを利用してバスに乗りたいと思っているママたちもいますよね。でも、ベビーカーでバスに乗ること...

子供を預ける場合のお礼は必ずすべき?親しき中にも礼儀あり!

ママ同士が仲が良いと急な用事などで子供を預けることができるのは、嬉しいですし助かりますよね! ...

寝かしつけの抱っこを卒業出来る!親も寝たフリやトントン作戦

なかなか寝ない赤ちゃんの寝かしつけに困っているママやパパもいますね。 家の子は抱っこじゃないと...

スポンサーリンク

幼稚園行事の時、下の子を連れての参加は大変!

兄弟がいる場合上の子が幼稚園入園の時、下の子が小さい時には幼稚園の行事を一人で連れて行くにはとても大変ですよね。そんな時、パパがいつも休める仕事であれば良いですが、なかなかそうはいきませんよね。

我が家はいつも実家の母や義母や近所のお友達がいたので、有難いことに苦労することはありませんでした。でも小さな子を連れてきているママは参観日など、本当に大変そうでした。

一度だけ下の子をおんぶして幼稚園行事に行きましたが、親子でお遊戯をする時に下の子がおんぶを嫌がり暴れたことがあり、見るに見かねた先生が上の子と踊ってくれました。その姿を見て、木の陰で泣きそうになったこともあります・・・(汗)

幼稚園行事の時は下の子を連れての参加は大変ですから、参観日の時間だけ園で預かり保育のサービスをしてくれると本当に助かります。なかにはそういったサービスを行っている園もあるそうです。

幼稚園の願書を取りに行く際には、周りに預ける人がいない時には、こういったサービスのある園を選ぶのも良いかもしれませんよね。

幼稚園の行事の時、できれば下の子は預かってもらうのがベスト

振り返ってみると幼稚園行事ってたくさんあった気がします・・・参観日・マラソン大会・遠足・運動会・発表会。

下の子が小さいとゆっくりする間もなく・・・泣き出したらその場を離れることもあり。上の子に申し訳ないと思いつつ、仕方ないと諦めるしかありませんでした。

中で行う行事は良いとしても、マラソン大会・遠足・運動会は外での行事でかなりの体力も使います。また小さな子供や赤ちゃんだと、人ごみや日差しや砂ぼこりの気になる運動会へ連れていくのはかなり困難ですよね。

そんな時に実家が遠く、親も高齢だと本当に大変ですよね。パパがお休みを取れると良いのですが無理であれば、お金はかかりますが保育園の一時預かりやベビーシッターさんに思い切って頼むのもよいでしょう。

もし遠足などママが行けずパパやおばあちゃんが行くことになった時には、子供が大好きなメニューと愛情たっぷりのお弁当を持たせてあげてくださいね。

幼稚園行事で下の子を連れていく場合は愚図ったらすぐ退室が鉄則

上の子の幼稚園行事に参加する時下の子が小さな赤ちゃんだったり、言っている言葉が理解できない年齢の場合の時、愚図ってしまった時には教室から一度退室することがマナーになっています。

泣いているのに教室であやしたり、泣き止むまでの時間がかかると周りに迷惑をかけてしまいます。園行事に参加する以上は周りに迷惑をかけないことが、マナーを守ることが鉄則と言われています。

また小さな赤ちゃんを見ると園児が気になりソワソワしてしまうこともありますので、そういった配慮も考えなければならないことを把握しておく必要があります。

あくまでも主役は上の子と園にいる子供達です。その子供達よりも赤ちゃんの泣き声が目立たないように気をつけることを認識し、行事に臨みましょう。

幼稚園行事で下の子を連れて行く時には、これがあると便利です。

幼稚園行事では親子で参加する内容のものがあることが多いことから、下の子を目を離すところに行かせることは厳禁であり危険です。

やはりそんな時に大活躍するのが抱っこ紐!です。あちこち徘徊したりすることもなく、万が一眠ってしまってもママの体と密着してますので目を離すこともなく安心できます。

ただ子供の年齢が2歳前後だと良いのですが、夏場や子供の体重がある時には正直ママはキツイですよね・・・汗をかくことを考えフェイスタオルくらいのものを併せて持ち歩きましょう。

その他には、下の子が気に入ってるおもちゃなどを持っていくと良いでしょう。

あとは正直あまり良くはありませんが、お菓子や飲み物を持っていくことも良いでしょう。特に園では禁じられてるところもありますので、必ず人目を避けた場所で与えるように充分気をつけるようにしてください。

幼稚園の行事は絶対に参加しないといけないもの?

小さなお子さんがいると出かけるにも大変ですよね。まして幼稚園の行事ともなると何週間も前から憂鬱になるというママも多いのではないでしょうか。

おまけに懇談会などあると、一日中大変です。しかし行かないと上の子が寂しい思いや肩身の狭い思いをするのではないかと思いますよね。そんな時には思い切って旦那さんやおじいちゃんやおばあちゃんにお願いしてみてはいかがでしょうか。

どうしても預ける人がいない場合は、参観などはギリギリに行って懇談会などには参加せずすぐ帰りますと、事前に先生に事情を話しておくとあとから懇談で話題になったことをプリントなどでもらうことができますよ。

時にはママの負担を減らすことも大切ですし、無理をしては辛くなってしまいますからね。

先の記事にも書きましたがママが大変な思いをするのはできるだけ避け、保育園の一時保育やデイサービスなどどんなサービスがあるのかを事前に調べておき、下のお子さんを預けることも何度か試してみるのも良いと思います。

 - ベビー/子育て