探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

排卵日は体温が高い?基礎体温を測って排卵日をチェックしよう!

2017.9.23

毎朝基礎体温を測っていると、一定のグラフが出来ます。基礎体温は排卵を境にして高い状態へと変化します。

排卵日と基礎体温の関係性を知っていれば、妊娠を望んでいる場合は妊娠のタイミングを知ることが出来るのです。

女性の身体に起こる、排卵のメカニズムについてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

夢のせいで眠っても毎日の疲れが取れないと感じる理由

毎日きちんと眠っているけど夢で疲れてしまう感じがする。体の疲れが取れない。そう感じることがあります。...

子宮がチクチク・・・生理後にもお腹が痛い原因について

生理前や生理中、生理の後もお腹の痛みが続くようならこんな病気が原因かもしれません。 子宮がチク...

手首の血管に出来たこぶは?隠されている病気の正体!

気付けば手首にこぶが出来ている…そんな経験はありませんか? その原因って何なのか、気になります...

とても辛い生理痛・・・腰痛に効果がある湿布はコレ!

生理痛で腰の痛みが出た場合、湿布を張っても大丈夫?貼るとしたら、温湿布?冷湿布? 生理痛で腰痛...

レタスとキャベツ、栄養分が高い野菜はどっち!?

レタスとキャベツ。葉が丸く形状が似ているこの野菜たち。栄養面では、どちらの野菜の方が優れているのでし...

ジムでトレーニングする時の食事は前?後?効果的な方法と食材

健康やダイエットのためにジムに通っている人は多いでしょう。 食事はジムでトレーニングする前に食...

鼻の中が臭い・・・!こすると臭いのは何故?原因や対処法を紹介

なんだか臭い!と思ったら、そのニオイの元はどうやら自分の鼻の中だった・・・なんて経験ありませんか? ...

コンタクトが曇る原因となる「油膜」を張らないようにする方法

コンタクトが曇ると、視界が悪くなってとっても不快ですよね・・・。 その犯人は「油膜」かもし...

夜中にトイレに3回!私の体に何が起きてる?気になる疑問を調査

私は夜中にトイレに3回ほど起きます。寝ぼけながら階段を下り用を足してまた、階段を上がって来るのでベッ...

風邪では病院へ行かない。そんな方の行かない理由を聞いてみた

アナタは風邪をひいたら病院に行く?行かない?意見が分かれるところですよね~。 実は行かない!と...

胃に激痛!背中も痛い・・・こんな時に考えられる原因はコレ!

胃に激痛!同時に背中にも痛みが!こんな症状が起きてしまった時、体の中では何が起こっているのでしょうか...

精神を崩壊に至らしめるストレスと上手に付き合う方法とは

精神的に辛くなり、心を崩壊に至らしめる現代人は少なからずいるのです。 強いストレスとうまく付き...

風邪をひいてるのにマスクをしない?マスクの効果を調査!

風邪をひいているのに、マスクも着用せず咳をしている・・・これってマナー違反ですよね。 でも、マ...

ストレスで体調不良!仕事?私生活?ストレスが体に与える悪影響

人間の体はストレスを感じると体調を崩すことがあります。 仕事で忙しくてストレスを感じているとい...

タバコを禁煙したい!禁断症状に苦しむのは最初の3日です

タバコって習慣ですよね。食後の一服、仕事の一服、寝る前の一服…あなたはどうしてタバコを吸っているので...

スポンサーリンク

排卵した後は体温が高いって本当?

生理周期は平均すると28日周期で繰り返されています。生理が終わるころを「黄体期」と呼び、この頃は次の排卵に向けて子宮内膜が厚くなっていく時期です。

子宮内膜を厚くするのが「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と呼ばれるもので、女性の体温を下げる働きがあります。排卵が起こる時期を「排卵期」と呼び、この時の体温も黄体期と同じで低い状態にあります。

そして、排卵期の後の時期を「黄体期」と呼び、この頃は受精した時に備えて受精卵が子宮内膜に着床しやすくするためのホルモンが分泌されます。

そのホルモンは「プロゲステロン(黄体ホルモン)」というもので、体温を上げる働きがあります。

このことから、排卵が終わった後は基礎体温が高い状態が続きます。排卵日までは体温が低く、排卵されると一気に基礎体温が上昇するのです。

排卵後の体温が高いのはホルモンが影響している

基礎体温は生理周期に合わせて変化するものですが、体温が低い状態の時を「低温気」、体温が高い状態の時を「高温期」と呼びます。

基礎体温はこの2つの周期の影響で2層に分かれており、0.3度~0.5度の差があるのが理想的な基礎体温と言われています。低温気の基礎体温は36.7度以下で、それより高い基礎体温の場合を高温期と考えます。

基礎体温が2層に分かれる理由は、生理周期に合わせて2つのホルモンが女性の体に影響を及ぼすからです。

エストロゲンという卵胞ホルモンが分泌されている時は基礎体温が低温の状態になり、プロゲステロンという黄体ホルモンが分泌されている時は高温の状態になります。

妊娠が出来なければ、プロゲステロンの分泌量が減って体温が下がり、生理が来るという仕組みになっています。妊娠した場合は、プロゲステロンの分泌量が多いままですので、基礎体温も高温の状態のままになります。

排卵後の基礎体温は高いもの。妊娠しやすい日はいつ?

排卵日について、以前は基礎体温が急激に下がるときが排卵日だと考えられていました。

しかし、超音波の技術が進化したことにより、卵胞が確認できるようになり、その様子を確認すると必ず一致するというわけではないことが分かってきました。

産婦人科のお医者様も、「基礎体温が一番低い日が排卵日」と説明する人が多いです。これは間違いではなく、このように説明する方が良いからです。

また、排卵日が一番妊娠しやすい日かといえばそうでもありません。基礎体温が上がり始めてしまうと、子宮頚管の粘液が一気に減ってしまうのです。

基礎体温で確認すると、最低体温日~低温最終日までが妊娠しやすい日ということになります。妊娠を望んでいるのであれば、このことを意識して性行為をするのが良いでしょう。

低温気なのに体温が高いのはなぜ?

本来は低温気なのに、基礎体温が高くなってしまうこともあります。これにはどんな理由があるのでしょうか?

  • 精神的にストレスを感じている
  • 卵胞ホルモンの分泌量が少ない

基礎体温はストレスによって変化することがあります。

日常生活の中でストレスを感じる生活をしていたり、乱れた食生活を送っている人は、一度自分の生活習慣を見直してみると良いでしょう。

しっかりと睡眠をとることも大切になります。イライラしながら過ごしていることも、体温を上げる原因になってしまうので、なるべくリラックスした状態で生活するようにしましょう。

卵胞ホルモンの分泌量が足りない場合、卵子がしっかりと成長せず、低温気であっても体温が高い状態になります。

これは、長期間ホルモン治療を行っていた方や、貧血の方によく見られる状態です。心配な場合は、基礎体温票を持参して産婦人科を受診するようにしましょう。

排卵日を確認するなら排卵日検査薬という方法も

排卵日を知る手段として「排卵日検査薬」を使う方法があります。

排卵日検査薬は、低温期が終わる、排卵が近づいてきたころに使います。使い方にはいくつかの注意点がありますので、確認してみましょう!

  • 何時に使ってもいいが、毎日同じ時間に使うようにする
  • 陽性と判断できない場合、排卵日が近い時は朝夕2回検査を行う
  • 陽性になってから、陰性反応が出るまで検査を続ける
  • 基礎体温で低温期の終わりが確認できない場合は、早めに検査を始める

最も妊娠しやすいと言われるタイミングは、排卵検査薬で陽性反応が出てから3日間になります。

この期間に性行為を行うと、妊娠できるタイミングとして最も確率が高いです。赤ちゃんが欲しいと思っているご夫婦は、このタイミングを逃さないようにしましょう。

女性の体は、排卵を境に基礎体温が高温の状態になります。妊娠をしていれば高温期の状態が続き、そうでなければまた低温期に戻って次の排卵・妊娠の準備をします。

このことを理解して妊活を行うと、赤ちゃんを授かる日も遠くないかもしれません。

 - 健康