探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

アルコールが弱い・・・お酒の飲み方や悪酔い対策をご紹介!

2018.5.1

アルコールが強い人、弱い人っていますよね。同じお酒の量を飲んでもどうしてこうも違うのか不思議におもいますよね。

アルコールが弱い人はどんなお酒を頼むべき?アルコールが弱い人がお酒を飲む時のポイントは?強い人弱い人は何が違うの?

お酒の飲み方や悪酔い対策などもご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

妊娠7週目のエコー・赤ちゃんが小さい?大きさには個人差がある

赤ちゃんを妊娠していることがわかると、ママもパパも喜びでいっぱいになりますよね。お腹に芽生えた小さな...

浴室に水垢が!床についた水垢の原因や予防策について

浴室に水垢が付いてしまった事ありませんか?床や鏡などは特に目立ちますよね・・・。 そんな厄介な...

リュックを背負ったまま満員電車に乗るのは迷惑!電車のマナー

ただでさえ憂鬱な満員電車ですが、時々リュックを背負ったまま満員電車に乗車してくる人もいますよね。リュ...

集団が苦手に感じる人は…自分を知って苦手を克服しよう

学校の中でも職場の中でも、毎日の生活の中で集団生活を避けることはできません。 しかし、集団やグ...

帰省頻度が少ない社会人が離れていても大切にして欲しいこと

実家への帰省の頻度って独身の社会人でどのくらいなのでしょうか?やはり年末年始などの長期休暇だけが多い...

妊娠の報告をサプライズで伝える!妊娠報告のタイミングと方法

自分のお腹の中に赤ちゃんがいるとわかったら、どんなふうに妊娠の報告をしたら良いのか悩みますよね!いつ...

【皿洗いのコツ】お皿を早く洗うコツとポイントをご紹介!

食事を済ませたあとに待っている家事が「皿洗い」です。家事の中でもお皿や食器を洗うことが好きではない・...

電車で座席を詰めないのはナゼ?詰めない人の心理について

電車が混んでいるのに座席を詰めない!最近割とよく見かける光景です。 なぜスペースを開けるのか?...

子供と大人が一緒のベッドで寝る時の転落防止策

子供と一緒に大人のベッドで寝ている方も多いのではないでしょうか。 そんな時、転落防止策はどうし...

洗濯機に水道が接続できない!給水ホースの取り付け方法について

引越しをしたりすると洗濯機に水道を接続できないことありますよね。そんな場合はどこを確認すると良いので...

義母がとても苦手なので同居は絶対にしたくない

義母がすごく苦手だけど、家庭の事情で同居しなければならなくなった場合は仕方ありません。 仲良く...

友達と絶縁した理由は?友人関係の難しさについて

今まで仲良く遊んでいた友達と「絶縁」したことありますか? 大きな出来事により相手を信用できなく...

嫁の誕生日を忘れる旦那、忘れないための方法とは

うっかり嫁の誕生日を忘れる。そんな旦那さんはいませんか? 文句を言われるのは仕方ありません。 ...

車の運転が下手な女性の特徴と、起きやすい事故とありがちな事

車の運転が苦手な女性もいます。 また運転が下手だなと感じる車に多いのが女性ドライバーだったりします...

旦那は風邪をひいても心配してくれない!妻の本音!

たかが風邪と思っても、ひいてしまうと辛い風邪。旦那は心配してくれる? 風邪をひいたときに旦那に...

スポンサーリンク

アルコールが弱い人はどんなお酒を頼めばいいの?

アルコールが弱い人にとっては、お酒の席もどう切り抜けていけばいいのか困ってしまうものです。

アルコールが弱い人は、最初の一杯に気を付けましょう。なるべくアルコール度数が低くて飲みやすいものを選ぶようにします。

最初はみんなと同じものを頼まないといけない雰囲気がありますが、だからと言って飲めないビールを頼む必要はなく、自分が飲みやすいアルコール度数が低いものを選ぶ方が安心です。前もってアルコールが弱いアピールを周りにしておくと頼みやすいものです。

飲み物は氷が入っていて薄まるタイプや、ジュースや水などで濃さが調節できるものがおすすめ。店員さんに注文する際に「ちょっと薄めにしてください」と一言添えるだけでも全然ちがいます。

また、グラスが空になっても注がれないタイプのお酒を選ぶことも大切です。日本酒やビール、ワインなどは、テーブルに既にいくつか置かれている場合が多く、グラスが空いたらすぐに注がれてしまう可能性があります。その場のノリや雰囲気で断れない場合もあるでしょう。

それを避けるためにも、カクテルやチューハイなど、グラスごと注文しなければならないお酒を選ぶと安心です。1杯目はそういったアルコール度数の低い、注がれないタイプのお酒を選んだら、2杯目以降はノンアルコールをうまく利用して乗り切りましょう。2杯目以降に何を飲もうが意外と周りは気にしないものです。

また最近はノンアルコールカクテルの種類も増えています。見た目がお酒に見えるドリンクもあるので注文してみてはいかがでしょうか。

アルコールに弱い人がお酒を飲むときのポイントは?

アルコールが体質的に合わない人っていますよね。アルコールが弱いのにお酒の席にいるのは本当に大変です。

その場合は、チュウハイや梅酒サワーなどを薄めに作ってもらうようにしましょう。でもみんながお酒を楽しんでいる中、自分だけお酒を薄めに注文するのはなんだか恥ずかしいですし、言い出せないという方もいると思います。

そんな時は、飲み物が来てもすぐには飲まずに、氷が溶けるのを待ちましょう。氷は意外とすぐに溶けてしまうものです。アルコールが十分に薄まったところで少しずつ飲めばいいのです。

お酒が弱くたっていいのです。自分のペースを守って飲んでいけば、酔いつぶれることもなくなります。体質的に全くアルコールが受け付けない人じゃない限り、薄いお酒をゆっくり時間をかけて飲めば、酔いつぶれることなく何杯でも飲むことができます。

お酒の強い人っていますよね。その人についていこうとせず、お酒の強い人のペースに巻き込まれないことが大切なのです。

アルコールが弱い人に人気のお酒とは?

ジュース感覚でお酒が楽しめる缶チューハイが今大人気です。消費者の健康志向も強まり、お酒に関してはアルコール度数が低い商品の売り上げが上昇しているのです。

サントリーやアサヒビール・サッポロビールも、カルピスや柑橘系の味の缶チューハイの売り上げが好調で、当初の売り上げ計画より10%も上昇した商品もあるとか。翌日の体調にも響きにくい低アルコール市場は、今後も需要が高まりそうです。

ちなみにこういった低アルコール飲料を好む層は20~30代の男女が多く、どの社も若者の需要をうまく取り込もうと商品開発を行っています。

ただ注意したいのが、こうした低アルコール飲料は、気付かないうちについつい飲み過ぎてしまうことです。口当たりがよく飲みやすいのが特徴の低アルコール飲料こそ、飲む量に気を付けたいものです。

アルコールが強い人弱い人の差があるのは?顔が赤くなる理由とは?

同じお酒の量を飲んでも、顔が赤くなる人とならない人がいますよね。そもそも顔が赤くなるのはどうしてなのでしょうか。

アルコールは肝臓の働きにより、まずアセトアルデヒドに分解されます。分解されたのち、代謝酵素の働きで酢酸(アセテート)に分解され、それが血液によって全身を巡るうちに水と二酸化炭素に分解され、最終的に尿や汗となって体外に排出されます。

アルコールが最初に分解される物質が、「アセトアルデヒド(CH3CHO)」です。実はこれが赤みを引き起こす原因となっているのです。ということは、このアセトアルデヒドを早く分解し、酢酸にしてしまえば顔が赤くなりにくくなるということになります。

しかしアセトアルデヒドの分解能力は、人それぞれ先天的に決まっているのです。努力でどうなるわけでもないんですね。

ただ、ある一定以上の量を短い時間で飲む場合、どんな人でも必ず顔は赤くなるのです。赤くなるまでの量や時間に個人差があるだけなのです。

それでも全く顔が赤くならない人は危険な体質であり、アセトアルデヒドが有害と認識できない体質なのかもしれません。顔が赤くなるのは極めて正常なことなのです。

アルコールが弱くて悪酔いしてしまう・・・対策は?

お酒を飲んで悪酔いしてしまうときありませんか?できれば最後まで楽しくお酒を飲みたいですよね。

お酒を飲み始める前から注意したいことがあります。それは、「空腹のままお酒を飲まない」ということです。

お腹の中が空っぽの状態でお酒を飲んでしまうと、アルコールは胃を通り越して腸へダイレクトに届き、すぐに吸収してしまいます。その結果悪酔いしてしまうというわけなのです。

とはいっても、事前に食べる暇がない場合もありますよね。そんな時は、乾杯の時に“飲んだふり”をして、サラダやチーズといった食べ物を摂取するといいでしょう。

特にチーズは脂肪分が多く含まれた食品なので、胃の中ではほとんど消化・吸収されず腸で消化されます。なので胃でのアルコール吸収を防ぐことができ、腸での吸収速度もゆっくりとなるのでおすすめです。

悪酔い防止に効果がある食材を食べるのもおすすめです。チーズもそうですが、ナッツ類や枝豆、豆腐、トマト、ニンニク、しじみや豚肉などで、これらはいずれもたんぱく質や脂肪分の豊富なものです。ぜひ意識して食べてみてくださいね。

 - 生活