探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

運動の苦手を克服!お子様への親のサポート方法

2018.5.1

お子様が運動が苦手で、克服させたいと思っているママは多いでしょう。運動が苦手なのは遺伝なの?

少しでも運動が好きになってもらうために、親が出来るサポートはあるのでしょうか。

子供の苦手意識を克服するための親の関りをまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

旦那に育児の手伝い、どう求める?感謝の気持ちを忘れずに

旦那に育児や家事の手伝いをして欲しい!でも、どうすればスンナリとうまくいくのか? 旦那に育児や...

子供の寝る時間遅い?お母さんの寝る時間が影響しているかも!

子供が夜遅くまで起きていて寝る時間が遅い!寝かしつけている親は辛い! 1日の過ごし方に見直す点...

箸の使い方を子供に教える時に気をつけることとポイント!

日本はお箸を使って食事をするのが主流ですね。正しい箸使いはできていますか? また小さい子供に、...

人見知りの赤ちゃんを預けるコツと覚悟につてい

人見知り。それは赤ちゃんにとって成長の証。 赤ちゃんを誰かに預ける時、ママと引き離される不安を...

2歳児が保育園に入園する時に必要なものはコレ!

保育園になかなか入れないという待機児童問題は、働く親にとっては深刻な問題ですね。 2歳児の場合は、...

学校の先生が好きな親ってこんな親!先生に好かれる親の特徴

子供が小学校に通い始めるとお世話になるのが学校の先生です。先生は分け隔てなく子供や保護者に接してくれ...

一歳児のお風呂の入れ方~ママと一緒に入るスムーズな入浴手順

小さなお子様と一緒にお風呂に入るのはママという家庭が多いと思います。 一歳くらいのお子様はまだまだ...

赤ちゃんの寝かしつけでおしゃぶりはOK?おしゃぶりの使い方

赤ちゃんの寝かしつけが上手くできないと、ママもストレスに感じてしまいますよね。家事が残っていたり、自...

スイミングスクールで子供が泣くのは当然です!理由や解決法

スイミングスクールは子供の習い事として人気がありますね。 ですが子供が泣く、ずーっと泣きっぱな...

お通夜に子供が参列する場合の服装は?服装選びのポイント

お通夜に参列する際、大人はブラックフォーマルを着用しますが、困るのが子供の服装ですよね。 子供...

育休期間3年を取得するメリットとデメリット!

育休期間3年と延長となり、ママがもし育休を3年取得した場合は、子供がある程度大きくなるまで子育てに専...

体育が苦手な人必見!簡単にできる克服法を教えます!

「体育だけは好き」という人もいれば、「体育は苦手」という人もいますよね。 子供の頃から苦手な人...

親の離婚が子供に与える影響は?子供に悲しい思いをさせないで!

両親が離婚をするとき、悲しい思いや辛い思いをするのは大切な子供です。 ですが、離婚しないという...

【5ヶ月の赤ちゃん】寝返りの目安としないときの練習法・注意点

毎日一生懸命に子育てをしているパパ・ママ、いつも頑張っていますね!赤ちゃんの成長というのはとても早い...

子供のストレスは幼稚園が原因!?親ができる対処法

小さい子供でも日常生活においてストレスを感じることがあるようです。 それは、幼稚園や保育園など...

スポンサーリンク

運動が苦手を克服!親も一緒に楽しんで

運動には、さまざまな分野があります。陸上・球技・鉄棒・マット運動など、走るのは早いけど球技は苦手、という子もいます。運動が苦手といっても、その中でも興味のあることや好きなことがあれば、その部分を伸ばしてあげると良いでしょう。

親がこれをさせたいと、子供に無理強いしても、決して上手にはなりません。運動は楽しんでこそやる気も出て、上達もしていくものです。本人が好きかどうかが基準です。

運動が苦手というお子様の中には、外遊びにあまり行きたがらないという子もいるでしょう。親は家の中ばかりに閉じこもっていると、運動神経が発達しないのではないかと心配に思うかもしれません。しかし、運動は家の中でもできます。

例えば、ゴミ箱などに丸めた新聞紙を投げて入れる遊びはゲーム感覚で楽しめ、感覚調整の練習になります。新聞紙でチャンバラをするのも、とっさによけたり、瞬発力が必要です。

パパも参加してもらえれば、もっとダイナミックな遊びが楽しめ、子供も楽しみながら体力を付けることができます。

苦手な運動、克服のためのポイント

◇短時間から始める

運動が苦手な人にとって、最初から長時間の運動は逆効果です。無理に運動を長時間続け、さらに運動が嫌いになってしまう、というパターンもあり得ます。ですので、まずは短時間から始めるのがポイントです。

10分以内で終わるようなものなら飽きることも少ないでしょうし、体力的に辛くなってきても「あと少しで終わりだから」と頑張りがきくでしょう。これで少しづつ運動の楽しさがわかってくると、自然と長時間でもできるようになり、運動への苦手意識も薄らぐかもしれません。

◇ながら運動のすすめ

運動だけを100%の力でやらなければいけない、というとハードルが高いですが、何かをやりながらの運動なら意外に続けられるものです。

テレビを見ながらのエクササイズやストレッチなど、ながら運動もおススメです。好きな番組や映画などは時間が経つのも早く感じ、楽しみながら体を動かすことができます。

苦手な運動を克服させるための親のサポート

子供が運動が楽しいと感じるのには、親の関りも大きく関係します。まだお子様が小さなうちは、一緒に楽しむということが大切です

お子様は体を動かす遊びが好きですが、他にも、背中に書いた文字を当てるゲームや、けん玉、お手玉なども意外に楽しめます。

家の中では、布団を敷いて、でんぐり返しの練習も、子供も楽しみながら体を動かせます。ラジオ体操や簡単な体操のDVDなどを見ながら、一緒に体操をするのも良いですね。

休日には、家族で公園へお出かけしましょう。ブランコやジャングルジム、鉄棒などの遊具で遊ぶのは、体力向上や運動神経の発達にも良い効果があります。

何でも、「危ないから」と辞めさせるよりは、いろいろなことにチャレンジさせることも必要です。親は近くでサポートしながら、さまざまな経験をさせてあげましょう。

楽しい環境で体を動かすと伸びる

親の発言や行動は、親が思っている以上に子供に影響を与えます。子供は親を見ながら、親をお手本として育ちます。

両親が、ちょっとしたことに対してすぐに諦めてしまったり、時間にルーズだったりすると、子供も「それでいいのか」と思い、同じような行動を取るようになります。

親が子供に「こうあって欲しい」と願うならば、まず親がそのお手本を見せることが大切です。苦手なことにも挑戦してみようと思うのは、親もそのような行動を子供に見せたいものですね。

子供が運動が嫌いでも、そのまま放っておくのもいけませんが、親が無理やり運動をさせるというのも良くありません。強制されることで、逆に運動嫌いになってしまうことがあるからです。

苦手な運動の中にも、楽しいと思える要素があれば、子供も前向きに頑張れるでしょう。楽しい環境の中で体を動かせる、体操教室やスイミングもおすすめです。

子供の習い事で定番のピアノや習字などと並び、人気の習い事です。

運動は習慣化させることが大切

目標を考える時には、初めから目標を大きく設定しすぎないことです。一番簡単に達成できることから始めてみて下さい。

なかなか運動をする時間が取れないと言う方には、まずは5分の散歩から始めてみましょう。5分と言えども、毎日となると面倒に思うことがあるかもしれません。しかし、頑張って3週間頑張ってください。

3週間続けば、習慣化できると言います。達成できれば、少し目標を高くしてみましょう。

次に15分が達成できたとして、次に30分にしたとします。もし、30分が達成できなければ、また15分に戻してもいいのです。

毎日、習慣にさせることが大切です。

 - ベビー/子育て