探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

運動の苦手を克服!お子様への親のサポート方法

2018.5.1

お子様が運動が苦手で、克服させたいと思っているママは多いでしょう。運動が苦手なのは遺伝なの?

少しでも運動が好きになってもらうために、親が出来るサポートはあるのでしょうか。

子供の苦手意識を克服するための親の関りをまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供のための貯金ができないなら〇〇だけは貯めておこう

子供のための貯金は子どもが大きくなればなるほどできないってホント? 一番いいのは、生まれたとき...

赤ちゃんの前髪を切るのを失敗してしまう!失敗しない切り方

赤ちゃんの前髪を切って失敗してしまったことがあるお母さんは多いのではないでしょうか? 前髪だけ...

離乳食に人気のバナナは炭水化物や栄養がとっても豊富!

赤ちゃんの離乳食やおやつに欠かせないバナナは、炭水化物が豊富で他にもたくさんの栄養素が詰まっています...

幼稚園行事の時下の子は連れて行く?下の子の幼稚園行事事情!

幼稚園の行事って思っているよりたくさんあるなぁ~と思うことはありませんか? そんな時に下の子が...

育休期間3年を取得するメリットとデメリット!

育休期間3年と延長となり、ママがもし育休を3年取得した場合は、子供がある程度大きくなるまで子育てに専...

離乳食の開始は遅めの方がいい?それにはこんなワケがあった!

赤ちゃんが生後5か月を過ぎたころから離乳食を開始するママも多いですよね! でも、離乳食を始める...

子供が学校でトラブルを起こしてしまったら?対処方法について

学校に通うようになると子供がトラブルを起こしてしまったり、巻き込まれたりした経験はありませんか? ...

完母だと哺乳瓶で飲むのは難しい?飲まないときの対処法

完母であっても、お母さんが風邪を引いてしまったりどうしても母乳をあげることができないときもありますよ...

子供がストレスを感じて体調不良に!それは助けてのサインです!

子供がストレスを感じると体調不良になってしまうこともあります。 ストレスが原因で体に表れる症状...

人見知りの子供に習い事のオススメや克服するためにできること

人見知りの子供には小さいうちから習い事をさせた方が克服することができるのでしょうか? では、人...

赤ちゃんがいる家におすすめの掃除方法や掃除アイテム

赤ちゃんは色々な所を触った手や物を口に入れたりするので、家はいつも清潔に掃除しておきたいと思うお母さ...

幼稚園の親子遠足に父親が参加してもOK?メリット・デメリット

幼稚園の行事に親子遠足がありますよね!幼稚園の行事には母親が参加することが多いですが、父親が参加する...

幼稚園の友達に意地悪された時の、子供同士のトラブルの対処法

幼稚園に入園すると初めての集団生活が始まり友達もたくさんできるか、ワクワクしますよね。 しかし...

新生児から混合育児!ミルクを足す量や注意点について

新生児のうちは母乳が足りているのか?心配になるものですよね。足りていない時にはミルクと混合にする事も...

夫に育児を協力してもらうには?1から10まで指示が必要

夫に育児を協力してもらいたい!どんな手でも借りたいママは、自分がアレコレ忙しく動き回っているのにゆっ...

スポンサーリンク

運動が苦手を克服!親も一緒に楽しんで

運動には、さまざまな分野があります。陸上・球技・鉄棒・マット運動など、走るのは早いけど球技は苦手、という子もいます。運動が苦手といっても、その中でも興味のあることや好きなことがあれば、その部分を伸ばしてあげると良いでしょう。

親がこれをさせたいと、子供に無理強いしても、決して上手にはなりません。運動は楽しんでこそやる気も出て、上達もしていくものです。本人が好きかどうかが基準です。

運動が苦手というお子様の中には、外遊びにあまり行きたがらないという子もいるでしょう。親は家の中ばかりに閉じこもっていると、運動神経が発達しないのではないかと心配に思うかもしれません。しかし、運動は家の中でもできます。

例えば、ゴミ箱などに丸めた新聞紙を投げて入れる遊びはゲーム感覚で楽しめ、感覚調整の練習になります。新聞紙でチャンバラをするのも、とっさによけたり、瞬発力が必要です。

パパも参加してもらえれば、もっとダイナミックな遊びが楽しめ、子供も楽しみながら体力を付けることができます。

苦手な運動、克服のためのポイント

◇短時間から始める

運動が苦手な人にとって、最初から長時間の運動は逆効果です。無理に運動を長時間続け、さらに運動が嫌いになってしまう、というパターンもあり得ます。ですので、まずは短時間から始めるのがポイントです。

10分以内で終わるようなものなら飽きることも少ないでしょうし、体力的に辛くなってきても「あと少しで終わりだから」と頑張りがきくでしょう。これで少しづつ運動の楽しさがわかってくると、自然と長時間でもできるようになり、運動への苦手意識も薄らぐかもしれません。

◇ながら運動のすすめ

運動だけを100%の力でやらなければいけない、というとハードルが高いですが、何かをやりながらの運動なら意外に続けられるものです。

テレビを見ながらのエクササイズやストレッチなど、ながら運動もおススメです。好きな番組や映画などは時間が経つのも早く感じ、楽しみながら体を動かすことができます。

苦手な運動を克服させるための親のサポート

子供が運動が楽しいと感じるのには、親の関りも大きく関係します。まだお子様が小さなうちは、一緒に楽しむということが大切です

お子様は体を動かす遊びが好きですが、他にも、背中に書いた文字を当てるゲームや、けん玉、お手玉なども意外に楽しめます。

家の中では、布団を敷いて、でんぐり返しの練習も、子供も楽しみながら体を動かせます。ラジオ体操や簡単な体操のDVDなどを見ながら、一緒に体操をするのも良いですね。

休日には、家族で公園へお出かけしましょう。ブランコやジャングルジム、鉄棒などの遊具で遊ぶのは、体力向上や運動神経の発達にも良い効果があります。

何でも、「危ないから」と辞めさせるよりは、いろいろなことにチャレンジさせることも必要です。親は近くでサポートしながら、さまざまな経験をさせてあげましょう。

楽しい環境で体を動かすと伸びる

親の発言や行動は、親が思っている以上に子供に影響を与えます。子供は親を見ながら、親をお手本として育ちます。

両親が、ちょっとしたことに対してすぐに諦めてしまったり、時間にルーズだったりすると、子供も「それでいいのか」と思い、同じような行動を取るようになります。

親が子供に「こうあって欲しい」と願うならば、まず親がそのお手本を見せることが大切です。苦手なことにも挑戦してみようと思うのは、親もそのような行動を子供に見せたいものですね。

子供が運動が嫌いでも、そのまま放っておくのもいけませんが、親が無理やり運動をさせるというのも良くありません。強制されることで、逆に運動嫌いになってしまうことがあるからです。

苦手な運動の中にも、楽しいと思える要素があれば、子供も前向きに頑張れるでしょう。楽しい環境の中で体を動かせる、体操教室やスイミングもおすすめです。

子供の習い事で定番のピアノや習字などと並び、人気の習い事です。

運動は習慣化させることが大切

目標を考える時には、初めから目標を大きく設定しすぎないことです。一番簡単に達成できることから始めてみて下さい。

なかなか運動をする時間が取れないと言う方には、まずは5分の散歩から始めてみましょう。5分と言えども、毎日となると面倒に思うことがあるかもしれません。しかし、頑張って3週間頑張ってください。

3週間続けば、習慣化できると言います。達成できれば、少し目標を高くしてみましょう。

次に15分が達成できたとして、次に30分にしたとします。もし、30分が達成できなければ、また15分に戻してもいいのです。

毎日、習慣にさせることが大切です。

 - ベビー/子育て