探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

給食に毎日牛乳が出るのはなぜ?その理由と歴史についてご紹介

2018.5.10

昔から給食に牛乳は毎日出ていますよね。

私も子供のころ、メニューがうどんや煮物などの和食で牛乳は合わないなあと思いながら飲んでいました。

どんなメニューでも、なぜ毎日牛乳が出されるのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

食洗機は掃除が必要です!油汚れの落とし方と日頃の手入れ

食洗機があると毎日の家事が便利になることでしょう。 食洗機なので、掃除は必要ない?という感じも...

カラオケが苦手なのを克服したい!対処方法をご紹介

カラオケはどうも苦手・・・。けれど、どうにか克服したい。 こんなときにはどんな練習をしたらいい...

長女や長男、次男…産まれてきた順番は性格に関係するのか調査

長女や次女、長男や次男など、兄弟の形はその家庭によって異なりますよね。 しかし、周りを観察して...

子供の記憶は何歳から鮮明に残るのか。記憶力の不思議

子供は何歳くらいから物事を記憶することができるのでしょうか。 中には、お母さんのお腹の中の記憶...

目が色を認識できるのは何色くらい?動物と人間の視界の違い

「目で見て色を認識する」当たり前のことですが、そのメカニズムを考えたことはありますか? もしか...

雨が好きな人の心理とは…雨の楽しみ方を教えます

雨と言うと、ちょっと気分がのらなかったり、いまいちパッとしないという方が多いのではないでしょうか。 ...

余興で結婚式を盛り上げよう!ムービーなら?オススメアイデア

結婚式で余興を頼まれたら、どんなことをしようか悩みますよね。 最近では、結婚式の余興にはメッセ...

エジソンの電球実験を再現してみよう。自由研究にうってつけ!

子供の自由研究のテーマに頭を悩ませる季節。エジソンが実験していた当時の電球を再現してみる実験はどうで...

ブリとカンパチは出世魚!見た目の違いや食感・生息地について

ブリとカンパチってなんだかよく似ていると思いませんか?「似ているから見分けがつかない!」という人もい...

雨の日が好き!そんなあなたの性格とは?理由について

雨の日が好きという人は、雨のどんなところが好きなのでしょうか? また、その雨が好きな理由には性...

クワガタの幼虫をペットボトルで飼育する方法!

クワガタの幼虫を飼育してみたい!そんな事を突然お子さんに言われてどうしようか困っているお母さん! ...

高校の友達と合わないと感じた、こんな方法を試してみて

高校の友達と何だか合わない・・・。と感じたらどうしますか? 高校生活を楽しく過ごす為には我慢を...

ネットカフェでシャワー利用も可能!その使い方について

ネットカフェの充実ぶりは最近目を見張るものがあります。座席がゆったりとすわり心地が良かったり、飲み物...

パワーストーンの値段と効果は比例する?大切なのは○○

パワーストーンの効果というのは、値段に比例するのかというのが気になるところですよね。 結論から...

日本人は見た目が若い!?考えられる理由は色々あります

見た目が若いと言われる日本人。日本に住んでいるとなかなか気づきにくいですが、世界的に見ても日本人をは...

スポンサーリンク

学校給食で牛乳が出るのはいつから?なぜ毎日でるの?

給食のメニューは管理栄養士がバランス良くなるようにと考えて決めています。私が子供だった30年近く前から牛乳が毎日出るスタイルに変わりはありません。

給食の歴史は古く、初めて給食が提供されたのは1889年(明治22年)の山形県の小学校でした。東京でも給食が始まったのは1919年(大正8年)で一度戦時中には食料不足で中断されました。戦後、給食が再開され徐々に全国的に広まっていき現在に至っています。

私よりも前の世代の人たちは、学校の給食で生乳100%ではなく脱脂粉乳が出ていたそうです。脱脂粉乳とは、牛乳から脂肪分と水分を取り除き粉末状にしたもので現在はスキムミルクとしてお店でも売られています。

牛乳の栄養分と変わらず粉末で保存がきくのでお菓子やパン作りにも使われているものです。当時はお湯で溶かして飲んでいたそうですが、味は牛乳の方が美味しいみたいですね。

学校給食は「学校給食法施行規制」というものに則って考えられ、日本人の不足しがちなカルシウムを補うために給食で出すことを推進されているのです。

給食に牛乳が出るのはなぜかを知ろう!牛乳は栄養の宝庫

牛乳はとても栄養分の高いものです。学校の授業でも、なぜ毎日牛乳がでるのかについて説明を行うところもあるようです。

パワーポイントやスライドを使って、給食の写真をグラフを見せ、いつもの給食のメニューに牛乳を加えることで給食全体の栄養バランスが整う事を紹介していきます。

子供も自分の給食に出される牛乳に、どんな意味があるのか知れば残すことなく飲んでくれますよね。ちょっと牛乳が苦手な子でも、頑張って飲んでみようと思うかもしれません。

こちらで牛乳の栄養分についてご紹介します。牛乳の栄養分で有名なのはカルシウムですね!ですがそれだけではないのです。

牛乳にはカルシウムの他にタンパク質・脂質・炭水化物・ミネラル・ビタミンが含まれており、中でもタンパク質と脂質と炭水化物は3大栄養素と呼ばれるほど人間の生きていくうえで必要なエネルギー源になるものです。

ビタミンは種類豊富に含まれていますが中でも多いのがビタミンB2やビタミンB12です。ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康を維持してくれる働きがあり、ビタミンB12は貧血に効果的です。

牛乳はカロリーがそれほど高くなく栄養密度が濃いものです。栄養を摂りながらカロリーを抑えたいダイエット中にもおすすめなのです。

給食に牛乳がでるのはなぜ?実は毎日じゃなくてもOKだった?!

文部科学省は国の行政機関で教育や学術やスポーツの振興などを担う組織です。そして、給食の決まりである学校給食法施行規制は文部科学省ので定められている国の決まりです。

文部科学省では子供の1人1回当たりの学校給食の摂取基準というものを決めています。これは文部科学省のHPで確認することができます。

見てみると、必要なカロリーや栄養分のグラム数などが細かく定められています。これをクリアしながら献立を考える管理栄養士のは大変苦労することでしょう。

学校給食法施行規制によると、給食では「パン及び米飯」に「ミルク及びおかず」をつけることとすると定められています。これを完全給食と呼びます。

ですから、法律では牛乳は毎日でなくても良いという事なのです。

ですが実際には、牛乳を出すことは強制ではないけれど子供たちのカルシウムなどの栄養摂取に効果的なので出した方が良いと薦められているので給食に牛乳が出ているのです。

給食に出てくる牛乳!牛乳にはどんな歴史がある?

人間が牛を飼い牛乳を飲むようになったのは、紀元前6500年の頃で非常に古い歴史を持っています。始まりと言われているのは中東の地域で、牛の前にすでに羊やヤギ、豚などが飼いならされていたようです。

長い歴史の中でヨーロッパや、アフリカ大陸やインドなど徐々に牛のお乳を飲むことが世界中に広まっていきました。日本には飛鳥時代に百済(くだら)から日本にやってきた智聡から牛の飼い方や乳の絞り方などが伝わったのが始まりの様です。

人がたくさんの医学書や仏教の経典を持ち込み、そこで牛についての知識が日本人に伝えられました。

平安時代の書物にも乳製品をさす言葉が記されており、貴族などの身分の高い人の間でしか飲まれることはありませんでした。日本の一般の人が牛乳を日常的に飲むようになったのは明治頃で意外と歴史は浅いのです。

牛乳が一番おいしく感じる容器は〇〇!

給食でだされる牛乳の容器は時代によって変化してきました。

給食が初めて開始された当初は、脱脂粉乳をお湯で溶いたものを大きなアルミのバケツに入れられ一人ずつお椀に注がれ汁物のようにして飲まれていました。

牛乳になると、ビンに変わりました。その後、三角形の紙パックへの時代を経て、今の四角い紙パックの形へと変化しています。

時々ビンに入った牛乳を見かける事はありませんか?ビンの牛乳ってなんだかとても美味しそうに感じますよね。

実はその美味しそう、単純に見た目だけではなく科学的にも証明されているようです。

まずは香りです。ビンは牛乳の香りを逃しにくく蓋を開けた瞬間に牛乳本来の濃厚な香りを楽しむことができます。そしてビンは飲み心地が良くひんやり感じやすいのだとか。

牛乳が一番おいしく感じるのはコップよりも紙パックよりもビンなんです。ぜひ、飲み比べをしてみて下さい。

 - 雑学