探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

子供が学校でトラブルを起こしてしまったら?対処方法について

2018.5.1

学校に通うようになると子供がトラブルを起こしてしまったり、巻き込まれたりした経験はありませんか?

このように学校でトラブルが起きてしまった場合はどのようにしたらいいの?

学校で子供同士のトラブルが起きた場合の対処法について調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供を昼寝で寝かしつける時のポイントとコツをご紹介

小さな子供がいる家庭では、ちょっとの時間子供がお昼寝をしてくれるとママ自身も体を休めることができます...

学校の先生が好きな親ってこんな親!先生に好かれる親の特徴

子供が小学校に通い始めるとお世話になるのが学校の先生です。先生は分け隔てなく子供や保護者に接してくれ...

子供が熱で入院するのはどんな時?子供の熱について!

子供が熱を出したらとても心配になりますよね。 熱がなかなか下がらない時や高熱になると入院しない...

子供の散髪にバリカンを使ってみよう!そのコツを教えます!

子供の散髪を自分でしようと思っても失敗しそうだし、だからと言って美容室へ行くと高いし…。と悩んでしま...

外出先であげる離乳食、6ヶ月の赤ちゃんならこれがおすすめ!

離乳食が始まった赤ちゃんとのお出掛けで、一番悩むことと言えば離乳食ですよね。 今まではミルクの...

朝ごはんを子供が食べない!超ストレス!なんとか食べさせたい!

朝ごはん、子供が食べないのって、超ストレスじゃありませんか? ウチの娘も、ヤクルト半分で学校に...

1歳半の男の子の言葉トレーニングのコツやポイント

1歳半の男の子でまだ言葉がでてこないときには、どんなことが考えられるのでしょうか? 女の子のほ...

父親の自覚が足りない男性に子供がかわいいと思わせる方法

父親が自分の子供がかわいいと思う瞬間とはどんな時なのでしょうか? 子煩悩な父親がいる一方、いつ...

スイミングスクールで子供が泣くのは当然です!理由や解決法

スイミングスクールは子供の習い事として人気がありますね。 ですが子供が泣く、ずーっと泣きっぱな...

幼稚園の親子遠足に父親が参加してもOK?メリット・デメリット

幼稚園の行事に親子遠足がありますよね!幼稚園の行事には母親が参加することが多いですが、父親が参加する...

箸の使い方を子供に教える時に気をつけることとポイント!

日本はお箸を使って食事をするのが主流ですね。正しい箸使いはできていますか? また小さい子供に、...

育児休暇の期間は3年?それとも1年?育児休暇について考える

育児休暇は最大で3年間取得できる企業も増えてきているようですが、実際には3年取得している人はまだ少な...

子供いらないと断言する嫁。ナゼ、妊娠・出産・子育てを拒否する

子供をいらないと断言する嫁。 普通は、結婚して子供を産み育てるのが女の幸せじゃないのか? そ...

大学生になっても息子は息子。彼女に対して思う母心とは

幼児だろうと大学生だろうと、息子に対する母の愛は大きいもの。 そんな愛する息子に彼女ができたと...

犬と赤ちゃんが仲良しになるには出会う時期としつけが大切

犬と赤ちゃんが一緒に寝たり遊んだり仲良くしている動画は、ネットやテレビでも人気が高いですよね。 ...

スポンサーリンク

子供が学校でトラブルをおこしてしまったら?

■学校内でのトラブルへの対処

学校内でのトラブルは先生が知らない間に子供同士で揉める場合のことです。このような時は、先生に解決してもらうしかありませんが「こんなことで先生にわざわざ連絡していいの?」悩んでしまいます。

悩まずに、連絡帳に事情を書いて担任の先生に連絡しましょう。ためらう原因として

  • 些細なことでもすぐ連絡をして過保護と思われるのではないだろうか?
  • 子供同士のことだから、子供同士で解決させるのがいいのではないか?

という考えがあります。ところがこの考えはひと昔前の考えになります。

各県で時期は違いますが「いじめアンケート」と言うものがあり、生徒が嫌なことがあるとどんな内容でも誰に何をされたか書かせて出させています。なので子供同士のトラブルには大人が積極的にかかわることがよいとされています。

子供が学校内でトラブルになった時親はどこまで介入する?

■きちんと子供の話を聞く

日頃から子供とよく話したり、表情をみていると、子供のちょっとした変化に気が付きます。悩んだ態度だったり、落ち込んでいたりすると気が付きやすいです。上手くいかないことがある子供はイライラして親に当たる場合もあります。気持ちを上手にコントロール出来ないので生意気な言葉づかいになることも。

そんな時に言葉づかいについて叱ってしまう親は多くいると思います。何度いっても反発してくる時は、親に対しての不満だけではなく、どこか違うところに原因があるのかもしれません。叱らないで子供から話を聞くことが大切です。「何かあった?」「友達とケンカ?」と怒らないで向き合いましょう。

■子供に共感する

どのような事情があっても、誰に原因があっても子供の気持ちに共感しよう。「辛いね~」などと気持ちを受け止めてあげましょう。

子供同士のケンカ!学校で起きたトラブルの対処方法

伝える方法は3つ

  • 連絡帳に書く
  • 電話
  • 面談

書くという方法は相手の時間を拘束しないけど、相手の反応がわかりにくいです。一方的な話になってしまうのでうまく話しが伝わらないことも多くあります。

電話や面談は、相手の反応に合わせて話ができるのでよくわかります。個人的には、電話が一番良い方法だと思います。電話だとその日のうちに話が出来るし先生の反応もよくわかります。人によって価値観が違うので、もしかすると書いてくれた方がいいという先生もいるかもしれません。

電話のかけ方も大切になります。

時間帯
午後3時前は授業をやっていることがあるので避けましょう。勤務時間の終了時間ぐらいがベストな時間です。先生の勤務時間は地域によって異なります。

勤務時間が終わってしまうと当然帰宅しますし、あまり前に電話すると会議で電話に出ることが出来ない場合もあります。ですので勤務終了くらいの時間が電話に出やすく話しやすいです。話し方にも注意が必要になります。いきなり文句は禁物です。「いつもお世話になっています」など大人として当然の社交辞令の後で本題に入りましょう。

子供が友達とのトラブルになっているかもしれない!そんな時は?

たくさんの見方、考え方
「近頃約束をしてこなくなったり放課後はよく家にいる」「友達によくからかわれているみたい」と感じた時「うちの子仲間外れ?」と心配になってしまうお母さんもいますよね。

しつこく子供に聞いても「何でもない」と言われて最後は拒否されてしまうこともあります。子供に「しつこい!ママは干渉し過ぎるからめんどくさい」というイメージを与えてしまい冷たくされることもあります。そうなるとママは余計に心配になってしまうという悪循環になります。

なのであまりしつこくしないで、仲のいい人に「うちの子最近こうなんだけど、○○ちゃんはこんなことあった?」と聞いて見たり、パパにも相談してみましょう。

特に男の子はパパの目線が参考になる場合があります。子供は毎日成長しています。小さい頃は「みんなと一緒、仲良し」とことがありますが、成長することによってそれぞれの個性が生まれ子供なりに色々な事を感じ考えるようになります。

小学校ではトラブルが日常茶飯事?トラブルの対処方法

子供同士がけんかをした場合、例えばどちらかがケガをしたとかエスカレートしていじめにつながる可能性がある場合以外は基本的には子供同士のケンカには親が口出ししてはいけません。

エスカレートしていくかはその場ではわかりません。少し気になるという時は相手の親と連絡を取り合いましょう。子供の様子について意見交換したり、話に食い違いなどの確認が必要になります。

子供同士が何について怒っているのかわかると仲直りを手伝うことも出来ます。この時ママはわが子の気持ちに寄り添うように話を聞き、相手の子の悪口は決して言わないようにしましょう。

絶対に気を付けて欲しい事
小学校ではトラブルがいつも置きます。トラブルが起きたら、親はとても焦ってしまいます。しかしママはどんな時もどっしりと構えて落ち着いて対応することがトラブルを最小限に抑えることが出来ます。

 - ベビー/子育て