探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

子供を叱る時には感情的に怒鳴るはNG!叱るときの注意点

2018.5.1

子供を叱るときに頭ではわかっていても、感情的に怒鳴ることはありませんか?

実はこの叱り方は子供は恐怖を感じて萎縮してしまうことを知っていますか?

ママ必見!子供を叱るときのポイントや注意点について、調べまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

希望する保育園へ入園させるコツ!「保活」は早くに始めよう

働くママが復帰する前に悩むことと言えば、保育園ですよね。 特に都市部では待機児童も多く、職場復...

子供が学校でトラブルを起こしてしまったら?対処方法について

学校に通うようになると子供がトラブルを起こしてしまったり、巻き込まれたりした経験はありませんか? ...

旦那の仕事が激務で育児は不参加!辛いけど乗り切るしかない

せっかく子供が生まれたのに旦那は仕事が激務で、育児どころか子供の顔をのんびり眺めている暇もないほど。...

小学校一年生は勉強する習慣を身に着けることが大事です

小学校一年生の勉強はひらがなや数字など基本的なことを学習することが中心ですよね。大人の私たちからする...

いろいろと気を使う?小学校高学年の所見はこうやって書こう!

小学校の教師の皆さんは、所見を書くことで頭が痛いこともあるでしょう。とくに高学年にもなると、いろいろ...

子供の寝る時間遅い?お母さんの寝る時間が影響しているかも!

子供が夜遅くまで起きていて寝る時間が遅い!寝かしつけている親は辛い! 1日の過ごし方に見直す点...

中学生の勉強にやる気を出させるためには?親としてできること

中学生になると授業の内容も専門的になり、家庭学習が必要となる頃ですが、勉強にやる気が出ない子供も多い...

赤ちゃんの寝かしつけでおしゃぶりはOK?おしゃぶりの使い方

赤ちゃんの寝かしつけが上手くできないと、ママもストレスに感じてしまいますよね。家事が残っていたり、自...

幼稚園の延長保育を利用し仕事をする時に知っておきたい事

近年では共働きをしている家庭も多く、幼稚園の園長保育を使って仕事をしている家庭も多いと思います。 ...

習い事を辞めるか続けるか迷っている理由について

子供が習い事をしているならできれば続けてほしいと思いますよね。 しかし子供が嫌がったりしている...

6ヶ月頃の赤ちゃんの寝かしつけの方法を伝授!

赤ちゃんのよって個人差はありますが、生後6ヶ月くらいになると夜も長く寝るようになっていきます。 ...

外出先であげる離乳食、6ヶ月の赤ちゃんならこれがおすすめ!

離乳食が始まった赤ちゃんとのお出掛けで、一番悩むことと言えば離乳食ですよね。 今まではミルクの...

切迫早産で入院したら太る?太らないために体重コントロールを!

切迫早産で入院することになってしまったら太るのではないかと心配になりますよね。 病院に入院して...

人見知りの子供5歳児のために親ができる克服する方法

子供が5歳児で極度の人見知りだったりすると、親は心配になってしまいますよね。 では、5歳児の子...

離乳食の開始は遅めの方がいい?それにはこんなワケがあった!

赤ちゃんが生後5か月を過ぎたころから離乳食を開始するママも多いですよね! でも、離乳食を始める...

スポンサーリンク

子供を叱る時に怒鳴ると子どもの心は、恐怖で萎縮してしまう

子供を叱る時に親が怒鳴ると、子供の心は恐怖に怯え精神を傷つけられてしまう危険性があります。とても大袈裟に聞こえてしまいますが、子供にとって親は甘えられる存在なだけに怒鳴って怒られる叱られ方は、暴力を振るうのと同じぐらい心に大きな傷を背負うこともあるのです。

毎回怒鳴られた怒られ方をされると、どんどん子どもの心は恐怖で萎縮し親の顔色を見て行動をするようになり、他人と関わるのも精神的苦痛となり、孤立し引きこもりになる可能性も考えられます。

また子供が大人になると弱い相手に暴力を振るうなど、親にされたことを自分の思い通りにしようとする場合もあります。子供の躾だと厳しく育てる人もいるとは思いますが、怒鳴って叱るのは結局自分の思い通りにいかないからなのです。

怒鳴ってしまうことが多い人は、子供が委縮し伸び伸びできない子供に育つ危険性がありますので今からコミュニケーションをたくさんとり、怒る時には自分の気持ちをコントロールするように気をつけましょう。

子供を叱る時に怒鳴る怒り方をしてる時こんな方法を試してみて!

子育てをしているとよくこんな言葉を耳にします。

愛情をたくさん注がれて育った子供は、才能を伸ばせる人になる。
褒められて育った子供は、たくさん努力をする人になる。
怒られて育った子供は防御か反撃する人になる。

もし子供が悪いことをしていつも怒鳴る叱り方をしていたら、防御か反撃する人になってしまうのです。親は躾の為にと思っていることでも、子供は成長していくとそんなふうに育ってしまうのです。

子供は感情的に頭ごなしに怒られることに恐怖を感じることがありますし、もし叩くなどの行為も加わると自分一人で行動することに恐怖を覚え、親の顔色ばかり伺うようになってしまうのです。

そうならない為にもまず深呼吸をし、頭の中でゆっくり数を数えてみましょう。気持ちが収まらないときは、隣の部屋に行くなど子供と少し距離を置きましょう。

気持ちが落ち着いた時には、どうして悪いことをしたのかきちんと説明してあげましょう。

子供を叱る時には怒鳴ることや感情的にならないように気をつけて

子育てをしている時には子供を叱ることがあるのは当たり前のことですが、その叱り方を一歩間違ってしまうと、子供が成長していく過程に大きな影響を与えてしまいます。

わかっていてもついつい大声を出してしまい、気持ちのコントロールがうまくいかないし感情的になって必要以上に怒鳴って怒ってしまうことありますよね。

どうして大声を張り上げしまうのかと言うと、ある教育カウンセラーは大きな声で叱る方が子供が言うことを聞くような気になると言うことなのだそう。穏やかに話すより怒る方が簡単だから大声を出してしまうんだそうです。

また忙しい時や急いでる時にイライラして親の都合で怒ってしまうと、子供は自分は愛されていないと思い込んでしまうことがあるので、叱る時には大きく深呼吸してから子供に接しましょう。

子供を叱る時は気持ちのコントロールができると思い込もう!

子供を叱る時には感情的にもなるし、気持ちをコントロールするのは無理だ!と思うお母さんがいますが、誰にでも怒りの気持ちはコントロールできるんですよ!

もし他の子供が悪いことをしていても、感情的にならずに叱ったり注意をすることもできますよね。それは何故なのでしょう?他人の子だからと上手く感情をコントロールしているのです。

つまり自分の子供なら怒鳴って叱ってもいいと、相手によって気持ちをコントロールしているのです。ですから子供を叱る時に気持ちが抑えられなくなりそうな時には、他人の子を叱る時のように自分の子供を叱る時にも、気持ちをコントロールしてみましょう。

また叱る場面に遭遇した時には、一度何か飲み物を飲んで気持ちを落ち着かせるなどしてから深呼吸をし、子供と向き合ってみることで怒りの感情をコントロールできるように心がけてみましょう!

子供を叱る時には、こんなことに気をつけておきたい注意点

子供を叱る時には、感情的にならないように気持ちをコントロールしようと前の記事でもお伝えしましたが分かっていても怒ってしまうことありますよね。。。親もまだまだ未熟なところです。

しかし子供が納得できないような理不尽な怒り方をしてしまった時には、きちんと子供に謝りましょう。また叱る時には、長い時間ダラダラと同じことを繰り返し怒るのもNGです。

叱るときは短く何を伝えたいたいのか簡単に伝えましょう。

そして1番してはならない叱り方は暴力、威圧的に怒ったり叩いたりしないと言うことです。時には痛みがわからないと躾をする親もいますが、小さな子を叩いても何の解決にもありません。

たまに虐待などのニュースを見るたびに躾だと言う親がいますが、本当に怒りや憤りを感じますし胸が痛くなります。

子供が間違ったことを教えてあげることが親や大人の役割です、自分の思い通りにいかないからと言って子供を毎回怒鳴って叱るのは、子供の成長にも影響します。

大人だって仕事でミスをし、いきなり頭ごなしに怒られたらとても嫌な気分になり落ち込みますよね。子供には良いこと・悪いことを叱らずにきちんと説明してあげることが親の役目なのです。

 - ベビー/子育て