探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

旦那に育児の手伝い、どう求める?感謝の気持ちを忘れずに

2018.5.2

旦那に育児や家事の手伝いをして欲しい!でも、どうすればスンナリとうまくいくのか?

旦那に育児や家事の手伝いをして欲しいのであれば、求めすぎてはいけません。

感謝の気持ちを忘れずにお願いすれば、いつの間にかイクメンパパになっているかも!?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

新生児の沐浴は毎日入れないとダメではない!ママの体力が最優先

新生児は汗をかきやすいため、出来れば毎日沐浴をしてあげたいものです。 毎日入れないとダメとはわかっ...

子供の散髪にバリカンを使ってみよう!そのコツを教えます!

子供の散髪を自分でしようと思っても失敗しそうだし、だからと言って美容室へ行くと高いし…。と悩んでしま...

赤ちゃんの育児にイライラ、育児に思い詰めているママへ

赤ちゃんを育てていると、育児のストレスが溜まってイライラしてしまうこともあるでしょう。 言葉を...

妊娠初期の出血は大丈夫?8週目で出血した時に考えられる原因

妊娠初期の頃に出血してしまうと、何か良くないことが起きているのではないかと心配になってしまいますよね...

共働きで子供が愛情不足にならない為の、注意点とポイント!

最近は共働き夫婦が増えている傾向にありますが、うちの子は愛情不足にならないか心配・・・と悩むお母さん...

赤ちゃんの前髪を切るのを失敗してしまう!失敗しない切り方

赤ちゃんの前髪を切って失敗してしまったことがあるお母さんは多いのではないでしょうか? 前髪だけ...

アトピーの赤ちゃんに使う洗濯洗剤、選ぶポイントをご紹介

アトピーの赤ちゃんには、一般的な洗濯洗剤はあまりおすすめしません。 お肌に優しい、刺激の少ない...

10ヶ月の赤ちゃんの夜泣き対策。昼寝のタイミングを変えてみて

10ヶ月頃から急に赤ちゃんが夜泣きをするように・・・。あまりにも何回も起こされて睡眠不足でイライラし...

幼稚園年少の友達関係はトラブルから成長も!親ができること

幼稚園の年少と言えば、まだ幼稚園に入園したばかりで集団生活にも慣れていないかもしれませんね。 ...

子供を叱る時には感情的に怒鳴るはNG!叱るときの注意点

子供を叱るときに頭ではわかっていても、感情的に怒鳴ることはありませんか? 実はこの叱り方は子供...

1歳児の夏のお出かけの過ごし方とおすすめスポット

子供が1歳になると、ある程度言葉の意味がわかり、お出かけするのも少し楽になりますよね。 しかし...

親の離婚が子供に与える影響は?子供に悲しい思いをさせないで!

両親が離婚をするとき、悲しい思いや辛い思いをするのは大切な子供です。 ですが、離婚しないという...

スイミングスクールで子供が泣くのは当然です!理由や解決法

スイミングスクールは子供の習い事として人気がありますね。 ですが子供が泣く、ずーっと泣きっぱな...

小学校一年生は勉強する習慣を身に着けることが大事です

小学校一年生の勉強はひらがなや数字など基本的なことを学習することが中心ですよね。大人の私たちからする...

赤ちゃんの寝かしつけでおしゃぶりはOK?おしゃぶりの使い方

赤ちゃんの寝かしつけが上手くできないと、ママもストレスに感じてしまいますよね。家事が残っていたり、自...

スポンサーリンク

旦那に育児の手伝いをお願いしたいことはなに?

最近では、「イクメン」という言葉も流行っているくらい育児に対して積極的な旦那も増えているようです。でも、なかなかそうもいかない旦那もいますよね。

そんな旦那に対して、あなたがお願いしたい育児とはどんなことですか?例えば、赤ちゃんをお風呂に入れるのを旦那にして欲しいという人は多いようです。

これによって、妻はお風呂で一人でゆっくり過ごす時間ができるので、とてもありがたいのです。旦那が赤ちゃんをお風呂に入れてくれることは、一日中育児や家事に追われている母親にとって、唯一リラックスできる時間となり、疲れが癒されるはずです。

また、オムツ交換も旦那には進んで手伝って欲しいですよね。一日に何度も行うオムツ交換の度に母親は手を洗うでしょう。

その上家事もするのですから、母親の手は荒れてしまいます。ですから、少しでもオムツ交換を手伝ってくれると、妻の手荒れも防止されるのではないでしょうか。

旦那に育児や家事の手伝いを求めるときのポイント

家事や育児を手伝ってくれない旦那には、イライラしてしまうこともあるでしょう。人は相手に対して、自分の願望を押し付ける時があります。

しかし、夫婦でも元々は他人です。それぞれに物事に対して、考え方ややり方があるのです。ですから、旦那に育児や家事の手伝いを求めるときには、その理想を相手に押し付けないようにしましょう。

せっかくやる気になっていたのにケチをつけられたりしたら、もう二度とやりたくないと思ってしまうかも。また、手伝ってくれることに対して、感謝の気持ちを伝えることも大切です。

褒められることを嫌がる男性はいません。むしろ少しオーバーなくらいに感謝の気持ちを伝えてみるのはいかがでしょうか。

それによって、旦那は自分は必要とされていることに喜びを感じ、いつの間にかイクメンになっているかもしれませんよ。

旦那に育児や家事の手伝いを求めるときには、旦那がやってくれていることを認め、ぜひオーバーリアクションで感謝の気持ちを伝えましょう。

旦那が育児や家事の手伝いをしないときは・・・

育児や家事は女性がするのが当たり前と思っている旦那も世の中にはいます。そのように、育児や家事をそもそも手伝う気がない旦那をやる気にさせるのは、少々難しいかもしれません。

もしかしたら、子供頃からの家庭環境がそうだったのでしょう。しかし、やろうと思っても何をどうやってやったら良いかわからないという旦那の場合は、まだ改善が余地があります。

そのようなタイプの旦那には、子供に教えるように、一から教える必要があります。

このとき、できないことにイライラと当たってしまうのではなく、できていることや、やってくれていることに褒めてあげましょう。そうすることで、意外と家事が楽しくなって協力的な旦那に変身するかもしれません。

少しでも負担を軽減したいのであれば、旦那を教育するのも手ですよ。

家事や育児は分担制にすると良い!?

家事と育児の両立において、妻が一人で全部こなすのはとても大変なことです。できることなら、そのことを旦那さんに理解してもらい、分担制にするととても効率が良く、負担も少ないでしょう。

お手伝いになると、大変な時だけ手伝ったり、お願いされたときだけ手伝うような形になることが多いでしょう。しかし、それが分担制になれば、旦那は自分に与えられた家事や育児は分担としてやらなくてはいけません。

そして、もしその日は仕事などで都合が悪くなれば、今日は代わりにやってもらえないかななどとお願いするようになるのです。

毎回、「手伝って欲しい」とお願いしたり、「やってくれてありがとう」と言わなければならないと思うとだんだん気疲れしてしまうことも。ですから、お互いの関係のためにも、家事や育児は協力して分担制にするのも良いかもしれませんね。

旦那にして欲しいのは、妻の育児の愚痴を聞くこと!

男性にとって、愚痴を聞かされることは、あまり気分は良くないかもしれません。しかし、妻にとっては毎日大変な思いで育児をこなしていて、不満で爆発しそうになっているかも・・・

そんな時は、グッとこらえて、妻の愚痴に付き合ってください。その時、アドバイスのようなことをするのは禁物です。逆に、妻の怒りを買ってしまいますよ。

妻が言って欲しいのはそんなことではなく、ただ「大変だったね」という優しい一言が欲しいだけなのです。自分の頑張っていることをちゃん認めてくれているということが、妻の癒しになるのではないでしょうか。

ぜひ余計な助言は挟まずに、奥さんの話を聞いてあげてくださいね。そして、日ごろの家事や育児に対しての感謝の気持ちを忘れずに伝えるようにしましょう。

 - ベビー/子育て