探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

夫に育児を協力してもらうには?1から10まで指示が必要

2018.5.3

夫に育児を協力してもらいたい!どんな手でも借りたいママは、自分がアレコレ忙しく動き回っているのにゆったりソファーでスマホを眺めている夫に対してストレスMAX!

でもちょっと待ってください!男性である夫は「何も言われてないからしなくていい」と本気で思っているだけなんですよ!

夫に育児を協力してもらうコツをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

人見知りの子供5歳児のために親ができる克服する方法

子供が5歳児で極度の人見知りだったりすると、親は心配になってしまいますよね。 では、5歳児の子...

新生児の沐浴は毎日入れないとダメではない!ママの体力が最優先

新生児は汗をかきやすいため、出来れば毎日沐浴をしてあげたいものです。 毎日入れないとダメとはわかっ...

箸の使い方を子供に教える時に気をつけることとポイント!

日本はお箸を使って食事をするのが主流ですね。正しい箸使いはできていますか? また小さい子供に、...

お通夜に子供が参列する場合の服装は?服装選びのポイント

お通夜に参列する際、大人はブラックフォーマルを着用しますが、困るのが子供の服装ですよね。 子供...

運動の苦手を克服!お子様への親のサポート方法

お子様が運動が苦手で、克服させたいと思っているママは多いでしょう。運動が苦手なのは遺伝なの? ...

育児休暇の期間は3年?それとも1年?育児休暇について考える

育児休暇は最大で3年間取得できる企業も増えてきているようですが、実際には3年取得している人はまだ少な...

希望する保育園へ入園させるコツ!「保活」は早くに始めよう

働くママが復帰する前に悩むことと言えば、保育園ですよね。 特に都市部では待機児童も多く、職場復...

小4男子に似合う髪型とは?子供だっておしゃれしよう!

小4男子といえば元気いっぱい。まだまだ外で遊ぶことが楽しい時なのではないでしょうか? そんな小...

子供にイライラして怒鳴る。怒鳴る前に出来る事

子育てしていると、どうしてもイライラして大声で怒鳴ることありませんか? 子供が寝ている姿を見る...

アトピーの赤ちゃんに使う洗濯洗剤、選ぶポイントをご紹介

アトピーの赤ちゃんには、一般的な洗濯洗剤はあまりおすすめしません。 お肌に優しい、刺激の少ない...

子供のストレスは幼稚園が原因!?親ができる対処法

小さい子供でも日常生活においてストレスを感じることがあるようです。 それは、幼稚園や保育園など...

朝ごはんを子供が食べない!超ストレス!なんとか食べさせたい!

朝ごはん、子供が食べないのって、超ストレスじゃありませんか? ウチの娘も、ヤクルト半分で学校に...

6ヶ月頃の赤ちゃんの寝かしつけの方法を伝授!

赤ちゃんのよって個人差はありますが、生後6ヶ月くらいになると夜も長く寝るようになっていきます。 ...

一歳児のお風呂の入れ方~ママと一緒に入るスムーズな入浴手順

小さなお子様と一緒にお風呂に入るのはママという家庭が多いと思います。 一歳くらいのお子様はまだまだ...

子供を叱る時、その年齢は何歳から?子供を叱る時の注意点

みんな子供を叱る時どうしてる?特に小さな赤ちゃんや言葉が理解できない子供ににはどう理解させるべき? ...

スポンサーリンク

夫に育児を協力してもらいたいなら「具体的に指示」すること!

仕事の拘束時間が長く、あまり家にいる時間がない旦那さまは「育児をする時間がない」と自分の中で決めていることが多いです。

ですから、「手伝って」や「もっと協力して」などの言葉だけでは夫が育児に協力的にはなりません。基本的に男の人は複数のことを同時進行することが苦手だと言われていますね。

ですから、「仕事」「育児」「家事」「自分の時間」など、やり繰りを付けて頑張ろうなんて言う気持ちはないと思った方がいいかもしれません。

そんな旦那さんに育児を協力してもらうにはどうしたらよいのでしょうか?一緒に考えてみましょう!

夫は育児に協力したくても、何をどうしていいのか本気でわからないのかも

◎何をしたらよいのかわからない◎

「言われたらするよ」多分、大抵の旦那さまはこういった考えだと思います。「言われないからしなくていいんだ」と思っているはずです。

女性は「赤ちゃんが泣いてるんだから抱っこくらいしてよ!」と思ってイライラしますが、男性は赤ちゃんが泣いていても「抱っこして欲しいのかな?オムツが濡れているのかな?お腹がすいたのかな?」なんて感じることはしないのです。

◎赤ちゃんや子供をどう扱っていいのかわからない◎

男性に多いのですが、子供の接し方について「適当に」できない人が居るんですよ。いないないばぁでも、じゃんけんでも、高い高いでもいいじゃん!って女性は思いがちですが、本当に何をしたらよいのかわからないのです。

家の目の前に公園がありました。娘がよちよち歩きの時に、休日だったので私は夫に「ちょっとそこの公園まで歩いてきたら?」と言いました。窓から眺めていると夫は娘を抱っこしながら公園まで歩いていき、ぐるっと回って帰ってきたのです!

戻ってきた時にびっくりして「どうして遊んでこなかったの?」と聞くと夫は、「行けって言われたから行ってきたよ」と…それに娘を歩かせて転んだら困るとも…歩き始めたばかりですから、公園の遊具で遊ぶことなどできませんが、草や土の上を歩くだけで十分な遊びで運動なのに…

こんなことでも、本当に「言わないとわからない」のだなと実感しました。ちなみに夫は大人に対しては私よりも気遣いができ、おもてなしや接待ができる人です。でも、子供の接し方についてはスキル「ゼロ」でした。

夫に育児を協力して欲しいのなら、手順まで伝えること!

赤ちゃんが産まれて育児がスタートしたら、パパのことも育てなくてはいけません。

「泣いてるから、オムツ見てみて」どんどん夫に育児を協力してもらいたいなら、こう言う指示の出し方はいけません。

「泣いてるからおしっこサイン出てるか、オムツを見てみて?出てる?そうしたらオムツ入れから新しいオムツ取ってきて取り換えてね。取り換えたオムツはオムツのバケツに入れてね」と、具体的に指示しなければなりません。

「泣いてるから、オムツ見てね」だと本当に見ることしかしません。「オムツ変えてね」と言うと使ったオムツは赤ちゃんの横に放置されたままでしょう。

そして「ありがとう!助かった!」と最後に感謝の気持ちを述べてくださいね!

「このくらいのことできて当たり前!」と思う気持ちはわかりますが、ママができることがパパにもできるとは限らないのです。

それに新米パパは赤ちゃんに触るのも怖いくらいかも…。きっと、ドキドキしながらオムツを取り替えているはずです!「上手にできるね~」と褒めてあげてくださいね。はじめが肝心ですよ。

夫に育児を協力してもらうのなら「帰宅時間」がカギ

夫の帰宅時間によって育児への協力度が変わってきます。

19時までに帰宅できるパパは、赤ちゃんや子供のお風呂係になってもらいましょう。もちろんお風呂洗いや子供の着替え、髪の毛を乾かすことなどの一連の「お風呂仕事」はパパの係です!

子供とのコミュニケーションを計るにも最高ですし、子供をお風呂に入れるのって意外と力仕事なんですよね。ですから、「お風呂仕事」はパパ担当で決まりです!

帰宅が20時を過ぎるパパは子供が寝る時間に帰ってきてしまう事も…寝ようとしているのにパパが帰ってきたら喜んで遊び初めてしまったりしませんか?帰宅時間を知らせるメールやLINEをしてもらい、子供が寝る時間を妨げないように協力してもらいましょう。

帰宅時間が夜中になるパパには育児の協力をお願いするのは難しいですよね?平日の帰宅時間は遅いけど、土日はきっちりと休めるパパなら休日は子供と一緒に遊ぶ係になってもらってはいかがですか?

たとえ一時間でも子どもを連れて遊びに出掛けてくれるとママの家事は、はかどりますし、ゆっくりとコーヒーを飲む時間もできるでしょう。

本当は「協力」じゃなくて「参加」して欲しいけどね…

女性であるママからすると「育児は協力じゃなくて、当たり前にすることだよ!」と感じるでしょうが同じ感覚を男性であるパパに求めるのは酷なことです。

家事についても「手伝う」っておかしくない?やって当たり前でしょ?と思う気持ちもわかりますが、それを言っても解決しません。

パパである夫には「頼りになる旦那さま」と思わせてあげましょう。そのうちに色々とできることが増えてきますよ。

 - ベビー/子育て