探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

子供が高熱でピクピクする!痙攣を起こしたときについて

2018.5.3

子供が熱を出したら心配で仕方がないですよね。

熱が高くなってくるとピクピクしたり幻覚が見えているかのような意味不明な事を口にしたり…。

そんな子供の高熱でピクピクした時の対処法などについてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供の散髪にバリカンを使ってみよう!そのコツを教えます!

子供の散髪を自分でしようと思っても失敗しそうだし、だからと言って美容室へ行くと高いし…。と悩んでしま...

子供が言葉を話すには練習よりも経験や感じることが必要です

子供が周りの子と比べて、言葉を発するのが遅いと感じると、心配になってしまいますよね? 言葉の練...

赤ちゃんがいる家におすすめの掃除方法や掃除アイテム

赤ちゃんは色々な所を触った手や物を口に入れたりするので、家はいつも清潔に掃除しておきたいと思うお母さ...

育休期間3年を取得するメリットとデメリット!

育休期間3年と延長となり、ママがもし育休を3年取得した場合は、子供がある程度大きくなるまで子育てに専...

人見知りの赤ちゃんを預けるコツと覚悟につてい

人見知り。それは赤ちゃんにとって成長の証。 赤ちゃんを誰かに預ける時、ママと引き離される不安を...

出産後の手続きは入院中に旦那にやってもらおう!

出産後の入院中に旦那さんはどのように過ごしていますか?出産で入院すると旦那さんの食事も気になりますよ...

庭は子供の遊び場!子供が喜ぶ庭造りや遊びについて

庭付きの家に住み、庭で子供が遊びまわる光景…理想的ですよね。 庭で子供を遊ばせるならどんな遊び...

1歳児の夏のお出かけの過ごし方とおすすめスポット

子供が1歳になると、ある程度言葉の意味がわかり、お出かけするのも少し楽になりますよね。 しかし...

バスに乗る方法!ベビーカーでバスに乗る時の乗せ方とマナー

ベビーカーを利用してバスに乗りたいと思っているママたちもいますよね。でも、ベビーカーでバスに乗ること...

運動の苦手を克服!お子様への親のサポート方法

お子様が運動が苦手で、克服させたいと思っているママは多いでしょう。運動が苦手なのは遺伝なの? ...

子供を保育園に通わせるのが不安・・・こんな方法で解消しよう!

今の時代、共働き夫婦が当たり前になってきました。 しかし、保育園へ行くのを泣かれたら嫌がったり...

子供を預ける場合のお礼は必ずすべき?親しき中にも礼儀あり!

ママ同士が仲が良いと急な用事などで子供を預けることができるのは、嬉しいですし助かりますよね! ...

子供の昼寝の時間が長い!昼寝の時間を調整して規則正しい生活を

規則正しい生活を送るためには、子供のお昼寝の時間はとても大切になります。 お昼寝が長いと感じて...

中学生に勉強を教えるときのポイントとは?勉強の教え方

中学生になったら親が勉強を教えるのは難しい? 勉強の教え方はどのようにしたらいいのでしょうか?...

入学式で友達ができない不安、友達作りのアドバイス!

入学式で不安に思う事といえば、友達ができるかどうかですよね。友達ができない不安や声を掛けるタイミング...

スポンサーリンク

子供の手足がピクピクするのは高熱が出る前触れ?

子供には平熱がないと言われていて、10歳から15歳頃まで平熱はないと考えられています。ですので、小学生の低学年の半分ほどが正常な時でも体温が37度を超えていたというような結果もあるようです。

子供の体温は周りの環境に左右されやすく運動をした後や食事の後には体温が上がったり、眠いときや疲れているだけでも体温が上昇します。

子供の発熱は37.5度を超えたらとされていますが、37.5度を超えても病気による発熱ではない場合もあります。例えば、うつ熱です。暑い日や暑い部屋などにいて体に熱がこもってしまった場合です。

病気による発熱ですと、急に熱が上がる前に悪寒の症状が現れることがあります。このような時は体温は高めなのに手足が冷たくなったり、反応が鈍くなったり、手足がピクピクしたりします。熱が上がりきると赤い顔になり手足も熱くなります。

子供が高熱でピクピクするのは大丈夫?

子供が熱を出すときにけいれんしてしまうことがあります。けいれんは熱を伴っている方が熱のないけいれんより良性と考えられます。

熱の伴ったけいれんを熱性けいれん」と言います。3歳以下の子供の一部に見られるもので、てんかんになる事も言われますがほとんどが良性で心配のいらないことが多いです。また赤ちゃんが熱を出した時にピクピクするのはけいれんではないので心配ないですよ。

熱性けいれんは熱の上がり始める時に体全体でけいれんが起こります。3から5分ほどでおさまり意識もすぐに戻りますが、意識が戻ったからと安心せず必ず病院で診てもらうようにしましょう。

熱性けいれんはいろいろな病気が原因で起こっているのでその原因を調べることが大切ですよ。脳炎や髄膜炎などの可能性もありますので、必ず受診しましょうね!

子供が高熱でピクピク!熱性けいれんについて

子供が熱を出した時にピクピクするくらいなら大丈夫ですが、全身でけいれんを起こしてしまい、白目をむいて呼んでも答えずに唇がまっさおになってしまったら、このまま死んでしまうんではないかととても心配になると思います。しかし、長く続くときでもけいれんで死んでしまう事はありません。

けいれんを起こしたら落ち着いて症状をよく観察しましょう。けいれんが左右のどちらで起こっているのか、手足、顔などどこで起こっているのか、ピーンと伸びて固まっているのか、ガクガクと動いているのかなどしっかり観察しましょう。

全身のけいれんの原因には、熱性けいれんや泣き入りひきつけのようにあとに障害の残らないものと、てんかんやその他の病気の場合とが考えられます。けいれんを起こしたら熱があるのかを必ず確認しましょう。

38度以上の熱がある場合は脳に異常のあるものとないものがあり、異常がある場合はてんかんや髄膜炎の可能性があります。脳に異常がない場合は幼児期を過ぎると起こらなくなる熱性けいれんになり、けいれんを起こしたことのある子供の中でも一番多いです。

高熱でピクピク!子供がけいれん起こさないように薬を使おう!

熱性けいれんを起こすのは大体1回だけと言いますが、まれに一定の熱がでるとけいれんを起こす子供もいます。毎回熱が出るたびにけいれんしてしまうと、子供も辛いですし親も心配で仕方ないですよね。そんな時のためにけいれんを防止する薬があります。

熱性けいれんは熱が上がり始める時に起こります。ですので、熱の上がりそうな時37.5度を目安にけいれんを防止する薬を使うといいと言われています。

しかし、けいれんが起こる体温は子供によって違いがあるので自分の子供がどのくらいの熱でけいれんを起こすのかを知っておくといいですよ。

病気の判断をすることはできませんが自宅でなんとかなるのか病院に行くべきなのかなど親の判断が必要になることがあるのでどうするべきなのかを信頼できるお医者さんと相談しておくといいですよ。

子供が高熱でピクピクけいれんするときの対処法について

初めて熱性けいれんを起こしたときはとても驚き親は焦ると思います。そんな時に正しい対処ができるようにけいれんを起こしたときの対処法ややってはいけないことを知っておきましょう。

けいれんを起こしたときは意識があるかどうか優しく話しかけて確認しましょう。体をそっと横向きにしてけいれんがおさまるのを待って、どんなけいれんをおこしているのか観察しましょう。

左右対称なのかや体の一部分だけなのか、目の向きは上なのか下なのか、何分続いているのかなど細かく観察してくださいね!

けいれんが5分以内におさまって意識が戻る場合は診療時間に受診すればいいですが、けいれんが5分以上続くときや1時間以上たっても意識がはっきりしない時は救急車を呼びましょう。また24時間以内に再発するときも必ず受診するようにしてくださいね!

突然けいれんを起こしたときはびっくりして大きな声をだし子供を揺さぶって意識を戻そうとしてしまう方もいるかと思いますが、逆に危険になることもあるので注意しましょう。

また、口に何かをくわえさせようとするのもとても危険ですのでやめてくださいね。突然けいれんを起こしたらとても驚きますが、落ち着いて体をそっと横に向け様子をみるようにしてくださいね!

 - ベビー/子育て