探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

オカメインコの病気にいち早く気づこう!下痢は病気のサイン

2018.5.22

オカメインコの病気を早期発見するには、日々のフンをチェックすること。

水っぽいけど水分過多便・多水便や下痢とは違います。でも長く続く場合はちょっと不安。

オカメインコのフンの状態と病気の早期発見について考えて行きましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

カブトムシの虫かごの白い虫は?どこから?影響や駆除方法

カブトムシの虫かごに、気がつくと白い虫がわいていることがあります。 この白い虫の正体はダニです...

ハリネズミが脱走して見つからない時にできること!

ハリネズミはほとんど脱走はしないそうです。 脱走するとすれば、ゲージが何らかの原因で開いてしまい、...

金魚が元気ない、底にいるのは何が原因?対処方法について

なんだか最近、金魚が元気ないのが気になる。ずっと底にいるような?もしかして、エサのあげすぎ? ...

ミドリガメの飼育で注意したい冬眠について!上手く越冬する方法

生き物の中には寒い冬を乗り越えるために冬眠する種類がたくさんいます。 冬眠と言うのはものすごくエネ...

チンチラというと猫?うさぎ?いいえ、もともとはネズミの仲間

チンチラと聞くと多くの人は猫を思い浮かべるのではないでしょうか。でも、猫ではなくネズミの仲間にも「チ...

猫(2ヶ月)のご飯のあげ方やおすすめなエサをご紹介

2ヶ月の子猫にはどんなご飯をあげたらいいのでしょうか? ミルクからご飯を食べるようになるタイミ...

猫の去勢を済ませたのにスプレー行為がなくならない原因と対処法

飼っている猫ちゃんの去勢手術を済ませたのにスプレー行為をやめない!というお悩みをお持ちの飼い主さんも...

猫とうさぎの上手な同居方法!仲良くさせるコツと注意点

家で違う種類のペットを飼っているという方も多いと思いますが、猫とうさぎの同居は可能なのでしょうか。 ...

猫がトイレを失敗している?トイレからはみ出す原因とは!

猫がウンチやオシッコをトイレからはみ出すのは、トイレの場所や環境に不満があるせいかもしれません。 ...

子猫のミルクの飲ませ方、猫のペースで飲ませてあげよう

子猫にミルクを飲ませるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? まずは、ミルクを...

母猫の出産後の子育て・食事とは!子猫を育てない母猫もいる

出産後を終えた母猫は、子猫たちのお世話をするようになります。 子猫におっぱいを飲ませたり、排泄のお...

柴犬の子犬を散歩させるときの方法!散歩のポイントと注意点

子犬の柴犬を飼っている飼い主さんの中には、いつから散歩に行くが良いタイミングなのか知りたいという人も...

ザリガニの飼育をしよう!水替えの頻度や手順について

ザリガニを飼育するのは、初心者の人でも意外と簡単に飼うことができます。 ですが長く飼育するには...

【ドッグランのマナー】追いかける犬にしてしまうのは飼い主です!

愛犬を思いっきり走らせて遊ばせてあげたい。そんな時に役に立つ施設が「ドッグラン」ですよね。 ...

金魚とメダカは一緒に混泳できる?注意点や混泳するポイント

金魚とメダカのひとつの水槽に入れて一緒に混泳させてみたいと思ったことはありませんか? では、金...

スポンサーリンク

オカメインコのフンの特徴。下痢はやっぱり病気のサイン?

ハトやカラスのフンが落ちているのを見たことがあっても、尿は見たことありませんよね?鳥には基本的にフンと尿の区別のがありません。

鳥は敵に襲われたときでも瞬時に飛び立てるよう、できるだけ体を軽くしておく必要があるのです。効率的に排泄するため、フンと尿は一緒に排出されるようにできています。

オカメインコやセキセイインコのフンは濃い緑色をしていて、多少の水分はありますが粘土のようにコロンとしています。中心に白い部分があり、それが尿にあたるわけです。

健康なオカメインコのフンは、水の状態で出て来ることはありません。下痢と間違えやすいのが「水分過多便」で、ほとんど無色かわずかに黄色味を帯びた水とフンを一緒に排泄するものです。

緑色のフン自体が固形の状態であれば、それは下痢ではなく水分過多便です。糸状にほぐれたフンが水と一緒に出る場合もありますが、緑色のフンが固形を保っていれば下痢ではないと考えられます。

一方、下痢になってしまうとフン自体がドロドロの状態で、病気の可能性が高くなります。

オカメインコのフンの種類は?下痢の他にも気をつけたい異常便

◆下痢
フンが固形をと止めておらず、崩れて水分と区別できないドロドロの状態です。

◆多尿便
白い固形尿も含め、普通のフンと一緒に水分尿も排泄される。ストレスや体力が落ちる換羽が原因のことも。数日以上続き、元気がないなどの症状が見られたら念のため病院に行きましょう。

◆全粒便
食べたフードが消化されずに、そのまま排泄されてしまったもの。筋胃に寄生虫などの異常が起きている可能性があります。

◆黒色便
胃などの上部消化管内での出血が原因の可能性があります。

◆緑色便、緑色下痢便
全体が鮮やかな緑色をしているフンは、亜鉛などの中毒や絶食になっている可能性があります。元気なように見えても急に体調を崩すことが多いので、すぐに診察を受けましょう。

なお、フンの異常を発見して病院へ行く場合には、異常のあったフンを持って行きましょう。

オカメインコの下痢は日々のチェックで病気があっても早期発見

オカメインコをはじめ、鳥は病気で体調が悪くても、それを隠そうとしてしまう生き物です。フンの状態を毎日チェックしておくことは、愛鳥の健康管理にとって重要なことなのです。

特に難しいことをする必要はありません。鳥カゴの掃除のときなどにフンの状態を気にして目視するだけでも異常を見つけることができます。

フードとして与える穀物の種類やペレットなどでも色に違いがありますので、自宅で飼育しているオカメインコのフンが健康な状態ではどんな色か知っておきましょう。

色や形状、水分量などに異常が見られたら、それ以外の体調の変化がないか観察して、気になることがある場合には医師に相談しましょう。

下痢の他にも、栄養をきちんと吸収できていない場合に尿の白い部分が見られない。糖尿では、フンが乾燥したときの表面に粉を吹いたような結晶ができるといった異常もあります。

鳥はデリケートな生き物ですので、極度のストレスや緊張、急な気候変化で体調を崩すことがあります。異常な状態に気づいたら放置しないで早めに病院へ行きましょう。

オカメインコのフンに異常が?元気だけどすでに何かの病気に?

下痢と間違えやすい水分過多便。ストレスなどによる体調不良の他、なんらかの原因で水を飲み過ぎた場合におこることもあります。

夏場、暑さによって多く水を飲んでも水分過多便になる可能性があります。水分過多便をしてもオカメインコが元気であれば、少し様子を見ても大丈夫でしょう。ただ、数日以上続く場合は、なんらかの病気が原因の可能性もあります。

くしゃみや嘔吐、便がお尻から垂れ下がっていたり、お尻が汚れているといった症状がある場合は要注意です。

食欲が落ちるとあっという間に体重が減ってしまうこともありますし、運動量が減ったり元気がないなどの異常を感じたら、すぐに病院で診察を受けるべきでしょう。

下痢よりは深刻度が低いと考えがちですが、まだ発症に至っていないだけで罹患しているかもしれません。体調が悪そうであれば、まずは体を温めてあげましょう。

オカメインコが多尿便になったのは塩土のせい?

オカメインコには穀類やペレットの主食やおやつのフードの他、ミネラル補給のための「塩土(えんど)」があります。塩土とは、ボレー粉や塩を赤土と混ぜて固めたものです。

生き物にとってミネラルは必要な成分であるとともに、摂取し過ぎは返って弊害もあります。塩分が入っていますから、摂りすぎると人間と同様に高血圧や腎臓病などの原因になりかねません。

塩土を食べることで余計に水が欲しくなり、飲み過ぎた結果、多尿便になってしまうこともあるのです。与える場合は常時ケージ内に入れておかず、週に1~2回程度与えるだけで充分です。

硫酸カルシウムを使用して固めていますが、小型の鳥やクチバシの力が弱い鳥は上手く噛めない場合もあるようです。

与えるまえにはレンジや天日などで殺菌して与えるほうがいいでしょう。置きっぱなしにすると雑菌やカビが発生する場合もありますのでご注意を。

 - 動物/ペット