探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

頑張ってジョギングしても体重が減らない!そのワケはこれだ!

2018.5.21

ダイエットをしよう!と思い立った時、手軽にできるものとして頭に思い浮かぶ「ジョギング」。

ダイエットをはじめて頑張ってジョギングをしていても、体重がなかなか減らないとモチベーションも下がってしまいますよね。

なぜ体重が減らないの?その理由についてお伝えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

太ももダイエットには正しいウォーキングが効果を発揮

太ももに効くダイエットはウォーキングが一番!? でもウォーキングの仕方を間違えると効果がなかっ...

スポンサーリンク

ジョギング をしても体重は減らない?

一生懸命ジョギングをしていてもなかなか体重が減らないのは「体脂肪が運動によるエネルギーで消費されるのに時間がかかるから」です。

30分ジョギングをしたとします。体重が50キロの人の場合、200キロカロリーが消費され、体重が60キロの人だと240キロカロリーが消費されます。

でも、このカロリーが全て体脂肪を減らすわけではなく、更に消費カロリーがそのまま減るという訳でもありません。

専門家の方のお話によると、「ジョギングを始めたときに最初に消費されるカロリーは、筋肉などの中に蓄えられている『ブドウ糖』です。それを使い切った時に初めて脂肪が分解され始めます。これは『遊離脂肪酸』という物質で、血液の中に放出されて身体の隅々に運ばれていきます。」とのこと。

遊離脂肪酸に分解されるのは、運動を始めてから徐々に始まっていき、だんだん高まっていくようです。

このため、ダイエットを目的に行う運動は、ジョギングではなくウォーキングのように持続的に行える運動の方が良いと言われています。良いとされる運動は、「20分以上継続的に行える運動」のようです。

ジョギングダイエットで今までのように体重が減らない原因は?

ダイエットをしていると、体重が減らない時期があります。なぜそのような現象が起きるかというと、体の防衛本能が働いているからです。

これまで運動をしていなかった人が急に運動をはじめて体重も減ってくると、体が一時的に省エネモードに入ります。体に脂肪がついている状態は、体に栄養が蓄えたれている状態ですので、その脂肪が急激に減ることに体が反応するのです。

身体に蓄えた栄養を減らさないようにするため、どうしても体重が減らない時期があります。でも、この時に運動をやめてしまうのはそれまでの努力が無駄になるということ。

身体が省エネモードに入った時に運動をやめてしまうと、一気にリバウンドしてしまいます。

体重が減らない時期に突入したということは、「順調にダイエットが進んでいる」ということになりますので、省エネモードから抜け出すことが出来れば、もっと体重が落ちていきます。

運動をやめずに、これまで通りに運動を続けていくことで、ダイエットを成功させることが出来ます。

ジョギングしても体重が減らない!長い目で見てダイエットを!

皆さんは知っていましたか?「筋肉」は「脂肪」よりも重いのです。

ジョギングなどのランニングをはじめてすぐに筋肉がついていくわけではありませんが、運動を続けていくことで徐々に脂肪が燃焼され、筋肉がついていきます。

それまでは密度の低い脂肪細胞が多かったのに、運動をすると密度の高い筋肉細胞に変化していきます。体重は増えることがあるかもしれませんが、引き締まったボディラインが出来上がっていきます。

短期に結果を求めすぎても、すぐに結果は出ません。3,500キロカロリー減らしてもたったの0.5キロしか痩せることはできません。

健康にダイエットしようと思うのであれば、一週間に減らして良い体重は1キログラム程度です。毎日体重を計っている人は、1キログラムに満たない体重の増減を気にして生活しているのです。

走る距離のペースが毎日どんどん上がっていくものではないように、体重も一気に変化することはありません。長い目で見て、着実に成果を出せるようにしましょう。

ジョギングしても体重が減らない時に出来る工夫

ジョギングをしていてもなかなか体重が減らない時に出来ることについてまとめました!

■走る距離を延ばす

今まで走っていた距離よりも、少し距離を伸ばしてみましょう。体重が減らなくなったことの原因に、一日の摂取カロリーと消費カロリーが同じということが考えられます。

その場合は走る距離を増やし、消費カロリーを増やしてみましょう。

■走る速度を上げる

普段走っている速さよりペースを上げて走ってみましょう。早く走るには、筋肉が必要になるため、足の筋肉が強化されていきます。そうすると基礎代謝が上昇し、消費カロリーを増やすことが出来ます。

太っている時は脂肪が多いため簡単に痩せることが出来ますが、痩せてくると徐々に消費カロリーが少なくなってくることがあります。

痩せやすい体を手に入れて上手に運動を!

男性でも女性でも、ジョギングをしてもなかなか体重が減らないことの原因として「筋肉量が少ない」ということがあります。筋肉の量が少ないと基礎代謝も低いため、脂肪燃焼効果もあまり期待できません。

実は「筋トレ」が大事なポイントになってくるのですが、「筋肉を太くしたくない」という理由で筋トレをしない女性もいます。

筋肉は簡単に太くなりません。しかもランニングという有酸素運動が痩せるためのベースとなっているため、余計に筋肉は太くなりにくいのです。

筋トレをすれば筋肉に負荷をかけることが出来るため、筋肉の血流が上がって代謝も良くなり、それに加えて筋肉量も上がれば基礎代謝も上がっていきます。

そして「痩せやすい体」というのを手に入れることが出来るのです!

 - ダイエット