探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

レタスとキャベツ、栄養分が高い野菜はどっち!?

2018.5.24

レタスとキャベツ。葉が丸く形状が似ているこの野菜たち。栄養面では、どちらの野菜の方が優れているのでしょうか?

この二つの野菜の栄養素と、食べ方について調べてみました。

シャキシャキレタスも美味しいですし、煮込んでクタクタになったキャベツも美味しいですよね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お菓子をやめた結果、アレコレ。効果と実感を発表します!

ダイエットを目的での『お菓子をやめた』など健康のために砂糖の摂取を控える目的の人や、お菓子を買わない...

果物の栄養価をチェック!健康や美肌に効果の高い果物を調査

健康や美肌のために、積極的に果物を取っている女性も多いと思います。 いろいろな果物がありますが...

夢のせいで眠っても毎日の疲れが取れないと感じる理由

毎日きちんと眠っているけど夢で疲れてしまう感じがする。体の疲れが取れない。そう感じることがあります。...

排卵日は体温が高い?基礎体温を測って排卵日をチェックしよう!

毎朝基礎体温を測っていると、一定のグラフが出来ます。基礎体温は排卵を境にして高い状態へと変化します。...

眼鏡の度数は弱めがいいってホント?度数の決め方を教えます!

眼鏡の度数を決めるのって難しいですよね。 弱めの方がいいという意見があったり、遠くが見えた方が...

風邪では病院へ行かない。そんな方の行かない理由を聞いてみた

アナタは風邪をひいたら病院に行く?行かない?意見が分かれるところですよね~。 実は行かない!と...

肩こり・頭痛・手足のしびれは【3つの分類】から原因を追究!

肩こりがひどいと日常生活にも影響が出てきてしまいます。 重度の肩こりがある人は頭痛や手足のしび...

夜のウォーキングは食後がおすすめ!ダイエット効果がアップ!

ダイエットのためにウォーキングを取り入れている人もいますよね!ウォーキングは健康維持にも効果がありま...

体が弱い女性必見!不調の原因や対処方法をご紹介

体が弱い女性、女性から見ても守ってあげたくなっちゃいます。 なぜ体が弱いとモテるの?体弱いアピ...

子宮がチクチク・・・生理後にもお腹が痛い原因について

生理前や生理中、生理の後もお腹の痛みが続くようならこんな病気が原因かもしれません。 子宮がチク...

眼鏡の度数が合わないと、さらなる視力低下や体調不良に!

眼鏡の度数が合わないと感じたことはありませんか?年齢や生活環境で視力の低下は進行します。 お使...

夕食を食べないと睡眠の質を上げられるという話について

夕食を食べないプチ断食の話をたまに耳にします。 私も中年に差し掛かり、量を食べると言うよりも、...

乾燥肌の改善にお風呂での毎日の習慣を見直してみよう

乾燥肌に悩む女性は多いですよね。 特に乾燥する季節は辛く、痒みが出ることもしばしば…。 ...

食中毒は加熱で予防できる?電子レンジを上手く使おう

食中毒は、じめじめした時期だけに起きるものではありません。家庭の食事でも気をつけなければいけない食中...

高校生の男子が身長を伸ばすために出来る事!

身長の高い男性って魅力的で、自分も身長が高くなりたいと思う男子高校生も多いのではないでしょうか? ...

スポンサーリンク

【レタスとキャベツ】レタスの栄養について

◎レタスについて◎

レタスを食べると、シャリシャリしていて水っぽいと感じませんか?水っぽいのであまり栄養がないように感じますが、そんなことはありません!

レタスには私たちに必要なビタミン類やミネラル分をはじめ、食物繊維やカルシウムなどが含まれています。

レタスにはカロテンやクロロフィルなどの抗酸化作用が期待される成分が豊富に含まれています。これは免疫力を高める効果があると言われています。

免疫力を高める野菜と言えば緑黄色野菜ですが、淡色野菜のレタスにも免疫力を高めてくれる栄養素が含まれています。また、葉酸を多く含みますので、赤ちゃん待ちの女性や、プレママさんなどは意識的にレタスを食べるようにしましょうね。

レタスはみずみずしく、クセがないのでドレッシングや食べ合わせる食材で、どのような料理にも変化させやすく、食べやすいのが魅力です。

【レタスとキャベツ】キャベツの栄養について

◎キャベツについて◎

キャベツはメイン料理にも、付け合わせにもなる万能野菜ですよね。生で食べたり、煮込んだりして調理することもできますし、漬け込んでお漬物としても食します。

キャベツはビタミン類が豊富な葉物野菜です。代表成分に『ビタミンU』がありますね。これは『キャベジン』といわれ、胃酸の分泌を抑えて胃腸の粘膜を健康に保ったり、荒れた胃腸を修復する作用があると言われています。

ですから、とんかつなどの揚げ物の付け合わせには千切りキャベツが添えられているのですね。ビタミン類が豊富に含まれているキャベツですが、中でもビタミンCが多く含まれています。

ビタミンCは、体内でストレスから身を守ってくれる働きをします。ビタミンは熱に弱いので、キャベツを食べる時はできるだけ生で食べることをお勧めします。

レタスVSキャベツ 栄養値が高いのはどっち?

レタスとキャベツに含まれる栄養素を比較してみました。

レタスの栄養素(100g当り)

エネルギー    12キロカロリー
カルシウム    19mg
カリウム    200mg
マグネシウム   8mg
ビタミンC    5mg
ビタミンK    29mg
葉酸       73mg
カロテン    130mg

キャベツの栄養素(100g当り)

エネルギー    23キロカロリー
カルシウム    43mg
カリウム    200mg
マグネシウム   14mg
ビタミンC    41mg
ビタミンK    78mg
葉酸       78mg
カロテン     50mg

簡単に比較してみると、レタスよりもキャベツの方が、栄養素が高いと言えます。

もちろん、収穫する季節や品種によって栄養素は変わってきますし、生で食べるのか火を通して調理するのかにもよって栄養素は変わってきます。

それから、食べ合わせる食材によって、体内で吸収される栄養素は変わってきます。レタスもキャベツも、美味しくいただくことが何よりの栄養だと思います。

兄弟みたいなレタスとキャベツ。でも全くの他人です

スーパーの野菜売り場に並んでいるレタスとキャベツ。よく見てみると梱包のされ方に違いがあると思いませんか?

レタスはフィルム素材の袋状のものにふんわりと入っていて、キャベツはラップ素材のものでぴっちりと包まれていると思いませんか?

レタスをキャベツのようにぴっちりと包んでしまうと葉が折れて傷んでしまうからだそうです。キャベツは葉がしっかりと詰まり、密になっているのでラップでぴっちりと梱包することで水分を逃さず守っているようです。

確かに、レタスをぎゅうっと丸めてしまうと葉が折れたり、傷ついてしまいますよね。

また、見た目が同じなので、子どもはよくレタスとキャベツの見分けがつかずに、キャベツをレタスと言ったりしていますが、レタスはキク科でキャベツはアブラナ科の植物で兄弟でもなんでもない、全くの他人の間柄なのです。

たっぷり食べよう!レタスとキャベツ

レタスを食べるなら「サニーレタス」がお勧めです!ビタミンB群が多く、不溶性の食物繊維が豊富です。豚肉などのタンパク質と一緒に摂取すれば便秘解消の効果が期待できます。

また、ビタミンA・E・Cの三種類の抗酸化作用を持つビタミンを多く含んでいますので、活性酸素から身を守り、紫外線による攻撃による細胞の劣化を阻止してくれます。

レタスには美肌効果が期待できる作用があるようですね。夏はレタスをたくさん食べるようにしましょう!

千切りキャベツは歯応えもあり、まんぷく中枢を刺激してくれます。数年前に流行った「食前キャベツダイエット」を覚えていますか?

1/8玉の千切りキャベツを食前によく噛んで食べるとまんぷく中枢が刺激されて食事の食べ過ぎを防いでくれるというものです。

「キャベツでお腹いっぱい」毎食、毎食、食事の前にキャベツを食べるのはさすがに続けることが難しいと思います。一週間のうちに2,3食でも、食前キャベツをおこなえば、一週間の総摂取カロリーを抑えることができるかもしれません。

 - 健康