探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

離乳食の開始は遅めの方がいい?それにはこんなワケがあった!

2018.5.12

赤ちゃんが生後5か月を過ぎたころから離乳食を開始するママも多いですよね!

でも、離乳食を始める時期は遅めの方がいいという話を聞いたことはありませんか?

離乳食を始める時期が遅い方がいいと言われるのはなぜなのでしょうか?その理由についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供の昼寝の時間が長い!昼寝の時間を調整して規則正しい生活を

規則正しい生活を送るためには、子供のお昼寝の時間はとても大切になります。 お昼寝が長いと感じて...

中学生の勉強にやる気を出させるためには?親としてできること

中学生になると授業の内容も専門的になり、家庭学習が必要となる頃ですが、勉強にやる気が出ない子供も多い...

子供の病気にイライラしてしまうママへ。看病疲れの対処法

子供が病気なるとイライラしてしまう・・・。子供の看病をストレスに感じてしまう!というママもいますよね...

育休期間3年を取得するメリットとデメリット!

育休期間3年と延長となり、ママがもし育休を3年取得した場合は、子供がある程度大きくなるまで子育てに専...

寝かしつけの抱っこを卒業出来る!親も寝たフリやトントン作戦

なかなか寝ない赤ちゃんの寝かしつけに困っているママやパパもいますね。 家の子は抱っこじゃないと...

中学校の運動会にも保護者は必要?小学校との違いを調査!

子供が小学校の時には運動会を見に行くのが当たり前でした。 中学校の運動会も同じように保護者が見...

妊婦の運転する時間は1時間はOK?気をつけたい注意すべき点!

妊婦さんが運転するのはお腹の赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか?1時間なら運転してもいい? そ...

幼稚園の延長保育を利用し仕事をする時に知っておきたい事

近年では共働きをしている家庭も多く、幼稚園の園長保育を使って仕事をしている家庭も多いと思います。 ...

祝日が仕事でも保育園は休園!どうしたらいいのかを調査!

様々な理由で子供を保育園にあずけているママやパパはたくさんいます。 職種によっては、祝日でも仕...

子供にイライラして怒鳴る。怒鳴る前に出来る事

子育てしていると、どうしてもイライラして大声で怒鳴ることありませんか? 子供が寝ている姿を見る...

子供が言葉を話すには練習よりも経験や感じることが必要です

子供が周りの子と比べて、言葉を発するのが遅いと感じると、心配になってしまいますよね? 言葉の練...

幼稚園年少の友達関係はトラブルから成長も!親ができること

幼稚園の年少と言えば、まだ幼稚園に入園したばかりで集団生活にも慣れていないかもしれませんね。 ...

朝ごはんを子供が食べない!超ストレス!なんとか食べさせたい!

朝ごはん、子供が食べないのって、超ストレスじゃありませんか? ウチの娘も、ヤクルト半分で学校に...

完母だと哺乳瓶で飲むのは難しい?飲まないときの対処法

完母であっても、お母さんが風邪を引いてしまったりどうしても母乳をあげることができないときもありますよ...

1歳児の夏のお出かけの過ごし方とおすすめスポット

子供が1歳になると、ある程度言葉の意味がわかり、お出かけするのも少し楽になりますよね。 しかし...

スポンサーリンク

離乳食の開始は遅めがいいって本当?

赤ちゃんの成長に合わせずに離乳食をはじめてしまうと、アトピーやアレルギーを引き起こしてしまう可能性があると言われています。

免疫学の権威のある教授の話では、赤ちゃんが1歳になるまではミルクや母乳を与え、1歳を過ぎてから離乳食を開始することを進めています。この方法で離乳食を進めたらアトピーやアレルギーにならずに済んだという赤ちゃんもいます。

一方で、離乳食の開始時期が遅すぎるとアトピーや喘息になってしまうという研究結果もあります。

米国小児科学会でも、離乳食の開始時期が遅れる事には問題があると指摘していて、国立成育医療研究センターの人の話でも、離乳食の開始時期を遅くしても食物アレルギーの予防にはならないと言われています。

権威ある学者がそれぞれに違う発表をしているということで、赤ちゃんの離乳食の開始時期がいつがいいのかは難しいですが、赤ちゃんの様子をうかがいながらその子に合ったスピードで進めていくのが大切と言えそうです。

離乳の開始時期は遅めの風潮が!その子に合った進め方を

赤ちゃんが生後5~6か月頃になると、離乳食を開始するケースが多くなります。

少し前までは生後3~4か月頃から離乳食を始めている人も多かったのですが、赤ちゃんの内臓に負担がかかるということや、アレルギーを引き起こすのではないかという懸念から、離乳食の時期を遅らせるようになってきました。

現在は生後6か月を過ぎてから離乳食をはじめることも多く、中には1歳を過ぎるまで離乳食を開始しないという声も聞かれます。離乳食を始める時期は、「いつから始めるもの」という明確な決まりはなく、離乳食のすすめ具合もその子によって個人差があります。

また、離乳食を終了時期も、1歳~1歳半くらいまでに終ればいいとされていて、ママや赤ちゃんのペースで個人差があるようです。

■離乳食開始の目安

  • 赤ちゃんがお座りできるようになった
  • よだれが増えてきて、よだれを上手に飲み込めるようになった
  • 大人の食事を食べたがるそぶりをみせる

こういった様子が見られるようになったら、離乳食を開始しても大丈夫でしょう。

離乳食の開始が遅めだった時の進め方のペースは?

離乳食の開始を遅くしたとき、どのようにして離乳食を進めていけばよいのでしょうか?遅く始めた場合でも、初期のペースからスタートするようにします。

赤ちゃんが上手に飲み込めるようであれば、初期の期間を多少短くしてもいいかもしれませんが、遅く始めた分を取り戻そうとしてしまうと、遅く始めたことのメリットを消してしまうことになります。

また、赤ちゃんが食べることに慣れていないため、丸呑みして早食いになってしまうこともあります。

遅く始めると体も大きくなっているため、一度に与える量を増やしてしまい、アレルギーを引き起こしてしまうこともありますので、遅く始めたからと言ってスピードを上げて離乳食を進めていくことはしないようにしましょう。

離乳食を嫌がって食べてくれない!そんな時に出来ること

生後6か月を過ぎたら母乳やミルクのほかに離乳食を与えるようにしていきます。ただこれだけの簡単なことなのですが、赤ちゃんが離乳食を嫌がってなかなか食べてくれないこともあります。

こうなると、離乳食を準備するママにストレスがかかってくることになり、親子関係も良好でなくなることがあります。赤ちゃんが6か月になっても、母乳の栄養が変わることもありません、ママのおっぱいが大好きです。

「大好きなおっぱいがあるに、なんでこんなわけのわからないものを食べなきゃならないの?」赤ちゃんもそう思っているかもしれませんね。

赤ちゃんが離乳食を嫌がって食べてくれない時は、無理に食べさせようとはせず、赤ちゃんのペースで進めてあげましょう。

早めに離乳食を始めると、アレルギーを引き起こしてしまうとも言われていますし、柔軟な考え方で離乳食を進めてあげることが大切になります。

無理矢理食べさせてると、内臓に負担がかかってしまうことも考えられます。

離乳食の開始時期は遅くても6か月ころまでに!

生後5か月~6か月頃に離乳食を始めた方が良いとされているのには理由があります。

このくらいの月齢になると、母乳やミルクだけでは足りない栄養が出てきます。足りない栄養の鉄分、カルシウム、ビタミンなどを補うために離乳食を開始します。

また、この時期になると、スプーンなどを下で押し戻す「哺乳反射」が見られなくなります。

食べ物に興味を示してよだれが増えてくる時期でもありますので、遅くても生後6か月くらいまでには離乳食を始めた方が良いという意見があります。

離乳食の開始時期が遅い方がアレルギーになりにくいとも言われていますが、時期を遅らせてもあまり効果がないということも言われていますし、極端に遅らせてしまうことは赤ちゃんの発達に影響を及ぼすことにもなりかねません。

アレルギーが心配な場合は、ママの自己判断ではなく、専門のお医者さんに相談してみるようにしましょう。

 - ベビー/子育て