探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

赤ちゃんのベッドの位置、最適な場所とは!

2018.5.13

赤ちゃんがいよいよ我が家にやってくる。そんな頃が近づくとベッドの位置をどこにしようか迷ってしまいますよね。

ベビーベッドは夜に使う?日中に使う?置く場所は寝室?リビング?などなど。

気になる、皆さんが利用しているベビーベッドの位置をお教えしちゃいます!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

運動の苦手を克服!お子様への親のサポート方法

お子様が運動が苦手で、克服させたいと思っているママは多いでしょう。運動が苦手なのは遺伝なの? ...

寝かしつけの抱っこを卒業出来る!親も寝たフリやトントン作戦

なかなか寝ない赤ちゃんの寝かしつけに困っているママやパパもいますね。 家の子は抱っこじゃないと...

大学生になっても息子は息子。彼女に対して思う母心とは

幼児だろうと大学生だろうと、息子に対する母の愛は大きいもの。 そんな愛する息子に彼女ができたと...

新生児から混合育児!ミルクを足す量や注意点について

新生児のうちは母乳が足りているのか?心配になるものですよね。足りていない時にはミルクと混合にする事も...

バスに乗る方法!ベビーカーでバスに乗る時の乗せ方とマナー

ベビーカーを利用してバスに乗りたいと思っているママたちもいますよね。でも、ベビーカーでバスに乗ること...

保育園や家での昼寝はいつまで寝かせてもいいのか検証

昔から「寝る子は育つ」とよく言いますね。 ですが子どもが夜なかなか寝てくれない・・・など昼寝する...

赤ちゃんはお腹の中でどんな体勢でいるのか調べてみよう

妊娠中のママさんは、お腹の中にいる赤ちゃんが何をしているのか、声は聞こえているのかと色々想像してしま...

出産後の手続きは入院中に旦那にやってもらおう!

出産後の入院中に旦那さんはどのように過ごしていますか?出産で入院すると旦那さんの食事も気になりますよ...

子供いらないと断言する嫁。ナゼ、妊娠・出産・子育てを拒否する

子供をいらないと断言する嫁。 普通は、結婚して子供を産み育てるのが女の幸せじゃないのか? そ...

希望する保育園へ入園させるコツ!「保活」は早くに始めよう

働くママが復帰する前に悩むことと言えば、保育園ですよね。 特に都市部では待機児童も多く、職場復...

育児休暇の期間は3年?それとも1年?育児休暇について考える

育児休暇は最大で3年間取得できる企業も増えてきているようですが、実際には3年取得している人はまだ少な...

切迫早産で入院したら太る?太らないために体重コントロールを!

切迫早産で入院することになってしまったら太るのではないかと心配になりますよね。 病院に入院して...

幼稚園行事の時下の子は連れて行く?下の子の幼稚園行事事情!

幼稚園の行事って思っているよりたくさんあるなぁ~と思うことはありませんか? そんな時に下の子が...

一歳児のお風呂の入れ方~ママと一緒に入るスムーズな入浴手順

小さなお子様と一緒にお風呂に入るのはママという家庭が多いと思います。 一歳くらいのお子様はまだまだ...

子供の病気にイライラしてしまうママへ。看病疲れの対処法

子供が病気なるとイライラしてしまう・・・。子供の看病をストレスに感じてしまう!というママもいますよね...

スポンサーリンク

赤ちゃんのベッドの位置はリビング?それとも寝室?

赤ちゃんのベビーベットをどこに置くのがいいのか?皆さんの意見は寝室とリビングに意見が分かれているようです。

寝室のベビーベッドを置くという方は、赤ちゃんが一緒に布団で寝ると窒息が心配だったり、大人が寝返りをした時に赤ちゃんに乗っかってしまっては・・・。と赤ちゃんの身に心配をしてベビーベッドを利用したい!という意見が多数。

またお互い、ぐっすりと眠れるのでは!?という意見も。

リビングにベビーベットを置くという方の意見はというと、ペットがいるからベビーベッドを利用した方が安心。フローリングに布団を引いて寝かせると冷えそうだから。他の仕事(家事)をしていても目が届きやすい。寝る時は授乳しやすく布団で、日中はリビングにベビーベッドを置いて。などの意見がありました。

どちらの意見もメリットがあり納得ですよね。後は個人の生活スタイルに合わせて考えるのが一番では!?

赤ちゃんのベッドとママのベッドの位置を合わせる事が出来れば♪

ベビーベッドは赤ちゃんとパパとママ、みんなが自分のスペースを確保できるという反面、産院から戻ったばかりの時は授乳回数が多いため、いちいちベビーベッドへ行くのが面倒という事も・・・。

では面倒じゃなくベビーベッドを利用する方法はないのか?ベビーベッドをパパやママのベッドと同じ高さにする事が可能なら、ママのベッドとつなげるような感覚で使用する事が出来ます。

夜中の授乳の時も、毎回立ち上がることなくスムーズの授乳をする事が出来て便利ですよね。

またキャスターが付いていて移動が簡単にできれば、昼間は赤ちゃんのお世話がしやすいようにママのベッドから離して設置し、夜は横にピッタリと付ける。という事も簡単に!

ベビーベッドを選ぶ時は外見だけでなく、こんな所にも注意をして購入してみて下さい。

赤ちゃんのベッドは昼夜の区別がつくような位置にしましょう

赤ちゃんのベビーベッドの位置は、ママがお世話をしやすい場所、目の届く場所も重要ですが、日の当たる場所もよく考えて設置してください。

昼夜の区別が付きやすいように日中は明るい場所に、夜は暗い場所になるようなところにベビーベッドを設置するのが好ましいでしょう。

しかし明るさを考えて窓辺にベビーベッドを設置するとまぶしすぎたり、暑すぎたりと赤ちゃんの睡眠を邪魔する事にも。日が差し込んで明るくなるような部屋に設置するだけでも十分です。

また日光が当たる時間帯には、カーテンを閉めるなどの工夫をして、直射日光から赤ちゃんを守ってあげて下さい。

逆に夜に明るいのも問題です。赤ちゃんの世話をしやすいように常に明かりがある部屋にベビーベッドを置く事もまた睡眠を妨げてしまいます。ママが赤ちゃんのお世話をする時だけライトをつけるようにして下さいね。

赤ちゃんが昼間眠る場所って、各家庭それぞれ!?

では、小さな赤ちゃんがいるママ達は昼間どのような場所に赤ちゃんを寝かせているのか?

夜はベビーベッドを利用、昼間は目の届く場所に布団を敷いて寝かせている場合や、プレイジムのマットで遊んでそのままお昼寝してしまう赤ちゃんも。

また小さなうちはクーファンでお昼寝をしていたり、ベビーラックを利用している方も多いようです。

ちなみに我が家は昼間、居間のベビーベッドを目の届く場所に置いて、夜は赤ちゃん用の布団を敷いて寝かせていました。位置は一番はじに赤ちゃん、私、パパという感じで。

我が家はみんな布団だったので、赤ちゃんも夜は布団の方がお世話がしやすかった事と、私の眠りがとっても浅いので、赤ちゃんの方へと知らずによって眠る事がなかったからです。

自分が一番お世話をしやすい、赤ちゃんにとってもよい場所を考えてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんが昼間眠る場所には、みんなの共通点があった

皆さんの生活スタイルに合わせて、赤ちゃんの眠る場所もそれぞれ。でも一緒のところも存在します。それは、ママの目の届く場所に赤ちゃんを寝かせている事。

日中赤ちゃんのお世話だけではなく、家事もこなさなければいけないママ。掃除や洗濯、ご飯の支度も!でも赤ちゃんの事ももちろん心配です。

でも目の届く場所に赤ちゃんを寝かせる事が出来れば安心できます。皆さん自然とそのような場所を日中の赤ちゃんが過ごす場所として選んでいるようです。

リビングに赤ちゃんを置いておくと、テレビの音や生活音が眠りの邪魔になるのではないかと心配される方もいるでしょうが、意外と赤ちゃんは生活音がする方が安心して眠るようです。

誰かがいるという気配が心地いいのかもしれませんね♪しかし夜は静かな場所でグッスリと深い睡眠がとれる場所を用意してあげて下さい。

夜なかなか眠らない!そんな時は眠りにつく環境に問題が潜んでいるかもしれません。明るすぎないか?うるさ過ぎないか?気を付けてみましょう。

 - ベビー/子育て