探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

銀行の仕事が難しいと言われる理由について詳しく教えます!

2018.7.10

高収入の印象が強い銀行の仕事ですが、その分難しい部分もたくさんあると言われています。

銀行の仕事には「営業」や「窓口」などがありますが、どんな部分が難しいのでしょうか?

銀行の仕事が難しいと言われる理由について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

東京へ上京するなら、年齢が若いうちに行って刺激を受けよう!

地方から東京へ上京したい…。そう考える人も多くいるでしょう。 しかしその時に心配になるのが年齢...

必見!就職を地元でしたいときの志望理由をご紹介

就職先を地元で探す学生が年々増えています。 就職先は地元がいい理由は?就職を地元でしたいときに...

自分が何をしたいのかわからない!やりたい仕事を見つける方法

自分がやりたい仕事がわからない・・・そんな人も多いのではないでしょうか? もしくは自分がやりた...

就職に失敗して辞めちゃった。再就職に向けて考えるべきこと

希望した職場に就職したのに、想像と違った。もともと希望した会社じゃなく就職に失敗して、結局すぐに辞め...

飲食店のアルバイトでピアスを上手に隠す方法

ファーストピアスを開けてから、飲食店でのバイトが決まり、バイト先ではピアスがNGな場所多いですよね。...

会社のプレゼンの緊張は克服できる?その方法を教えます!

会社でのプレゼンって誰でも緊張するもの、特に新入社員はそうでしょう。しかし、緊張しすぎると失敗につな...

女性が仕事で泣くのはなぜ?泣く心理と女性への接し方

女性が仕事中泣いていたとします。あなたはその女性に対してどう接しますか? 泣く女性に対して間違...

バイトでのミスや失敗の連続は誰にでもあること!失敗を生かそう

バイトで連続のミスをすると、落ち込んでしまいますよね。自分なりに頑張ろうと努力する為には、どうモチベ...

パート契約を更新しないで退職する方法や期間途中の退職方法

パート従業員が仕事を辞めたいと思ったらいつでも辞められるのか、退職するのにも決まりがあるのか、知って...

アルバイトの電話応募に勇気が出ない人必見!電話応募のポイント

アルバイトの求人の応募するとき、電話で受け付けをしている場合も多いですよね。 しかし、電話って...

仕事の初日に適した服装とは?転職初日の服装を考える

仕事の初日はどんな服装で行こうか悩んでいませんか? 転職先への入社初日は緊張するもの。好印象を...

電話応対中に相手の言葉が聞き取れない…その時の㊙対処法とは

仕事で電話の応対をしなければならない時、相手の声が小さかったり雑音などで聞き取れないということがあり...

退職の時期を会社に延ばされる!辞めることができない時には

退職希望を出しているのに会社になかなか受理してもらえない。 退職届を提出しているのに、会社都合...

プライドが高い部下のトリセツとは?面倒だけど、使い方次第!

プライドが高い部下への取り扱いに困っている方は多いと思います。仕事はできるけどプライドが高い?仕事も...

電話の第一声の出し方とは?問い合わせをするときの第一声

電話の第一声はなんて言ったらいのか、一瞬わからなくなってしまうときがある人は多いのではないでしょうか...

スポンサーリンク

銀行の仕事が難しいと言われる理由とは?

銀行の仕事が難しいと言われる一番の理由は「ノルマ達成」があるからかもしれません。

営業担当であればノルマがあるのは当たり前のことですが、女性に多い窓口等内勤の場合でもボーナスの時期に合わせてノルマが課せられているようです。

銀行でもクレジットカード会社と提携している場合があります。その場合はクレジットカードの顧客獲得〇名などといったノルマが課せられる場合もあります。

新規顧客の獲得のノルマは、最初のうちは友達や家族などに頼んで何とか達成できるようですが、勤務年数が長くなってくると、厳しくなってくるようです。

銀行はお金を扱っているため、1円でも合わない場合は家に帰ることすらできないのも大変なところです。

一日の銀行内の収支が合っていないと徹底的に調べ、理由がわかるまでは銀行から出ることができません。

仕事の後で約束があったとしても、お金が合うまでは帰れないのです。それが夜の9時までかかるのか、日付が変わるころになるのかすら予測できません。

銀行の中でも一番難しい仕事は「融資」

銀行員が登場するドラマもいろいろありましたが、「融資」に関する仕事には責任が伴うということは周知のとおりです。

資金を必要としている企業や個人に銀行がお金を貸し、将来利子をつけて返してもらうことで、銀行の利益となります。

しかし、将来きちんと返してもらわないと、銀行の利益にはなりません。万が一融資を決定したとしてmの倒産してしまうと、貸したお金を回収することは不可能となり、銀行にとっても損失となります。

そのため、融資の担当となった場合は、冷静のその会社の経営状態や将来性を見極めなくてはいけません。第三者的立場で判断をしなければならないのです。

経営状態が苦しい会社の場合は、銀行がお金を課さないと不渡りを出して倒産してしまう可能性もあります。しかし銀行員がその状況を把握していたとしても、融資を断らなければいけません。

「融資」は個人的な感情に流されず、冷静に判断しなくてはいけない場合が多いので、強い信念を持って仕事することが大切な業務なのです。

銀行員の仕事を長く続けることは難しい?

銀行の仕事は営業や事務、接客などいろいろなスキルが必要となりますが、その分仕事が辛くてストレスを感じながら働く銀行員もかなり多いようです。

ノルマ達成などもきついのですが、勤務年数も長くなってくると、担当の業務以外に新人教育などもしなくてはいけません。

さらに融資や販売などのノルマの金額も新人の時よりも増えていくので、達成することも難しくなっていきます。ノルマは強制ではないとしても上司からの風当たりが強くなり、ストレスで押しつぶされそうになってしまうこともあります。

ベテランの銀行員だけではなく、新卒の銀行員も大変です。

慣れない仕事で疲れているにもかかわらず、帰宅後や休日は資格取得のための勉強をしなくてはいけないからです。

銀行員が持っていた方が良い資格はたくさんあります。例えば「証券外務員一種」「銀行業務検定
などです。

働きながら資格取得のための勉強をすることはかなり大変です。

銀行員の仕事のやりがいとは?

銀行は「金融のサービス業」

お客様あっての銀行で、日本の銀行では対面での営業スタイルが基本となっています。

他の銀行との差別化を図り、銀行業界で生き残っていかなくてはいけません。そのために必要なのは「銀行員」と「お客様」との信頼関係です。

数ある銀行の中から選んでもらうためにもお客様から信頼を得、「あなたにぜひ相談にのってもらいたい。」と言ってもらうような関係になることが大切です。銀行員の中には、そう言ってもらえることにやりがいを感じる人もいます。

商売の基本は、価値を提供して対価を得ることですが、銀行が提供するのは、情報や提案などでしょう。

お客様が苦しい時に融資に応じたり、身内に不幸があった場合に相続の相談を受けたり、そんな対応をしているだけでも信頼関係は生まれます。

銀行はパートとしてでも働けます!

銀行の仕事を結婚などの理由で辞めた場合

パートとして働く人もいます。経験もあるので、辞めてから数年経っていたとしてもスムーズに働けるようです。

その地域や銀行によっても違いますが、一般的に銀行でパートとして働いた場合の時給は、他の業種よりも高いようです。

もし経験者ではなくても銀行員のパートで働くことによって、正社員になることもできます。

さらに銀行で勤務した経験は、次の職場を探す時にも有利になる場合もあります。それは、銀行で勤めてる間に資格を取得した場合です。

どんな資格を取るかは銀行によっても違いますが、保険と扱う資格や投資商品を扱う資格などがあります。

その資格を取るために研修を受けたりセミナーを受講することもあります。大変ですが、その分知識を得ることができるので、パートで働く場合でも資格取得にチャレンジした方がよいでしょう。

しかも資格はお金に関係するものが多いので、普段の生活でも役に立ちます。

 - ビジネス/就職/転職