探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

奨学金を返済中の結婚相手・奨学金は誰が返済?【奨学金と結婚】

2018.10.5

結婚を考えている相手が奨学金を返済しているとわかった時、パートナーは結婚をためらうのでしょうか?
奨学金に対するイメージは色々あるようですが、奨学金が結婚のネックになってしまうこともあるようです。

結婚相手が奨学金の返済中だった場合、あなたはどんなイメージを抱きますか?奨学金の返済は一緒にする?

そこで今回は、結婚相手が奨学金を返済していた場合の返済についてや、奨学金が結婚の障害になるかどうかについてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

旦那の収入が少ない場合の対処方法と妻の本音

旦那さんの収入が少ない時はどのようにやりくりして生活していますか? 収入が少ない場合周りと比べ...

経理の仕事は意外と大変だった!会社によって様々です

経理の仕事は簡単?ラクチン?実は意外と大変なようです。 これから経理の仕事をしたいと思っている...

出産祝いにも相場がある!友人への金額は?多すぎるのも困りもの

友人に出産祝いを贈るとき、出産祝いの相はいくらなんだろう?と気になったことはありませんか? 1...

旦那さんの手取りが17万円。旦那の給料だけで生活する方法

旦那さんの手取りが17万円だったらどのように生活しますか? たとえお給料が少なくてもやりくりの...

ネット?グロス?ビジネスでよく使われる金額表示の使い分けとは

「見積書をネット金額で用意してくれる?」そんなことを上司に言われて、戸惑ってしまう新入社員も多いでし...

一人暮らしのフリーターの生活費は○○万円あると生活出来る!

一人暮らしをする場合生活費はどのくらい必要だと思いますか? フリーターをしていても貯金は出来る...

お金は引き寄せの法則を使えば簡単に手に入るのか

お金がもっと欲しい!お金持ちになりたい!そう願う人は多いはず。 ネットを見ると「お金は引き寄せ...

サラリーマンの給料は安い?安いと思ったらやるべきこと

サラリーマン給料が安いと悩んでいる人は多くいるのではないでしょうか? 家賃、光熱費などの出費は...

貧乏OL脱出計画!今からできる節約術をご紹介

貧乏OLはもう嫌!貧乏から抜け出したい!という方も多いのではないでしょうか。 一人暮らしOLだ...

旦那の給料は平均?それとも平均以下?気になる実態を調査!

うちの旦那の給料って世間一般的に見ると平均なのか、それとも平均以下なのか・・・気になる人も多いのでは...

友達に貸したお金が返ってこない!諦める前の対処法

友達が困っていたのでお金を貸してあげたけど、貸したお金が返ってこない!そんな時あなたならどうしますか...

新婚だけど貯金がない夫婦が楽しみながら貯蓄する方法

新婚夫婦でも貯金がないまま結婚してしまった、なんて夫婦もいるのではないでしょうか? そんな夫婦...

住宅ローンが払えない…!そんな時は家計を見直してから銀行へ

住宅ローンが払えない! 住宅ローンの支払いが重くのしかかる。 そんな時は、収入と支出のバラン...

カードを紛失してしまったら引き落としができないようにしよう

クレジットカードを紛失してしまったときにはどのような手続きをしたらいいのでしょうか? お金を引...

生活費はどのくらい?夫婦で貯金するコツを紹介します!

うちの生活費は、平均より高い?それとも低い? 夫婦、2人で貯金ができないのはかなりやばいかもし...

スポンサーリンク

結婚相手の奨学金の返済は一緒にすべき?

結婚した相手が奨学金の返済をしている場合、結婚相手と一緒に返済していかなければならないのでしょうか。

あるアンケート調査によると、借りていた本人が返済すべきであると考えている人のほうが、夫婦2人で一緒に返していくと考える人よりも多い事が分かりました。

その理由としては、お金は借りた本人が返すのが普通で、自分で返すのが当たり前と考えている人が多いようですね。
借りた本人でない人が借金を返済するのは、ちょっとおかしいのではないかと思っているのでしょう。

そもそも夫婦になる前にあった貯蓄や貯金はそれぞれのものであり、借金もその人の抱えたもので責任は本人にあると考えるようです。

結婚前の借金を2人で分け合って返すのは違うと考えている人が多く、男女関係なく奨学金の返済は本人が行うべきものだと考えているようです。

結婚相手が奨学金を返済している時に負担にならない金額は?

では結婚相手が奨学金の返済をしている場合、どのくらいの金額ならまだ負担にはならないと考えているのでしょうか。

あるアンケート調査によると、男性女性関わらず、50万円未満であればそこまで負担にはならないと考えている人が多いようです。

それ以上の金額となると、かなり負担になってくるように感じるようですね。

もともと家族で生活することは、お金がかかり余裕もありません。
奨学金の返済が少ないに越した事はないのでしょう。

子どもが産まれ家族が増えると、その分かかるお金も増えてきます。
奨学金の返済は大変なので、なるべく少ない方がありがたいのでしょう。

中には夫婦ともに奨学金の返済を行っている場合もありますので、その場合は二重でかかり、家計を圧迫してしまうようです。

自分の返済だけでも大変なのに、相手の返済までするのは本当に大変な事である事であると感じているのでしょう。

奨学金を返済中だということは必ず結婚相手に伝えて!

必ず結婚前には結婚相手に対して、奨学金の返済があることをお伝えしてください。

教育を受けるためのものではありますが、相手によっては普通の借金を抱えているようなイメージを持つ人もいます。
そのことが結婚することを躊躇う原因となってしまう場合もあるのです。

もし結婚した後に相手に奨学金の返済があることが分かると、やはりちょっとショックですし先に言って欲しかったと思うでしょう。

奨学金の返済は家計の負担になる事は明らかですので、必ず奨学金の事を伝えた上で結婚について話し合ってください。

もし自分で払うという意思がある場合でも、必ず相手に伝えておいた方が良いでしょう。

もちろん、どれだけの返済額があるのかや進捗状況なども相手に伝えておきましょうね。
お金の問題は夫婦仲を悪くしてしまいますので、早めに相手に伝えておきましょう。

結婚相手が奨学金を返済中!男性はどう思う?

結婚相手になる女性が奨学金を抱えている場合、相手の男性はどのように思うのでしょうか。

奨学金の額にもよりますが、やはり奨学金の返済を負担に思う男性は多いでしょう。

奨学金の返済がある女性とは結婚したくないと思ったり、せめて返済が終わってからでないと結婚しないと考えている男性もいます。

結婚資金をためることも難しいですし、女性本人も奨学金の肩代わりをしてもらうのは申し訳ないと感じている場合があるでしょう。

もちろん、結婚したい女性に奨学金の返済があっても、その相手だからこそ肩代わりしてでも結婚したいと思う男性もいます。

しかし、男性の親が結婚相手の奨学金の返済を気にしてしまうケースもあるようです。

奨学金があるから結婚できないということではないので、少しでも奨学金を返済できるように頑張っていく事が大切なのです。

結婚相手の奨学金が結婚の障害になることも

現在では、学生時代に借りた奨学金に苦しめられている学生や社会人が度々テレビでも報道されています。

奨学金返済をめぐる訴訟も増えており、奨学金の返済はかなり大きな問題となっているでしょう。

奨学金は自己責任であり、借りたものを返すと言う自覚が少ないのではないかと考える人も多くいるのです。

奨学金は一見、教育上で借りたお金ということでクリアなイメージがありますが、実際は自分で抱えた借金であることには変わりはありません。

その為、その借金は本来は自分で返すべきものなのです。

借金を背負っていると言う時点で、結婚する際の障害になる事は間違いありませんし、覚悟しておいた方が良いでしょう。

結婚相手には必ず結婚する前に、奨学金の返済があることは伝えておきましょうね。
結婚相手だけでなく、その親も心配する事ですので秘密にしておくとのちのち結婚生活を送る上でのトラブルになってしまいます。

相手に一緒に払ってもらうのか、自分で払っていくのかもしっかり二人で話し合うことが大切でしょう。

 - マネー/ファイナンス