探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

育児休暇の期間は3年?それとも1年?育児休暇について考える

2018.10.6

育児休暇は最大で3年間取得できる企業も増えてきているようですが、実際には3年取得している人はまだ少ないかもしれません。

育児休暇は3年取得した方がメリットは多いのでしょうか?それとも1年だけにして職場に復帰した方が良いのでしょうか?

育児休暇の期間は長い方がいい?それとも短い方がいい?育児休暇について考えてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

8ヶ月の子供を保育園に預ける場合の服装に注意しよう

子供を保育園に預けることになると、保育園に置いておく服が必要になります。8ヶ月の子供の場合保育園では...

1歳児の夏のお出かけの過ごし方とおすすめスポット

子供が1歳になると、ある程度言葉の意味がわかり、お出かけするのも少し楽になりますよね。 しかし...

庭は子供の遊び場!子供が喜ぶ庭造りや遊びについて

庭付きの家に住み、庭で子供が遊びまわる光景…理想的ですよね。 庭で子供を遊ばせるならどんな遊び...

赤ちゃんのお世話を旦那に!お風呂担当はパパのお役目

赤ちゃんのお世話を旦那に任せるなら、やっぱりお風呂をお願いしたいというお母さんは多いのではないでしょ...

赤ちゃんはお腹の中でどんな体勢でいるのか調べてみよう

妊娠中のママさんは、お腹の中にいる赤ちゃんが何をしているのか、声は聞こえているのかと色々想像してしま...

旦那の仕事が激務で育児は不参加!辛いけど乗り切るしかない

せっかく子供が生まれたのに旦那は仕事が激務で、育児どころか子供の顔をのんびり眺めている暇もないほど。...

子供の友達が遊びに来る時や友達の家に遊びに行く時について

子供がある程度大きくなってくると、友達が家に遊びにきたり、友達の家に遊びに行ったりするようになります...

小学校一年生は勉強する習慣を身に着けることが大事です

小学校一年生の勉強はひらがなや数字など基本的なことを学習することが中心ですよね。大人の私たちからする...

子供を叱る時には感情的に怒鳴るはNG!叱るときの注意点

子供を叱るときに頭ではわかっていても、感情的に怒鳴ることはありませんか? 実はこの叱り方は子供...

赤ちゃんのベッドの位置、最適な場所とは!

赤ちゃんがいよいよ我が家にやってくる。そんな頃が近づくとベッドの位置をどこにしようか迷ってしまいます...

保育園や家での昼寝はいつまで寝かせてもいいのか検証

昔から「寝る子は育つ」とよく言いますね。 ですが子どもが夜なかなか寝てくれない・・・など昼寝する...

赤ちゃんの前髪の切り方にはコツがある?ポイントを教えます!

赤ちゃんの前髪が伸びてくると、ママとしては切ってあげたくなりますよね。 でも、切っている間もじ...

離乳食の開始は遅めの方がいい?それにはこんなワケがあった!

赤ちゃんが生後5か月を過ぎたころから離乳食を開始するママも多いですよね! でも、離乳食を始める...

夫に育児を協力してもらうには?1から10まで指示が必要

夫に育児を協力してもらいたい!どんな手でも借りたいママは、自分がアレコレ忙しく動き回っているのにゆっ...

切迫早産で入院したら太る?太らないために体重コントロールを!

切迫早産で入院することになってしまったら太るのではないかと心配になりますよね。 病院に入院して...

スポンサーリンク

育児休暇の期間を3年にして失敗する人もいる?

子育て教室に来ていたお友達ママは公務員でした。初めての子育てでどのくらいの期間育休を取ったらいいのか分からず、何も考えずに最長の3年間育児休暇を取りました。

しかし地獄でした。夫や両親は頼りにならず、彼女は1人で子育てと家事をしました。子供を預けて職場復帰を考えても、彼女の代わりの人をパートで3年の契約で雇用していたので復帰は出来ませんでした。辛い3年だったそうです。それに懲り2人目は1年で復帰をしたそうです。

もう1人のお友達の看護師ママは「3年休んだら、怖くて注射が打てない」と長く休むと、技術職は仕事の感覚がなくなり、復帰へのハードルが高くなると言っていました。

3年の育児休暇がうまくいく方法としては、夫や義母や実母など、母親にとって頼りになる子育て出来る人がいる事、子供と2人で居る時間が苦痛ではない、休んでも技術を取り戻すのが簡単な職業であることが必要なのです。

育児休暇の期間を3年取得することのメリットとデメリットとは?

通常の育児休暇は1年間。子供が1歳になると保育園に預けて仕事をしなければなりません。子供は3歳までは著しく成長します。歩けなかった子供が歩けるようになり言葉も話せるようになるので、その成長を近くで見ることが出来ることが最大の魅力です。

私が子供を預けていた保育園では毎日連絡ノートがありました。毎日連絡ノートの出来るようになったことがコメント欄に書いてありました。初めて出来るようになったことを一緒に喜んであげたかったと働くママの誰もが思うことでしょう。

3年間育児休暇が取れる会社でも、実際に3年間休む人は少ないです。理由は3年も職場を離れると復帰までのハードルが高くなるからです。3年もの月日の中で、もしかすると会社が統合されたり、倒産することもあります。技術職や専門職など技術進歩の早い職場では3年経っても仕事に戻るとシステムが違い慣れるまで大変ということもあります。

3年は短いようで長いのです。私は1年で職場に復帰しましたが1年でも大変でした。私が勤務していた会社は人事異動が多かったので「誰がどの部署にいるのか」覚えるまで大変でした。たった1年で職場のルールも変わっていたので、復帰したときはついていけませんでした。長く休むと身体のリズムも仕事の感覚を掴むまで大変でした。

3年の育児休暇を取り職場の雰囲気についていけなくなるのは嫌だから、1年程度で職場に復帰する人が多いのです。

育児休暇の期間は3年ではなく2年だとしてもデメリットは多い?

私の前の職場に子供を2人産みたいと話をしている女性がいました。子供に恵まれ1年育児休暇を取り、戻ってきました。しかし1年も経たないうちに又育児休暇を1年取りました。私はその人のフォローで大変な思いをしました。育児休暇を取っている間、代わりの人を雇ってくれればいいのですが、私の会社は違ったので育児休暇を取っている間、迷惑がかかっていました。

2年間育児休暇を取り、時間短縮で戻ってくる人もいます。こちらとしては歓迎出来ません。結局穴埋めをしないといけないので不公平だと感じます。

他の誰かに迷惑がかかってしまうので、育児休暇終了後に退職する人や転職する人もいます。中にはそんなに休暇を取るなら退職したほうが良いと言う人もいます。子育ては母親がするものと言う風潮が強い。企業がもっと女性が働きやすい職場を作るとこのような問題が起きないのではないかと思います。

夫が育児休暇を取得することのメリットとは?

夫が育児休暇を取らずに会社努めをしていると頻繁に病院には行けません。出産の後ママの身体に負担がかかるのでそれはとても大変です。近くに看護師さんや助産師さんがいて協力してくれても、本当に頼りになるのは旦那さんです。

育児休暇を取っていなくてもオムツを替えるのが上手なパパもいます。世の中のパパの中には大きな方のオムツ替えが出来ない人もいると聞いたことがあります。そんなことは言っていられません。替えるしかないからです。オムツを替えながら赤ちゃんと話をしたりしましょう。そうするとコミュニケーションも取れるようになります。

ミルク育児のときは赤ちゃんへミルクも飲ますことも出来ます。手伝おうと思えば毎回。腕の中で飲む姿がとても可愛いですよ。

「仕事と家庭の両立支援」を育児休暇で悪用する人もいる?

国が進める「仕事と家庭の両立支援」2017年10月から育児休業期間を2年に延長する取り組みを進めています。育児休暇では用意された制度を利用しようとする女性社員がいます。

私の会社では育児休暇に入る前にいつ復帰するか上司と話し合って決めます。しかし復帰直前になって延長を申し出てくる社員もいます。保育園に入れなかったなどの理由が多いですが、本当なのかは不明です。それでも復帰してくれることを願っていますが、3年間出産休暇、育児休暇を利用して、育児休暇が終わる間際に退職届を出す社員もいました。はじめから復帰するつもりはなく、制度だけ利用してそのまま辞めてしまうというのが一番困ります。

 - ベビー/子育て