探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

猫の去勢を済ませたのにスプレー行為がなくならない原因と対処法

2018.8.22

飼っている猫ちゃんの去勢手術を済ませたのにスプレー行為をやめない!というお悩みをお持ちの飼い主さんもいますよね。去勢手術を行えばスプレー行為をしなくなると思っていたのにそれが改善されないと困ってしまうものです。

去勢手術を済ませたのにスプレー行為をするのは一体どうしてなのでしょうか。

そこで今回は、去勢手術をした猫のスプレー行為の原因と対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

猫がトイレを失敗している?トイレからはみ出す原因とは!

猫がウンチやオシッコをトイレからはみ出すのは、トイレの場所や環境に不満があるせいかもしれません。 ...

猫の尻尾が震えるのはどんな気持ちの時?尻尾の動き別に解説

猫は感情が尻尾の動きにあらわれるので、尻尾の動きを見れば今どんな気持ちなのか読み取ることが出来ます。...

猫の爪が巻き爪になって肉球に食い込んだ!定期的に爪切りを

飼っている猫ちゃんの爪が巻き爪になってそのままにしていると、爪が肉球に食い込んで怪我をしてしまうこと...

犬を散歩させるなら夜がいい?安全や防犯対策もお忘れなく

犬の散歩は適度な運動になり、スキンシップが増えて愛犬からの信頼も向上? 仕事から帰宅して、夜に...

ハリネズミが脱走して見つからない時にできること!

ハリネズミはほとんど脱走はしないそうです。 脱走するとすれば、ゲージが何らかの原因で開いてしまい、...

メガネの位置は正しい?位置が違うとバランスが崩れる原因に

メガネの位置がずれているとなんだかとても不自然に?メガネ美人、メガネイケメンになるには正しいメガネの...

うさぎのお腹をマッサージ。うさちゃんが健康でいられるために

うさぎはデリケートな動物です。普段から、スキンシップを兼ねて、お腹をマッサージをしてあげてください。...

メダカの水槽にエアレーションと使うことのメリットと注意点

メダカを飼い始めたばかりの人は、エアレーションを使った方がいいのかどうか迷うところではないでしょうか...

ザリガニの飼育をしよう!水替えの頻度や手順について

ザリガニを飼育するのは、初心者の人でも意外と簡単に飼うことができます。 ですが長く飼育するには...

美容院のカットが気に入らない時はやり直しをお願いしよう!

美容院でカットしてもらいお家へ帰った後、よく見るとなんだかイメージと違うな…。と気に入らない時ありま...

金魚とメダカは一緒に混泳できる?注意点や混泳するポイント

金魚とメダカのひとつの水槽に入れて一緒に混泳させてみたいと思ったことはありませんか? では、金...

鏡と写真の自分の顔が違うのはなぜかについて

写真に写る自分の顔が普段鏡で見ている自分の顔と違うと、感じたことがある人は多いのではないでしょうか?...

服がシンプルでもおしゃれに見えるコーデ術。大人女子の着こなし

大人女子が目指すコーデは『シンプルでありながらもおしゃれに見える』という着こなしにしたいですよね。 ...

女子でも靴が臭い時あります!気になる臭いの解決法とは

女子だって靴が臭い。と悩んでいる方は少なくはありません。 どうして靴が臭くなってしまうのか?臭...

猫が入れる部屋を制限する方法や留守中のゲージ使用について

猫を室内飼いしている場合、家の中で入って欲しくない部屋もあるでしょう。 そこで、猫の入れる部屋...

スポンサーリンク

去勢をしても猫のスプレー行為が治らない事がある

オス猫のスプレー行為がひどくて去勢手術をしたのに、スプレー行為が全然治っていない場合もありますよね。

寝ようと思って布団に行ったらスプレー行為をされていたなんて経験された方も居るのではないでしょうか。

スプレー行為をやめない猫への対策方法

  1. 猫用の忌避スプレーを使用する
    こちらは猫が嫌がる柑橘系などのニオイが配合されているものが多いです。
    猫の体に害はありませんので、普段スプレー行為を繰り返す場所に忌避スプレーをかけておくことでスプレー行為を防ぐ効果があります。
  2. トイレや餌を置いている場所を変えてみる
    猫はとても綺麗好きな動物で知られていて、自分のご飯の場所でスプレー行為をすることは殆どありません。
    ですのでトイレや餌をスプレー行為のする場所へ置いてみてはいかがでしょうか。
    しかし布団の上だと移動するのも難しいと思いますので場所によるでしょう。
  3. 動物病院に連れて行き先生に相談してみる
    どうしても治らない場合はストレスを感じている場合があります。
    動物病院に連れて行き先生に相談してみて一緒に対処法を考えてもらいましょう。

去勢後の猫のスプレー行為が治らない原因は色々

スプレー行為は、発情期に起こりやすく自分の権力や存在を他の猫へ知らせるためにする行動です。
殆どの場合は、去勢手術をすることで治まりますが去勢手術をしたのにも関わらずスプレー行為が治らない場合もあります。

スプレー行為が治まらない原因はさまざまあり、ストレスを抱えている場合、トイレが汚い場合、他の猫に対し存在をアピールしている場合などいろいろあります。

  • ストレスを抱えてる場合
    食事場所とトイレが近くにないか、猫にとって見知らぬ人が家に居ないか、新しい猫が突然家にやってくるなど猫がストレスに感じることはたくさんあります。
  • トイレが汚れている場合
    猫はとても綺麗好きな動物です。
    トイレが汚れていると、トイレ以外の場所で排泄をしてしまいます。
    トイレは常に清潔に、こまめに掃除することを心がけることが大切です。
  • 他の猫に対し自分の存在をアピールしている場合
    この場合は基本的に発情期に見られる行動ですので、去勢手術をすると大抵の場合は治まります。
    獣医師に相談してみると良いでしょう。

またスプレー行為をしてしまった場合でも、怒ることは厳禁です。
スプレー行為をされた箇所はしっかりと臭いをとり、臭いが残らないようにしましょう。

スプレー行為が軽減する!猫に去勢手術を行うメリット・デメリット

スプレー行為をおさめる為には去勢手術をすることが大切ですが、去勢手術をするにあたりメリットとデメリットがありますのでご紹介します。

まずはじめにメリットですが、発情期の症状や行動を減らすことができます。
発情期の主な症状は、大声で長時間鳴き続ける、あちこちで尿を吹きかけるスプレー行為です。
また繁殖や、性器の病気を予防することができます。

続いてデメリットですが、去勢手術により体へ負担がかかることです。

去勢手術を行うには必ず全身麻酔を使用しますが、麻酔薬や技術が進んでいるとは言え猫にとって全身麻酔はとても負担があります。

去勢手術を行うということは、発情期を繰り返しその度に猫の体にかかる負担を考えるとメリットと言えますが、一方で生殖能力を人間が勝手な判断で奪ってしまうことにもなります。

ですが、増えてしまった猫が捨てられてしまったり、殺処分されている現実もあります。
去勢手術をするということは、こういった点を踏まえた上で判断する必要があります。

猫のスプレー行為。できる対処法について

猫がトイレ以外の場所で排泄するには、トイレの状態が気に入らなかったり、泌尿器系の病気が隠れているなど必ず原因があります。

スプレー行為と、トイレ以外の場所での粗相では排尿の量が全く違います。

通常であれば、去勢手術後にスプレー行為が改善されることがほとんどですが、改善されない場合もあります。

改善されない場合は、スプレー行為が改善されるまでスプレー行為のされやすいものを猫の届かない場所へ移動するなどの工夫をするとスプレー行為が治まるかもしれません。

スプレー行為をしなくなったら移動したものを元の位置に戻すなどの対策をしてみましょう。

またスプレー行為をされても掃除しやすい環境を作っておくことを大切です。

猫のマーキングについて

猫のマーキング行為とは、自分の体や顔を寄せスリスリとこすりつけ、自分の縄張りにニオイをつけることを言います。

例えば新しく猫を家に迎え入れたとき、逆にいつも居る猫が居なくなったときなどさまざまなときにマーキング行為をします。

猫によりマーキング行為をする時の感情はそれぞれ違い、不安に感じているとき、リラックスして落ち着いているときなど猫により違います。

またその中でもスプレーのように尿をかける行為をスプレー行為と言います。

スプレー行為の尿は普段よりも濃く、不妊手術をしていないオス猫がメス猫に対し求愛行動をしているときなどにスプレー行為をします。

猫は自分のニオイをつけることで、その場所や物を自分のものと主張し自分が安心できる場所します。

その中でもスプレー行為は飼い主にとって非常に困る行為ですが、スプレー行為をする原因は必ずありますのでその原因を見つけて対処するようにしましょう。

 - ビューティー, 動物/ペット