探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

公務員試験の勉強のやる気を起こさせる方法!

2018.10.8

公務員試験に向けて日々コツコツと勉強をしている方も多いと思いますが、イマイチやる気が起きない、勉強のモチベーションが上がらないということもあるでしょう。

公務員試験のやる気が起きない理由はあります。勉強をすればするほど、なぜ公務員になるのにこんな勉強が必要なのかと疑問に感じてしまうからです。

公務員試験の勉強のやる気を起こさせる方法についてまとめました。
やる気は学習するうちに芽生えてきます。公務員になるためにも頑張りましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

実力テスト(中3)の勉強法とは?定期テストを見直そう!

中3の実力テストはどのように勉強をしたらいいのでしょうか?中1や中2のときとは勉強法を変えていかなけ...

バイトを突然クビになった!でも働いた分の給料は請求できます!

バイトを突然クビになった・・・。それでも給料はもらえるのでしょうか? たとえ無断欠勤をしてクビ...

バイトでのミスや失敗の連続は誰にでもあること!失敗を生かそう

バイトで連続のミスをすると、落ち込んでしまいますよね。自分なりに頑張ろうと努力する為には、どうモチベ...

幼稚園の先生に不信感を持ってしまったら?対処方法とは

幼稚園の先生が子供にこんな態度をとっていたなら、不信感が芽生えてしまうのも親としては仕方がないこと?...

広告代理店の仕事の実態と楽しい仕事と思われがちな理由

広告代理店と聞くと、なんとなく「業界人」っぽくてカッコイイ!と軽く考えている人が多いのではないでしょ...

学校でプール授業を行う場合は気温も関係するのか

屋内プールなら気温に左右されることなく授業を行えますが、屋外プールの場合はその日の気温や水温が気にな...

電話の第一声の出し方とは?問い合わせをするときの第一声

電話の第一声はなんて言ったらいのか、一瞬わからなくなってしまうときがある人は多いのではないでしょうか...

必見!就職を地元でしたいときの志望理由をご紹介

就職先を地元で探す学生が年々増えています。 就職先は地元がいい理由は?就職を地元でしたいときに...

アルバイトの電話応募に勇気が出ない人必見!電話応募のポイント

アルバイトの求人の応募するとき、電話で受け付けをしている場合も多いですよね。 しかし、電話って...

パート契約を更新しないで退職する方法や期間途中の退職方法

パート従業員が仕事を辞めたいと思ったらいつでも辞められるのか、退職するのにも決まりがあるのか、知って...

仕事の初日に適した服装とは?転職初日の服装を考える

仕事の初日はどんな服装で行こうか悩んでいませんか? 転職先への入社初日は緊張するもの。好印象を...

学校の下駄箱が臭い!臭いの原因や臭いを防ぐ方法を紹介します!

学校の下駄箱が臭い・・・。この臭いで悩んでいる人、不快に思っている人もいるでしょう。 そもそも...

勉強のやる気をアップさせて、高校1年の壁を乗り越えよう!

中学校とは違い高校に入学すると勉強の内容も一気に難しくなって、まだ高校1年なのに壁にぶつかってしまっ...

ノートの取り方を教えて!勉強の時の書き方次第で成績もアップ!

頭の良い人はノートの取り方にコツがあるといいます。実際に自分が勉強をする時に、上手なノートの書き方が...

高校の通学時間の適正、自転車通学の場合は○○分がいい

高校へ通学するのに、自転車で通学している学生さんもいます。 自宅から学校まで近い人や何十キロも...

スポンサーリンク

公務員試験の勉強のやる気が起きない・・・。その理由とは?

自分で目指すと決めた職業なのに、いざ試験勉強を始めるとなぜかやる気がどんどんしぼんでいく…。公務員の試験勉強をする人たちが多く抱く問題です。なぜこのように感じてしまう人が多いかというと、公務員試験の勉強内容に疑問を感じるためという理由が多いようです。公務員試験は教養科目と専門科目に分かれますが、難易度が高い公務員試験になればなるほど試験科目の内容が増えていきます。

一般教養の中には数的処理や自然科学などの内容もあり、公務員の仕事とは直接関係ないように感じる科目も多々あります。公務員という職業への夢と、するべき勉強内容との間に乖離を感じてしまい、試験勉強に身が入らなくなってしまうのです。

しかし、見方を変えればこの勉強さえすれば憧れの公務員になれるのです。試験勉強への意欲が湧かずにくすぶっている人は、1度割り切って考えてもう1度真剣に取り組んでみましょう。今はつらくても、勉強した先には公務員という未来が待っています。

公務員試験の勉強のやる気を起こさせるには?

勉強のやる気が湧かないときにとても効果的なのが、簡単で小さな目標から始めるということです。

勉強しようとして机に向かったは良いものの、集中できないときはありますよね。そんなときは大抵勉強以外のこと、例えばゲームやテレビの続きなどのことが頭に浮かんでいるのではないでしょうか。

誰だって嫌なことよりも楽しいことを考えたいと思うのは当たり前のことです。ならば勉強を楽しいこととして認識すれば良いのです。そのために、「勉強をしたら達成感を得られる」「知らなかったことを理解するのは楽しい」と脳に植えつけましょう。

いきなり難しい問題に取り組んだり、何時間も机に向かうことを目標にせず、簡単な目標から始めてみてください。それが達成できたら目標設定を少しずつ高くし、勉強が苦ではなくなる自分を作っていきましょう。

モチベーションが上がらない公務員試験の勉強、でも学習するうちにやる気が起きてくるかも!?

公務員試験の勉強のやる気が湧かないときは、やる気がなくてもまず机に向かうことが大切です。全然気分が乗らなくても机に向かってダラダラ勉強してみましょう。そのうちモチベーションが高まってきます。これは作業興奮という効果です。作業興奮が起こるには数分かかるので、この状態になるまでは根気強く机に向かいましょう。

公務員試験には様々な科目があるので、その中には自分が苦手だと感じる科目もいくつかあるでしょう。普段は好きな科目を中心に勉強して、嫌いな科目はまとめて一気にやっつけるという人もいると思います。しかしそういう科目こそ頻繁に手をつけるべきです。

最初は苦手、嫌いと感じていたものでも、日常で多く接するものには自然と親近感を覚えるということが、心理学的に証明されています。このザイオン効果を利用して苦手科目を克服しましょう。

まずは苦手な科目の教科書を頻繁に開きます。しっかり読まなくてかまいません。適当にページをめくり、図や写真をなんとなく眺めるだけで結構です。リラックス状態で教科書に触れることによって、その科目に親近感が湧いてきます。すると次第に拒否的な気持ちが薄らいで、勉強へのやる気が湧いてくるのです。

公務員試験の勉強はいつから始めるべき?

公務員試験の勉強はいつから始めるべきでしょうか。試験勉強の内容を考えて逆算してみましょう。

まず、公務員試験の科目は教養科目と専門科目に分かれますが、合わせて約30種類もの科目が存在します。試験科目数も、試験範囲も、暗記内容も膨大です。一般に、公務員の筆記試験に合格するには合計1000時間の勉強時間が必要と言われています。

1日5時間みっちり集中して勉強したって、200日かかります。普段勉強する習慣のない人なら、急に毎日5時間勉強するのは現実的ではないですよね。そのため、毎日机に向かうことを少しずつ習慣にしていく必要がありますので、200日以上は確実に必要です。

公務員を目指すなら、できれば1年前から手をつけると良いでしょう。遅くても半年前、勉強に自信のある人なら3ヶ月前からでも間に合う可能性もあるでしょう。

公務員試験の勉強は予備校がいい?それとも独学?

予備校に通うか、通わず独学で試験勉強を進めるかというのは非常に悩むところですよね。結論からいうとその人によります。独学でも公務員試験の勉強を続けていける性格とモチベーションをあわせ持っていれば、独学でも公務員試験には合格できます。

自分ひとりでモチベーションを維持するというのは大変なことなので、お金の余裕があれば予備校に通って勉強するのも良いでしょう。

また、臨機応変に予備校を利用するというのも1つの手です。例えば苦手科目だけ予備校の授業を受けたりなどです。専門記述や論文対策が苦手と感じるならその部分だけ予備校の力を借りて、後は自分の力で頑張るのも良いでしょう。面接や集団討論などが苦手ならそれまでは独学で頑張り、最後のその部分で予備校に通うのもおすすめです。

どの職業でも同じですが、なによりも大切なのは公務員になりたいという気持ちです。この気持ちを最後まで強く持ち続けることのできた人が公務員になることができるといって良いでしょう。

 - サークル/部活/学校, ビジネス/就職/転職