探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

子猫のミルクの飲ませ方、猫のペースで飲ませてあげよう

2018.10.9

子猫にミルクを飲ませるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

まずは、ミルクを飲ませる前にこのことを確認してみてください。飲ませ方で、気をつけなければいけないのが猫がミルクを飲むときの体勢です。

仰向けではなく、うつ伏せで飲ませる理由とは?ミルクを飲まないときにはどうしたらいのでしょうか?子猫のミルクの飲ませ方について紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ハムスターがペレットを食べなくなった時はこうしよう

飼いやすいからと最近人気のハムスター。ペット飼育初心者にもオススメです。 そんな可愛いハムスタ...

猫だけでも大丈夫?仕事の都合で猫に留守番させるときの準備

仕事の間、猫は一匹で留守番していても寂しくないの?飼い主が留守の間、猫はどうやって過ごしているのでし...

ペットロスの乗り越え方!ペットに会いたいときの対処法

大切な家族であるペットが亡くなってしまった、会えなくなってしまったら、心の中にポッカリと穴が空いてし...

猫がゴミ箱を倒すのをなんとかしたい!ゴミ箱の選び方

猫がゴミ箱を倒して中のものをあさってしまうのをどうにか止めさせたい!こんなときにはどのような対策をと...

猫や犬のダニ駆除をキッチンにある酢で実行する方法

猫や犬などペットを飼っていると気になることの一つがノミやダニ。 動物病院で駆除してもらうことは...

カブトムシの虫かごの白い虫は?どこから?影響や駆除方法

カブトムシの虫かごに、気がつくと白い虫がわいていることがあります。 この白い虫の正体はダニです...

ザリガニの飼育をしよう!水替えの頻度や手順について

ザリガニを飼育するのは、初心者の人でも意外と簡単に飼うことができます。 ですが長く飼育するには...

子猫の野良にエサをあげる人と、それを反対する人の意見

近所に野良猫はいますか? 子猫が捨てられいるのは可哀相…。とエサをあげている人もいます。 ...

犬を放し飼いしたい!庭でのびのび遊ぶ為に注意すること

一戸建てに住んで、庭があって犬を飼うのは犬好きにとっては一つの夢ではないでしょうか。 室内飼い...

金魚とメダカは一緒に混泳できる?注意点や混泳するポイント

金魚とメダカのひとつの水槽に入れて一緒に混泳させてみたいと思ったことはありませんか? では、金...

【ドッグランのマナー】追いかける犬にしてしまうのは飼い主です!

愛犬を思いっきり走らせて遊ばせてあげたい。そんな時に役に立つ施設が「ドッグラン」ですよね。 ...

猫の去勢を済ませたのにスプレー行為がなくならない原因と対処法

飼っている猫ちゃんの去勢手術を済ませたのにスプレー行為をやめない!というお悩みをお持ちの飼い主さんも...

猫の生後1ヶ月の平均体重と図り方や増え方と気をつけること

生後1ヶ月の子猫ってとても小さくて可愛いですよね。 では、生後1ヶ月の子猫の体重って平均だとど...

猫とうさぎの上手な同居方法!仲良くさせるコツと注意点

家で違う種類のペットを飼っているという方も多いと思いますが、猫とうさぎの同居は可能なのでしょうか。 ...

犬のお腹が鳴るのは病気なの?毎日の食事や排泄に気配りを!

犬のお腹がやけに鳴って気になる。空腹ではないはずなのに、どうしてお腹が鳴るの? その多くは、胃...

スポンサーリンク

子猫にミルクを飲ませるときの量や回数や飲ませ方について

子猫にミルクを与える前に準備をしましょう。

  • 子猫を暖める
  • 低血糖を防ぐ
  • 生後どの位経っているかの確認

体温が下がってしまえば低血糖になってしまう事につながります。
長い間母乳を飲んでいなくても低血糖状態になってしまうので、もしも捨て猫などですぐにミルクを飲ませてあげれない状態なら、とりあえずはガムシップや砂糖水を飲ませてあげるといいです。

体温が低くなっていたり嘔吐などしていても飲ませてあげましょう。

猫の成長の日数の目安とミルクの量

  • 生後1日から7日まで位
    体重120グラム位
    1回5~10ccを1日6~8回
  • 生後8日から14日まで位
    体重250グラム位になり目が開いてくる
    1回5~15ccを1日4~8回
  • 生後15日から21日まで位
    体重350グラム位になり犬歯が出てきて、歩き始める
    1回5cc以上で好きなだけの量を1日4~6回
  • 生後22日から1ヶ月位
    体重350グラム以上になり歯が生え揃って、上手に歩けるようになる
    離乳食を与え始め、食べてからミルクを与える(ミルクの量は控える)

子猫用として市販されている哺乳器を使用して与えますが、吸い付けなかったり、少量の場合でしたらスポイトもしくはシリンジを使用して少しずつ飲ませてあげましょう。

ミルクの飲ませ方で子猫にあげるときの注意点

子猫を保護した時に何かあげる時に、牛乳を与えてしまう人がいるようですが、それは決して止めましょう。
猫にとっては牛乳は消化しきれない成分がはいっていたりするので危険です。

犬を飼っていて犬用のミルクがあっても、猫用とは成分が違いますので与えないで下さい。

必ず、子猫用として市販されているミルクを与えましょう。
保護してばかりで、近くにお店がなかったり夜間でどこも閉店していて購入できないような場合でしたら、とりあえずはぬるめに温めた牛乳に、卵黄、練乳を少しだけ混ぜたものでも緊急用として与えてもいいですが、できるだけ早めに子猫用のミルクを用意してあげましょう。

子猫用ミルクの選び方

成分の表記をチェックして成分が母乳に近いものにしましょう。
粉ミルクがおすすめです。

子猫のミルクの作り方

  1. ミルクに表示されている通りの量、作り方を守りましょう。
  2. 母乳の温度に近いと言われている38度位に温めたお湯を使用します。
  3. 保護してばかりの子猫でしたら弱っている事もあり、消化できない可能性もあるので、最初は少し薄めにして様子みましょう。
  4. 痛んでしまうので作り置きはやめて、毎回新しく作りましょう。

子猫のミルクの飲ませ方で大切なのは飲ませる体勢

子猫にいざミルクと飲ませる時の姿勢にも気をつけましょう。

子猫にミルクを飲ませる時には、うつ伏せの状態で飲ませる

子猫は母乳を飲むときもうつ伏せの状態で、決して仰向けではありません。
万が一仰向けにしてミルクを与えてしまえば、ちゃんと消化する事が出来なくなってしまったり誤飲してしまい肺にミルクが入る可能性もあるので、必ずうつ伏せで与えましょう。

子猫にミルクを飲ませる時の飲ませ方

  1. うつ伏せにしてから、哺乳瓶の先で子猫の口を優しくつついてみて下さい。
  2. 口を開けてくれたら口の中に哺乳瓶の先を入れてあげましょう。そうすると自然と自分から吸い付いて飲んでくれるはずです。
  3. もしも吸う力がないようで、飲めていなかったり、口を開けてくれなかったり、嫌がっているようだったら、うつ伏せのままスポイトで与えましょう。
  4. 子猫の口を指などで開けて、舌の上にスポイトの先を置いて、少量ずつ気をつけながらミルクを垂らしてあげます。

それを繰り返していくと、慣れて飲んでくれるようになるので、哺乳瓶も嫌がっていても毎日少しでも試していきましょう。

子猫がミルクを飲まないときには?卒乳はいつ?

子猫の体温が下がってしまえば、食欲がなくなりミルクをあまり飲んでくれなくなります。
いつも子猫がいる所を暖かく過ごせるように工夫して、ミルクを与えるところも暖かいところにして、体温が下がってしまわないように気をつけてあげましょう。

もしも子猫の体温が低くなってしまっているようであれば、乾燥機などで暖かくしたタオルなどに子猫をくるんであげて、ミルクを与えましょう。

哺乳瓶の吸い口が小さくて上手に吸えないようであれば、少しだけ吸い口を大きくして飲みやすいように工夫したり、お腹の調子も悪い場合もありますのでみてあげましょう。

歯が生てくる頃からは離乳食を与え始めて、ミルクの量を少しずつ減らしていきます。
離乳食を与えた後に少量のミルクになっていくでしょう。

子猫のミルクはいつまで?ミルクを卒業したらどんな食事になる?

産まれてから4週間位から食べ物にも興味を示すようになってきます。

乳歯も生えてきているので、少しずつ水と離乳食に変えていきましょう。

子猫がミルクを卒業したら、離乳食の与え方

今まではミルクしか飲んでいなかったので、食べやすいように柔らかいものを与えます。
子猫用として市販されているウェットフードがお勧めです。
ドライフードをお湯でふやかして柔らかくしたものでも大丈夫です。

まだあまり量が食べれないので少しずつ何回かに分けてあげましょう。

最初は見慣れなくて怖がっているようであれば、いつものミルクを振りかけたりして工夫してみましょう。

子猫がミルクを卒業したらお水の与え方はこのように!

新しくてキレイな水をあげましょう。
子猫が飲みやすい大きさを考えて、いつでも飲めるようにします。
あまり水を飲まない子もいますが、数箇所に分けたり、その器の大きさなどを変えると飲むようになったりします。

今までのミルクや母乳を与える量はちょっとずつ少なくして、生後8週位には卒乳できるようにしましょう。
たくさん離乳食を食べて、ちゃんと体重も増えているなら離乳時期を終わらせて、本格的に子猫用フードに替えていきましょう。

 - 動物/ペット