探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

赤ちゃんの前髪を切るのを失敗してしまう!失敗しない切り方

2018.10.10

赤ちゃんの前髪を切って失敗してしまったことがあるお母さんは多いのではないでしょうか?

前髪だけだし、きっとお店に行ってもじっと座っていられないからと軽い気持ちで前髪を切ったら失敗してしまうその気持ちわかります。

赤ちゃんの前髪を切るときにはどんなコツやポイントがあるのでしょうか?気になる赤ちゃんの前髪の切り方について紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供の寝る時間遅い?お母さんの寝る時間が影響しているかも!

子供が夜遅くまで起きていて寝る時間が遅い!寝かしつけている親は辛い! 1日の過ごし方に見直す点...

小学校一年生は勉強する習慣を身に着けることが大事です

小学校一年生の勉強はひらがなや数字など基本的なことを学習することが中心ですよね。大人の私たちからする...

離乳食の開始は遅めの方がいい?それにはこんなワケがあった!

赤ちゃんが生後5か月を過ぎたころから離乳食を開始するママも多いですよね! でも、離乳食を始める...

幼稚園の親子遠足に父親が参加してもOK?メリット・デメリット

幼稚園の行事に親子遠足がありますよね!幼稚園の行事には母親が参加することが多いですが、父親が参加する...

中学生の勉強にやる気を出させるためには?親としてできること

中学生になると授業の内容も専門的になり、家庭学習が必要となる頃ですが、勉強にやる気が出ない子供も多い...

子供にイライラして怒鳴る。怒鳴る前に出来る事

子育てしていると、どうしてもイライラして大声で怒鳴ることありませんか? 子供が寝ている姿を見る...

育児休暇の期間は3年?それとも1年?育児休暇について考える

育児休暇は最大で3年間取得できる企業も増えてきているようですが、実際には3年取得している人はまだ少な...

中学校の運動会にも保護者は必要?小学校との違いを調査!

子供が小学校の時には運動会を見に行くのが当たり前でした。 中学校の運動会も同じように保護者が見...

赤ちゃんはお腹の中でどんな体勢でいるのか調べてみよう

妊娠中のママさんは、お腹の中にいる赤ちゃんが何をしているのか、声は聞こえているのかと色々想像してしま...

習い事を辞めるか続けるか迷っている理由について

子供が習い事をしているならできれば続けてほしいと思いますよね。 しかし子供が嫌がったりしている...

人見知りの子供に習い事のオススメや克服するためにできること

人見知りの子供には小さいうちから習い事をさせた方が克服することができるのでしょうか? では、人...

旦那の仕事が激務で育児は不参加!辛いけど乗り切るしかない

せっかく子供が生まれたのに旦那は仕事が激務で、育児どころか子供の顔をのんびり眺めている暇もないほど。...

子供の昼寝の時間が長い!昼寝の時間を調整して規則正しい生活を

規則正しい生活を送るためには、子供のお昼寝の時間はとても大切になります。 お昼寝が長いと感じて...

子供が言葉を話すには練習よりも経験や感じることが必要です

子供が周りの子と比べて、言葉を発するのが遅いと感じると、心配になってしまいますよね? 言葉の練...

子供が熱で入院するのはどんな時?子供の熱について!

子供が熱を出したらとても心配になりますよね。 熱がなかなか下がらない時や高熱になると入院しない...

スポンサーリンク

赤ちゃんの前髪は失敗しやすい!失敗しないコツとは?

赤ちゃんの前髪が伸びてくると気になりますよね。赤ちゃんの目に入ってしまい切りにくい場所なので手早く前髪を切ることがポイントです。赤ちゃんはじっとしていることが苦手なので本当に手早くしないと前髪がガタガタになってしまいます。前髪を切る場合に失敗しないコツを紹介します。

  1. クシで髪をとかし、目にかかっている部分を取り分けます。残りの髪を切る時に邪魔にならないようにクリップで止めます。前髪は濡れていると切りやすいので、クシを水で濡らしてとかすといいです。
  2. 仕上がりのイメージよりも少し長めにします。人差し指と中指で前髪を挟み、その下を切っていきます。真ん中、右、左と分けて切ります。
  3. 前髪を人差し指と中指で縦にはさみ斜め上に切ります。前髪に軽くギザギザが出来軽くなります。

赤ちゃんの前髪を失敗・・・。それも思い出!

赤ちゃんの場合、もし前髪を切りすぎても、それはそれで可愛いです。どうしても気になるという場合は、段をつけたり、逆に「ぱっつん」にしたりして短くしてみましょう。このようにすると不自然さや失敗が目立たなくなります。逆に前髪を作らないでピンで止めてあげる方法もあります。

どう見ても失敗とわかる場合や自分ではどうすることも出来ない場合は、美容室に連れていきましょう。相手はプロなので事情を説明すると何とかしてくれるはずです。

家でどうにかならないかとチャレンジしたけど、どうにもならない場合は早めに美容室へ行きましょう。家での失敗が少ない方は仕上がりも良くなります。プロですから。

どうにかならないかと右側を切り、左側を切っているうちに取り返しがつかなくなりますよ・・・。失敗した時は美容室へ連れていきましょう。

赤ちゃんの前髪に失敗したときこそ写真を撮ろう!

赤ちゃんの前髪のカットを失敗したママたちは意外と多くいます。そんなママたちの体験談です。

  • 息子が1歳の時にはじめてバリカンを使いました。もちろん失敗・・・。あちこち直しているうちに坊主になってしまいました。動き回るし泣くので思うように髪の毛を切ることができませんでした。髪はすぐに伸びるし、周りは自分が思っているほど気にしていませんでした。
  • 男の子なら坊主もあり。問題はないと思います。我が子は女の子だったので、失敗してガタガタになってしまった前髪を短い所に合わせて切り「ぱっつん」にしていました。ほとんど前髪はなかったけど、赤ちゃんなので周りにウケていました。赤ちゃんの時にしか楽しめない髪型です。写真に取って大きくなったら見せるつもりです。
  • 美容室に行っても直らない程切ってしまいました。短くなった前髪は可愛い!将来反抗期が来たら、見せて笑いましょう。赤ちゃんの髪はすぐに伸びるので大丈夫です。
  • 髪を短く切りすぎた時は、外出の時は帽子を被せて伸びるのを待ちました。

赤ちゃんの前髪が失敗しないようにハサミも専用のものを用意しよう!

赤ちゃんの前髪をカットするためのハサミは、大人用よりは少し小さめで刃先が長いと切りづらいです。長さの目安は、ハサミが交差している部分から10センチ位のものが切りやすいです。先端が丸くなっている部分の方が安心です。

工作用ではなくヘアカット専用の物を選びましょう。ハサミは有名なのはステンレス製です。しかし中には切れ味が悪いものもあります。スチール製はよく切れ使いやすいですが、価格が高価なので購入する時に迷ってしまいますが、赤ちゃんの前髪を切る時には是非オススメしたい種類になります。

髪の毛のボリュームを少なくしたい時に使うすきバサミもあります。ハサミだけでは一直線になったり、量を調節する時にすきバサミはあると便利です。すきバサミも安いものから高価なものまでありますが、あまりに安いすきバサミは切れ味も悪いこともあります。安すぎず、高価すぎない自分にあったハサミを購入し前髪カットに挑戦してみてください。

赤ちゃんの前髪を失敗しないためには準備が肝心!

赤ちゃんの前髪を切る時は必ず散髪用のハサミを用意しましょう。家にある工作用のハサミで切ると髪の切り口が不自然な仕上がりになります。切った後にすきバサミですいてあげるよ自然な感じになります。ママの前髪カットの時も使えるので家庭に1つあれば便利です。クシ、ケープ、椅子、敷物、ヘアピンなどの用意もします。

子供の前髪を切る時は子供がおとなしく前を向いて座っていていなければいけません。私が子供達が小さい時やっていた方法は子供の好きなテレビやDVDを見せていました。夢中になってみている時もありましたが、そうでない時もありました。

じっと座っていることが出来ない時は「髪の毛を切り終わったらアイスを食べよう」「終わったら公園に遊びに行こう」と言っていました。子供は好きなことが出来るので急におりこうになるので、その間に終わらせてしまいます。物で釣るのはいけないと思いますがこのような方法で私は子供の髪の毛を切っていました。さすがに今は大きくなったので美容室に行かせています。

 - ベビー/子育て