探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

子供が高校受験に落ちたら、親がかけるべき言葉とは!

2018.10.10

子供が高校受験を!もし落ちた時には親はどう対処したらよいのでしょうか?また子供にかけるべき言葉とは?

これから高校受験を控えるお子さんをもつ、親御さんにとっては気になるところですよね。

間違った言葉をかけてしまうと、これからの子供との信頼関係が変わってしまう可能性もあります。まずは一番つらいのは誰なのかを考えることから始めてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

黒板アートを文化祭で簡単に上手に描くコツと工夫

黒板アートは黒板とチョークを使って気軽にできるアートとして人気がありますよね。 華やかな黒板ア...

勉強のやる気をアップさせて、高校1年の壁を乗り越えよう!

中学校とは違い高校に入学すると勉強の内容も一気に難しくなって、まだ高校1年なのに壁にぶつかってしまっ...

幼稚園の個人面談で聞きたいことがあるときの準備について

幼稚園の個人面談では、子供の様子を先生から教えてもらえるいい機会です。 聞きたいことがあるのな...

学校へ行きたくないというのは甘えにになるのか検証

子供が突然「学校に行きたくない」と言い出したら親としては心配だし、戸惑ってしまいますよね。 「...

小学校の役員を引き受けた時の挨拶の内容や文例について

小学校でPTAの役員を引き受ける時に、挨拶をしなければならないことがあるのですが、どんな内容を話せば...

部活の後輩を嫌いと思う時、そんな時の対処方法をご紹介

部活の後輩が嫌い・・・。最初は後輩が出来てうれしかったのに生意気な態度にイラッ! その気持ちが...

生徒会選挙に勝つためには演説でインパクトを残すことが重要!

生徒会選挙に立候補したら、敵が3人もいた…。そんなケースもありますよね。 では他の候補者よりも...

幼稚園の個人面談!先生や親が聞くことについて

幼稚園の個人面談って時間が決まっていて聞きたいことが聞けなかったという親もいると思います。 し...

高校の通学時間の適正、自転車通学の場合は○○分がいい

高校へ通学するのに、自転車で通学している学生さんもいます。 自宅から学校まで近い人や何十キロも...

校則が厳しい日本の高校~よくある校則から笑える校則まで

あなたの高校の校則は厳しいですか? きっと多くの方が「はい」と答えると思います。 この厳しい校則...

高校時代の思い出がないのは自分だけじゃない!

あなたの高校生生活はどうでしたか? 楽しい思い出や思いだしたくない過去・・・。色んな思い出があ...

フリースクール高校の寮生活では学ぶことがたくさんある!

様々な理由から、学校に行くことができなし、不登校になってしまったという生徒が多く通うフリースクール。...

悩んでしまう中学校の同窓会の服装選び、選ぶポイント解説!

中学校の同窓会の案内状。出席はしたいけど着ていく服装がない!ってことよくありますよね。 もしか...

学校生活は疲れる?帰宅後に短時間仮眠をとって寝るのは効果的!

学校から返ってきたら疲れている様子の子供、毎日帰宅後に寝るという子もいますよね。最近の子供は学校生活...

大学って、何がそんなに忙しいの?彼氏が忙しい理由とは

大学やサークル、アルバイトが忙しいという彼氏。 それって本当の理由!? 二股掛けられてたり、...

スポンサーリンク

子供が高校受験で落ちた時、親がまずする事とは

子どもが高校受験に落ちたら、親はどのように接すれば良いのでしょうか。落ち込む子どもに対して、なんと声をかけるべきか悩む親は多いと思います。

まず1番に考えるべきことは、子どもの気持ちです。高校受験に落ちて1番ショックを受けているのは他でもない子ども自身だということを忘れてはいけません。

最初の接し方を間違えてしまうと子どもが親に対し心を閉ざしてしまう可能性もあります。親の気持ちの押し付けだと子どもに誤解されてしまわないような言動を取りましょう。

そのために大切なのは、子どもの心に寄り添うことです。まずは子どもの気持ちを聞き出したり、想像して共感するところからがスタートです。子どもの「あんなに頑張ったのに」「辛い」「周囲に報告するのが恥ずかしい」という気持ちを理解しましょう。そして「良く頑張ったよ」「辛いね」などの言葉をかけてあげてください。

1番良くないのは親が子どもの気持ちを励まそうとしてがむしゃらに「来年頑張ろう!」「今は落ち込んでも仕方ない!」と鼓舞することです。

子どもが親との気持ちの温度差を感じて余計にやる気を失わないように、まずは落ち込ませてあげましょう。そうすればきっと自力で立ち直って前を向けるようになるはずです。

高校受験に子供が落ちた後、親は今後を考える必要があります

高校受験に落ちた場合、親は今後どうするか考える必要が出てきます。それもなるべく早急にです。ですが落ち込んでいる子どもに無理に選択を急かしたり、親が子どもの意見を聞かずに進路を決定するのは良くありません。あくまで子ども自身がどうしたいかを考えるサポートをするくらいの気持ちでいましょう。

具体的な今後の進路選択としては以下のようなものがあります。

高校受験に落ちた後の進路選択

  1. 私立に落ちた場合
    その後に受験する公立の受験校を変更するべきかどうか決めます。
  2. 私立には合格したが公立に落ちた場合
    合格した私立があるなら、どの私立に通うのかを決めます。
  3. 公立にも私立にも落ちた場合
    2次募集を受けるかどうか決めます。2時募集を受ける場合、高校の進路担当教師と相談して受験高校を決めると良いでしょう。
  4. 2次募集にも落ちた場合
    通信制や定時制の高校に通うかどうか決めます。通信制や定時制を選択しないのなら、もう1年浪人して高校受験を受けるか、もしくは就職です。

では子供は高校受験に落ちた時、親にどうして欲しいのか

高校受験に落ちた子どもが親に求めていることは何なのでしょうか。結論から言うと「放っておいてほしい」というのが本音でしょう。

1番してはいけないことは、子どもの感情そっちのけで激励したり、親が必要以上に落ち込んだり、子どもに説教を垂れることです。

親だって今まで一生懸命頑張ってきましたよね。夜遅く子どもに夜食を作ってあげたり、子どもの勉強の効率が良くなる食事などを調べて作ったり、塾に通わせるために必死で働いたりもしたでしょう。ですがやっぱり1番頑張って、1番落ち込んでいるのは子ども本人です。

高校受験に落ちたショックに追い討ちをかける言動を、無意識に取ってしまわないように子どもの気持ちを1番に考えて接してあげましょう。放っておけば子どもは自分で気持ちを整理して立ち直ります。辛いでしょうが、子どもを信頼して待ってあげましょう。

子供と一緒に親が落ち込まないようにイメージをする事も重要

高校受験に落ちた場合、子どもの心に寄り添って辛い気持ちに共感してあげることの大切さを先ほどご説明しました。しかしこれは子どもと一緒になって落ち込んでほしいという意味ではありません。親が子どもに共感し過ぎて、いつまでも一緒に落ち込んだままだと逆に子どもに追い討ちをかけることになってしまうからです。

そうならないためには、親は事前に子どもが高校受験に落ちたときのイメージを持っておくことが大切です。子どもが高校受験に落ちたら、親自身はどう感じるか想像してみましょう。その心の準備をしておくことで、子どもが実際に高校受験に落ちたときにも親が必要以上に落ち込まずに済むでしょう。

若いうちに挫折を経験するのは悪いことではありません。これから何十年とある人生、高校受験に落ちたくらいでその後の人生が決まるわけでもありません。全て貴重な経験だと前向きに捉えて、子どもの成長を見守ってあげましょう。

高校受験に落ちた場合の事を子供と話し合いをする親もいます

中には、高校受験に落ちたときのことについて事前に親と子どもが話し合うという家庭もあります。

話し合うことで、「合否よりも悔いが残らないように努力することこそが大切」「必死で頑張った結果の不合格なら仕方ない」というような、親としての気持ちを事前に伝えることができます。高校受験に落ちたとき、きっと子どもはそれらの言葉を思い出してくれるでしょう。

また、落ちたときに子どもに残されている選択肢を事前に確認しておくことによって、その後の判断が迅速にできます。一生懸命勉強することも大切ですが、こういった先を見据えた話し合いの場を設けることも大切かもしれません。

 - サークル/部活/学校