探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

ザリガニの飼育をしよう!水替えの頻度や手順について

2018.8.25

ザリガニを飼育するのは、初心者の人でも意外と簡単に飼うことができます。

ですが長く飼育するには、キチンとお世話をしなくてはいけません。

ザリガニにとって水はとても大切ですので、水替えは定期的に行いましょう。
その頻度ややり方の手順を紹介します。

またエサも必要ですね。どんなエサがいいのでしょうか?

ザリガニはクサイというイメージがありますが、キチンと水替えをすると大丈夫なんですよ!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

猫がゴミ箱を倒すのをなんとかしたい!ゴミ箱の選び方

猫がゴミ箱を倒して中のものをあさってしまうのをどうにか止めさせたい!こんなときにはどのような対策をと...

メダカの水槽にエアレーションと使うことのメリットと注意点

メダカを飼い始めたばかりの人は、エアレーションを使った方がいいのかどうか迷うところではないでしょうか...

猫の去勢を済ませたのにスプレー行為がなくならない原因と対処法

飼っている猫ちゃんの去勢手術を済ませたのにスプレー行為をやめない!というお悩みをお持ちの飼い主さんも...

猫の鳴き声がうるさい時の原因と対処法を紹介します!

猫がよく鳴く、鳴き声がうるさい!そんな時の原因にはどんな事があるのでしょう? 猫の性格は色々・...

子猫のミルクの飲ませ方、猫のペースで飲ませてあげよう

子猫にミルクを飲ませるときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? まずは、ミルクを...

犬のお腹が鳴るのは病気なの?毎日の食事や排泄に気配りを!

犬のお腹がやけに鳴って気になる。空腹ではないはずなのに、どうしてお腹が鳴るの? その多くは、胃...

猫とうさぎの上手な同居方法!仲良くさせるコツと注意点

家で違う種類のペットを飼っているという方も多いと思いますが、猫とうさぎの同居は可能なのでしょうか。 ...

金魚が元気ない、底にいるのは何が原因?対処方法について

なんだか最近、金魚が元気ないのが気になる。ずっと底にいるような?もしかして、エサのあげすぎ? ...

ミドリガメの飼育で注意したい冬眠について!上手く越冬する方法

生き物の中には寒い冬を乗り越えるために冬眠する種類がたくさんいます。 冬眠と言うのはものすごくエネ...

猫を病院への連れて行き方に困った時は○○ネットが便利!

動物の中でも病気になった時に猫を病院へ連れて行く時は、なんだか暴れるんじゃないか?と連れて行き方をど...

【ドッグランのマナー】追いかける犬にしてしまうのは飼い主です!

愛犬を思いっきり走らせて遊ばせてあげたい。そんな時に役に立つ施設が「ドッグラン」ですよね。 ...

猫や犬のダニ駆除をキッチンにある酢で実行する方法

猫や犬などペットを飼っていると気になることの一つがノミやダニ。 動物病院で駆除してもらうことは...

柴犬の子犬を散歩させるときの方法!散歩のポイントと注意点

子犬の柴犬を飼っている飼い主さんの中には、いつから散歩に行くが良いタイミングなのか知りたいという人も...

猫の尻尾が震えるのはどんな気持ちの時?尻尾の動き別に解説

猫は感情が尻尾の動きにあらわれるので、尻尾の動きを見れば今どんな気持ちなのか読み取ることが出来ます。...

ハムスターがペレットを食べなくなった時はこうしよう

飼いやすいからと最近人気のハムスター。ペット飼育初心者にもオススメです。 そんな可愛いハムスタ...

スポンサーリンク

ザリガニの飼育で水替えは重要です

ザリガニは、沼や川に住んでいるイメージもあり、ザリガニを飼育する時は、水替えはさほどしなくても良いと思っている人は、間違いです。
ザリガニの飼育で水替えは重要なんです。

というのも、ザリガニは生き物ですから、フンも出ますし、体も汚れてきます。
それに、エサをあげた時に、すべてキレイに食べきるわけではありません。
そういったものが、水を汚しその結果、臭いニオイを発してしまいます。

よくザリガニを飼っている水槽が臭かった経験があると思いますが、これはザリガニが臭いのではなく、水替えをキチンと行ってないから起こる事なのです。
ちなみに、水替えの目安は、週に2~3回ほど行うと良いでしょう。
もし、ろ過装置を設置しているという場合は、週に1回ほどで大丈夫です。

ザリガニを飼育していたらクサイ?水替えをしないからなんです

ザリガニを飼育していたらクサイ?それは違います。
その原因は、水替えをしないからなんです。

ザリガニを飼うときに、バケツに少量の水を入れて、何匹もザリガニを入れて飼っていた人をよく見ましたが、どれもニオイが臭かったです。
しかも、水の中には千切れてふやけた煮干やスルメのカケラが沈んでいました。

これはザリガニが臭いのではなく、少量の水が悪くなり、煮干やスルメのニオイと一緒になって、悪臭を放っているのです。
ですので、ザリガニを飼うときは、普通の金魚のように、水槽にカルキ抜きしたたくさんの水を入れ、エアレーション(空気のブクブク)と、ろ過装置を設置すれば、水槽が臭くなる事はなくなります。

また、エサも煮干やスルメをあげる時は、ザリガニが食べきれるようにして、残したカケラは、すぐに片付けるようにしましょう。
ペットショップなどでは、ザリガニ専用のエサもありますから、量を調整してあげれば、残したエサで、水槽が臭くなる事はなくなります。

飼育しているザリガニの水替えの手順について

飼育しているザリガニの水替えの手順について、ご紹介します。
ちなみに作業中は、ザリガニは入れたままで大丈夫ですが、あまりビックリさせないようにしてあげましょう。
外に出して作業する場合は、バケツに水槽の水を入れ、ザリガニが落ち着く環境にしてあげましょう。
また、網などでフタをしないと、ザリガニが逃げてしまうこともありますから、注意しましょう。

  1. まず、水に濡れると危ないですから、エアレーションなどの電気製品の電源を切り、コンセントから抜きましょう。
  2. 底に栓があるタイプでしたら、水槽についたコケや汚れなどを、水で塗らしたスポンジで擦り取りながら捨てます。
    栓がないタイプでしたら、小さなオケや、柄杓などで、汚れた水をくみ出し、それから水槽の汚れを取ります。
    この時、全ての水を捨てないようにしましょう。
    全ての水を捨ててしまうと、環境変化により、ザリガニに負担がかかってしまいます。
  3. 水槽がキレイになったら、カルキ抜きをするなど、水質や水温を調整したキレイな水を入れ、再び、エアレーションなどの電気製品の電源を入れます。

ザリガニの飼育が初心者の場合

ザリガニの飼育が初心者の場合は、なにを用意したらいいのかわからないと思います。ザリガニを飼育する場合は水槽と、ろ過装置、エアレーションがあれば飼う事が出来ます。
しかし、予算などの関係で、水槽しかないといった場合は、水の量をザリガニの背中が軽く隠れるくらいに入れてあげるようにして下さい。
エアレーション無しで水を多くすると、ザリガニが酸素不足になってしまいます。

また、水道水を直接水槽に入れるのもやめましょう。
水温が冷たく、カルキが入っている水は、水の生き物にとって生活できる水ではありません。
カルキを抜く薬剤も売られていますが、それを入れなくても、バケツなどに水を入れておき、一晩から、丸一日ほど置いておけば、カルキも抜け、水温もちょうど良くなります。
初めてで不安だという場合は、ペットショップなど、飼育の知識がある人に色々飼い方のコツ教えてもらいましょう。

ザリガニの飼育に必要なものはなに?

ザリガニの飼育に必要なものは、どういったものなのでしょうか?

  • 水槽
    まず、これは欠かせませんね、ザリガニが逃げ出さないように、フタが付いているものを選びましょう。
  • 砂利、砂
    ザリガニが水底で元気に歩き回る為にも、水槽の底に砂利や、砂を敷いてあげましょう。
  • 棲家
    ザリガニが隠れて休んだり、脱皮できる場所を作ってあげましょう。
    流木や、植木鉢など、ザリガニが隠れられる場所であれば良いです。
    水槽に入れるザリガニの数だけ設置してあげましょう。
  • エアレーション
    ザリガニは、水で生活する生き物ですが、もちろん空気は必要です。
    エアレーションで、新鮮な空気を水の中に入れてあげましょう。
  • ろ過装置
    これは、絶対になくてはいけないという訳ではありませんが、ろ過装置を設置しておけば、水槽の水が汚れづらくなりますし、雑菌などの繁殖も抑えてくれますので、予算に余裕があれば、設置しましょう。

 - 動物/ペット