探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

冷蔵庫や野菜室の中身が凍るはコレだった!対処法を紹介

2018.8.26

冷蔵庫や野菜室に入れたはずなのに、野菜や卵や色んなものが凍っているという経験はありませんか?

冷蔵庫の中身が凍る原因は故障?こんな原因がありました。

この現象は秋ころに多くみられるといいます。冷やす温度の設定を調節してみてください。

また冷凍庫内に霜が出来ることもありますね。放おっておくとどんどん増えていきます。霜のとり方も紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

高校生のバイト。親が反対している時の説得方法とは

高校生のアルバイト。 学業が本業だ!と言って、親に反対されると、働けませんよね? 未成年を雇...

沖縄は名前の読み方が難しい人が多い!特徴と沖縄の歴史について

沖縄県の方の名前を見て、「この名字はなんて読むんだろう?」。 そんな疑問を持ったことはないです...

ベランダで野菜を栽培!そんな時に気になる害虫対策について

ベランダ栽培やってみたいけど、害虫がつくんじゃ・・・。という方少なくないですよね。 虫嫌いな方...

身長の低い女子の苦悩とは?低身長の【あるある】をご紹介!

身長の低い女子には悩みだって尽きないんです。 身長が低いことで嫌な思いをしたり、時にはラッキー...

ゼラニウムの育て方!冬越しさせるコツについて

真夏と真冬以外は花を咲かせて楽しませてくれるゼラニウム。 育て方も簡単なため初心者向きの植物だとい...

男性の笑顔がかわいいは好印象、男性の笑顔で女性はキュンとする

女性の皆さん、笑顔のかわいい男性は魅力的だと思いませんか?男性は「かわいい」と言われると嫌かもしれま...

雨が好きな人の心理とは…雨の楽しみ方を教えます

雨と言うと、ちょっと気分がのらなかったり、いまいちパッとしないという方が多いのではないでしょうか。 ...

バナナの賞味期限が知りたい!見た目が黒くても大丈夫

朝バナナダイエットが流行ったこともありますね。 子供のおやつや小腹が空いたときにもバナナはいい...

鍋の焦げ付きを取る方法!鍋によってやり方を変えよう

鍋の焦げ付きはどのように取るといいのでしょうか?あまりにも焦げてしまったお鍋はもう、心が折れてしまい...

日本人は見た目が若い!?考えられる理由は色々あります

見た目が若いと言われる日本人。日本に住んでいるとなかなか気づきにくいですが、世界的に見ても日本人をは...

裏起毛のパーカー!毛が他のものに付くのを防ぐ洗濯方法

裏起毛のパーカーは暖かくてフワフワとした肌触りも気持ちがいいですよね。でも洗濯をする時には毛が抜けて...

ひまわりが太陽の方向を向かない?その理由と生態について

ひまわりって太陽の方向を向いて育つといいますよね。でもその方向を向かないひまわりがあるという話を聞き...

病院での支払い時にお金が足りない場合には、こんな対処法がある!

病院や歯医者などで支払いをしようとした時に、お金が足りないかも!と焦ったことはありませんか? ...

独身男性!?今は左手薬指に指輪があっても独身の場合があります

独身男性かどうかの判断は左手薬指の指輪がポイントですよね。 でも今の男性は独身でもわざと左手薬...

色鉛筆の塗り方のコツは?はじめてでもできる!基本や効果

色鉛筆はちょっと塗り方に工夫をしたり、コツを掴めば、上手に塗ることができます。 では、色鉛筆の...

スポンサーリンク

冷蔵庫や野菜室の野菜が凍る原因はなに?

凍っている野菜が置いてある場所はどこですか?野菜室の一番奥ではないでしょうか?

冷蔵庫の一番奥には吹き出し口があります。この吹き出し口から冷気は出て庫内を冷やすようになっています。その吹き出し口から出る冷気を塞ぐように野菜が置いてあると、野菜に直接冷気があたり続け、凍ってしまいます。

野菜を詰めすぎないように注意をしたり、吹き出し口付近には物を置かないように注意をしてください。

また冷蔵庫の温度調節が低くなっている場合もあります。自分では意図的に触っていなくても、何かの拍子で触れてしまい動いている可能性もあります。

野菜が凍ってしまった場合は、野菜室の温度調整を確認することも重要です。

その他にも冷蔵庫で故障と間違いやすい症状が起こるのは、霜や結露が原因になっていることが少なくありません。

結露の原因の一つは冷蔵庫の庫内に暖かい空気が入る事、頻繁に冷蔵庫のドアを空ける場合、霜がつきやすくなります。霜が付くと冷気が通常通り対流しなくなるために、冷蔵庫のものが凍ってしまうことがあります。

冷蔵庫を開けていなくても、パッキンがゆがんでしまっている場合などは、やはり暖かい空気が庫内に入り込んでしまうので、霜が付きやすくなってしまいます。

霜が付いているときにはパッキンの歪みがないかどうかを確認してください。

パッキンの歪みがある場合は、温めたタオルをゆがんだ部分に当てることで、ゆがみが元に戻る場合もあります。

冷蔵庫や野菜室の中身が凍る時期は秋が多い

夏場の暑い時期に冷蔵庫の冷え具合が悪いと感じることありますよね。冷蔵庫の温度は外の温度にも関係してきます。

外の温度が高ければ、冷蔵庫の中の温度を保つためには温度設定を低くしなければいけません。

そんな暑い夏が過ぎて秋になり外が涼しくなってきた頃、本当なら冷蔵庫の温度設定も元に戻す必要があります。

しかし、それを忘れていると冷蔵庫の中が冷えすぎてしまって、中のものが凍ってしまうことになるのです。

秋に冷蔵庫の食材が凍っていたら、温度調整の温度をまず確認してみることです。

冷蔵庫や野菜室の中身が凍るのは故障?

野菜室や冷蔵庫に入れた食材が凍る原因について、お話して来ましたが、もちろん故障しているということもあります。

ではどの部分が故障をすると冷蔵庫に入れたものが、凍るような現象が起きるのでしょうか。

考えられるのは冷凍室と冷蔵室を区切っているダンパーの不具合です。このダンパーに不具合が起こると冷凍室の冷気が冷蔵室に流れてしまうので、当然温度は低くなり食材が凍ってしまうこともあります。

このダンパーに不具合が起こる要因は霜です。霜が付きすぎてしまって、ダンパーが正常に閉じなくなってしまっていることが考えられます。

またダンパー自体の故障も考えられますが、実はこの部分の故障は滅多に起こることはありません。

なので吹き出し口などにも霜が溜まってしまっている場合は、一度コンセントを抜いて霜取りを行ってみてください。

霜取りを行ってもなお、冷蔵室の食材が凍る場合はダンパーの故障以外にも、温度計の故障も考えられます。

このような場合は、専門店に相談をしてくださいね。

冷凍庫の霜取りの方法を紹介します

霜を取るのに適しているタイミングは食材の買い足しの前です。買出しに行った直後は冷蔵庫や冷凍庫に沢山の食材が入っていると思います。

保冷バックなどを利用しても、食材が入りきらずに困ってしまいますよね。なので食材が冷蔵庫から少なくなっているときを目掛けて霜取りを行いましょう。

食材を保冷バックやクーラーボックスに詰め込んだら、冷蔵庫のコンセントを抜きます。
冷蔵庫や冷凍庫の中の温度が徐々に上がっていきますので、霜も溶けていきますよ。この時に溶けた霜が冷蔵庫の外に流れてきますので、必ずタオルなどを冷蔵庫の周りに敷き詰めてください。

ドアを開けるなどの工夫をすると、より早く霜が溶けやすくなります。また冬よりも夏の方が気温が高いので、早く作業を済ませたい場合には夏の作業をオススメします。

見える部分の霜については、溶け出してきたらへらなどを利用して、剥がす事が可能ですが、見えない部分にも霜が付いてることが考えられますので、しばらく時間を置いて様子を見てください。

十分に時間が経ち、霜が取り除けたら庫内の水分をしっかりとふき取って、霜取り作業完了です。庫内に水分を残しておくと、せっかく霜を取ったのに、また霜が付く原因になってしまいます。水分をふき取った後も可能であれば、庫内を乾かす時間を取ってください。

野菜の常温保存や冷蔵保存や冷凍保存の仕方

野菜の保存は育った環境と同じようにして保存をすることが基本です。

暖かい地域で育った野菜なら、冷蔵庫に入れずに常温保存が向いています。ジャガイモ、サトイモ、サツマイモなどは涼しい季節なら冷蔵庫に入れずに、風通しの良い冷暗所で保存をしましょう。

その他に葉物野菜は茎を下に、葉を上に育ったときの状態と同じように、立てて保存をすると鮮度を保つ事が出来ます。

冷蔵庫の中でも、徐々に乾燥していき野菜の水分は奪われていきますので、保存袋などを利用して乾燥を防ぐことも大切です。

次に冷凍保存についてですが、野菜にあわせて生のまま冷凍をするか、火をとおしてから冷凍をするか考えてください。

生のままでは冷凍が出来ない野菜も、茹でて火を通すことで冷凍が可能になる場合もあります。

また使用目的に合わせてカットをしてから、冷凍を行うと使いやすく便利です。

保存をするときは密封可能な保存袋を使用して、出来るだけ空気を抜き平らにして冷凍をすると早く凍り、鮮度を保つ事が出来ますよ。

 - 雑学