探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

新生児の沐浴は毎日入れないとダメではない!ママの体力が最優先

2018.10.12

新生児は汗をかきやすいため、出来れば毎日沐浴をしてあげたいものです。
毎日入れないとダメとはわかっていても、ママのその日の体調や赤ちゃんの愚図りなどで、どうしても沐浴が難しいこともあります。

新生児の沐浴は毎日入れないと本当にダメなのでしょうか。沐浴ではなくシャワーで済ませるのはダメ?

新生児の沐浴についてまとめました。
産後はママも体調が戻らず大変なものです。無理をしないのが一番です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供が言葉を話すには練習よりも経験や感じることが必要です

子供が周りの子と比べて、言葉を発するのが遅いと感じると、心配になってしまいますよね? 言葉の練...

子供の散髪にバリカンを使ってみよう!そのコツを教えます!

子供の散髪を自分でしようと思っても失敗しそうだし、だからと言って美容室へ行くと高いし…。と悩んでしま...

アトピーの赤ちゃんに使う洗濯洗剤、選ぶポイントをご紹介

アトピーの赤ちゃんには、一般的な洗濯洗剤はあまりおすすめしません。 お肌に優しい、刺激の少ない...

子供を叱る時、その年齢は何歳から?子供を叱る時の注意点

みんな子供を叱る時どうしてる?特に小さな赤ちゃんや言葉が理解できない子供ににはどう理解させるべき? ...

子供の寝る時間遅い?お母さんの寝る時間が影響しているかも!

子供が夜遅くまで起きていて寝る時間が遅い!寝かしつけている親は辛い! 1日の過ごし方に見直す点...

幼稚園年少の友達関係はトラブルから成長も!親ができること

幼稚園の年少と言えば、まだ幼稚園に入園したばかりで集団生活にも慣れていないかもしれませんね。 ...

育休期間3年を取得するメリットとデメリット!

育休期間3年と延長となり、ママがもし育休を3年取得した場合は、子供がある程度大きくなるまで子育てに専...

赤ちゃんの寝かしつけでおしゃぶりはOK?おしゃぶりの使い方

赤ちゃんの寝かしつけが上手くできないと、ママもストレスに感じてしまいますよね。家事が残っていたり、自...

習い事を辞めるか続けるか迷っている理由について

子供が習い事をしているならできれば続けてほしいと思いますよね。 しかし子供が嫌がったりしている...

外出先であげる離乳食、6ヶ月の赤ちゃんならこれがおすすめ!

離乳食が始まった赤ちゃんとのお出掛けで、一番悩むことと言えば離乳食ですよね。 今まではミルクの...

幼稚園の延長保育を利用し仕事をする時に知っておきたい事

近年では共働きをしている家庭も多く、幼稚園の園長保育を使って仕事をしている家庭も多いと思います。 ...

離乳食の開始は遅めの方がいい?それにはこんなワケがあった!

赤ちゃんが生後5か月を過ぎたころから離乳食を開始するママも多いですよね! でも、離乳食を始める...

子供の病気にイライラしてしまうママへ。看病疲れの対処法

子供が病気なるとイライラしてしまう・・・。子供の看病をストレスに感じてしまう!というママもいますよね...

子供がストレスを感じて体調不良に!それは助けてのサインです!

子供がストレスを感じると体調不良になってしまうこともあります。 ストレスが原因で体に表れる症状...

子供を昼寝で寝かしつける時のポイントとコツをご紹介

小さな子供がいる家庭では、ちょっとの時間子供がお昼寝をしてくれるとママ自身も体を休めることができます...

スポンサーリンク

新生児の沐浴は毎日入れないとダメなの?

毎日、新生児の沐浴をしたほうが方がいい理由や沐浴の効果

  • 肌をキレイにする
  • あせもや湿疹の予防

様々な肌のトラブルを予防するためにも1日1回を目安に入れてあげた方がいいです。

夏の暑い日などで汗をかいているようで、1日に何度か沐浴したい場合も、時間を短くすれば大丈夫です。

大人よりも新生児の方が新陳代謝が活発なので汗や皮脂の分泌も多くなります。
排出物も多いために、新生児の肌は汚れてしまいやすいのです。

そして新生児の肌は、皮膚が薄くてバリア機能が弱く敏感です。
新陳代謝が活発で汗や皮脂の分泌も多いので、キレイにしてあげないと、汗が出る汗腺が詰まってしまい炎症が起き、皮膚トラブルにつながります。

初めて沐浴させる時は「怖い」と思う人も結構いるかと思います。

沐浴させている時に気持ちよさそうであれば安心できますが、毎回沐浴するたびに泣いてしまう子もいて、余計に怖くなってしまうかもしれません。
しかし工夫をして、1日1回を目安にできるだけ沐浴をしてあげて肌をキレイにしてあげましょう。

新生児の沐浴は毎日入れないことにした人も。その理由

毎日入れた方がいいのですが、毎日沐浴をしない人もいます。

新生児の赤ちゃんの沐浴を毎日行わない理由

  • 体力の回復
  • 精神的な回復

本来は、毎日入れるようにした方がいいのですが、産後の体力が回復していなかったり初めての育児に疲れてしまっていて辛い時。
他に頼れる人もいなくて疲れてしまっている場合は、たまには沐浴をお休みする日があってもいいでしょう。

そのような時は、柔らかいガーゼなどでお湯で濡らして優しく拭いてあげましょう。

海外では毎日沐浴しないところもあったり、入浴させる回数も少ないところがあったりするそうですが、その国によって湿度も温度も違います。

日本は湿度が多いので清潔に保てるように気をつけながら、ご自身の体調と赤ちゃんの状態とを相談して「たまに入れない日があってもいいや」位で大丈夫かと思います。

もちろん目には見えない汚れもありますし、夏や赤ちゃんが汗をかいていたりしたら沐浴した方がいいのですが、「必ず毎日やらないといけない」事にとらわれないでも「今日は拭くだけ」の日も罪悪感など必要ないです。

新生児の沐浴で毎日入れないならシャワーで済ませるのは?

新生児をシャワーで済ませるとしたら、やり方によってはまだ首がすわっていないうちは危険が伴います。

片手に抱っこして片手でシャワーヘッドを持つやり方では、バランスも取りにくいですし危ないです。

首がすわっていない子用、赤ちゃん用のお風呂の固定できるイスも市販されています。

産まれて間もなければその分、体温調節も上手にできません。
夏の暑い日には湯船に浸かりすぎて体が温まりすぎになる事もあるのでシャワーでも大丈夫でしょう。

また、湿疹などがある時もシャワーでサッと流すだけの方がいいです。
痒みは温めると酷くなってしまうので、ちょっとぬるめの38度か39度位に調節してシャワーで汚れを落としてあげましょう。

湿疹の薬や保湿剤などの薬を病院から処方されているなら、ちゃんとお医者さんから使い方や量を聞いて、使用方法を守りましょう。

新生児をすぐに沐浴させない「ドライケア」とは

ドライケアとは、産後すぐの新生児の肌表面にある胎脂を残すように温めた乾いたタオルで拭くだけの事です。

産まれてから何日間か沐浴しないで、タオルで拭くだけにする事で肌を守る効果があると言われています。

産まれてすぐの新生児の肌は、白い胎脂(たいし)で守られています。

今までママのお腹の中にいて、外の世界に出て新しい環境に適応するまで体温調節をしたり、ママの肌にある善玉菌を赤ちゃんの肌に移行させてくれる事も、この胎脂でしているそうです。

産後すぐに沐浴をしてしまえば、せっかくの胎脂も洗い流されてしまいますし、赤ちゃんも疲れてしまいます。

なので産まれてからすぐであれば温めたタオルで優しく拭いてあげ、何日間かは朝着替える時に拭いてあげましょう。

冬に新生児を沐浴する際に注意すべきこと

新生児が汗をかいていても、もしそのまま放置してしまえば、季節関係なく湿疹ができたり肌荒れして、肌トラブルが起きてしまいます。

できれば毎日お風呂に入れてキレイにしてあげましょう。

赤ちゃんやママの体調など様子をみて場合によっては1日位なら空けても良いので、その時は、柔らかいガーゼなどをお湯で浸して絞り、優しく体全体を拭いて着替えさせましょう。

毎回沐浴する時に泣いてしまうのには原因があります。

赤ちゃんが沐浴をイヤがる主な原因

  • 寒い
  • 不安になる
  • 湿疹などがあって痒い
  • お湯の温度が熱すぎたりぬるすぎる

赤ちゃんと一緒にお風呂に入り、1人で入れる場合は寒くなってしまいやすくなってしまいます。
1人で入れる場合は一緒に入るのではなくて、浴槽よりベビーバスを使用するのもお勧めです。

部屋や脱衣所、お風呂場をよく温めておきましょう。

キッチンでベビーバスを利用している人もいて、かがまなくてもいいですし元々温かい場所なのでいいかもしれません。

脱いでもすぐに大きめの柔らかいガーゼで体を包んであげると安心できるようです。
最初は大変ですが、すぐに楽になってきますので頑張って下さい。

 - ベビー/子育て